2018-01-14 23:50 | カテゴリ:レッドレイヴン
ディセンバーS201712(1)
2017.12.17 : 12月17日レース後コメント(9着)
大野騎手「いいスタートを切れて外のいい位置を取れました。今ままでの競馬を見ても外から気持ちよく行かせたほうが良さそうだったので内に入れずに進めましたが、途中までずっと手応えも良くスムーズに走れていましたよ。ただ、コーナーに入る前くらいからもたもたする感じでスピードが上がらず、外から来られたときも仕掛けているのですが、あまり反応がなかったです。最後それなりに脚は使っていますし、いくらも負けてはいないのですが、まだ本当ではなかった感じですね。いいときなら勝負所から自分で上がっていけるイメージだったので意外と反応できなかった印象です。比較はできないですが、トモの感じは悪くなさそうでしたし、まだやれるとは思うのですが、力を出してあげられずにすみません」

2017.12.20 : ミホ分場
レース後、ミホ分場に放牧。
藤澤調教師「連闘でもトモの感じを含め状態は悪くなかったと思います。確かにパドックから落ち着かないところはあるのですが、元からの気性もありますし、問題はそれ以外にありそうですね。戻ってから息が戻るのに時間がかかっていたようで、もしかしたら年齢とともに喉などに具合の悪いところが出てきたかもしれません。空気の乾いた時期が良くない可能性もありますね。調教では見せないので判断の難しいところではありますが、牧場での様子も見てどうするか考えていきます」

2018.01.05 : ミホ分場
馬体重536キロ。
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。
さすがにレース後は全身に疲れが出ていましたが、しっかりケアしながら進めて来て、今週から普通に乗り始められるまでには回復してきました。ただ、まだ右の背腰には疲れが感じられるので、少しでもしっかりするようにケアしながら進めていきます。

2018.01.11 : 引退
本馬は12月17日の中山競馬に出走し9着での入線。レース後はミホ分場へ移動し、体調を確認しながら次走へ向けて調整を開始しましたが、レースから日数が経過して蓄積していた疲労が表に出てきた様子。心配していたトモには疲労からくるダメージが確認され歩様が悪く、喉の状態も芳しくなくマシン運動から先に進めることができない状況です。『年齢的なものもあり、トモの状態を含めコンディションの回復には時間が必要』との獣医師の見解を受け本馬の今後について関係者間で協議を行いました結果、残念ではございますがここで引退との結論に至りました。出資会員の皆様には、追って書面にて詳細をご報告いたします。長い間、レッドレイヴン号にご声援いただき、ありがとうございました。

藤澤調教師「キーンランドのセリで出会ってから今日まで、本当によく頑張ってくれました。トモに弱さのある馬で、使いたい時に思うように使うことができなかったりと会員の皆様にもご迷惑をおかけしましたし、獲らせないといけなかった重賞タイトルを獲らせてあげられなかったことが悔やまれます。この後は北海道の乗馬クラブに送り出しますので、疲れを癒してまた彼のペースで頑張ってくれればと思っています」


うちの大将格東サラレッドレイヴンが引退になりました。忘れもしない2歳春にファンタストクラブでレッドレイヴンと初めて会った時のオーラ。これまで何頭もデビュー前の愛馬に会って来たけどレッドレイヴンに関しては今まで感じた事の無い衝撃オーラを感じましたよ。きっとこの馬で初の重賞制覇、いや、GI獲れるかもなんて思わせてくれた。その夢に向かってクラシックロードにも乗り、キズナ・エピファネイアと3強なんて評価してくれた事もあったなぁ。ダービーにも出走してくれて、日本で初のベストターンドアウト賞も受賞。色々経験させてくれたよなぁ。愛馬初の新馬勝ち、初のOP馬。悔い残るとすれば重賞のタイトルが獲れなかったことくらいかなぁ。この馬で獲れないという事は一体どんな馬と巡り合えば重賞獲れるのかなぁ。少頭数の弱小一口馬主ですからこんな馬とはこれから先いつ出会える事やら。

色々な経験をありがとう、お疲れさまでした
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(6)
2018-01-01 00:51 | カテゴリ:レッドレイヴン
 12/17(日) 中山11R ディセンバーS(OP)芝1800m

東サラ勝負服 
レッドレイヴン 9着

2017.12.17 : 12月17日レース後コメント(9着)
大野騎手「いいスタートを切れて外のいい位置を取れました。今ままでの競馬を見ても外から気持ちよく行かせたほうが良さそうだったので内に入れずに進めましたが、途中までずっと手応えも良くスムーズに走れていましたよ。ただ、コーナーに入る前くらいからもたもたする感じでスピードが上がらず、外から来られたときも仕掛けているのですが、あまり反応がなかったです。最後それなりに脚は使っていますし、いくらも負けてはいないのですが、まだ本当ではなかった感じですね。いいときなら勝負所から自分で上がっていけるイメージだったので意外と反応できなかった印象です。比較はできないですが、トモの感じは悪くなさそうでしたし、まだやれるとは思うのですが、力を出してあげられずにすみません」

2017.12.20 : ミホ分場
レース後、ミホ分場に放牧。
藤澤調教師「連闘でもトモの感じを含め状態は悪くなかったと思います。確かにパドックから落ち着かないところはあるのですが、元からの気性もありますし、問題はそれ以外にありそうですね。戻ってから息が戻るのに時間がかかっていたようで、もしかしたら年齢とともに喉などに具合の悪いところが出てきたかもしれません。空気の乾いた時期が良くない可能性もありますね。調教では見せないので判断の難しいところではありますが、牧場での様子も見てどうするか考えていきます」

2017.12.22 : ミホ分場
マシン運動60分。
担当スタッフ「火曜日に入場して来ました。歩様は問題ないのですが、全体に疲れが来ている感じなので、今週いっぱいはケアしながらマシンでゆっくり進めます。問題なければ来週くらいからハッキングで乗り出す予定です」


有馬記念は私が◎打ったスワーヴリチャードは4着に終わりました…。坂上がった時には2着はあった脚色だったのに内に刺さったのか!?馬券対象外の4着には絶句しました。勝ったのはキタサンブラック。3年目同一GI出走馬に勝たれてしまいました。悔しいですが例外の馬だったという事で。これだけ高い能力を維持できる馬はなかなかいませんね。キタサンブラックは私の理想の体型をしている馬で個人的には好きな馬。でも、好きな馬と馬券の予想は割り切っているから。キタサンブラックの第二の馬生の活躍を楽しみに待ちたいと思います。

レッドルドラ同様レッドレイヴンもどうしたんだろうなぁ…。残念なのは気性的な面が全く大人になりきってない。藤沢調教師はやっぱセン馬にしたかったのかなぁ。藤沢調教師だけでは決められない部分もあるしね。でも、藤沢調教師はセン馬にしたいと思っていますよとは側近関係者の弁。あの時の言葉今思いだされます。明け8歳。レッドレイヴンはどこへ向かうのか。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-12-17 10:10 | カテゴリ:レッドレイヴン
20160703巴賞(1)
2017.12.13 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「北馬場で軽く乗りました。馬体や歩様は大丈夫ですね。ただ、だいぶ気が入っていてずっと頭を振ったり煩いところを見せていました。走り切っていないので元気もあるのでしょうが、もう少し落ち着いてほしいですね。使った割にトモの感じは悪くないので、これなら今週も使えそうですよ」藤澤調教師「ダートの走り自体は悪くなかったですが、あそこまで砂を嫌がると勝負にならないですね。無理に被せられたのも痛かったと思います。幸い疲労はそこまでではないですし、トモも使う前と変わらない感じなので、いければ連闘しようかと思っています。明日まで様子を見て使うかどうか決めていきます」

2017.12.14 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
坂路 66.1-49.1-32.6-16.4 馬なり
助手「坂路を16くらいで上がりました。今日の感じで使うか決めるということでしたが、このくらいで乗っている分にはトモの踏み込みなども気にならないですし、使ったぶん気持ちも入っているのかむしろパンとした気がします。疲れなどは気にしなくてよさそうですよ」藤澤調教師「前走は途中でやめてしまいましたし、ダメージは回復している感じですね。少し気が入りすぎかなとは思いますが、トモの感じも悪くないので連闘するつもりでいます。今回は得意の条件ですし、この気合いが入っているのがいいほうに出ると思いますよ」



先週の初ダート大敗後、まさかの連闘で本日中山11RディセンバーSに東サラレッドレイヴン出走 元々このローテーションは視野にいれていたことなのかどうか 大事に使って来たのにここで 連闘、前走のパドックでもメンタルの成長は見られず、気性的に厄介なレッドレイヴンに果たして 連闘ってプラスに働くのかねぇ。あまり良い印象はないけど、来年もきっと現役続行だと思うので、来年に向けてまだまだやれるぞ!と思わせるような走りを見せて欲しいね。得意な条件だけに。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2017-12-11 00:02 | カテゴリ:レッドレイヴン
12/9(土) 中山11R 師走S(OP・ハンデ)ダート1800m
東サラ勝負服 レッドレイヴン 16着

内田騎手「ちょっと後手後手の競馬になってしまいました。初めてのダートだったので、なるべく砂を被らせないようにとは考えていましたが、スタートして馬も戸惑った様子。思ったよりも行けなくて、中途半端な位置になってしまいました。それでもダートの走り自体は良かったのでこのまま行ければと思ったのですが、勝負処で強引に被せられて砂を被ったところで嫌気をさしてやめてしまいました。あそこも一歩早く仕掛けられていれば良かったのですが…。ダート自体は問題なさそうだったので、東京などで外を回す競馬ならやれそうですよ」

藤澤調教師「途中までいい走りをしていましたが、やはり砂を被るのに慣れていないので経験の差が出てしまいました。ダートは問題ないと思いますが、次にすぐ砂を被るのに慣れるかどうかはわからないですね。次走どうするかは、また考えたいと思います」



関屋記念8着以来の4カ月ぶりのレースはディセンバーSの予定を急遽1週前倒しして初めてのダートレース師走Sへ。結果はシンガリ負けの16着。パドックでは相変わらず成長がなく、目が血走ってました。そして初めてのダートの走りは慣れない砂を浴びて戦意喪失。慣れるには更なる経験が必要だろうし、オープンでもあればダートレースで砂を浴びないでレースを終えられるほど甘くはない。ということで血統的にはこなせるかもしれないと思っていた選択肢がこの結果で失ったと感じました。レース後のダメージが最小限であって欲しいと祈りつつ、今後の路線が気になるところです。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2017-12-09 00:40 | カテゴリ:レッドレイヴン
7歳11月レイヴン(1)
2017.10.18 :
(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
坂路 63.5-47.5-31.8-15.7 馬なり
助手「週末帰厩しました。今日は坂路を上がりましたがまだ動きが重い感じでしたね。体も余裕があるようにうつりますし、並足の脚捌きもドタドタしていました。この感じだとある程度時間をかけてじっくり乗り込んでいったほうがいいかもしれません。ただ、 隙あらば鳴いていたように元気が良くてピリッとはしているので、やりだせばすぐに締まってくるかもしれないですね。あまり急ピッチでやるとまたトモに疲れがくるので、様子を見ながら進めていきます」藤澤調教師「少し時間をかけて徐々にやっていったほうが良さそうなので、どこを使うとは決めずにしばらく乗り込んでからレースを考えます」

2017.10.26 :
(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
助手「今日も坂路を上がっています。特に変わりなく順調というところですね。完全に緩んでいるわけではないですが、中身としてはまだまだしっかりしてきていない感じなので、もうしばらくは現状のペースで乗っていくことになると思います。疲れがくるとすぐに右半身、特に右トモがくたっとして入ってこなくなるのですが、速い追い切りを消化してもそのようにならないために今は我慢ですね。脚もとなど不安なところは今のところないので、このまま乗っていってペースを上げる時期を探っていきます」

2017.11.02 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「いつものように1頭でリラックスして走らせておきました。正直、乗ってきている割にトモの良化は今一歩というところですかね。無理させているわけではないので、時間をかけてしっかりさせていくしかないですが、ペースの上げどころが難しい感じではあります。一気にガクッときてしまっては困りますからね。元気はいいので、トモの感じだけ注意して進めていきます」

2017.11.08 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドで追い切り。
 W 55.8-41.3-12.9 馬なり
内トゥルーラヴキッス馬なりに4F1.2秒先行併入
中キングオブアームズ馬なりに4F0.6秒先行併入
助手「ウッドを先行して追い切りました。週末あたりから徐々にトモの感じが良化している感触だったので、どれだけ動けるかと思っていましたが、先行して相手を待つ余裕もあったので動きとしては悪くなかったですね。普段からの落ち着きも出てきていますし、そのあたりの気持ちの余裕が動きにも表れてきている感じがします。やればもっと動いてしまいそうではありますが、以前ピッチを上げたところで下半身がガタっときたことを考えるとそのあたりの負荷のかけかたの見極めは慎重にしていきたいですね。先週までは良化の度合いがスローかなと思っていましたが、この感じならこのまま乗り進めていけそうですよ」

2017.11.22 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドで追い切り。
 W 55.2-40.9-13.1 馬なり
内ストロボスコープG前強めに4F0.4秒先行1F併せ併入
助手「先行して直線併せました。たまに舌を越すことがあるので先週末から舌を縛って乗っていますが、まだ慣れないのか気にする素振りはありましたね。それでも走りだせば折り合いも問題なく相手に合わせる感じでいい動きができていましたよ。じんわりと負荷を上げていっているところですが、トモの状態も良くなっていますし、ここまでは不安なく乗り進めることができています。なかなか冬毛が抜けてこないあたり、まだ本当ではないのかもしれませんが、まだ予定まで時間もあるので競馬にちょうど間に合うように進めていきます」

2017.11.29 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダクそのあとウッドで追い切り。
11/26(日)W 55.6-40.8-13.2 馬なり
11/29(水)W 53.8-39.5-12.9 仕掛け
中オブセッション馬なりを4F0.4秒追走1F併せ併入
外レッドライジェル馬なりを4F0.8秒追走1F併せ併入
助手「一番後ろから出て直線内に併せました。まだ絶好調とまではいかないですが、最後並びかけにいくときの脚などだいぶレイヴンらしさが戻ってきた感じがします。弾むようなところが出てきつつありますし、トモも今は気にならないですね。じっくり上げてきた成果が出ていますが、下半身に疲れが溜まらないようにケアしながら競馬までやっていきます」
藤澤調教師「気性面は相変わらずですが、走りは徐々に良くなっていますね。年齢も年齢ですし、大幅に変わるわけではないですが、いい時に近づきつつあると思いますよ。まだ2週やれるので十分仕上がりそうですね」

2017.12.06 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドで追い切り。
12/3(日)坂路 55.5-40.2-26.0-12.8 馬なり
12/6(水)W 柴山J 54.2-40.2-13.2 馬なり
外ラヴィエベール馬なりを4F0.4秒追走1F併せ併入
柴山騎手「後ろから出て直線併せました。トモのバランスが崩れることなく安定したフォームでいい動きでしたよ。折り合いも問題なかったですし、息の入りなども良かったと思います。少し気は張っている感じですが、元々大人しい馬でもないので、このくらいなら大丈夫でしょう。ダートは走ってみないと何とも言えませんが、こなして不思議ないとは思いますよ」
藤澤調教師「今日の動きが良ければ前倒して今週のダートを使おうかと考えていましたが、トモの感じも悪くないですし力は出せそうですね。以前から一度ダートを走らせてみたいというのもあったので、今週いくかどうか考えます」

2017.12.07 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
藤澤調教師「以前から一度ダートを試してみたかったので今週使うつもりでいます。血統からはこなして不思議ないですが、走りやトモのことを考えると、正直、期待と不安と半々というところですね。ただ、じっくり乗ってきて仕上がりは問題ないですし、今後を見据える意味でダートでの走りを見たいと思います」※今週9日(土)の中山11R(師走S/D1800m)に内田騎手で出走。


東サラレッドレイヴンは来週のディセンバーS(芝1800m)出走予定を、前倒ししてまさかまさかの突然の初ダート挑戦。ということで今日の中山11R師走S(ダート1800m)に内田騎手で出走します。確かにダートの走りを見たかったけど、ディセンバーS目標で調整していたのだから、私個人的には今回は素直に来週のディセンバーSでの走りを見たかったなぁ。その後は適当なレースがなければそこでダートに挑戦すれば良いと思うんだけど。今日のメンバーは初ダートにしては骨っぽい面子が揃ってるしさ。馬場はやや重くらいでで走らせてもらいたいね、軽くなればレイヴンにはプラスに働くと思うから。さぁ、どんな走りを見せてくれるのか、久々のレイヴンの走りが楽しみです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)