2017-04-10 23:14 | カテゴリ:ウインべザント
3歳2月ウインべザント(1)
2017年3月31日(金)
本日31日(金)に茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田を退厩、美浦トレセン・奥村武厩舎へ入厩しています。ビッグレッドファーム鉾田の担当者は「今週29日(水)には、坂路で入厩前最後の追い切りを行いましたが、良い動きを見せていました。乗り手は『最近の中では一番良い状態』と仕上がりに自信を持っていましたし、非常に順調に調整することができました。結果も付いてきてほしいですね。馬体重は439キロです」と話していました。

2017年4月6日(木)
4月11日(火)、船橋「ナイスハルター特別」ダート1600mに選出されたウインベザントは、前走と同じ笹川騎手とのコンビで同レースに向かうことが決まっており、先週末2日(日)には坂路で4F56秒9、ラスト1F13秒7という初時計をマークしています。昨日5日(水)にも坂路で追い切りがかけられました。3歳未勝利レッドフェンリルを1馬身追走したベザントでしたが、後半は一杯に追われながらもなかなか差が詰まらず、1馬身の遅れでゴールとなっています。時計は4F53秒8、ラスト1F13秒3でした。奥村武調教師「併せた前の馬にも追い付きませんでしたし、相変わらずと言いますか、あまり動けません。状態面にこれといった問題はなさそうですが、未勝利勝ちを目指すにはもう少し動けるようになってもらいたいものですね。今週末にももう1本追って来週のレースへ向かいます」と状態を説明し、「再びの交流戦で相手関係も中央のレースに比べれば楽ですし、このあたりで目処を立てたいですね」と意気込みを語っていました。


3歳2月ウインべザント②(1)
日曜日はレッドルドラのデビュー戦を観戦に阪神競馬場に。その流れで帰宅せずに会社へ直行、仕事して帰ってきましたが、だいぶ疲れました(笑) 明日は船橋競馬場でウインウインべザントが8Rナイスハルター特別に出走します。継続騎乗で大井の笹川翼騎手が跨ってくれて、鞍上に関しては言うこと無しです。前走後のコメントでも交流競走なら十分に勝負になりタイミングが合えばまたよろしくお願いします。とコメントしてくれており、べザントに対して前向きで、今回は前走以上の結果をお願いしたいと思っていますが、明日の軽い馬場はべザントにはどうかなぁ。笹川騎手は深い地方の力の要る馬場が合っていると言ってただけに。結果はいかに。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2017-03-24 22:15 | カテゴリ:ウインべザント
3歳1月ウインべザント①(1)
2017年2月24日(金)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「以前の滞在時に続き、今週20日(月)にはまたしても軽い疝痛を起こしてしまいました。原因ははっきりと分かりませんが、調教後に発症することを考えると、ストレスも影響しているのかもしれませんね。カイバを多く与えられないため、体が増えてこないのが悩みの種ですが、脚元はもう問題ありませんし、乗り込み自体は順調です。来週あたりからは少しペースを上げることも検討しています。馬体重は428キロです」と話していました。

2017年3月3日(金)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「疝痛の症状は落ち着きましたが、今度は歯の影響なのか、中間は咀嚼が必要な硬いものをあまり食べようとしません。その後、ひと通り歯の治療は行いましたので、あとは今後どのような変化が現れるかですね。症状が改善され次第、調教のペースも上げていきます。馬体重は423キロです」と話していました。

2017年3月10日(金)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「歯の治療の効果で食欲はすっかり戻りましたし、カイバ量を増やしています。昨日9日(木)には坂路でハロン15~15秒を乗りました。体調は良さそうですし、動きもこの馬としては上々でした。馬体重も430キロで少しずつ増えてきましたし、理想を言えばあと10キロほど増やしたいですね」と話していました。

2017年3月17日(金)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「今週15日(水)には坂路でハロン15~15秒を行いました。この馬としては過去にないぐらい順調に調整ができていますし、前走以上の状態でトレセンに送り出すことができそうです。来週は強めに追って、再来週の入厩に向けて準備しておきます。馬体重は430キロです」と話していました。

2017年3月24日(金)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「今週22日(水)には坂路で追い切りを行いました。動きは問題ありませんでしたし、ここに来て馬体の張りも増して、ぐんぐんと調子を上げてきた印象です。まさに絶好調といった様子で、馬体の細め感もありません。今回はレースでの結果にも期待したいですね。馬体重は436キロです」と話していました。

2歳12月ウインべザント②(1)
私の眼は間違いではなかったですねぇ。奥村(武)厩舎が関東リーディング1週だけ1位になりました。この厩舎は今後関東の上位にくる厩舎だと思ったし、奥村調教師も人当たりが良く、こういう調教師のもとに良い馬が集まるんだろうなぁと。そして、私も先物買いとまでは言いませんが、とても好感を持てたのでウインべザントに出資。現状ある程度私の感じた通りの厩舎に成長しているんだけど肝心のウインとの相性が悪い事が誤算だった そこ一番大事だろって…。まだウインの馬で未勝利だという事を奥村(武)調教師自身自覚しているようで、私に『早くウインの馬でまず1つ勝てるよう頑張ります!』って言ってました。ぜひぜひ、ウインウインべザントでよろしくお願いします

明日はラフィアンラフィアンで会員向けに用意してくれた中山競馬場ゴンドラ来賓席で1日競馬観戦してきます。こういった席で競馬観戦出来るのも一口馬主の特権。毎月会費払ってるんだから、こういった会員サービスもたまには利用しないとね。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-02-22 00:25 | カテゴリ:ウインべザント
2歳11月①ウインべザント(1)

2017年2月10日(金)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「先週一杯はウォーキングマシンで楽をさせて、今週半ばから軽めに乗り込みを開始しています。聞いていた右前脚のソエに関しては、触診でぎゅっと握っても痛がることはありませんが、右前を中心に歩様はぎこちなさが残ります。乗り出し後も全体的に硬さを感じますが、軽めに乗るぶんには影響はありませんので、様子を見ながら進めていきます」と話していました。

2017年2月17日(金)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「乗り出し後はむしろ歩様の硬さもそれほど気になりませんし、聞いていた右前のソエは、触ってそれほど嫌がらないことから、これが硬さの直接的な原因ではなさそうです。来週あたりには軽く時計を出す予定で、帰厩を目指してどんどん進めていきます。馬体重は433キロです」と話していました。

2歳12月ウインべザント①(1)
日曜日はウインウインべザントと同期の14年産2次募集組のウインシャトレーヌが東京の芝1800m混合の3歳新馬戦を快勝。走りはまだ幼さを見せていたけど、上がりは33.8秒とメンバー最速だし、最後は流す余裕で次走も楽しみなレースっぷりでした。募集時の写真はダイワメジャー産駒らしくガッチリとした立ち姿で栗東の大久保(龍)厩舎でしたから、1000万台であれば出資候補だったけど、募集価格が牝馬で2100万ではどうしても価格で見送り対象。ビッグレッドファームグループでは募集価格2000万越えは牡馬でもためらってしまうのに、牝馬では・・・だね。この時期に中央場所で新馬勝ちは珍しいので楽しみな一頭が出たね。

先日ゴールドアリュールがこの世を去りました。まだ種牡馬としても頑張れたし、種牡馬引退したらのんびり余生を送れたのに、残念な知らせでした。ウインべザントもゴールドアリュール産駒。父に捧げる走りを是非とも見せてもらいたいです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-02-04 00:51 | カテゴリ:ウインべザント
1/31(火) 川崎10R
ジャニュアリーフラワー賞 3歳 未格付選定馬JRA選定馬


WIN.gif ウインべザント 8着


2017年1月31日(火)
笹川翼騎手 道中の感触は悪くなかったですが、4コーナーでは前を完全にカットされる不利を受けてしまい、それでレースが終わってしまいました。最後までしっかりと走らせてあげたかったですし、悔いの残るレースになってしまいました。申し訳ありません。小柄な馬ですが、深い砂をしっかりと掴める走りをしますし、軽いというよりもやや重さがあるフットワークなので、こっち(地方)の力の要る砂のほうが合っているのではないでしょうか。交流競走なら十分勝負になる馬だと思いますし、もしタイミングが合えば、またよろしくお願いします。

2017年2月2日(木)
今週31日(火)の川崎「ジャニュアリーフラワー賞」では、4コーナーで大きな不利を受けたことで消化不良のレースとなってしまったウインベザント。奥村武調教師は「ラフプレーもいいところ。あんな不利を受けてしまっては、もう挽回もできないですからね。ちょっと目に余る騎乗でした」と加害馬に対して怒りをあらわにしていました。前走後は接触による外傷などは見られませんでしたが、右前脚にソエの症状が確認されており、本日2日(木)にビッグレッドファーム鉾田へ放牧に出ています。同調教師は「幸いゴチャついたことによる影響はありませんでしたが、右前のソエは痛そうで、跛行も見られます。問題がなければ、2週間程度の放牧でトレセンに戻して、再び地方交流競走を目指していく予定でしたが、ソエの回復具合を見て判断していきたいと思います」と話していました。


ウインウインべザントは3戦目にして地方の交流競走に出走。ここでどんな走りをするか、期待と不安を抱えながらレースを見ました。スタートは前2戦ともいいスタートが切れていたので、ここでもスタートでセーフティリードをとって前々で勝負して欲しいと思っていたのが、まさかのボコッと…。これは厳しいレースになるなぁと。挙句の果てには4コーナー入り口で笹川騎手が立ちあがるほどの不利。でもね、馬によってはそこで戦意喪失して走る気を失って失速する馬もいるけど、べザントは頑張ったねぇ。走る気を失うことなく頑張ってゴールまで走り抜きました。べザントにとって数少ない良い点の1つに走る事に対する前向きさ。今回は非常にアンラッキーなレースになったけれども、まだ3戦。クラブが時間さえくれれば、緩やかにはなってしまうけど、まだまだこれから。前向きな気性に体がつり合っていないと過去に松岡騎手も言ってました。デビューからずっとマイナス体重だけに、最低でも450kgまでは増やしてもらいたいよなぁ。鉾田ではずっと食べていて、私を相手にしてくれなかったのに、おかしいよなぁ(^_^;)

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2017-01-30 00:53 | カテゴリ:ウインべザント
2歳11月ウインべザント(1)
2017年1月13日(金)
本日13日(金)に茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田を退厩、美浦トレセン・奥村武厩舎へ入厩しています。ビッグレッドファーム鉾田の担当者は「急遽入厩が決まったため、今週は追い切りができませんでしたが、先週まではしっかりと動かしていましたし、ある程度の態勢は整っています。小柄ですぐに動けるタイプでもありますし、トレセンで本数を重ねていけば何ら問題ないと思います。疝痛の頻度も年末年始にかけてはだいぶ減ってきて体調も良化していました。馬体重は431キロです」と話していました。

2017年1月19日(木)
先週13日(金)に美浦トレセン・奥村武厩舎へ入厩したウインベザント。先週末15日(日)には、坂路でハロン15~15秒を乗られています。そして昨日18日(水)にはWコースで追い切りがかけられました。3歳未勝利ウインヘラルドとの併せ馬で、直線も余力残しのまま、楽々と併入にまとめています。時計は5F70秒6、ラスト1F14秒6でした。奥村武調教師「70~40の軽めの内容だったこともありますが、最後まで手応えに余裕がありましたね。稽古の動きは悪くありませんし、まだ良くなる余地もありそうです」とまずまずの評価を与え、「放牧先から聞いていたような疝痛の症状はトレセンでは見せていませんし、仕上がりも悪くなさそうです。態勢が整えば来週の出走も前向きに考えていきましょう」と続けていました。なお、次走は来週の東京日曜3Rダート1600mが候補に挙がっており、追い切り明けの本日19日(木)は軽めの運動をこなしていました。

2017年1月26日(木)
今週末の出走を予定していたウインベザントですが、1月31日(火)、川崎「ジャニュアリーフラワー賞」ダート1500mに選出されたことを受けて、同レースに大井競馬所属の笹川騎手とのコンビで向かうことが決まっています。そして、昨日25日(水)にはWコースで最終追い切りがかけられました。3頭併せの最内を回ったのがベザントで、外を回った3歳未勝利ホウオウステップには手応えで見劣ってしまいましたが、もう1頭の3歳未勝利ウインヘラルドを上回る脚色で3頭併入にまとめています。時計は5F70秒4、ラスト1F13秒9でした。奥村武調教師「あまり良い動きとは言えない内容でしたね。もう少し動けるかと思っていたのですが・・・」と不満そうな表情を浮かべ、「帰厩後はトモの蹴っぱりが以前ほど強くありませんし、お腹もぽっこり出て、少しアンバランスな体つきなのが少し気掛かりです。そのあたりがレースに行ってどう影響するかでしょうね。交流競走ですし、ある程度のレースはしてきてほしい気持ちはありますけどね」と最後までトーンは上がりませんでした。


当初は未発表でしたが1/22(日)中京のダート1400m、そこから発表があった1/29(日)東京のダート1600m、最終的に1/31(火)川崎の交流戦1500mに出走することになりました。3戦目にしてもう交流戦に突入…。使いながらという時間も頂けないような感じ…。でも、交流戦を考えてくれただけでもまだマシと言えばマシです。一番怖いのは何の試みもなく中央で明らかに厳しいレースに出走させられること。大抵こういうケースは既に引退が決まっていて消化レースになる傾向がある。とはいっても交流戦も崖っぷっちに近いですからね。ここでそれなりの競馬をしなければ、引退は免れても転厩になる可能性はかなり高いですね。でもね、私はべザントにとっては転厩になって欲しいと思っています。奥村厩舎だからということで厩舎推しで出資したべザントでしたが、奥村厩舎はビッグレッドファームグループとはちょっと合わないようです。いわゆるNG厩舎。いい調教師さんなんだけどね。でも、付き合うグループと合う合わないは別だからね。まぁ、これは先の話だからこの辺で終わりにしておいて、当日跨ってくれるのは大井所属の笹川騎手とのこと。なかなかイキのいい騎手らしいですね。スタートをしっかり出してもらって、粘らせてもらいたいね。どんな騎乗するのか楽しみです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)