2017-09-23 00:58 | カテゴリ:ウインタイムリープ
ウインタイムリープ2歳7月(1)
2017年9月7日(木)
先週の札幌では、距離延長だったものの、道中追走で一杯になり、最後も流れ込んだだけとなってしまったウインタムリープ。飯田雄調教師は「距離延長はいいと思っていたのですが、この距離の流れであそこまでついていくのがやっとになるとは思いませんでした。前走から少し間隔を空け過ぎたことが影響したのでしょうか。この後は栗東へ戻して、続けて使っていく予定です」とレースを振り返っていました。レース後は、脚元などは問題なく、本日7日(木)に札幌競馬場を出発し、明日8日(金)に栗東・飯田雄厩舎へ到着の予定となっています。

2017年9月14日(木)
札幌から帰厩後も順調なウインタイムリープは、昨日13日(水)、本日14日(木)共に角馬場からコースでキャンターというメニューを消化していました。早藤調教助手「札幌から戻ってきても体は減らなかったですし、肉体的なダメージもありませんね。火曜日からはコースで普通にキャンターを乗れていますし、動きも悪くないですよ。来週の出走でも問題ないと思います」と話していました。

2017年9月21日(木)
今週の出走を予定しているウインタイムリープは、週末16日(土)に坂路でしまいを強めに追われ、4F54秒7、ラスト1F13秒1という時計をマークしています。今週は、昨日20日(水)は角馬場からコースでキャンター調整を行い、本日21日(木)にCWコースにて最終追い切りがかけられました。単走でスタートし、前半からいいペースで進むと、4コーナーでは前を走る他厩舎の2頭の内から併せるような形になります。直線は一杯に追われ、2頭を一気に突き放すと、最後までしっかりとした脚取りでゴールしています。時計は6F82秒1、ラスト1F12秒5でした。早藤調教助手「前回の札幌は結果論、当週の調整が軽かったのかもしれません。そういう意味でも今回は直前でもビッシリとやりましたが、いい動きでしたし、タイムも上々でした。もちろん疲れが残るようなら、これだけ攻められませんし、馬体も細くはなっていませんので、しっかりやれたんです。むしろ馬体重は前回は太めもあったと思うので、意識的に絞ることを考えています」と状態面を伝えていました。続けて、「今回は芝に戻すことになりますが、新馬戦で6着だったように決してダメなわけではありません。ただ、ダートの走りもいい馬ですし、現状では適性は掴みかねているところがあるのも事実です。今回の走りで今後どういう路線に行くのかが分かってくるかもしれませんね」と話していました。午後からの出馬投票では、今週の阪神土曜2R芝1600m牝馬限定戦に松山騎手で出走が確定しています。

ウインタイムリープ2歳8月②(1)
色々書きたい事あったんだけど、眠い…。とりあえず本日9/23(土)阪神2R2歳未勝利戦(牝馬限定・芝1600m)にウインウインタイムリープが出走します。デビューからの着順だけ見ると『大丈夫?』と思われると思いますが、大丈夫です。この馬は使いながら力付けていくはずです。ただ、まだ最適なレースが何なのかと模索中。ということでデビュー戦が芝、2・3戦目をダートを使い今回また芝に戻してのレース。デビュー戦の芝の走りも悪くなかったので、今日は馬場も雨が若干残りそうだし、調教もビシッと芯を入れて来たので、アッと驚かせる走りを見せても不思議ないと思うんだけどねぇ。では、おやすみなさい
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-09-02 20:06 | カテゴリ:ウインタイムリープ
9/2(土)札幌1R 2歳未勝利(ダート1700m)
WIN.gif ウインタイムリープ 8着


菱田裕二騎手「スタートは出たのですが、その後は追走に一杯でした。稽古に乗って、いい感触があったので、もっとやれると思っていたのですが、レースでは案外でした。稽古の感じから、こんなにやれないことはないと思うのですが・・・。少し距離が長いのでしょうか。それと芝の方がいいのでしょうか。結果を出せずに申し訳ありませんでした。」

今日は松岡騎手が札幌1Rで落馬負傷し、その後の乗鞍が乗り替わりに。ここでクラブの努力がハッキリ現れましたね。特に明日ですよ。ラフィアンは毎度の丹内騎手、ウインはクラブと縁の無い福永騎手ですよ。縁がなくても勝つための努力をしていることが良く分かります。数年前の話ですが福永騎手はウインがビッグレッドファームグループに吸収された事を知らずにパーティーに参加して当時フテって帰った騎手です(笑)それでも(クラブはこの事知らないと思うけど)、勝てる可能性の高い騎手に打診するんですから、会員からすれば拍手ものです。だって、万が一負けたとしても、丹内騎手やらで負けるのと、福永騎手で負けるのとでは気持ちが違いますよ。よっぽどヘグらない限り福永騎手ならしょうがないって。最近は岩田騎手まで確保しますからねウインは。いつまでラフィアンは会員の声に耳を傾けないのだろうか。

走る馬に片寄った出資を避けるために、近況報告はどの馬も同じように目立たない近況をアップして売れない馬にも出資が回るようにするなんて、信じられないことだよなぁ。現地まで行けばきっと教えてくれるだろうけど全ての会員が現地行く訳ではないし、クラブの近況報告だけでは出資判断が出来ない。なんでこんなクラブになってしまったんだろうなぁ。私は岡田繁幸さんが私の一口馬主の恩師として慕っているのでお付き合いしているが、何も繋がりが無ければ社台&ノーザン系クラブにどっぷり浸かっているね。ちょっと話が逸れたが、ラフィアンはもっと会員の声に応える努力をすべきだ!と言ってもはい、わかりましたというクラブではないので

さて、ウインウインタイムリープは8着でした。正直物足りないレース内容でした。スタートさえ出ればもっと楽に好位を取れ、ジリジリ脚を伸ばしてくると思ったのに追走に余裕はないは、直線では2頭に交わされてしまうはで拍子抜けしてしまいました。どうやらまだ適性レースが見つからないような感じ。距離なのか馬場なのか まだ2歳のこの時期なので試す時間はあります。何とか得意のレースが早く見つかってもらいたいものです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-09-01 22:22 | カテゴリ:ウインタイムリープ
ウインタイムリープ2歳8月①(1)
2017年7月27日(木)
先週の中京では、スタートで大きく出遅れてしまったものの、ダートの走りは良かったウインタイムリープ。早藤調教助手は「直前の金曜日のゲート練習でもガタガタする素振りがありましたが、本番でも出てしまいましたね。それでもダートの走りは良かったですし、ゲートさえ出てくれればチャンスはありそうです。レース後もカイバはしっかり食べていますし、大きな反動はありません。北海道でもしっかりゲートの練習をして、目途を立ててきたいと思います」と話していました。今後については、札幌での出走を予定しており、本日27日(木)に函館競馬場へ向けて出発しています。
飯田雄調教師は「直接札幌だと負担も掛かりますので、まずは函館でワンクッション置いて、来週あたりに札幌へ移動させる予定です。無事に体調を崩さず、移動できるかどうかですが、次走は札幌のダート1700mを目標にしたいと思っています」と今後の予定を話していました。

2017年8月3日(木)
熱発もなく、函館競馬場へ移動を完了したウインタイムリープは、昨日2日(水)、本日3日(木)共に角馬場からコースでキャンターというメニューを消化していました。飯田雄調教師「レース後の移動でしたが、体調を崩すこともなかったですし、元気もあるようです。次走は札幌の最終週なので、まだ時間もありますし、ゲートの練習もしっかり行って万全を期して向かいたいと思っています。来週には函館から札幌に移動の予定を組んでいます」と今後の予定も話していました。
 
2017年8月10日(木)
函館競馬場に滞在しているウインタイムリープは、昨日9日(水)は角馬場からコースでキャンターを消化し、本日10日(木)は木村騎手候補生が騎乗して、Wコースにて15~15のところを乗られていました。早藤調教助手「昨日9日(水)に大きめのところを乗る予定でしたが、雨の影響で馬場がかなり重くなっていたので、本日10日(木)にスライドさせましたが、動きは良かったですよ。カイバもしっかり食べていますし、体つきも問題ありません。フラフラさせないため、こちらでも引き続き、トライアビットを装着していますが、競馬でもこれで行く予定です」と話していました。なお、次走は9月2日、札幌土曜1Rダート1700mを菱田騎手とのコンビで予定しており、来週末に札幌競馬場へ移動の予定となっています。

2017年8月17日(木)
札幌最終週に向けて調整を進めているウインタイムリープは、昨日16日(水)は角馬場からコースでキャンターというメニューを消化して、本日17日(木)は函館ダートコースにて追い切りがかけられました。単走でスタートし、馬なりでゆっくりと進むと、最後まで軽めのペースでゴールしています。時計は6F88秒5、ラスト1F13秒9でした。早藤調教助手「カイバもしっかり食べて、体もデビュー戦の数字まで戻っていますし、動きもいいですよ。ゲートは毎日通す練習はしていますが、最初は中で止めた時に落ち着きがなかったものの、今は止まっても落ち着いていられるようになりました。あとは札幌へ移動し、扉を閉めて練習をしておきます。あとはジョッキーはテン乗りになるので、札幌で都合がつけば一度調教に乗ってもらおうと思っています」と話していました。

2017年8月24日(木)
先週末18日(金)に札幌へ移動を完了したウインタイムリープは、20日(日)にはダートコースで4F58秒1、ラスト1F14秒0という時計をマークしています。今週は、昨日23日(水)はゲート練習を消化し、本日24日(木)は札幌ダートコースにて追い切りがかけられました。菱田騎手が騎乗し6Fからピッチが上がると、馬なりのまま直線に向き、最後は軽く仕掛けられてゴールしていました。時計は6F69秒6、ラスト1F13秒0でした。早藤調教助手「昨日23日(水)はゲートで後ろ出しと前からゆっくり出す動作を練習しました。一度目は中に入ると潜る仕草を見せて、引っ張ると横を向いたりして、落ち着きがありませんでしたが、2回目は割とおとなしかったですよ。今日は菱田騎手で追い切りを行いましたが、動きは良かったです。ジョッキーも『前捌きが硬いのが気になると言えば気になりますが、疲れからではないので、問題はありません。動きは良かったですよ』と話していました。来週へ向けて、またゲートも練習しながら進めていきます」と話していました。

2017年8月31日(木)
今週の出走を予定しているウインタイムリープは、昨日30日(水)に札幌競馬場ダートコースにて追い切りがかけられました。本番でも騎乗予定の菱田騎手が騎乗し、単走でスタートすると、半マイルからピッチが上がります。その後も最後まで馬なりのまま余力たっぷりでゴールしています。時計は4F58秒1、ラスト1F15秒2でした。早藤調教助手「菱田騎手に最終追い切りのさじ加減は任せたところ、『先週でもう息もできているので、軽めで大丈夫です』とのことで、ほぼ15~15秒の時計になりましたが、動きは良かったですよ。ゲートは今週はやっていませんが、先週しっかりと練習しましたし、菱田騎手も特徴は分かってくれています。この距離ですから、多少出遅れても挽回は利きますし、距離延長はいいと思います。ダートの走りはいい馬ですから、前進を期待しています」と話していました。そして本日31日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の札幌土曜1Rダート1700mに菱田騎手で出走が確定しています。

ウインタイムリープ2歳6月②(1)
『カジノ解禁法』が去年施行され、政府はパチンコの出玉を現在の約3分の2に制限するなどの『ギャンブル依存症対策』が発表されました。これパチンコ業界大打撃じゃないかなぁと思うんだけど、どうなんだろう!? これに関係して競馬にも影響しそうです。1つは2022年までにインターネット上でお金を賭ける場合、本人の申告で限度額を設ける仕組みを導入するとの事。これはよくわからん もう少し具体的な詳細待ちかな。2つ目は来年3月までに競馬場などに設置されているキャッシング機能を持つATMを撤去する予定とのこと。正直競馬場のATMに並んでいる人はよく見るけど、実際に利用した事はないなぁ。だって、その日使う軍資金は当然準備して競馬場入りするし、例え負け日でも競馬場のATMから引き出してまで勝負はしない。競馬に勝つには、そして競馬で人生壊さない為にもまずは自分に勝たなければならない。ということで、きっとこの2つが現実になっても私の現状の競馬ライフに影響はなさそうです。

さて、明日は久しぶりに同じ日に愛馬が2頭出走するので、午前中は楽しみです。まずは札幌1Rにウインウインタイムリープが出走。新馬戦の芝の走りもそこそこの走りをしたし、前走のダートも出遅れがなければおもしろいレースになったはず。ゲートを普通に出ればワクワクしながらレースを観れそうです。低人気に反発する走りを期待してるし、大外も歓迎!
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-07-23 23:45 | カテゴリ:ウインタイムリープ
7/22(土)中京1R 2歳未勝利(ダート1200m)
WIN.gifウインタイムリープ 11着


和田竜二騎手「ゲートはずっと頭を下げて潜ってしまって、前を向かないんです。なんとか引っ張って立て直しましたが、今度は出てくれませんでした。しかし、その後の行き脚は付きましたし、ダートの走りは凄くいいですね。芝を走っているようにスイスイ進んでいくんです。砂を被っても問題ありませんでしたし、ゲートさえまともに出ていればという内容でした。直線、凄い勢いで上がっていけたのですが、前の馬がフラフラして引っ張る不利もありました。ゲートをしっかり出てくれれば、ダートならすぐに勝ち負けになると思います。今日はうまく乗れずに、すみませんでした。」

飯田雄調教師「ダートの走りは悪くなかったですね。この後は、札幌へ持っていこうと思っています。距離はもう少しあった方が良さそうですから、ダート1700mを目指していきたいと思います。向こうでも引き続き、ゲート練習を行っていきます。」


戦前の不安が思いっきり当たってしまい出遅れ…。短距離で出遅れは致命的です。ただ、ダート適性がある事は確認出来たし、次走距離が延びる事で今回以上の走りが期待出来る感触を得たので着順だけ見れば、見てくれ良くはありませんが、収穫十分の1戦でした。速くなくていいので、次走は普通にゲート出れるように成長していてくれたらいいね。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-07-22 00:12 | カテゴリ:ウインタイムリープ
ウインタイムリープ2歳5月②(1)
2017年7月13日(木)
来週の中京土曜1Rダート1200mを予定しているウインタイムリープは、松山騎手が先約があり乗れないことから、和田騎手との新コンビが決まっています。今週は、昨日12日(水)は、本日13日(木)共に坂路を楽走で1本乗られており、週末から追い切りを開始していく予定です。早藤調教助手「前走後もカイバ食いが落ちることもありませんし、テンションも変に上がることもなく、順調ですね。前回、直線であれだけモタれて、フラフラしていたので、松山騎手にも聞いてみたところ、『ハミを替えた方がいい』との結論に達し、今はトライアビットというハミに替えています。こちらの調整では軽めのところなので、効果は今のところ分かりませんが、競馬もこれで臨む予定でいます。あとは距離が短縮されるので、この中間はゲートもしっかり行っていきたいと思っています」と話していました。

2017年7月20日(木)
今週の出走を予定しているウインタイムリープは、昨日19日(水)に坂路にて最終追い切りがかけられました。相手は2歳未勝利ウインネプチューンで、タイムリープが先行してスタート。残り2Fから早め追い出されますが、最後までジリジリと脚を伸ばして、相手に1馬身の先着を決めていました。時計は4F56秒0、ラスト1F12秒8でした。騎乗した早藤調教助手は「スッとは反応しないものの、最後までしっかりとした脚取りでいい動きでしたよ。一度使って体が減ったり、テンションが上がったりすることもありませんし、上積みはあると思います。ダートに関しては、松山騎手も『ダート向き』と話していましたし、血統的にも歓迎だと思います。あとはスタートが遅いので、今回距離が1200mに短縮になる点がどうかでしょうね。少し忙しい感じはありますが、金曜日にしっかりとゲートの練習をして対応していきたいと思います」と話していました。そして本日20日(木)は引き運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の中京土曜1Rダート1200mに和田騎手で出走が確定しています。


ウインタイムリープ2歳5月①(1)
近頃一口馬主業界も賑やかになってきました。新規参入のパカパカファームのワラウカドはまぁ、至ってシンプルな参入クラブだが、驚いたのはDMM.comがDMMバヌーシーという一口馬主アプリを引っさげて業界入り。口数10,000口で生涯経費前払いとの事。まぁ、今までの既存クラブの常識には当てはまらない事が多いようですね。とあるサイトで10,000口の馬が有馬記念を勝った時の賞金が¥8,037との事。まぁ、ざっくりの計算だとは思うけど、このシステム夢がありそうで夢があるとは思えない何とも言えないシステム。口取りの倍率ハンパないな いくら良血馬を格安で出資出来ると言っても私には全く魅力を感じない。でも、業界に新たな新風を吹き込むことは賛成 それにより既存クラブにも新たな風が吹き込めばね。

さて、今日7/22(土)中京1R 2歳未勝利(ダート1200m)にウインウインタイムリープが出走。前走のデビュー戦は芝レースでもそこそこ頑張って6着。芝の走りも悪くない印象だったが、芝よりダート向きとデビュー前から陣営がコメントしていたように、今回はダート試すことに。まだ2歳の7月、3歳7月ではありませんから、色々試していいと思う。が、スタートの出が今一つのところがあるのに、距離短縮はどうかなぁ!? まだ2歳未勝利戦のレース数が限られているから仕方ないと言えば仕方ない。スタートを速くなくても、普通に出れば面白い競馬になるんじゃないかとレースは楽しみにしてます。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)