2017-05-28 02:51 | カテゴリ:ウインブルーローズ
20170421呼子特別(1)
2017年5月24日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。担当者「先週末に到着しましたが、輸送熱もありませんでしたし、元気一杯でした。競馬を使ってきて、長距離輸送の後ですが、体もそこまで細くなってはいませんでしたしね。大きな疲れはなさそうですが、まずは放牧でゆっくりさせてあげましょう」と話していました。

2017年5月18日(木)
先週の東京「緑風S」では、重い馬場の影響もあり、最後は力尽きて10着に敗れたウインブルーローズ。高橋祥調教師は「ああいう馬場も堪えたようですが、前半からポジションを取りに行った分もあったのかもしれません。もう少しジッと構える競馬をしていたら、と思うところもありますね」と前走を分析していました。なお、前走後も脚元などに不安はなく、引き続き順調ですが、ここでひと息入れることが決まり、本日18日(木)に北海道のコスモヴューファームに向けて出発しています。まずは放牧で連戦の疲れを癒す予定となっています


5歳4月ウインブルーローズ① (1)
いやぁ、忙しい。まぁ、忙しくしたのは自分の意思で決めた事なので誰に文句言う事はありません(笑) この生活もあと2週間ほどなので、乗り切りたいと思います。

で、ウインウインブルーローズが前走12頭立ての11着に惨敗してしまいました…。

松岡正海騎手 出脚から悪い馬場に脚を取られてノメって進んでいきませんでしたし、ずっと走りづらそうにしていました。ある程度前の位置を取らないと勝負にならないと思い、ポジションを取りに行ったのですが、最後は苦しくなってしまいました。乾いた馬場で走らせてあげたかったですね。

ということで時計掛る馬場は悪くはないけど、道悪馬場は松岡騎手のコメント通りのようです。ただ、鉾田から戻して追い切り1本で惨敗して、北海道へ放牧っていうローテーションはちょっと出資者としてはあまり気持ちの良いもんではありませんね。この予定だったとしたら、このレース使わずに2連勝後にすぐ北海道戻せば良かったわけで。準OPの長距離レースがないのはわかるけど、それならしっかり決め打ちで仕上げて出走させないと。しっかり仕上げてさえいれば、あそこまでバテる馬ではないぞWブルーローズは。次走に期待します。

今日は競馬の祭典日本ダービー。例年なら開門ダッシュして朝から競馬場ですが、今年は冒頭で書いた通り忙しくてダービー現地観戦自粛。テレビ観戦です。テレビ観戦は16年前の勝ち馬ジャングルポケットのダービー以来。なかなか経験出来ないテレビ観戦を楽しみにしてます(笑) その前回のテレビ観戦時に勝ったジャングルポケットは共同通信杯の勝ち馬。今年の勝ち馬は?スワーヴリチャードですね。共同通信杯の走りっぷりを見てダービーはこの馬の馬券を買おうと決めていたので、スワーヴリチャードから馬券を買いたいと思います。左回りと右回りでは別馬。楽しみにしてます。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-05-13 01:58 | カテゴリ:ウインブルーローズ
5歳4月ウインブルーローズ 呼子特別(1)
2017年4月19日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本~4本というメニューを消化しています。担当者「到着時に比べて、疲れも取れましたし、その後も順調に乗り込めています。来週の入厩に向けて、明日20日(木)には坂路で追い切りを行う予定です。脚元や背腰など、今は部分的に悪い箇所も見当たりませんし、良い状態で再びトレセンに戻せると思います。馬体重は505キロです」と話していました。

2017年4月26日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を4本というメニューを消化しています。担当者「先週20日(木)に坂路を単走でハロン15~15秒をこなしましたが、反応が物足りなかったため、22日(土)にも併せ馬で15~15秒を行いました。また、今週は本日26日(水)に併せ馬で強めの追い切りを消化しています。追い切りの動きはもうひとつピリッとしませんでしたが、あまり調教で動くタイプではないので、まぁこんなものでしょう。それでも、調子自体は良いように思いますし、近走と同様に力を出せる状態で次走も臨めると思います。あとは昇級しての力関係だけではないでしょうか。馬体重は474キロです」と話していました。

2017年5月3日(水)
本日3日(水)に茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田を退厩、美浦トレセン・高橋祥厩舎へ帰厩しています。ビッグレッドファーム鉾田の担当者は「先週の入厩は叶いませんでしたが、10日競馬に向けて、先週末29日(土)には坂路でハロン15~15秒をこなし、昨日2日(水)にも坂路で後半の2本を強めに追い切りました。この中間はかなりハードに攻めてきたことで、この日程でも不安はありませんし、状態に関しても前走ぐらいデキはキープできているはずです」と話していました。

2017年5月4日(木)
昨日3日(水)に美浦トレセン・高橋祥厩舎へ帰厩したウインブルーローズは、本日4日(木)は北馬場で軽めの乗り運動を消化しています。高橋祥調教師「今朝から予定通り乗り始めましたが、気になるところもなく、状態に関してはまったく問題なさそうです。週末、来週と2本追い切りをかけて来週のレースへ向かう予定です」と順調を語っていました。

2017年5月11日(木)
今週の出走を予定しているウインブルーローズは、昨日10日(水)にWコースで最終追い切りがかけられました。先行する3歳未勝利デカを目標に、直線ではインコースに入って前との差を詰めると、クビ差ほど僅かに抜け出したところでゴールを迎えています。時計は6F83秒4、ラスト1F12秒7でした。高橋祥調教師「帰厩後、2日間ほどは馬が落ち着き過ぎていて、少し元気がないようにも見えたのですが、先週末には気合のこもった走りを見せていましたし、今週の追い切りの動きも良かったです。馬体にはハリがあり、毛ヅヤも良好で、状態は非常に良いと思います」と好調を説明しています。また、「今回は昇級戦になりますが、相手関係を見渡したところ、それほどメンバーレベルは高そうではありませんし、ハンデ差もありますからね。いきなりでも期待は持っていますよ」と意気込みを続けていました。なお、追い切り明けの本日11日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の東京土曜10R「緑風S」芝2400mに松岡騎手で出走が確定しています。

今期絶好調のウインウインブルーローズが2連勝の勢いを引っさげて、今日13日(土)東京10R緑風Sに出走します 今回もハンデの恩恵を受ける立場ですが、さすがに1000万下を1回でクリアして準OPですから、いくらハンデの恩恵を受ける立場でも、この辺で一旦立ちはだかる壁があるように感じます。帰厩して1本でレースというのも、長距離レースだけに最後バタッとこないかどうか!?など不安の方が多く感じる一戦ですが、明日はやや天気が崩れるようなので、この天気はブルーローズにに味方してくれそう。東京の上がり勝負ではどうしても厳しい。あとは松岡騎手が今のブルーローズをどう乗りこなすか?そのあたりを見ながら楽しみに応援したいと思います。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-04-16 17:13 | カテゴリ:ウインブルーローズ
5歳3月ウインブルーローズ(1)
2017年4月6日(木)
先週の中山「安房特別」では、道中は好位のインコースをロスなく立ち回り、直線で抜け出し、特別戦連勝を飾ったウインブルーローズ。前走後は引き運動のみで様子が見られていますが、大きな問題もなく、本日6日(木)にはビッグレッドファーム鉾田へリフレッシュ放牧に出ています。高橋祥調教師「後続には脚を余す馬も多かったレースでしたし、スタート後すぐにいい位置に付けられたのは大きなアドバンテージでした。それでも昇級戦をいきなり勝てたように、馬も力を付けています。以前は背腰が弱く、なかなか使い込めなかった馬ですが、ようやく軌道に乗ってきた印象ですね」と笑顔で前走を振り返っていました。また、「前走は馬もそれなりに頑張って走ったようで、背腰を中心に標準程度の疲れは確認できますが、大きな問題はありません。今後の疲労回復次第ですが、5月13日、東京土曜10R『緑風S』芝2400mあたりを次走の候補として考えています」と予定を明かしていました。

2017年4月12日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「先週6日(木)に到着後、少し楽をさせた後、8日(土)から乗り込みを再開しています。乗り出し当初は、背腰がクタクタとして、トモも十分に入ってこないところがあり、それなりの疲れがあるなといった印象でしたが、その後は改善傾向にあり、順調です。太りやすいタイプなので、すでに通常通りのメニューを消化していますし、問題なく次走に向かうことができると思います。馬体重は496キロです」と話していました。


連勝後のウインウインブルーローズですが、今のところ大きなダメージなくBRF鉾田TCに移動し、既に坂路に入っているようで、随分と回復も早くなり馬が充実期に入って来たようです。充実期に入る前から見てくれの馬体はいいものありましたし、高橋(祥)調教師も会った時に『いい馬体だろう?』ってブルーローズを評価してました。ただ、まだその馬体を持て余していて活かしきれない弱さがあったんですが、レースを使いながらパンとしてきましたよ。次走は近況にもありますが5月の東京のようです。15年11月以来の東京でどんな走りを見せてくれるのか今から楽しみです。

今日は皐月賞がありましたね。お世話になっているウインからウインブライトが出走。残念ながら8着。前走が大幅なマイナス体重での勝利は正直前走で仕上がり過ぎちゃったんじゃないかなぁと感じてました。BRFグループの馬は余裕残しでステップレース勝てないもんだから、本番にお釣りがなくなってしまう傾向が強い。まぁ、ビッグレッドファームグループの目標はクラシックではありませんからね。ご存じだと思いますが、グループの最大目標は丈夫な馬づくりですから(^^ゞ
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-04-05 22:13 | カテゴリ:ウインブルーローズ
4/2(日) 中山9R 安房特別 芝2500m(1000万下)

WIN.gif ウインブルーローズ 1着

吉田隼人騎手 前残り傾向の今の中山の馬場を考えても、なるべく前目の位置に付けたいと思っていました。スタート後は馬が自然と前に進んでくれましたし、理想的な位置でレースを進めることができました。勝負所の手応えも十分で、「これなら」という感触でしたし、直線では手応え通りの伸び脚を見せてくれました。ただ、小倉の前走もそうでしたが、抜け出して1頭になると、ふわふわしていましたし、返し馬でも1頭だと物見がひどく、生ずるい面は相変わらず残っていますね。今日はこういう馬場でもまったく脚を取られるところはありませんでしたし、むしろ他の馬の脚色が鈍った分、馬場も味方してくれた印象です。馬の状態も前走と変わらず良さそうでしたよ。


やりましたよ、500万下で長い間足踏みしていたのが嘘のように勝った勢いそのまま、連勝で準オープン入りしました 今まで4コーナー手前から騎手が押して押して流れに乗り、直線伸びずバテずのレースしか出来なかった馬がペース上がったところでも楽な手応え、直線も坂上がったところからビュン!と伸びて勝利。別馬かと思えるような走りの変化に現地でご一緒した口取り会員さん達もビックリして大盛り上がりでした

今回の中山2500mはステイゴールド産駒の庭みたいな条件です。実際12頭中5頭がステイゴールド産駒、この馬達によくキンシャサノキセキ産駒が競り勝ってくれたよ。これも競馬のおもしろさ、奥深さだよなぁ。

当ブログやSNSへお祝いコメント頂きありがとうございます。異色のキンシャサノキセキの長距離砲ウインブルーローズはこれからもキンシャサノキセキ産駒らしくない走りっぷりでターフ盛り上げると思いますので、また応援よろしくお願い致します
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-04-01 20:07 | カテゴリ:ウインブルーローズ
5歳2月ウインブルーローズ①(1)
2017年3月9日(木)
先週の小倉「呼子特別」では、中団追走から徐々に位置を押し上げ、直線は難なく抜け出して勝ち上がりを決めたウインブルーローズ。レース翌日の5日(日)には小倉競馬場を出発し、無事に美浦トレセンへ到着しており、本日9日(木)までは引き運動の軽めのメニューで様子が見られています。高橋祥調教師「前走後も脚元の心配はなく、こちらへ戻ってきてからも順調で、それなりの状態を維持できていると思います。あとは乗り出してみて、背腰の疲れ具合などを確認してから最終判断をしますが、今の充実ぶりを見ると、以前のようなひ弱さは徐々に解消しつつあるのかもしれませんね」と状態を説明し、また、「前走は今までのもどかしさが嘘のような、余裕すら感じさせる勝ちっぷりでしたし、上に行っても相手なりに走ってくれそうですね」と昇級後の期待も語っていました。

2017年3月16日(木)
再来週の4月2日、中山日曜9R「安房特別」芝2500mを吉田隼騎手で出走を予定しているウインブルーローズは、先週末に乗り込みを再開後も順調で、昨日15日(水)、本日16日(木)は普通キャンターを消化しています。高橋祥調教師「乗り出し後も疲れを見せることもなく、順調に来ています。これなら予定通り、次走に向かうことができそうですね。小倉に出発する前と、レースを使ってこちらへ戻ってきた後を比べると、むしろ今のほうが馬が良くなった印象を受けますし、それだけ状態が充実しているのだと思います」と目を細めていました。

2017年3月23日(木)
来週の中山日曜9R「安房特別」芝2500mを吉田隼騎手で出走を予定しているウインブルーローズは、全休日明けの昨日22日(水)は普通キャンターを乗られ、本日23日(木)にはWコースで1週前追い切りがかけられました。先行し、外を回るブルーローズに、直線入り口で内から古馬1000万下マイネルフレスコが並びかけますが、直線の手応えはブルーローズが優勢で、そのまま併入でゴールとなっています。時計は5F71秒8、ラスト1F13秒3でした。高橋祥調教師「動きの良さもそうですが、ここに来てだいぶ馬が逞しくなった印象を受けますし、これからが楽しみになってきました。昇級戦でも相手なりに動けそうなタイプですし、いきなりいいところがあっても不思議ではないですよ」と笑顔を見せていました。

2017年3月30日(木)
今週の出走を予定しているウインブルーローズは、先週末26日(日)にWコースで5F70秒0、ラスト1F12秒9という時計をマークしています。そして昨日29日(水)にはWコースで最終追い切りがかけられました。併せた古馬1000万下マイネルフレスコは直線で一杯に追われましたが、ブルーローズは最後までほぼ馬なりの手応えのまま、ゴール前では半馬身ほど先着を果たしています。時計は5F68秒4、ラスト1F13秒4でした。高橋祥調教師「4コーナーで外から並ばれてからも余裕がありましたし、非常に良い動きでした。以前とは体つきからして違いますし、見た目にもパワーアップした印象がありますね。充実した今なら昇級戦でも好勝負に持ち込めるのではないかと思っています」と絶賛していました。追い切り明けの本日30日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の中山日曜9R「安房特別」芝2500mに吉田隼騎手で出走が確定しています。


背腰がしっかりしてきたらと松岡騎手が言ってましたが、その時期を迎えようとしているのか!? ここ数戦は成績も安定し、前走は見事勝利を収め明日中山9R安房特別で昇級初戦を迎えます。陣営からのトーンも高く状態も良さそうです。12頭立てのレースで、内4頭がビッグレッドファームグループの馬。しかも、ウインブルーローズ以外の3頭はこの条件に高い適性のあるステイゴールド産駒。まぁ、ハンデ差の斤量の恩恵もありますし、充実した勢いで互角以上の勝負をしても不思議はないと思ってます。それは3走前の中山芝2200mでこのレースにも出走しているマイネルフレスコとこのクラスを卒業したイチダイと走って差の無い3着と好走しているので臆する事はありません。ただ、マイネルクラフトの前走はちょっと強引な競馬だったけど強い競馬だったと感じたので、この馬は強そうですね。今回ウインヴォラーレがハナを主張しないようなので、スタート次第では1枠を活かして逃げちゃってもらっても構いませんので、吉田(隼)騎手!エスコートよろしくお願いします


【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(10)