2017-03-05 00:38 | カテゴリ:ウインブルーローズ
3/4(土) 小倉10R 呼子特別 500万下(芝2600m)
WIN.gif ウインブルーローズ 1着

吉田隼人騎手 これまでのVTRを見て、3、4コーナーの手応えの割にしまいがだらしないという印象を受けました。前半はいつも通りじっくり進めて、ちょうど人気の7番がいたので、それを目標にうまく進められました。勝負どころでは遊ばせないように、気合いを付けつつ上がっていきましたが、手応えは本当に良かったんです。7番は楽に交わせる感じで、直線満を持して抜け出したのですが、そこからはフワッとしてしまい進んでいきませんでした。なんとかしのぎ切ってくれましたが、最後の追っているフォームは恥ずかしい形になってしまいました。余力があるから、遊ぶことができるのでしょうし、気性的な難しさはありますが、力はかなりある馬ですよ。上へ行ってもやれそうですが、こういう形でフワッとすると、上のクラスの馬にはビュッとやられてしまうことがあると思います。そうなると、前に強い目標の馬がいて、それをギリギリで交わすというのが理想ですね。上のクラスでも普通にやれると思いますが、そこを勝ち切るにはうまく乗る必要がありそうです。今日は本当にいい時に乗せていただき、ありがとうございました。


初勝利から約1年10カ月ぶりの勝利で通算2勝目を飾る事が出来ました 呼子特別は芝2600mだったんだけど、きっとキンシャサノキセキ産駒が芝2600m勝ったのはこのウインウインブルーローズが初めてだと思うんですよ。きっとこの珍記録は当分破られないだろうなぁ。

今回はテン乗りで吉田(隼)騎手がパートナーだったんですが、正直今までの騎手が乗った乗り方とそう変わった感じはしなかったんです。それでも詰めの甘いブルーローズを勝たせたのだから、外から見ている私達の目では理解できない技術が何かあるんだと思います。小倉で調教を付けていた前走騎乗の丹内騎手が前走前は抜群の気配と言い結果3着、今回のレース前には前走よりは調子はいくらか落ちていると丹内騎手がコメントし、その状態でレースに挑んだ吉田(隼)騎手はテン乗りで1着。これが腕の差なんですよ。腕というのはただ単に腕っぷしがいいとかではなく、追い出しのタイミングとかも含めてなんだけど、騎手たちにしか理解できない目に見えない技術の違いなんだと思いますよ。

丹内騎手をビッグレッドファームグループが乗せる事はグループ方針なので乗せるなとは今更言わないけど、数戦乗せて結果が出ないようであれば、適正なタイミングで騎手をスイッチする事が好成績を生む可能性があるという事だけはグループはよーく理解してもらいたい。タイミングを逃すと取り返しのつかない方向へ行くケースもあるから。私が出資していたウインエスパシオなんか典型的な例。あまりにも松岡騎手推しで使われた結果、チャンスを逃し、歯車が狂ったからね。同じ騎手を使い続けるというのは時として、リスクが大きいという事です。

今回に関しては、こうやって結果が出たのだから、いいタイミングで騎手をスイッチしてくれたという事で、関係者には感謝してます。次走は4/16(日)福島12R奥の細道特別 1000万下(芝2600m)に出走とのこと。まずは無事に帰厩することを祈っています。

おめでとうのコメントくれた方々ありがとうございました。これからも頑張ってくれるはずですので、また応援してやってください

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2017-03-04 01:59 | カテゴリ:ウインブルーローズ
5歳1月ウインブルーローズ②(1)
2017年2月16日(木)
先週の小倉では、一旦は前を飲み込む勢いで進出しましたが、最後は少し甘くなり3着に敗れたウインブルーローズ。高橋祥調教師は「悪くないレース運びでしたが、結果論、道中はもう少し前のグループに付いていっても良かったかもしれませんね。それでも、先着を許した2頭とは内外のコース取りの差もありましたし、力のある競馬はしていたと思います。状態がすこぶる良かっただけに、決めたかったですけどね」と前走を振り返っていました。なお、前走後はそのまま小倉競馬場に滞在し調整を続けており、馬体に異常もなく、昨日15日(水)からは軽めのメニューで乗り込みも再開。次走は、中2週で、3月4日、小倉土曜10R「呼子特別」芝2600mを吉田隼騎手との新コンビで予定しています。同調教師は「レース後、順調さを欠くことも少なくない馬ですが、現地のスタッフからは『反動もなく、問題のない状態』と順調の報告を受けていますし、次も良い状態でレースに臨めると思います」とレース後の無事を説明していました。

2017年2月23日(木)
前走後も小倉滞在で順調に調整中のウインブルーローズは、昨日22日(水)に小倉競馬場ダートコースで1週前追い切りがかけられました。木幡初騎手騎乗の古馬500万下ボーントゥレインが5Fで4馬身ほど先行し、コーナーでは外を回りながら差を詰めにかかった丹内騎手騎乗のブルーローズでしたが、最後は僅かに追い上げが届かず、半馬身ほど遅れてゴールとなっています。時計は5F70秒1、ラスト1F12秒8でした。高橋祥調教師「先週末、グンと気温が上がった日があり、その影響で一時的に馬がボーッとしたことがあったようですが、それ以外は順調に来ていると聞いています。反動どうこうはありませんし、追い切りに乗った丹内からも『良い意味で変わりなく、状態をキープできていそうです』と順調の報告を受けています」と説明していました。追い切り明けの本日23日(木)は軽めの運動をこなしていました。

2017年3月2日(木)
前走後も小倉競馬場に滞在し、今週末のレースに向けて調整を進めているウインブルーローズは、昨日1日(水)に小倉ダートコースにて最終追い切りがかけられました。丸田騎手騎乗の古馬500万下バンダムザブラッドとの併せ馬で、道中はこれを追走し、直線で外に体を併せたブルーローズでしたが、最後は手応えで劣勢気味となり併入でゴールとなっています。時計は5F69秒1、ラスト1F12秒6でした。騎乗した丹内騎手は「前走時の最終追い切りは反応が抜群で、感触も非常に良かったのですが、先週、今週と段々ズブさを見せるようになってきました。今週も馬なりの相手に対してこちらはほぼ一杯でしたからね。太りやすいタイプで、そのあたりも影響しているのでしょうか。正直、前走のほうが状態は上だと感じていますが、どこが悪いといったことはなく、反動は見られないので、今回も堅実には走ってくれると思います」と感触を語っていました。


予定通り本日3/4(土)小倉10R呼子特別にウインウインブルーローズが出走します。登録自体は26頭でしたが、蓋を開けてみれば10頭立てと捲って行くブルーローズにとっては少頭数は歓迎だと思います。今回は初コンビの吉田隼人騎手。前走後、個人的に関西の松山騎手にラブコールを送っていましたが、関東の騎手でも吉田(隼)騎手ならこの小倉開催で先週までに5勝を挙げていますから、現在の調子なら関西の騎手に見劣りはしません。今日で第一回小倉開催が終わるので、ここは決めたいなぁ。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2017-02-13 00:38 | カテゴリ:ウインブルーローズ
2/12(日) 小倉6R 500万下 芝2600m

WIN.gif ウインブルーローズ 3着

丹内祐次騎手 前がかなり引っ張る流れでしたので、前半は無理せず脚を溜めて、早めに外から動く形を頭に入れていました。人気のナムラとマイネルを見る絶好のポジションで進められましたし、4コーナーでは前を交わせそうな手応えだったんですけどね。しかし、追い出してからがジリジリとなってしまい、逆に勝ち馬に突き放されてしまいました。この中間、追い切りにも乗って状態の良さを感じていただけに、結果を出せずに申し訳ありませんでした。


絶好の条件でしたが、またしても勝利には結び付かず…。まぁ、これも想定内ではありました。今までもこんな感じだったので。ただ、前走は苦としていた中山の急坂を克服しての3着だっただけに一皮剥けたかな!?という期待も持ってこのレースを観戦しました。よく頑張っているんですけどねぇ。最後の最後でビュンという脚がないんだよなぁ。勝ったのは同じグループのラフィアンマイネルレオーネ。前走吉田(隼)騎手が小倉の2600mを使ってもらいたいと進言して、きっちりと結果を残しました。吉田(隼)騎手お見事

次走についてはこのまま小倉に滞在し、同条件を目指すとの事。次走は叶う事であれば、騎手をスイッチしてもらい松山騎手あたりを確保してもらいたいと思います。手が合うと思うんですよ。小倉はね、関東の騎手では厳しいものがある。次にこの条件を使えるのは7月の小倉ですから、松山騎手に今からラブコールを送り、次走で決めてもらいたいです。



【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2017-02-11 21:00 | カテゴリ:ウインブルーローズ
5歳1月ウインブルーローズ(1)
2017年1月12日(木)
5日(木)の中山では、外々を回って早めに進出し、勝ち馬とタイム差なしの3着に好走したウインブルーローズ。前走後は反動もなく順調で、昨日11日(水)までは角馬場での乗り運動をこなしています。高橋祥調教師「どうしても色々と注文が付くタイプですが、前走は状態も良かったですし、ジョッキーも上手に乗ってきてくれましたからね。前走後、競馬を使ったそれなりの疲れは確認できますが、ガタッと来ることはありませんでしたし、順調です。この後は小倉滞在を予定していますので、一旦短期放牧を挟み、またすぐにトレセンへ戻す予定です」と話していました。なお、ブルーローズは、本日12日(木)にビッグレッドファーム鉾田へ放牧に出ており、次走は、2月12日、小倉日曜6R芝2600mを予定しています。

2017年1月18日(水)
本日18日(水)に茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田を退厩、美浦トレセン・高橋祥厩舎へ入厩しています。ビッグレッドファーム鉾田の担当者は「先週14日(木)から乗り運動を開始し、本日18日(水)にトレセンへ向けて出発しています。滞在期間は1週間未満でしたが、調整はいたって順調でした。レースを使ったことにより、くたびれた感じもありませんでしたし、良い状態をキープしていると思います。馬体重は502キロです」と話していました。

2017年1月19日(木)
先週、ビッグレッドファーム鉾田へ放牧に出たウインブルーローズですが、次走の小倉開催に向けて昨日18日(水)に美浦トレセン・高橋祥厩舎へ帰厩しています。帰厩翌日の本日19日(木)は、角馬場にて乗り運動をこなしていました。高橋祥調教師「いつもレースを使った後は背腰に疲れが出やすい馬ですが、今回はそういったところがなく、素軽い動きで、気配は上々です。こちらで追い切って態勢を整えて、再来週末あたりに小倉へ輸送する予定です」と話していました。なお、次走は、2月12日、小倉日曜6R芝2600mを丹内騎手とのコンビで予定しています。

2017年1月26日(木)
再来週の2月12日、小倉日曜6R芝2600mを丹内騎手で出走予定のウインブルーローズは、昨日25日(水)にWコースで2週前追い切りがかけられました。ブルーローズは最内に進路を取ると、直線に向いてからの手応えも楽で、最後は併せた未勝利馬2頭(中マイネルカロン、外ショウブニデル)に足並みを揃える余裕も見せながら、併入でゴールとなっています。時計は5F69秒0、ラスト1F13秒4でした。高橋祥調教師「時計は思っていたよりも遅くなりましたが、騎乗者に聞くと、今朝はいつも以上に走りづらい馬場状態だったようで、周りの馬も軒並み時計が掛かっていたようですから、その影響があったのでしょう。動き自体は良かったですし、今は状態も良さそうです。来週、もう1本こちらで追い切ってから小倉へ輸送する予定です」と順調を語っていました。追い切り明けの本日26日(木)は軽めの運動をこなしていました。

2017年2月2日(木)
来週の小倉日曜6R芝2600mを丹内騎手で出走予定のウインブルーローズは、昨日1日(水)にWコースで最終追い切りがかけられました。先行する古馬OPウインインスパイアを追走し、直線入り口では内から併走状態に持ち込むと、最後まで脚色優勢で、半馬身の先着を決めています。時計は5F64秒3、ラスト1F13秒4でした。高橋祥調教師「内外、通った位置の差はありましたが、格上馬をアオるほどでしたし、動きは非常に良かったですね。調整自体もここまでいたって順調ですし、この感じなら次走は楽しみです。今週末、小倉へ向けて移動させる予定です」と終始満足顔でした。追い切り明けの本日2日(木)は軽めの運動をこなしていました。

2017年2月9日(木)
今週の出走を予定しているウインブルーローズは、先週末4日(土)に美浦トレセンを出発し、翌5日(日)に小倉競馬場へ到着しています。そして昨日8日(水)には小倉競馬場ダートコースにて最終追い切りがかけられました。3歳未勝利ミツカネマジックを大きく追走したのが丹内騎手騎乗のブルーローズで、残り4Fから併せ馬となりましたが、余力残しの手応えのまま併入にまとめています。時計は5F70秒5、ラスト1F13秒0でした。丹内騎手「前向きさがあり、動きは非常に良かったです。今は状態も良さそうですし、レースでも頑張りたいと思います」と好感触を語っていました。また、高橋祥調教師「ジョッキーは『テンからしまいまで元気一杯の走りだった』と話していましたし、かなり感触は良かったようですね。輸送も問題なくこなせたという報告も受けていますし、移動後も順調そうで何よりです。デキもいいので今回は好結果を期待しています」と意気込みを語っていました。


今日は積雪の為、小倉競馬場全レースが中止になったみたいですが、明日の天気予報からは雪も降らないらしいので予定通り開催されるでしょう。明日2/14(日)小倉6R 500万下(芝2600m)にウインウインブルーローズが出走します。この条件は2戦して2、4着と好条件のレース。当時の勝ち馬プレストウィックはその後重賞レースに出走、ブライトバローズも1000万下を一度勝って現在もいつでも勝ちあがれる状態と相手が強かった。前走の走りが本物なら当時よりも力を着けている事間違いないので、好勝負期待したいところだけど、成績ムラのある馬で調子がいいからといって好結果にはならず、調子が良いわけではなくても好結果が出たりとムラ馬だし、出来れば小倉だけに関西の騎手を確保したかったというのが本音。小倉は関東の騎手は騎乗機会少なく、経験値が足らない。そろそろ何とかしたいところなんだけどなぁ…。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2017-01-08 23:37 | カテゴリ:ウインブルーローズ
1/5(木)中山7R 500万下(芝2200m)
WIN.gif ウインブルーローズ 3着

2017年1月5日(木)  
大野拓弥騎手 前半はあまり無理せず、馬に走りのリズムを掴ませてから、後半にじわっとエンジンを吹かす形が合っていますね。ラストは長く脚を使ってくれましたし、一瞬は勝ったかと思ったんですけどね。目標にしていた前の勝ち馬もなかなか渋太かったです。厩舎の方からは「状態が上がっている」と聞いていましたし、それも良かったのでしょう。ゆったりと運べる距離も合っていますね。


今年初の愛馬の出走結果は3着でした。16頭中13番人気の低評価でしたから人気に反して良く頑張ったと思います 正直ここまで人気ないのもどうかとは思うけど、人気になりずらい馬なので馬券に絡んだ時は結構いい感じなんです。が!今回私もこの日は今年の仕事始めで、トイレに行く暇もないほど仕事に追われてまして、馬券買おうと思ったら既にレースが終了している時間だったんですよ。帰宅後、レースVTR観たら4コーナーの脚色から『おい!まさか勝つのか?』と驚きながら直線へ。結果は惜しくも3着でしたが、初めてブルーローズの馬券を買えなかった事で10倍の複勝お年玉馬券を頂けませんでした まぁ、馬券以上に愛馬がこのクラスでまだまだ条件揃えば力上位だという事を再認識出来た事は嬉しかったですよ、急坂も克服したしね。レース後ダメージが残らない事を祈り、次走も楽しみにしています
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)