2016-12-31 21:47 | カテゴリ:牧場見学
DSC_0760_20161230112437(1).jpg
 いやぁ、久々に先日BRF鉾田TCを訪問してきました。今回は2戦して未勝利のウインウインべザントに頑張れよ!と声を掛けに。久々にお会いしたスタッフから『どうもお久しぶりです!〇〇さんもうクラブやめちゃったのかと思ってましたよ(笑)』と。鉾田TCが出来た頃は結構頻繁に訪問してたからなぁ、5年もご無沙汰だとそう思われても仕方ないか

あまりにも久々だった事で、途中予定来場時間に間に合わないと気付き、連絡を入れたところ「調教時間はずらせないのでご了承ください」との事。そりゃそうだよなぁ、残念だが仕方ないという思いで到着すると、場長から『そこにべザント準備してます。順番ずらしておきましたよ。』との事。ありがたいよねぇ。鉾田のスタッフの皆さんはメンバーは変わったけど温かさは変わっていなかった。感謝!
P1210080(1).jpg
休憩時間中にも関わらず、スタッフと1時間30分もの中身の濃い馬談議は勉強になったし、楽しかったぁ。純粋に馬の事、厩舎事情だったり、グループ事情など、ほとんどここで書けない内容ばかり(笑) その中でも書けそうな事は日々の記事の中で盛り込んでいきたいと思います。

しいて今回ここで書くとするならば、BRFGの育成・調教方針は『丈夫な馬づくり』だということ。これは上層部と現場スタッフでブレてないですね。このグループの方針は私が繁幸さんと出会ってから変わることなく、今もその方針に変化はないです。だから我々会員はその方針に見合った募集馬、預託厩舎を選択する事が、走る馬と出会う近道という事になるのだと思います。わかってはいるけど、今回訪問したことで改めて感じた事です。
P1210103(1).jpg
馬とたわむれるのに北海道へ行かなくても、ほぼ同じような環境がここにある。これは他のクラブにはない、ラフィアンラフィアンウインウインの特権ですね。しかも鉾田は北海道のコスモヴューファームのスタッフより歓迎ムードがあり温かい(笑)今春訪問した時にコスモヴューファームはどうも事務的でグループらしさが欠けているように感じたよ。スタッフにもよるのかねぇ

この日6時間におよぶ訪問でしたが、新しい人脈も作れたし、スタッフ皆さんによる温かいおもてなしにより、あっという間の至福の時間を過ごせました。『またお待ちしてます。』と何人ものスタッフの方に声を掛けられたので、お言葉に甘えてまた訪問させて頂きます。ありがとうございました
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-05-21 00:44 | カテゴリ:牧場見学
最近は北海道で愛馬見学する前に社台スタリオンステーションで日本のトップ種牡馬たちの見学をするのが恒例となり、今年も見学させていただきました。

今年は案内役の方がいつものMさんじゃなかったのと、厩舎外での見学できる種牡馬が少なかったのが少々残念でしたねぇ。まぁ、そうは言っても国内のトップ種牡馬を目の前で見れるのですから大満足とはいかなくても、満足な事です。

エピファネイア (5)(1)
エピファネイアです。ナイスガイですねぇ。とても品があるというかオーラが凄かった。うちのレッドレイヴンとは同期になり、クラシック本番前は同等程度の評価を受けていたのですが、エピファネイアにもう届かない程の力の差を見せつけられました(笑)なんてったって2014年世界ランキング2位ですからね。2016年は種付け料250万円ですでにBOOK FULL。

エイシンフラッシュ (3)(1)
エイシンフラッシュです。エイシンフラッシュは種牡馬としては珍しく人間に興味を持って近寄ってきてくれます。ピッカピカの皮膚の薄い黒鹿毛は素晴らしかったです。このキングマンボの系統は私楽しみにしているんです。日本競馬の実績も十分ですしね。種付け料150万でこちらもBOOK FULL。

ハーツクライ(1)
ハーツクライ。愛馬レッドセシリアで大変お世話になった種牡馬です。ハーツクライの産駒に出資したくて、その思いを叶えたのがレッドセシリアでした。まだ私がレッドセシリアに出資した当時は成功種牡馬という評価ではなかったんですが、私は成功する自信がありましたねぇハーツクライは。その後はクラシックホースを輩出するほどの活躍する産駒が続出しました。レッドセシリア時の種付け料が350万円。現在は800万円ですよ。まだまだこれからも大物を出すポテンシャルは十分なので産駒の活躍が楽しみです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬
コメント(0)
2016-05-14 21:55 | カテゴリ:牧場見学
今回はゴールドシップがスタッドインしたのでビッグレッドファームの見学を楽しみにしてました。現地着いてまず驚いたのが事務所で受付をして、見学者とわかるように見学章のようなのものを首からぶら下げなくてはならなくなっていました。まぁ、これだけの人気ある馬のスタッドインは初めてなので、何かしらの管理はしてくるだろうと思ってました。自由が売りのビッグレッドファームもさすがにトラブルになる前に対応したということになりますね。長年会員している私にとってはちょっと寂しい気にもなりましたが、これはしょうがない。あとは非会員の皆さんには注意事項をしっかり守って頂き、これ以上牧場の自由を縮小させるようなことがないよう見学をして頂きたいと願う。

ゴールドシップ (9)(1)
事前にラフィアンのクラブハウスで宿泊していた会員さんから『ゴールドシップは草食べて人に興味をもたず近寄って来なかったです』と聞いていたのでどんなもんかと思っていたら、タイミング良かったんですかねぇ、かなり長い時間柵のそばまで来てくれてましたよ。

ゴールドシップ (2)(1)
ステイゴールド産駒に一回は出資したかったのですが、今期は出資予定はないので、この時点でステイゴールド産駒への出資はなくなりました…。そうなるとステイゴールドの血を引くゴールドシップ産駒には是非出資したいなぁと思ってますよ。ゴールドシップのような瞬発力で勝負を苦手としているようなタイプはビッグレッドファームグループと相性がいいと思うんですよねぇ。こんなこと言ってる自分の気持ちは複雑ですが(^^ゞ 来年誕生する初産駒が今から楽しみです。

アイルハヴアナザー (5)(1)
次はアイルハヴアナザー。この馬の仔は今年が初産駒で、あと数カ月でこの産駒の走りを見ることが出来ます。

アイルハヴアナザー (2)(1)
吉田勝己さんも目を付けていた種牡馬とあって、失敗はないと思うんですよ。クラシック向きではないと思うけど、ロージズインメイ産駒と同じタイプでロージズインメイ産駒以上のパフォーマンスを見せてくれそう。今年の初産駒の走りがもうじき見れるとあってアイルハヴアナザー産駒の走り早く見てみたいです。

ロージズインメイ (2)(1)
最後にロージズインメイですが元気でした!1頭の種牡馬の仔に私が3頭も出資したのはこのロージズインメイ産駒が初めてです。20年以上一口馬主をやって、通算15頭しか出資してないの弱小一口馬主である私は基本同じ種牡馬の仔は出資しないんですよ。でも、このロージズインメイには可能性を感じたんですよ。出資した3頭は地方含め全て勝ち上がり、そのうちの1頭ラフィアンマイネエレーナは南関の重賞を勝ち、私に初めての重賞勝ちという勲章を。そして、あれよあれよで地方競馬の最高峰JBCにも出走することが出来ました。ロージズインメイには感謝の気持ちで一杯ですよ。

ロージズインメイ(1)
さすがに4頭目の出資は考えてはいませんが、これからも産駒の活躍を陰ながら応援していきたいと思います。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬
コメント(4)
2016-05-12 23:29 | カテゴリ:牧場見学
続いては社台ファームで馬友愛馬東サラレッドジェノヴァに会ってきました。

P1200226(1).jpg
この馬も牝馬にしては大人しくお利口さんしてましたよ。毛艶も良くてピカピカの青鹿毛が眩しいくらい

レッドジェノヴァ(1)
この馬見て、私達一同が口を揃えて思ったこと。それは耳が長い!ここまで耳が長い馬は珍しいと思いますよ。

頓挫があったりして、ここまで順調とはいってませんが、ここからペースアップしてスタッフ達が口にしていた『理想は秋の東京開催デビュー』が実現する事を楽しみにしてます。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-05-08 22:49 | カテゴリ:牧場見学
ウィッシュノート(1)
ノーザンファーム早来では馬友の愛馬シルクウィッシュノートに会ってきました。
ゴールドアリュール産駒の牝馬。牝馬にしてはカリカリせずに大人しい仔でした。
まだ、子供っぽさは残ってましたけどね。

ウィッシュノート (2)(2) 
どうやらもうじき入厩の予定とのこと。このまま予定通りに入厩→デビューを迎えてもらいたいです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)