2017-03-03 00:15 | カテゴリ:レッドルドラ
2歳11月レッドルドラ(1)
2017.02.16(山元トレセン)
担当スタッフ「トラブルなく進めることができており、今週は火曜日に坂路で15-15を消化。週末に14-13くらいのところを予定しています。ソエや骨瘤は問題ないので稽古もスムーズに進んでいますし、速い処もコンスタントに重ねていくことができています。力任せなフォームもやや上向いてきたかなという印象ですが、普通キャンターなどでは気にならないのに速い処にいくとフォームがまとまらない感じ。まだ芯がしっかりしきっていないというのもあるかと思いますが、馬自身が速いペースに慣れていない部分もあるのかもしれません。このあたりは教えていけるところは引き続きというところですけど、慣れを含めて乗り込んでいっての変化に期待という面もありますね。馬は元気にトレーニングに励んでくれており、馬体も動きも良くなっています。ぼちぼちトレセンへというイメージで進めていますので、長距離輸送を頭に入れつつメニューを考えていきます」

2017.02.23(山元トレセン)
担当スタッフ「先週末は坂路で2ハロン26.7-12.3の時計。この時計でも馬なりで余裕がありましたし、終い重視という指示での併せ馬だったのですがしっかりと動いてくれました。前半14.4からジワリと上げていってラスト12.3。ペースの変化にも柔軟に対応してくれましたね。気性は幼く、全体に子供っぽいというのが正直なところですが、稽古にも慣れてきて徐々にフォームも良くなってきています。まだ走りに力任せなところがあったりして気持ちの面での課題はありますけど、心配していた脚元に関しては不安なく進めることができていますし、この感じでペースに戸惑わずグンと動けるようにセンスというか良いモノは備えていそうです。体力が付いてきたのもあるでしょうけど、このように上手く動けない馬もたくさんいますから。あとはトレセンのチップに慣れてもらえればというところですかね。厩舎サイドにも状況は報告していますので、いつ移動の声がかかって対応できるように準備していきます。馬体重は513キロ。数字は大きく変わりませんが、当初とは違って見た目にも締まってきていますよ。週末は周回コース1周の後に坂路1本という内容を予定しています」

2017.03.02(山元トレセン→大久保厩舎)
担当スタッフ「土曜日の検疫でのトレセン入厩が決まりましたので、明日こちらを出発します。調整自体は変わらず順調で、先週末は周回コースで長めから14-13。今週の火曜日は輸送も控えているのでトレッドミルで負荷をかけてという感じです。まずは長距離輸送をクリアしてもらう必要がありますし、そのあとは初めての環境に慣れないといけません。もちろんゲート試験が最初の目標にはなりますし、輸送からはじまって克服すべき項目は多々ありますけど、コンディションとしてはすぐに時計を出せるんじゃないかと思えるくらい。ただ、周回コースでもしっかりと乗れているようにソエや骨瘤は心配ないですし、ここまで不安なく乗り込むことはできましたが、北海道でも合間に不安が出てリズムに乗り切れないようなところもありましたからね。ここからが大事ですから、この調子で乗り越えていってもらいたいと思っています。こちらではゲートもスムーズだったので、試験までトントン進むといいですね。頑張ってもらいましょう」


待ちくたびれましたが、いよいよ東サラレッドルドラが入厩目前です。東サラホームページでは募集馬一覧の3歳馬で馬名があるのはレッドルドラ1頭になってしまいましたが、残り馬には福がある!?だろうということでやっと楽しみになってきました。ここまで慌てずじっくりと調整してくれたので、ここからは頓挫なくスムーズにレースまで迎えてもらえたらと願っています。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-02-11 00:24 | カテゴリ:レッドルドラ
2歳10月レッドルドラ(1)
2017.01.06(山元トレセン)
担当スタッフ「周回コースと坂路を併用してじっくりと進めています。ペースは17-17ほどで骨瘤やソエをケアしながらですが、まずは継続して動かせていますので、この調子でいければというところですね。動かしてきたことで徐々に無駄肉も落ちてきているように思いますが、脚元のこともありますので、今後も慌てずにダイエットとあわせて乗り込みを進めていきます」

2017.01.13(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間から坂路で15-15を開始。まだ左前のソエが気になるので、まずは15-15までかなというところですが、稽古後も反動などはないですし、このまま進めていけそうです。馬の様子を見て問題がなければ、徐々にペースを上げていくつもりですよ。馬体重は518キロ。まだ緩さもあるし芯がないという印象ですけど、乗り込みを重ねて徐々に絞れてきていますので、脚元への負担が軽減されていくように上体を鍛えてしっかりとさせられるように考えながら進めていきます。引き続き周回コースも使用していきますが、坂路調教を中心としたメニューを組んでいくつもりです」

2017.01.20(山元トレセン)
担当スタッフ「ソエの状態が良くなってきてくれていることもあり、今週は火曜日に坂路で14-14を1本。手応えはラストまでありましたし、思っていた印象以上に動いてくれました。骨瘤は気にならないし、この調子で本数を重ねていきたいところです。稽古後も問題ありませんが、火曜日にやりましたので週末は普通キャンターでの調整。脚元や体調に問題がなければ、来週もハロン14秒前後のところをと考えています。北海道でもなかなかリズムに乗り切れないところのあった馬ですから、ここから乗り進めていってどうかという部分はありますけど、まずは順調にきてくれているのがなにより。今後も脚元を含め、疲れを溜めないようにケアしながらペースアップを図っていきたいですね」

2017.01.27(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間もトラブルなくきています。今週は火曜日に坂路で予定通り14-14を消化。馬体重も515キロと少し減りましたが、見た目にも締まって良くなってきた感じですね。まだ週1本で速い処をというところですけど、稽古後も状態に問題はありませんので、来週も同様のペースでやれそうな雰囲気。乗り込みを重ねて見た目もだんだん良くなってきていますが、まだ乗り手に言わせると『もっと腰がしっかりしてきて、芯が入ってくれば』という感じですけどね。とはいえ、ソエや骨瘤も気にならないですし、ここまでトラブルなく休まず乗れているのが大きいと思いますので、引き続き注意しながら次のステップへの移行を目指していきます」

2017.02.02(山元トレセン)
担当スタッフ「火曜日に坂路で2ハロン25秒9のタイム。まだまだ力任せなところもあって全体として荒削りな印象ではありますが、手応え良く駆け上がってきてくれました。ソエも完全と言っていいくらい問題ないですし、その後も骨瘤は気になりません。速い処を消化した後も不安なくきていますからね。体力が付いてきたのもあるでしょうけど、だんだんと馬はしっかりしてきたように思います。もうひと絞り欲しいところですけど、そこは慌てても仕方ないですから。明日以降もトラブルなく進めていけるように注意しながら調整していきます。ゲート試験のためだけでも、一度どこかでトレセンへ運んでみてもいいかもしれません。そのあたりも厩舎と相談しながらと思っています」

2017.02.09(山元トレセン)
担当スタッフ「今週も火曜日に坂路で2ハロン25秒9-12秒3のタイム。馬なりでしたがラストもしっかりと脚を伸ばしてきましたし、無理なく対応してくれましたね。ただ、やはり力任せな感じは相変わらず。この時計で楽に動けるのでエンジンはあるんだろうとは思いますが、まとまって走ってこないのでフォームがもうひとつ…。このあたりが気になるところで、上手く修整していければという課題かと思います。週に1本、速い処をやっていますが、体調面は安定していますし、馬は元気でへこたれた様子もありません。食欲も変わらないですしね。速い処を消化しながら体は締まってきていますので、この調子で速い処を重ねながら鍛え込んでいきたいと思っています。脚元は注意して見ていますが問題ありません」


東サラ14年産は昨年夏の出だしは好調だなぁと思っていたんだけど、続けて使える馬が少なくて、今は体質の弱い馬が多いなぁと感じてます。出資している東サラレッドルドラも含めてね。ルドラに関してはここまで待ったのだから、ここで慌てても仕方ないので無理なく脚元と相談しながら調整を進めてもらいたい。ビッグレッドファームグループと違って、数戦で即引退などはしない東サラだけに時間は作ってくれると信じているので、馬優先主義で調整お願いします。

理想としては1月までにはデビューして欲しかったですよ。ヴィクトワールピサの牡馬ですから、どちらかというとキレで勝負するタイプではないと思うので、上がりを要する馬場状態のうちにデビュー出来ればとね。先週なんて東京新聞杯でプロディガルサンが上がり3F32秒ジャストですよ いきなりそんな高速馬場で走らせたら反動が怖いのなんのって。まぁ、出資者である私としては、今は静かに信じて待つのみです。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-12-31 21:00 | カテゴリ:レッドルドラ
2歳10月レッドルドラ(1)
2016.11.15(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩4000m。馬体重548キロ。
担当スタッフ「10月末から現行メニューにして直線に出すタイミングを図っていましたが、まだマシンとトレッドミルキャンターで様子を見ています。いいものは持っている馬ですが、立派な体の割に弱いところがあって、なかなか順調にいかず申し訳ありません。体の大きい馬なので、その分脚元に掛かる負担も大きいのかもしれません。今も右前骨瘤のケアは続けていますが、目立った痛みは出ていないので、何とかこのまま固まってくれるといいのですが。これ以上太らせないようにトレッドミルなどでしっかり運動量を確保し、次のステップに向かう準備をしっかり整えておきます」

2016.11.30(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩4000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重545キロ。
担当スタッフ「この中間から直線走路に入れてのキャンターで負荷を上げていますが、今のところ右前骨瘤に痛みが再発することはありません。当初から動きには光るものがあった馬だけに、この時期になっても移動のメドが立っていないのはもどかしい限りですが、このまま脚元が固まってくれれば状態を見ながらF15-14とペースを戻していけると思います。脚元をケアしながらになりますが、時期的にも移動を視野に入れたメニューを組み込ん

2016.12.16(山元トレセン)
担当スタッフ「入場時の馬体重は524キロ。輸送で20キロくらい減っているはずですが、大きな馬で見た目にはまだ余裕が。熱発などもなかったですし、元気に飼葉も食べてくれているので、様子を見ながら乗っていきますよ。右前の骨瘤は大きいのですが、レントゲンを撮っても問題ないし、ほぼ固まっているようです。ただ、左前は少しソエ気味ですので、脚元には特に注意しながら動かしていきます。見栄えのする馬で、北海道でもリズムの良い時の動きはなかなかのものだったと聞いています。力は秘めているはずですから、慎重に乗り進めながら無理せず態勢を整えていきたいですね」

2016.12.22(山元トレセン)
担当スタッフ「乗り出し開始後は、周回コースを2周乗ったり、坂路1本いったりという内容で進めています。ペースは17-17という感じで、無理せず丹念に乗っている段階です。骨瘤に関しては良い意味で変わらないのですが、左前のソエは少し痛みもある様子。そのあたりも考えながら、年内はこのペースでじっくりいければと思っています。馬体重は522キロ。少し減りましたけど、まだ余裕もありますし緩いですからね。年明けから徐々にペースアップを図っていけるように、まずはこのペースで下地を作りながらダイエットをと思っています」


出資するタイミングは会員それぞれ違いますが、私が東サラレッドルドラに出資したタイミングからまさか年内にデビュー出来ないとは思ってもいませんでした。しかし、3月に入り骨瘤が出たとの近況報告を受け、『厄介だなぁ・・・。』と。骨瘤はなかなか完治しない馬も多く、デビューしても誤魔化し、誤魔化しレースに出走している馬も多いので。それに追い打ちを掛けて現在ソエ気味というじゃなですか。ポテンシャルは標準以上のモノ持っていると感じているので、来年は何とか克服してもらいたいと願っています。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-11-07 20:00 | カテゴリ:レッドルドラ
 2歳9月レッドルドラ(1)
2016.10.14(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター2400m、直線走路1000m。馬体重541キロ。
担当スタッフ「この中間から直線登坂を再開しました。8日、11日と続けて乗っていますが、いずれも終いはF17秒前後。まだ緩さもありますし、これから徐々にといったところです。今の感じではこのまま進めても問題なさそうですが、体の大きな馬ですし、脚元への負担等も考慮して慎重にケアしながら進めていきます」

2016.10.31(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩4000m。馬体重542キロ。
担当スタッフ「直線走路入り後、再び右前肢骨瘤が大きくなったので、騎乗運動を控えマシンのみで治療を優先してきました。現在も骨瘤自体は残っていますが痛みは消えているので、28日から常歩調整をスタートさせています。この後の状態を見ながらキャンターに移行するつもりです。一進一退でなかなかスムーズに進めない現状ではありますが、この骨瘤さえ克服できれば動き、形のいい馬なので楽しみがあります。ここで焦っても良くないので慎重に進めさせてもらいます」


東サラ14年産は調子がいいですねぇ。14頭がデビューして6頭が勝ち上がり、そのうち1頭は2勝ですからね。全クラブの中で勝ち上がり率第3位。元愛馬だったレッドセシリアの半妹レッドルチアも先日無事デビューを果たし新馬勝ち。どことなく走り方や見てくれ等、セシリアの面影があると思うのは私だけだろうか!?セシリアがデビューした4年前と同じ舞台である東京の牝馬限定の芝1600mを使って勝ったというのは粋な計らいだよなぁ。脚元が若干モヤモヤしているみたいだから、セシリアが歩んだ阪神JFの出走は厳しいかもしれないが、今後の走りが楽しみです。あっ、そういえば来週はビッグレッドファームグループのオータムパーティーがあるから、久しぶりに鹿戸調教師と楽しいお話でもしよう。東サラは会報も無い、パーティー(懇親会)も無い、他のクラブでは考えられないくらい中身が薄いクラブ。何でなんだろうなぁ 初めて一口馬主を始める方が東サラからなら物足りなさを感じるだろうなぁ。私自身は別に無ければ無いでいいんですよ。もう20年以上も一口の世界にいれば、馬が走ってくれればいいんです(笑)特に東サラには大きな舞台を夢見ているので。大きな舞台に連れて行ってくれる愛馬に出会えれば今のところ言う事はありません。そういえば無いのは会報、パーティー(懇親会)だけではなく、GIレースを勝った時の祝勝会も無い。これはやってあげてよ~と思うよ。レッドリヴェールの時は無かったと聞いているが、果たしてレッドファルクスの祝勝会はあったのかどうか気になるところだな。まぁ、私にはGI祝勝会なんて夢のまた夢なんだけどね。まずはGⅢ,GⅡ制覇から

そんな重賞制覇の夢を託している東サラレッドルドラですが、骨瘤が明らかに大きくなってましたねぇ…。ポテンシャルは高いはずなんだけど、その走りに脚元が耐えられないというのは歯痒いところ。でも、慌ててもいいことないので、じっくりお願いします。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-10-10 19:37 | カテゴリ:レッドルドラ
2歳8月レッドルドラ(1)
2016.09.15(社台ファーム)
トレッドミルと直線走路(F18秒)。馬体重540キロ。
担当スタッフ「骨瘤は治療の甲斐もあってだいぶ治まってきたので、少しずつ調教量を増やしているところです。トレッドミル調整を経て今週から直線走路にも入れており、これからまた徐々にペースを上げていきます。体はやや立派になっていますが、やり出せばすぐに締まってくるでしょう。引き続き脚元はケアしながら進めていきます」

2016.09.30(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重544キロ。
担当スタッフ「右前骨瘤の方は投薬にてすぐに改善したので徐々にペースを戻していたのですが、9月中旬以後、再び痛みを伴っているようなので、現在も治療を行いながら、マシン2時間と常歩での乗り運動にとどめています。馬体は見栄えがするし、動きもパワーがあって好感の持てる馬ですが、どうも弱さが残っていますね。大きな馬なので脚元に負担も掛かるのかもしれません。当面は患部のケアを優先させてもらいます」



先日始めて国内で海外競馬の馬券を購入できる事になり、私も凱旋門賞の馬券を買いました。まさかこんな時代が来るとはねぇ。で、私の本命はポストポンド。これまでのパフォーマンスからこの馬が一番強いと思ったので。でも、この凱旋門賞は強い馬がその通りの結果にならないレースだから難しい。日本から挑戦したマカヒキは正直厳しいと思いました。3歳ということでレース数が少ないのでサンプル数が少ないが、金子 マカヒキにはヨーロッパで必要である力強さのイメージが無い。マカヒキが勝てるならオルフェーヴルが勝てていたというのが私の結論でした。結果はここまで負けるか?の結果でしたが、これから1年更なるパワーアップでまた来年挑戦してもらいたい。

で、この凱旋門賞の驚きは結果だけではなく、売上金の総額。JRAとしては4~5億円の見立てだったようで、これが蓋を開けてみたら約10倍の41億円。これはJRAにとっては笑いが止まらない結果だろう。儲かったお金は馬券だけでなく、馬主の賞金にも還元してね。GIレースじゃなくて下級条件の賞金にだよ、下級条件の(笑)

今日は2つ上の半姉東サラレッドべリンダが東京12Rに出走。応援してましたが惜しい3着。次走こそ中央での初勝利を飾ってもらいたいものです。残念なのは先月引退となってしまった1つ上の半姉グリーンリュウキンカが7戦未勝利で引退…。引退レースとなってしまった7戦目は落馬というちょっと残念な結果となってしまいました。これまでフローリオットの仔達は牝馬のみで、血統からの期待にはなかなか応えられない状況。レッドルドラは初の牡馬ということでガラリ一変するような競走馬に成長してもらいたいよ。今は骨瘤に悩まされて、それどころではないけどね
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)