2015-12-23 16:37 | カテゴリ:レッドセシリア
P1180958(1).jpg 
12月19日レース後コメント(4着)
三浦騎手「今日は返し馬の時から歩様が硬いなと感じたのもあって、レースに行ってからも前半は少し大丈夫かな?と思うほど脚運びは気になりました。それでも馬自身は走る方に気持ちが向いてくれていましたし、ポジションも良いところを取れたと思います。ただ、もう少しペースが流れて欲しかったですね。自分から動いていくタイプではないので、その辺りの展開も味方に付けないといけませんが、最後はグイグイと伸びてくれたように本当に良い脚を使えているだけに、勿体ないレースになってしまったように思います。ですが、やはり重賞のここでセシリアの力が高いことを証明することができましたし、展開次第では十分にチャンスはあるはずです。2走前に中山2000mを使ったことで、前走もそうですが立ち回りが上手くなったように感じますし、今回にも繋がっている印象です。まだまだ成長していますね」

鹿戸調教師「今日は展開に恵まれませんでしたね。スローペースな割には上がりもそれなりに掛かっているので、良い位置にはいたのですが、展開が向かなかったです。それでも流れが向かなくても最後まで脚を使って上位に食い込んできてくれたのは、セシリアの能力ですし力を付けている証拠だと思います。レース後は上がりの歩様に硬さが見られましたので、厩舎に戻ってから入念にチェックする予定です」

15.12.21(引退)
トレセン帰厩後に脚元のチェックと合わせレントゲン検査をおこなったところ、右前膝に剥離骨折が確認されました。獣医師より6ヶ月との診断を受け、本馬の今後につきまして関係者間で協議をおこないました結果、残念ではございますが引退の結論に至りました。出資会員の皆様には、追って書面にて詳細をご報告いたします。長い間、レッドセシリア号にご声援いただき、ありがとうございました。※12月25日(金)に骨片の除去手術を行う予定です。

鹿戸調教師「前走でも力を示してくれて、また重賞タイトルを狙いにいきたいと思わせる走りを見せてくれた矢先のアクシデント。以前の古傷とほぼ同じ箇所ですし、6ヶ月という診断からもここで引退という形がベストだろうという判断です。お母さんとしての大事な仕事も控えていますし、本当に残念ですが、いまは大きな事故にならなかったことを幸運だと思うようにしています」



12/19(土)中山11RターコイズS(新設重賞)では4着となり、このレースを最後にクラブからの上記近況更新の通り引退が決定しました。レース当日にはサークル関係者から『〇〇さん!脚ガクガクで戻ってきたから。ちょっと検査必要になるかも』と言われていたので、この引退発表も驚く事はありませんでした。残念ですけどね。先日は鹿戸調教師からセシリアに対する思い、そしてセシリアの今後の事も丁寧に語って頂いていたので…。上記鹿戸調教師のコメントにもあるように繁殖生活に影響するような大きな事故にならなかっただけでも良かったですよ。これからは無事に25日(金)の手術を経て、第二の馬生(繁殖)を歩んでいきます。縁があればセシリアの仔を愛馬として迎え入れたいですね。

新馬からオープンまでどのクラスでもトップクラスで走り続けた約3年と20戦、いい思い出もあれば悔しい思い出もあり退屈することなく楽しませてくれました。レースでの一番の思い出は負けたレースですが阪神JF(GI)。私にとって初重賞、それも初GIレース制覇か!?と一瞬夢を見させてくれた一戦。阪神競馬場で当時何を叫んだか分からない事を大声で悔しさをぶちまけて天を仰いだ事を今でも忘れてません。勝ったレースでは2013/10/20(日)東京8R500万下。当日は叩きつける雨が水しぶきを上げるほどの大雨での中、不良馬場でノメリながらも直線牡馬との叩きあいを制したレースはビックリしたし強いなぁと胸躍ったよ。

また、セシリアを通じて今後もお付き合いしたいと思わせる馬友さんとも出会う事ができました。色々な経験をさせてもらったセシリアと出会えた事を感謝。まだまだ書き足りないくらいですが、そろそろこのへんで。

東サラセシリア、お疲れさまでした。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(10)
2015-12-19 10:26 | カテゴリ:レッドセシリア
ユートピアS(1)
2015.11.25(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
鹿戸調教師「使った後なので、今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。さすがにまだ気が入っている様子で、運動中は終始チャカチャカしていましたが、出掛けの歩様に少し硬い感じはあったものの、そこまで気にはなりませんでした。レースでは本当によく頑張ってくれましたね。この後は12/19(土)の中山11R・ターコイズS(新設重賞・芝1600m)を三浦騎手で使う予定なので、このまま厩舎に置いて進めて行きます」

2015.12.02(鹿戸厩舎)
ダートコース半周後、坂路1本。
12/2(水) 坂路 64.4-47.9-32.1-16.1 馬なり
助手「今日はダートコースで運動してから、坂路にて縦列を組んだ状態で1本乗って調整しています。坂路に行くまでの歩様は良かったのですが、坂路では若干フットワークに硬さが見られましたね。それでも気持ちはしっかりあるので、手応え良く進んで行きますし、今日は追い切りではなかったのですが、動きそのものは変わらず良かったと思います。冬場という事もあり、いつもより硬さが目立つので、この後も入念にケアしながら進めて行きたいと思います」

2015.12.09(鹿戸厩舎)
乗り運動後、ウッドコースで追い切り。
12/9(水) ウッド 56.2-40.7-12.8 馬なり
鹿戸調教師「併せると動きすぎて時計が速くなってしまうので、今日は単走にてこの馬なりの稽古をしました。時計は半マイルからですが、道中もスムーズに走っていましたし、終いはしっかり伸びていたので、1週前の追い切りとしては良かったと思います。来週の競馬を予定していて、今のところ出走できるか微妙なところのようですが、仕上げはしっかり行いたいと思います」
助手「今日はこの馬なりに走らせて、終いを伸ばす感じで乗りました。歩様にも気になるところはなく、良い感じで走れていましたよ」

2015.12.16(鹿戸厩舎)
ダートコース半周後、ウッドコースにて単走で追い切り。
12/16(水) ウッド 53.7-38.7-12.7 馬なり
三浦騎手「今日は追い切りに乗せてもらいました。無理しない範囲でしたが、動きにはいつも通り素軽さがありましたし、手前をコロコロ替えてはいたものの、今日くらいのペースだと走り足りないのか、良い手応えで走っていますね。前走後も調子落ちしている感じはしませんし、この馬は冬場の方がしっかり走れる馬だと思っています。今回は一段と相手は強くなりますが、チャンスは十分にあるので、良い結果が出せるように頑張りたいです」
鹿戸調教師「使って来ている馬なので、今日は息を整える程度に追い切りました。動きはしっかりしていましたし、テンションも高くならず、良い雰囲気を保ってくれていますよ。先週は腹帯が擦れて気にしていましたが、それも落ち着いていて、走りに影響はありませんね。上位馬が1頭回避したようなので、これで予定通り中山で使える事になりました」

2015.12.17(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので、いつもなら翌日は北馬場で乗り運動をするのですが、この中間は腹帯で乳房が擦れてしまった事もあり、その点も考慮して今日は曳き運動のみにしておきました。追い切ったわりには運動中もテンションが高くなる感じはなかったですし、歩様もこの馬なりに良いと思います。コンディションは良好なので、しっかり走ってくれればチャンスはあると思っています。頑張って欲しいですね」


無事に本日のメインレース中山11RターコイズS(新設重賞)に出走することが出来ました。先週から賞金的に出走出来ないのではという声が耳に入ってましたが、今週初めの登録を見たら『これならなんとか出走出来るでしょ』と私は思っていて、無事にその通りになりました(笑)抽選など出走が危うい状態でも、なぜかこういう場は鹿戸厩舎の馬強いんですよ、引きが強いというか強運というか。

さて、東サラレッドセシリアの今日の一戦は今後を占う意味で重要な一戦になる事は間違いないと思います。同期の牝馬が続々と引退しています。そう、レッドセシリアも明け6歳、そういう時期なんです。この条件で勝ち負け出来ないようでは来春の大舞台に出走しても厳しい結果となるでしょう。勝ってもハッピーエンドで第二の馬生の為に引退もあるとは思いますが、現役を続けるにはやはり勝ち負けしないとここで頭打ち扱いで引退になる可能性が…。見たいよねぇ、ヴィクトリアマイルでのレッドセシリアの走り。東京の芝1600mにこだわり続けた集大成を。今日は三浦皇成騎手のバースデーのようで。自らの手綱捌きで乾杯といこうよ 楽しみにしてます
2015-11-23 14:32 | カテゴリ:レッドセシリア
P1180883(1).jpg
11/22(日) 東京10R ユートピアS (牝馬 1600万下)芝1600m
東サラ勝負服 レッドセシリア 1着

11月22日レース後コメント(1着)
三浦騎手「前走は中1週だったので多少の硬さはありましたが、今日は間隔もあいていたので、返し馬から良いフットワークで走れていましたね。そこまでポジションこだわってはいなかったので、後ろになり過ぎないようにだけ気を付けていきました。調子の良さを感じていたとおり道中から手応えは抜群でしたし、リラックスして走れていましたよ。それでも早く仕掛けることはせずに、直線の半ばでは追い出しを我慢しました。あとは進路が開くかどうかでしたが、タイミング良く1頭分のスペースが開きましたし、前回の中山で内からスルスルと縫う様な競馬を経験したことで、今回は躊躇せずに自分からスペースに入って行けました。坂を上がってからも更に伸びてくれましたし、最後は詰め寄られましたが、もう一伸びしてくれました。小さい馬ですが、本当に頑張ってくれました。2歳の頃から能力が高いと思っていた馬でしたが、結果を出せずにセシリアに乗れない時もあって悔しさも感じていました。そんなたくさんの思いがありましたので、今日の勝利はメチャクチャ嬉しいですし、セシリアがオープン馬になれたことが一番ですね。今日は本当にありがとうございました」
鹿戸調教師「牝馬限定戦ですし、結果が出ている府中のマイル戦。何としてでも勝たせてあげたかっですからね。セシリアのことを熟知している三浦騎手が上手くエスコートしてくれました。ここまで時間は掛かってしまいましたが、やっとオープン馬にしてあげることができてホッとしています。この後は状態を確認しながらにはなりますが、ターコイズS(12月19日・中山芝1600牝馬限定)を三浦騎手で使う予定でいますよ」


東サラレッドセシリアが1年5カ月ぶりの勝利を上げ、堂々とオープン入りを果たしました 後ろから来たマジックタイムには勢いがあったので、『交わされるか?』と思ったが、並ばれそうになってからもう一伸びしてくれました。今年の初音Sでは競り負けたが、今日みたいな並びかけられてから抜かせない勝負根性は素晴らしいの一言。レース当日の馬体重が438kgで大きく減らす事がなくなり身になってきた、そして精神的にもどっしりしてきた、このあたりが成長してきて、ここ2戦の結果に結び付いているのだろうと感じます。

来年になれば6歳牝馬となり競走馬から第二の馬生である繁殖生活が待っている。東サラの規約上では牝馬引退の具体的なタイミングは明記されていませんが、基本的にこの業界は繁殖の事を考えておおよそ決まっている。どのタイミングになるかは分からないが、その繁殖への手土産といっては何だが、重賞という勲章をひっさげて生まれ故郷に戻って欲しい、そして私個人的にはセシリア自身の一番得意な東京の芝マイル戦、鹿戸厩舎がこだわり続けたこの条件の集大成として来春のヴィクトリアマイル(GI)がラストランになればと思っています。それには次走のターコイズSの重賞タイトルは是が非でも欲しいところ。まぁ、このあたりの話が今夜鹿戸調教師、三浦騎手とお話出来ればと思います。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2015-11-22 02:47 | カテゴリ:レッドセシリア
レインボーS(1)
2015.10.30(ノーザンファーム天栄) 
担当スタッフ「今週も火曜日に坂路で40秒ぐらいのペースで追い切っていますが、膝の状態も良くトモもしっかりと踏み込める様になっているので、動きには軽快さが目立ちます。手先が軽くキビキビしたフットワークで騎乗したスタッフも好感触でしたし、追い切りを重ねてもカリカリしたところも見せないので、気持ちにも余裕があるのでしょう。まだ曜日までは決まっていませんが、先生からは来週、検疫が取れ次第入れると連絡があったので、良い形で厩舎にお返しできると思います」

2015.11.04(ノーザンファーム天栄→鹿戸厩舎)
北のダートコースを1周。
鹿戸調教師「検疫が取れたので昨日帰厩させました。今日は運動初日なので、北のダートコースで軽めに乗って調整しています。馬は元気一杯なので、時折チャカつくところは見せていましたが、乗り込んで行けば落ち着きも出て来るはずです。寒くなっていますし、もともと歩様が硬くなりやすいタイプなので、厩舎前の運動から時間を掛けてほぐして行きたいと思います。レースは11/22(日)の東京10R・ユートピアS(牝馬限定・芝1600m)を三浦騎手で予定しています」

2015.11.05(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動。
木幡初也騎手「今日は北の角馬場で軽めに乗って調整しています。入厩してからまだそこまで負荷を掛けていないですし、疲れが溜まっていないのもあり、だいぶ馬がやる気になっていて、元気が有り余っている様子でしたね。運動中は出掛けの歩様もスムーズでしたし、時折チャカついてはいましたが、うるさすぎる事もないので、良い状態で戻って来てくれたと思います」

2015.11.11(鹿戸厩舎)
ダートコース半周後、坂路で追い切り。
11/11(水) 坂路
内ダイワドレッサー 55.3-40.5-26.9-13.9 終い強め
外レッドセシリア 55.7-40.9-27.1-13.9 馬なり
助手「今日はダートコースを半周後、坂路にて先行する形で追い切りました。時計は予定通りでしたし、重たい馬場を苦にする様子はなく、道中もスムーズに走っていましたね。ゴール前でも手応え十分で良い感じでしたし、終いもまだまだ動きには余裕があったくらいです。もともと稽古駆けする馬ではありますが、坂路だと馬も走りやすいのでしょうね。寒くなって来たことで、出掛けの歩様はコトコトしていますが、走り出せばいつも通り問題ないので、この調子で来週のレースに向けて仕上げて行きたいと思います」

2015.11.12(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動。
助手「昨日追い切ったので、今日は北の角馬場でダクだけ乗って調整しました。乗り込みを重ねて来ているので、入厩当初よりは硬さが出て来ていますが、これはいつもの事なので心配はしていません。状態そのものは良いですし、飼葉もしっかり食べているので、来週良い状態でレースに向かえそうですね」

2015.11.18(鹿戸厩舎)
ダートコース半周後、坂路で追い切り。
11/18(水) 坂路
内レッドセシリア 56.7-41.8-27.7-14.0 馬なり
外ブリーズドゥメール 57.3-42.4-28.1-14.2 強め
三浦騎手「今日は追い切りに乗せてもらいました。雨の影響で馬場が重く、時計は掛かりましたが、脚運びはスムーズでしたね。追走する形でしたが、終始楽な手応えで相手を見られましたし、スピードの上がる所でも馬自身がスッと上がって行ってくれました。小柄な馬ですが、まだまだ手応えには余力があったので、今日はこれくらいの負荷でちょうど良いと思いますよ。息の戻りも早かったですね。開催を重ねて来ていることで、今の東京の馬場はボコボコしているので、それを克服できるかがカギになると思います」
鹿戸調教師「先週までで息や体は出来ていましたし、今日は道悪だった事も考慮して、無理をしない範囲で追い切りました。動きに関してはいつも通りしっかりしているので、走れる状態に仕上がったと思います。今回は牝馬限定戦ですし、何とか勝たせてあげたいですね」

2015.11.19(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動。
助手「今日は追い切り翌日なので、いつものように隊列を組んでダクだけ乗って調整しました。追い切った後の飼い食いも良く、調整はスムーズですね。今日角馬場で乗った感じでも歩様は問題なく、覇気があって良いと思います。今日は風が強かった分、テンションは高めでしたが、気合乗りは良いので、好勝負を期待したいと思います」

昨日の京都5R新馬戦芝1600mに東サラ13年産の最高額募集馬の東サラレッドアヴァンセが出走し2着でした。リディル、クラレント、レッドアリオンとお兄さん達は重賞ウィナーが顔を揃え、調教内容も良いという事でどんな勝ち方をするのかなぁと思いながらレースを見てたんですが。もし、私がこの馬に出資していたらガッカリの2着です。血統馬で、最高額募集馬となればデビュー戦には日本のトップジョッキーか外人ジョッキーで初戦から勝利を期待するのは当たり前で、いくら乗れてる若手騎手と言ったってこれが松若騎手で2着では納得いかないと思うんですよ。
これがトップジョッキーが乗って2着ならまだね。私が出資するようなお手頃価格の馬だったら松若騎手でも文句ないけど、こういうのはもう少し厩舎、クラブも調整してもらいところだなぁ。それなりの金額を支払っている訳だから、会員の気持ちを掴むおもてなしは必要だと思いますね。

さて、今日の東京10RユートピアS(牝馬/1600万下)に東サラレッドセシリアが出走します。得意のマイル戦で牝馬限定という絶好の条件がやってきました。もう、この得意な条件での出走もこれで最後かもしれないなぁ…。ということでここは陣営も目一で仕上げて来たと思うので、ボコボコし始めた東京の馬場に嫌気が差すことなければ、期待十分の一戦になるだろうな。

今日は8Rにウインウインブルーローズも出走し、久しぶりに同日、同競馬場での2頭出し。3連休の中で一番楽しみな日になるのか?それともガッカリする日になるのか?結果はいかに。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2015-10-24 13:12 | カテゴリ:レッドセシリア
P1180629(1).jpg
2015.09.25(ノーザンファーム天栄)
担当スタッフ「月曜日にミホ分場から移動して来ました。使った後なのでウォーキングマシンのみの調整ですが、中1週でのレース後ということもあって、だいぶ歩様が硬くなっていますね。馬自身の覇気はありますが、まずは入念にケアしながら馬体の回復を優先にやらせてもらいます。先生と相談して11月22日(日)の東京10R(ユートピアS/芝1600)を目標に進めていきますが、この後の回復次第では中山開催まで待つこともありえます。条件が噛み合えば中山コースでも好走できると分かりましたので、あくまでも馬の体調次第ですね」

2015.10.02(ノーザンファーム天栄) 
担当スタッフ「今週火曜日から角馬場で軽く乗り始めています。疲れはまだ残っている感じはしますが、両膝に関しては今のところ大きなダメージも見られず、時間を掛けてほぐせば硬さも取れてきます。馬自身はやればやるだけ動く馬ですので、やり過ぎないようにジックリほぐすようなイメージで乗っていきます。予定レースはまだ先なので、回復具合を見ながら体調に合わせてピッチを上げていきたいですね」

2015.10.09(ノーザンファーム天栄) 
担当スタッフ「今週は火曜日に坂路で42秒くらいのところを消化しています。先週から乗り出してみましたが、こちらが思っているよりもレース後の疲れが抜けるのも早かったですし、両膝も落ち着いていますね。稽古駆けする馬ですし、動きに関してはいつもの様にしっかりしているので、ペースを上げても大丈夫と思いますし、特に大きな注文はありませんね。さほど負荷を掛けなくとも仕上がるタイプの馬ですから、体調面や馬体重を考慮しながら徐々にピッチを上げていきたいと思っています。追い切り後も飼葉はきちんと食べてくれていますし、体調面の不安もありませんが、気温が下がってきたので今後も体調管理に気を付けながら無理せずに進めて行ければと考えています」

2015.10.16(ノーザンファーム天栄) 
担当スタッフ「今週も火曜日に坂路で42秒くらいのところを乗っています。稽古する馬なので、このくらいのペースでは余裕があって動きも変わらず良かったですね。体もフックラしてきてメリハリが付いてきましたし、膝を含め脚元や体調面にも不安はありません。ここまで順調に来ていると思います。このままリズム良く進められる様にやって行きたいですね」

2015.10.23(ノーザンファーム天栄) 
担当スタッフ「そろそろ帰厩に向けて状態を上げていきたかったので、今週は火曜に坂路で40秒ぐらいのペースで追い切りました。動きに関しては何の注文も付かないくらい順調ですし、息の入りも良く、追い切り後もケロっとしています。寒くなってきましたが、両前膝の方も今は具合が良く、脚元の不安もないですね。飼葉も食べてくれていて馬体重は453キロ。負荷を掛けてもだいぶフックラしています。まだ帰厩の声は掛かっていませんが、今の時点でも仕上がりは良いのでいつ声が掛かっても問題ありません」


明日はセシリアの半弟東サラレッドゼルク(父カジノドライヴ 牡 募集価格3000万)が東京3Rでデビュー戦を迎えるそうで。父が父とはいえ、藤沢厩舎でダートデビューということはよっぽどダート馬っぽいということなのか!? 気になるその走りを明日楽しみに拝見させていただきます。

東サラレッドセシリアですが、クラブの近況でも発表されてますが、関係者からも『東京行きますよ!』と声を掛けていただいたので、このまま順調なら11月22日(日)の東京10R(ユートピアS/芝1600牝馬限定)に出走でしょう。ここのところ牝馬限定戦だと重賞、1600万下条件は牡馬混合だったので次走の条件はチャンスですねぇ。最も得意としている条件ですから。無事に当日を迎えてもらいたいと願っています。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)