2012-10-31 01:08 | カテゴリ:レッドセシリア
P1090880(2).jpg
12.10.24(鹿戸厩舎→ミホ分場)
本日、ミホ分場へ放牧に出ました。
鹿戸調教師「使った後も歩様は問題なかったですし、飼葉も食べていますが、競馬で体も減って来たので、少しフックラさせるためにリフレッシュ放牧に出します」

12.10.26(ミホ分場)
担当スタッフ「右トモのツナギの部分に外傷がありますが、腫れもなく、すぐに治療したので大丈夫です。背中から尻にかけて皮膚病が出ていて、鞍傷もありますが、こちらも薬を塗って治療しました。今週いっぱいはマシンだけでゆっくり進め、来週から様子を見ながらダクとキャンターも入れて行きます」東サラレッドセシリア


BRFグループオータムパーティーで鹿戸調教師と蛯名騎手にセシリアのことをお伺いしたので忘れないうちに書けることを書きます。

まずは鹿戸調教師にご挨拶。もういい加減私のことはわかっていたみたいで『まずは一杯飲もうよ』と言われ一緒にドリンクコーナーへ  まずはデビュー勝ちのお礼を言い、私が気になったことを数点質問させていただきました。今回の一戦は本当に大変だったようでした。数日飼い葉をまったく食べなかった時期があって追い切りも強く出来なかったと。あとは前向きさがなくて笑ってましたね。あまりにも日々大人しくて変わりないものだから好不調の判断がとても難しい馬のようです(笑) 次走に関しては一応ベゴニア賞を視野に入れているようですがとにかく食いが細いというか食べてくれないので馬の状態次第ということのようです。もしベゴニア賞が間に合わない場合は私が膝をガクンと落とすほどのビックリするレースを検討しておりました。これは皆さんのご想像にお任せします(笑) 余談ですがセシリアが勝った数日後に鹿戸調教師はtwitterで『2週連続で新馬勝ちができました。今後はクラシックを目指して行きます。』とつぶやいていました(^∇^) 今後も蛯名騎手が乗ってくれるかについては、これから先どうしても蛯名騎手の騎乗馬が同じレースでぶつかってしまうことが予想されるので、今のところは何とも言えないようですね。

そして蛯名騎手とお話しました。私はセシリアがレースの流れで折り合いを欠くような馬ではないと思ってレースを見てました。スタート直後1回口を割るような仕草をしたのは前の馬にカットされて驚いたのだろうと思い確認したら、どうやら口向きがあまり良くないとのこと。まだ口の中で遊んでしまっているようでその点を修正しながらのレースだったようです。ゲートもボコッと出たように遅い方のようです(^_^;) レースはスローだと分かっていたのでゲートは遅かったけど気合い入れて出して行ってあの位置でとのこと。あとは公式コメントと同じようなことを言ってましたが、蛯名騎手も飼い食いの悪さには心配していました。口向きの悪さを上手く修正してくれたり、道中の位置取りの判断など蛯名騎手に感謝です。

お二人とお話をさせて頂いて感じ取ったことは、思ったよりセシリア走るかもと思いました。レースは早々蛯名騎手が決まっていたのを思うと、今回は蛯名騎手の予定に合わせたスケジュールだったのかと思いました。調整がそれだけ辛かったというなら予定を先延ばしすれば良かったことなんですからね。同じ日の京都の新馬戦で凄いパフォーマンスで勝ったシーザリオの仔キャロットエピファネイアは熱発明けでデビューの日を延期する検討がされたそうですが、福永騎手の予定がこの先埋まっているため状況を見て使えそうなら使ってみようということになったみたいですから。きっとセシリアも同じようなことだと私は考えています。蛯名騎手ほどの方ですから、1週でも伸ばせばもう確保するのが難しいのでしょう。そんな状況下のなか鹿戸調教師は出走して勝てる状態まで仕上げてくれたことに私は感謝してます。それと同時に万全でもない状態で2馬身差をつけて勝ったセシリアの能力は私が思っている以上に高いレベルにあるのかもしれません。今はとにかく食べてくれと祈っています(^_^;)
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(8)
2012-10-30 00:50 | カテゴリ:ラフィアンターフマンクラブ
 今日はパーティー主催のBRFグループ関連のことを書きたいと思います。最近東サラの仔達が頑張ってくれているおかげで記事の方がどうしても東サラ関連に片寄ってしまっていますが、知識や経験などから私は断然ラフィアンの方が得意分野なんです(笑)

では、本題。パーティーはラフィアン社長、ウイン社長の岡田繁幸代表の息子さん達のご挨拶で始まりました。さすがに長男がラフィアン社長就任時に5年の間にクラシックを獲る!といった5カ年計画のようなサプライズスピーチはありませんでした。もう懲りたんでしょう(笑)言う事は簡単だが、言った以上は大人だからそれなりの結果が求められるわけで、実際に結果が出なかった5年後にへらへらせず真剣に『申し訳ございませんでした』と会員に謝罪の弁が無かったのには驚きましたけどね。そんな社長なのでラフィアンの真骨頂である『丈夫な馬づくり』を前面にアピールしてました。私はこれでいいんだと思うんです。創設当時からのグループの第一目標なのですから。自分達の土俵を強固することが大事だと思います。なぜならば同じような土俵を作ろうとしている新規参入のクラブが現れるかもしれないんだからね、例えばノルマンディーとかさ(^^;)

あと繁幸代表が『1000万そこそこの馬でGI獲ろうとかそういうこと言わないでよ。GIとか獲りたいなら高い馬買ってよ。』とこんなようなことを言ってましたね。でもこれは結果が出てないんだから言ってはいけないことだなぁ。だって近年高馬でGIレース勝ったのは7000万円で募集されたマイネルラヴだけ。私が入会当初に9000万円で募集されたマイネコスモス(父カーリアン 母トロリーソング)は今は種牡馬として有名なアンブライドルズソングの半妹という良血馬。その時の岡田代表のコメントは『どうしてこれだけ高馬な馬を買ったのかといえば、皆さんと同様、夢とロマンを買ったのです。重賞を勝って、さらに世界へでていくような活躍をしてもらわねば困る価格です。十分応えてくれる手応えを感じ、今も感じています』でした。結果5戦未勝利で引退。

10年前にはご存知の方も多いと思いますが1億4000万円で募集されたマイネルエクソン(父スキップアウェイ 母ディジェナレイトギャル) 岡田代表のコメント『朝日杯を楽勝したら欧州に運ぶつもりです。そこでお願いです。国内で賞金を獲得した方が良いとお考えの方は、出資を見送って頂きたいのです。こんなことを申し上げるのは将来もめたくないからです。ご理解ください。』 正直違う意味で揉めなかったのかが今でも気になります(汗) 8戦未勝利で5戦が2ケタ着順…。

簡単に2頭ピックアップしましたが、これで誰が高馬に出資するだろうか!? まぁ、岡田代表のいつものことと聞き流せばいいんですが、ちょっと私は反応してしましました

そして、今回見慣れない騎手が一人少し遅れて会場に入ってきました。今ではトップジョッキーの仲間入りで人気ある騎手。ラフィアンと関わりないそんな騎手がなぜここに?私のお仲間の方からその理由が瞬時に入りました。実はこの騎手はウインのパーティーだと思って会場に来たらしく、まさかBRFグループのパーティーだとは思ってもいなかったみたいなんです。いやぁ、これにはびっくりしました。BRFグループがウインを買収したということが競馬サークル内ではそれほどニュースにもなっていなかったのか!?とも思えるドタバタ劇。確かにその騎手は一見『騙されたぁ!』みたいな若干機嫌が悪そうに見えました。BRFグループとその騎手とのサークル内での関係が一目でわかってしましました。いやぁ、中身の濃いパーティーで話過ぎて1日経った今でも声がかれて喉の痛みがとれません(笑)

最後に今回初めてのラフィアン、ウイン合同パーティーでしたが、出席者が少ない…。半分以上は競馬サークル内の方だったような。クラブに対する期待度がこの人数に反映しているような気がしてならない。頑張れBRFグループ!





2012-10-29 00:56 | カテゴリ:ラフィアンターフマンクラブ
DCF00196.jpg

今日は天皇賞観戦の為、朝一から東京競馬場へ。その後新宿へ向かいラフィアンウインBRFグループオータムパーティーに出席してきました。会場では長年お付き合いしているラフィア二ストさんからこの日初めてお会いする人まで色々な会員さんとお話しが出来ました。

そして、会場内では調教師、騎手も出席され、私が事前にお話ししようと思っていた調教師、騎手はほぼ出席されていました。
ここでのお話は本当に貴重なんです。騎手、調教師が一般的にメディアを通じてコメントしていることが表とするなら、ここでのお話は裏です。皆さんお酒も入りますし『こんなこと言っちゃっていいのかなぁ(笑)』、『大きな声では言えないけど…』と前置きしながらちゃんと教えてくれます(笑) 当然私も大人ですからブログなどで書いてはいけない事は私は書きません。これは暗黙の信頼関係ですからねf^_^; 

お話した調教師は鹿戸調教師(Meine Lorelei、レッドセシリア、レッドヴィーヴォ、ポップジェムズ、厩舎設備のこと) 大竹調教師(タイダルベイスン、マイネノーブレス、厩舎設備のこと) 騎手は蛯名騎手(レッドセシリアのこと) 内田騎手(レッドレイヴンのこと) 書けることは日々の記事で盛り込んでいこうかなと思っています。


今日東京競馬場では久しぶりにお知り合いの某スポーツ紙のトラックマンさんと会い、サークル内のお話を聞かせてもらいました。ズバリ愛馬東サラレッドレイヴンのことを聞くと評価はかなり高いようですね。その評価の高さに私は驚きました(笑)

そして、早速今日レイヴンの事を内田騎手に聞いてみると、まだ帰厩後はまだ跨ってないようで今週の百日草特別の最終追い切りに乗る予定とのこと。まだ1戦しかしてないのでこの1戦でこの馬の実力がわかるでしょうとのことでした。今日はポリトラックで時計を出したみたいですが、素晴らしい時計でした。天皇賞に出走したダークシャドウ以上の時計を馬なりですから。とにかく今週無事に最終追い切りを終え、待望の2戦目に向かってもらいたい。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(10)
2012-10-28 13:00 | カテゴリ:私の本命馬
 今年の3歳馬強いですねぇ、それとも古馬がだらしないのか!? この天皇賞もそんなような図式で馬券が売れているようです。私はこの馬ダークシャドウで勝負します!

ここに参戦してきた3歳馬は確かに強いと思っています。その中でも古馬代表として私はこのダークシャドウでいい勝負になると思っています。長期的目標としてきたこのレースを獲りに来る過程が陣営の思惑通りにきましたし、とにかく『チーム』としてこのレースへのモチベーションがとても高い。

間隔を詰めて使いたくなかった昨年は賞金の関係上、毎日王冠を使わざるを得なかった。今年はこの馬に適したローテーションとして夏の札幌記念から始動。わざわざアメリカ遠征中だった福永騎手がGIでもないのに一時帰国したことを忘れてはいけない。そして関西所属の騎手が2週続けて美浦に駆け付けて追い切りに跨ったというのも珍しいこと。それだけこのレースに賭ける意気込みは相当のものがある。この馬にとってジャパンカップ、マイルCSという馬ではない。この東京2000mという条件がベスト。

予定より雨の降り始めが早かった東京競馬場。たとえやや重になったとしてもダークシャドウはやや重2戦2勝で問題なし。

昨年の天皇賞でもこのダークシャドウに◎を打ち直線では『ベリー!べりー!』と鞍上ベリー騎手の名を連呼したが、今年は『福永!福永!』と連呼したいと思う。そして気持ちよくラフィアンのオータムパーティーに出席だ(笑)
2012-10-27 23:44 | カテゴリ:ラフィアンターフマンクラブ
 例年ラフィアンラフィアンオータムパーティーとして行われていたパーティーが今年からビッグレッドファームグループのオータムパーティーとして明日開催されます。ラフィアンラフィアン&ウインウイン&コスモコスモ合同ということです。ということで私はその記念の第一回となるこのパーティーに東京競馬場で競馬観戦を終えてから参加してきます

このパーティーの醍醐味はビッグレッドファームスタッフを始め、調教師、騎手と気軽にお話が出来ること。なかなか普段はお話しできませんからね。(私は競馬場で会えば話しかけてしまいますが(笑))

明日お話したい調教師は西園、鹿戸、清水(美)、大竹調教師。騎手は内田、蛯名騎手。時間があったら丹内騎手もf^_^;

えっ!? 愛馬ラフィアンMeine Lorelei黒岩調教師ですか? 千葉セリの会場ですでにお話ししましたし、言っている事とやっている事が矛盾しすぎているので話もしたくありません

ラフィアンのパーティーに参加しながら話の7、8割は東サラ愛馬の東サラレッドレイヴン東サラレッドセシリアになりそう(^^ゞ

お酒が入ると結構ポロポロと貴重なお話が聞ける貴重な場なので今から楽しみです。また、日頃ブログ、Twitterなどで交流あるラフィア二ストさん達とお会いできるのも楽しみです。

さぁ、パーティー代を明日の競馬で稼げるように今から更に気合い入れて予想頑張らなきゃな
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2012-10-27 01:24 | カテゴリ:レッドレイヴン
12.10.24(藤沢厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで乗る。
68.3-52.5-39.2-13.0 馬なり

北村宏騎手「今日はウッドコースを後から出て、最後はルルーシュと併せて乗りました。良いですね。操作性抜群といった感じで、こちらの思い通りに動いてくれますし、反応も相変わらず良いですよ。まだ自分から前に出ようという感じではないのですが、出そうと思えばシュッと加速して行きそうな雰囲気です。北海道で乗った時と比べて、だいぶ馬自身がしっかりしていますし、良い成長をしていると思いますよ」

藤沢調教師「だいぶ走れる体になって来ましたし、動きを見ても来週使えそうですね。百日草特別を内田騎手で行こうと思います。今日は少し抑え目だったので、金曜にも終い15-15くらいをやるつもりでいます」



12.10.25(藤沢厩舎)
乗り運動後、北のダートコースをダクとハッキングで1周。

担当助手「今日は他の馬と一緒に北馬場で軽く乗りました。今日は頭を振るなど、やんちゃな面も見せずに落ち着いていましたよ。調教で走っている時でもそうなのですが、余裕があるので遊びたくなってしまうという感じですね。それだけ精神面に余裕があるというのは、この時期としては良いことですし頼もしいですよね。来週が競馬の予定ですが、明日も少しやるつもりですし、大体仕上がると思いますよ」
東サラレッドレイヴン 


レッドレイヴンが日に日に成長を遂げているのが近況報告からよ~く感じ取れます。まさか同厩舎の大将格の山本ルルーシュを5馬身追走して馬なりで併入。それでもまだ余裕があるというのですから恐れ入りました 育成先のファンタストクラブではレイヴンと併せられる2歳馬がいないと言っていたし、条件馬の古馬でも相手不足なのだろうか!? 2歳のこの時期にこれだけの稽古を詰める愛馬と出会ったのは初めてのこと。ファンタストクラブスタッフが何度も言っていた『本物』はリップサービスではなさそうだ。

今回の近況報告で来週11/4(日)東京9R百日草特別(芝1800m)内田騎手で出走することが正式にクラブから発表になりました。最終的にどんな顔ぶれが揃うかはわかりませんが、ここは本番の東スポ2歳Sを盛り上げるためにも足踏みをしていられません。2戦2勝無敗の勢いで重賞馬コディーノ、西の実力馬サトノノブレスと勝負して欲しいと思っています。余談ですがサトノノブレスには東スポ杯は岩田騎手が決まったようです。ということは、東スポ杯2歳Sまではレッドレイブンの鞍上は内田騎手ということになりそうですね。内田騎手に浮気されないようにこの2戦期待通り、いや期待以上の走りを楽しみにしています。 
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2012-10-26 00:56 | カテゴリ:一口馬主
ラフィアンラフィアンで約20年、東サラ東サラ1年生の私。一生ラフィアン一筋で一口馬主ライフを終わらせる予定だった私があえて費用負担を覚悟でクラブを増やした理由というのはまた別の時に書きたいと思いますが、今回は昨年入会した東サラに出資した2頭(レッドレイヴン レッドセシリア)が共に新馬勝ちをしました。正直今までの一口馬主人生において新馬勝ちまであと一歩の2着を2回したことがありますが、その時は『惜しい!』 『良く頑張った!』と悔しいという気持ちよりこれで次走が楽しみだという前向きな気持ちが芽生えていました。それは愛馬がラフィアンの馬だからということが私をそういう気持ちにさせていたのだと思います

昨年、いつもお世話になっている個人馬主でもあり一口馬主でもある馬友さんのデビュー戦の応援に立ち会った時のことなんですが、その愛馬は2番人気に支持され当然オーナーとしてはデビュー勝ちを意識していました。応援に駆け付けた私も勝って欲しいと祈る思い。しかし、結果は3着…。道中ややごちゃつき気味になり、脚を余してのレースでした。私は正直『惜しい!惜しいけど良く頑張ったし、これだけの脚を使えたのだから次走は勝ち負けになる。次走こそ!』と思ってましたが、その馬のオーナーは顔を険しくして『1着じゃなきゃいけないんだよ。2、3着じゃダメなんだって』と何度も言っていました。気持ちを切り替えるのにかなりの時間が掛かっていたのを覚えています。そのオーナーは普段それほど結果にこだわる方ではありません。どちらかというと馬の脚元の事などを気遣うとても愛馬を大切に思っている方です。そんな方が新馬戦にこだわる理由、そして新馬勝ちの重みというのを今自分の愛馬が新馬勝ちをしたことで分かってきた気がします。

愛馬を持つ全ての人がその出資した愛馬に夢を持って出資したと思います。私も自分が出資した愛馬には夢を抱いて出資してます。新馬勝ちとはその夢に向かって伸びているヴィクトリーロードを近道で進んでいける新馬勝ちした馬だけの特権なんだなぁと思いました。来年のクラシックロード進める権利を持っている私の愛馬は東サラレッドレイヴン東サラレッドセシリアの2頭のみ。その2頭が1戦ずつ消化した今もなお夢を見ていられる。2頭共に1番人気に応えての新馬勝ちとなりメディアからもそれなりに注目を浴び、現2歳馬ほど夢を実現するチャンスの年は今までにありません。私にとって夢をかなえられる最大のチャンスが訪れたのかもしれません。牡馬クラシック、牝馬クラシックを同時に狙える立場にある今、私は今充実した一口馬主ライフを過ごしています。

7月のレッドレイヴンの新馬勝ち、そして先週のレッドセシリアの新馬勝ちの時には沢山の方からコメント、メール、電話を等を頂きました。本当に感謝しております。来週にはレッドレイヴンがもう一歩夢に向かって東京・百日草特別(芝1800m)に出走します。また懲りずに応援よろしくお願い致します
2012-10-22 23:30 | カテゴリ:レッドセシリア
P1090901(2).jpg  
 蛯名騎手「同じ厩舎のレッドエレンシアに似たタイプだね。まだ非力なんだけど、素直だからレースがしやすいよ。芯が入ればもっと走れるようになってくるし、これから体力がつけば楽しみ」

鹿戸調教師「大事な初戦を見事に危なげなく勝ってくれたね。鋭い脚が使えたし、将来楽しみな馬だよ。厩舎に戻って脚元を確認してから、一旦ミホ分場にリフレッシュ放牧に出しますよ」

昨晩は出資当時の10年産のカタログを見直したり、レッドセシリアと初めて会った4月のノーザンファームでの写真を眺めたり、自分が書いたセシリアの育成時のブログを読み直したりここまでを色々振り返っていました。当然一生懸命にセシリアが頑張ったレースVTRも何度も観ましたよ(笑) そして今日は午前中で仕事を切り上げて午後はおいしいランチとコーヒーを飲みながら競馬ブックを見て勝利の余韻に浸っておりました。当然一人で

レース直後、正直私は強い競馬だとは思わなかったんですね。一言で言うならば蛯名騎手が上手く乗ってくれたでした。でも、色々レースを分析していくと『いや、これはクラス上がっても面白いかもしれない!』と思うようになりました。解説者などは『評価できる時計ではないので』みたいなこと言っている人もいるが、全体時計などはその時のレースの流れがあるわけだから一概に全体時計でメンバー、勝ち馬レベルを決めつけるのはどうだろうかと私は思っています。これは馬券購入者としての考えとしても同じ事。全て全体時計だけで強いと決めつけるならタイムの速い馬を買っていれば馬券は当たる事になる。私はそんなことより超スローペースを折り合いを欠くことなく走れた事上がりの速いキレのある走りが出来た事(上がり3F33.7秒はこの土日の東京新馬・未勝利戦で走った88頭中2番目のタイム)の2つを評価したいと思います。

蛯名騎手のコメントからまだこれからということみたいなので、今の物足りない状態でこの競馬が出来るという事は能力が高いという事。デビュー戦としては上出来すぎる走りでした

これから気になる事はレースの反動。これはレース後すぐにはわからないことなので、今週約1週間何事もないことを願っています。

ここまで育成してくださったノーザンファームスタッフの皆さん、そして引き継いで調整して、デビュー戦まで勝たせてくれた鹿戸厩舎の皆さん、そして東サラ東京サラブレッドクラブのスタッフの皆さん。ここまで色々とありがとうございました。今後とも東サラレッドセシリアをよろしくお願い致します
2012-10-22 00:57 | カテゴリ:レッドセシリア
P1090913(2).jpg   

10/21(日)東京5R メイクデビュー東京 芝1600m(牝)
東サラ勝負服レッドセシリア 1着

1番人気に応え勝ちました! いやぁ、今週1週間セシリアのデビュー戦の事ばかり考えてて、この走りと結果から私はやっと新馬戦独特の緊張感から解き放たれました

東京競馬場に到着し馬体重を確認すると426kgとのことで、体調には問題なさそうだなと一安心。4月にノーザンファームで会ってから約6か月の再会となりパドックで彼女の姿を見ての印象はやや胴が伸びて、馬体に硬さも感じられず陣営が各紙でコメントしていた『いかにも切れそう』『かなりの瞬発力がありそう』というのもうなずけるような馬体に私も見えました。パドックでは4月に会った時と同じく物怖じせず気持ちよく歩いていました。パドックでそんなセシリアの成長した姿を見て私は『この状態なら勝てるかも!』と気持ちの中に自信が湧いてきました。

レースは私が思い描いていた通りの競馬になり、ペースがスローなのは分かっていたので前も楽してますし、直線で弾けるかどうか?勝負はこの1点に絞られましたがメンバー最速の33.7秒の上がりで前にいる馬を抜き去り2馬身差をつけて見事1着になりました

一緒に観戦していた馬友は直線で『あ!もう大丈夫ですよ。勝ちましたよ!』と。でも、当事者である私は競馬初心者のようにゴールを先頭で駆け抜けるまではハラハラドキドキでした(笑) 当事者はそんなもんではありませんか(^_^;)?

そして、馬主の最高のステータスシンボルである口取りを気持ちのいい晴天の中で参加しました。7月の函館競馬場での東サラレッドレイヴンの口取りは5年振りだったのですが、今回は約3カ月半振りでまさかの今年2度目の口取りとなり感無量です。

この現2歳からセカンドクラブとして東サラ東サラに入会し、レッドレイヴンレッドセシリアの2頭に出資したこの2頭が共に新馬勝ちを収めるなんて…。身の回りの馬友さんからは『もうラフィアン辞めたら?』という声がちらほら。これが相性なんでしょうね。クラブと厩舎、クラブと騎手にもいい相性悪い相性があるように、一口馬主とクラブの相性もあるんでしょう。20年近く在籍しているラフィアンで達成できないことを東サラでは1年間で達成しているんですから。でも、ラフィアンはきっと辞めないだろうなぁ。なぜ? まぁ、この件は後日にしておきましょう。一言では言い表すことが出来ないので(^_^;)

馬友の皆さんやTwitter、ブログでお付き合いさせて頂いている方から多くのお祝いコメントいただきありがとうございました いただいたコメントは何度も読ませて頂きます。なかなか日常でこれほどまでにお祝いのコメントを頂けることなんてありませんから(^^ゞ 必ずお返事をさせていただきますが、今日明日はレッドセシリアのレースに酔いしれたいので少々遅くなってしまうことをご了承ください。
2012-10-21 11:54 | カテゴリ:レッドセシリア
只今ご対面中。
心配した馬体重は426kg。馬体も硬くないし予定通りに来ました。
これなら現状の力は発揮出来るのではないでしょうか。
スタートまであとわずか、楽しみですo(^o^)o
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(14)
2012-10-21 10:36 | カテゴリ:レッドセシリア
 愛馬東サラレッドセシリアの記念すべきデビュー戦の日の朝を迎えました。興奮というか、デビュー独特の雰囲気で結局2時間ほどしか寝れませんでした

一口馬主を初めてもうすぐ20年。ここまで11頭に出資して10頭目のデビューになります。このデビューの雰囲気は回を重ねるにつれ気持ちが高ぶってしまいます。私は今募集されている11年産、そして来年募集される12年産にも出資予定がありませんので当分このデビュー戦の雰囲気を味わうことは出来ません。だから今日はこの雰囲気を十分楽しみたいと思います。週のなかばにまとまった雨があったことで良馬場でもクッションの効いたとても走りやすい馬場状態ではないでしょうか。天気も最高にいいですし

おかげさまで愛馬東サラレッドセシリアは16頭立ての1番人気に支持されています。愛馬が1番人気になるのは正直嬉しいです。でも、本当に嬉しいのは1番人気ではなく1着なんですよ 当たり前ですが…。

強いだけでは勝てないのも競馬、その馬の持つ運とか色々なことが全ていい流れにならないとなかなか勝てないのが競馬。
無事にとにかく無事に、アクシデントなく、またアクシデントに巻き込まれることなくセシリアに『競馬は怖くないんだよ』ということ教える意味で蛯名騎手にはセシリアを上手くエスコートしてもらいたいと思います。

いつも応援してくださる皆様! やっとデビューの日を迎えることが出来ました。お時間がありましたら是非競馬場、ウインズ、ご自宅どこでもかまいません。レッドセシリアの一生懸命走る姿に応援をよろしくお願い致します。(馬券は抜きで(笑)) 

では、行って来ます('-^*)/
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2012-10-21 01:28 | カテゴリ:レッドセシリア
114(2).jpg
いよいよです。出資を決めてから約1年ちょっと、成長確認も含め4月には馬友達とノーザンファームへ行き東サラレッドセシリアとご対面(笑)あれから6か月が経ち、無事にデビューの日を迎えようとしています。
東京5Rメイクデビュー東京の新聞の馬柱に東サラ勝負服レッドセシリアと馬名が。嬉しいですねぇ。

さて、一緒に走る馬を見渡すと血統、馬主、厩舎などからはこのレースのメンバーレベルはそれほど高くないと感じました。わからないですよ、あらゆる面で地味でも本番でとんでもない馬がとんでもない走りをしたなんてことがありますから。ということで、少々押し出された形でセシリアが1番人気になったかな。東サラレッドジゼルが出走する京都5Rに出走ならこれほどまでの評価は得られないでしょうから。でも、こういうメンバーに若干恵まれたかなぁというのも、その馬の持つ勝負運ですから、こういう時に持っている能力を発揮して好勝負を演じてもらいたいと思います。

出走馬の種牡馬名に目を通すと、今年2歳戦に強いダイワメジャーディープインパクトキングカメハメハなどの仔がいない代わりに2歳戦に良績を残していない産駒が多く出走しているので、今年2歳戦好調なハーツクライを父に持つレッドセシリアはここでは大威張り出来る存在ではないでしょうか。

セシリアの状態は今あらゆる面で上昇カーブし始めたところといったところでしょう。この状態でどれだけの競馬が出来るか!?とても楽しみにしています。

牝馬限定の2歳新馬戦ということで各馬折り合いに細心の注意を払い、ペースはかなり緩いでしょう。その点セシリアは折り合いは心配なさそうですから蛯名騎手にはスタート出して行って早めに好位を取り、最低先頭から5番手以内の位置で競馬をしてもらいたいと思います。そこからは初めておもいっきり鞭を入れられるセシリアが内から4~5頭目のビクトリーロードを弾ける脚で駆け抜けるかどうかですね。

あ~、興奮して今夜は寝れるかなぁ。レッドレイヴンの時は旅の疲れからかいつのまにかベッドで寝てしまったけど深夜3~4時頃に足がつってベッドから落ちて結局そこからずっと起きてましたけどね(笑)

今夜はどうなることやら…。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2012-10-20 00:12 | カテゴリ:レッドレイヴン
P1090252(1).jpg
12.10.17(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路1本。
63.3-46.8-30.9-15.1 馬なり
担当助手「全休明けなので、今日は坂路を15-16くらいで上がって調整しました。だいぶ体も絞れて良い形になって来ましたよ。動きも相変わらず力強いですし、順調に来ていますね。まだこの時期ですし、精神的に急に成長することはないとは思いますが、変なイレ込み方や悪さをするわけではないですからね。鳴いたりするのも段々と解消されて行くと思いますよ。明日もやる予定です」

12.10.18(藤沢厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで乗る。
内レッドレイヴン  67.2-52.3-38.5-12.9 馬なり
外シャトルアップ  68.0-52.9-39.1-12.9 馬なり
杉原騎手「今日はウッドにて後から出て、直線は内に併せて追い切りました。前とは4、5馬身ありましたが、スッと反応して併せに行けましたし、相手があまり動かなかったのもありますが、最後まで余裕十分の動きでしたよ。やればいくらでも出そうですね。息の入りや体の張りも確実に良くなっていますし、レースまではまだありますが、調子はかなり良さそうです。まだ成長の余地もあると思うので楽しみですね」東サラレッドレイヴン


いやぁ、藤沢厩舎の調教は厳しいメニューですねぇ。15日(月)には南Wコースで3頭縦列の真ん中で、直線も左右から挟まれる形で3頭併入。古馬に混じってレイヴンは厳しい稽古に耐えて大したものです。一口馬主を初めてから約20年。今の現役馬を含めて通算11頭になりますが、正直11頭の中では最高のポテンシャルを持った馬だと感じています。(もしかしたら日曜デビューするレッドセシリアの方が凄い走りを見せたりして!?)愛馬がこれだけ厳しい稽古を課せられたこともないし、その与えられた稽古を難なくこなせるなんてチョット今まで出会ったことがありません。本当に夢を見させてくれる馬かもしれないという希望を抱かせてくれますねレイヴンは。次走が本当に楽しみでなりません。

その次走に関することなんですが今日親しい東サラ関係者とお話しましたがクラブが発表している通り百日草特別の出走が濃厚で騎手は内田騎手に打診しているようですが、レーシングマネージャーからの返答待ちのようですね。きっと20日(土)の東京9RいちょうSで騎乗するサトノノブレスの結果待ちの匂いがプンプンするんだよなぁ
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2012-10-19 00:32 | カテゴリ:レッドセシリア
12.10.18(鹿戸厩舎)
乗り運動後、南Dコースをダクで半周。その後、芝コースにて2頭併せを先行して外で追い切る。

内ガーネットチャーム 69.7-52.5-38.0-12.1 G強目
外レッドセシリア       70.1-53.1-38.6-12.1 馬なり

鹿戸調教師「今日はクッションも良かったので、芝コースにて2頭併せで追い切りました。少しモヤが掛かっていて、道中ははっきり見えませんでしたが、直線に向いてからの手応えは良く、古馬相手に最後まで馬なりで頑張っていましたね。ゴールを過ぎてからの向こう流しでは、さすがに古馬の方が先に出ましたが、ここまで走れれば十分だと思いますよ。ここに来て飼葉もしっかり食べるようになって来ました。欲を言うと、もう少し前向きさが出て欲しいところですが、使って行けばそのあたりも良くなって行くと思います。気性も素直ですし、やる事はやって来たので、楽しみにしていますよ」

担当助手「道中は1頭だったため、フワフワして走っていましたが、後ろの馬が内から並びかけて来てからは、ハミもしっかり取って、最後まで良い感じで走っていましたよ。仕上がりも良いので、走れる状態にはありますよ」東サラレッドセシリア 


無事にデビュー戦の最終追い切りを終えることが出来ました。正直ホッとしました。『向こう流しではさすがに古馬の方が先に出ましたが』とコメントされている通り、ゴール過ぎてからも負荷が掛けられていることが感じ取れます。これで競馬に対応出来る一通りの体、息は出来たのだと思います。あとはレースまでしっかり与えられた飼葉をしっかり食べ、りんご酢入りの水(今でも与えているかな!?)をガブガブ飲んで、レース当日はハリのある馬体でパドックに現れて欲しいです。ドシッとしているので初めての環境でも動じることはないでしょう。

21日(日)はもう一頭の東サラの仔東サラレッドジゼルがデビュー 実は私がセシリアに出資する際に最後まで悩んだのがこのジゼルでした。母系の血統背景はもちろん馬体のラインも私好み。育成はノーザンファームで預託予定先が笹田厩舎というのも最後まで悩ませました。伊藤雄二厩舎では番頭格の笹田さんは数々の名馬に携わって来た一人であり、ぜひ愛馬を預けてみたいと思っていたんです。でも、最終的には父アグネスタキオンというのが私には無理でした…。

私が思っているアグネスタキオン産駒というのは体質が弱く、早熟というイメージです。走るタキオン産駒は2歳戦から走り、短い期間で目一杯走りA級の馬は重賞を勝ちます。しかし、トップにいられる期間はかなり短く、その後は緩やかな下降線を辿っていくことになるんです。だから少頭数で長く一頭に携わっていきたいという私の一口馬主ライフにはアグネスタキオン産駒は向かないんです。毎年何頭も出資しているのならそのうちの一頭にアグネスタキオン産駒で夢みたいですけどねぇ。夢は見れますからアグネスタキオン産駒は。ということで私は決してアグネスタキオン産駒を嫌いとかではないんです。私の一口馬主ライフに合わない。ただそれだけですf^_^; お付き合いしている馬友さんでアグネスタキオン産駒に出資されている方は多いですし、その馬を私は応援しています。だから、セシリアがデビューして10分後に京都でデビューするレッドジゼルの走りが楽しみですし、応援してますよ
2012-10-18 00:37 | カテゴリ:レッドセシリア
12.10.17(鹿戸厩舎)
乗り運動後、北Cコースをダクと軽いキャンターで1周半乗る。
鹿戸調教師「今日は全休明けなので、北Cコースをハッキングで1周半乗って調整しました。今は飼葉も残さずに食べており、体重も先週より1キロ減っただけで436キロあるので、今週追い切って東京まで輸送しても、420キロ台で出走できると思います。月曜日はあまりビッシリやらなかったので、明日はある程度やる予定でいます。ここに来て走りもしっかりして来ていて、良い感じになって来ていますよ」東サラレッドセシリア


いよいよ18日(木)はデビュー戦の最終追い切り日。この最終追い切りでデビュー目前でデビュー出来ず、そしてこの世を去った馬を数頭知っています。だからこの最終追い切りを無事に終えて欲しいと心から願っています、鹿戸厩舎スタッフの皆様よろしくお願い致します

そのお世話になっている鹿戸厩舎の2歳馬が新馬、未勝利戦で好勝負を演じており、素質ある2歳馬が粒ぞろいといった感じ。同じクラブの東サラレッドヴィーヴォは2戦目で初勝利、ヴィーヴォが勝ったこの日の新馬戦では社台ダンスフェイムが2着。といっても2、3馬身出遅れての2着だけに、勝ち馬との差が1/2馬身ということを考えると負けて強しの競馬。次走は楽しみな1戦となるでしょう。そして先週は新潟でアルマシャウラが新馬勝ち。今月27日にはポップロックの半弟ポップジェムズがスタンバイしており、今鹿戸厩舎に勢いを感じます。ここで馬名を上げた粒ぞろいの2歳馬と比べレッドセシリアは能力的にどの位置にいるのかが非常に興味ありますねぇ。

馬体重はノーザンファーム出発時と比べ+2kgの436kgとのこと。出来れば430kg台でレースを迎えて欲しいところですが、鹿戸調教師がコメントしている通り420kg台で出走出来れば楽しみなレースになるのではないでしょうか。2つ上のディープインパクト産駒の牡馬東サラレッドセインツは420kg丁度でのデビューで新馬勝ちですから、牝馬のセシリアはさほど気にすることはないでしょう。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2012-10-15 22:32 | カテゴリ:マイネローレライ
2012年10月11日(木)
ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。この中間に左前ヒザの打撲がありました。3週先の交流戦も視野に入れていましたが、ここは無理をしない方が良いでしょう。主任は「回復に時間はかからないと思われますが、入厩は大事を取って1、2週間先にしたほうがいいと思います。患部の腫れが落ち着きしだい、騎乗を再開します」と話していました。

2012年10月12日(金)
ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。打撲した左前ヒザの様子を見ているところで、症状が落ち着いてから騎乗を始めます。
ラフィアンMeine Lorelei 


秋競馬からまた頑張ってもらいたかったラフィアン愛馬がここにきてElenaLoreleiと2頭共にケガで調子を欠くことになってしまいました Elenaは今週から始まった新潟開催で1つ勝って欲しかったんだけどなぁ。Loreleiに関しては黒岩調教師は順調だったら31(日)船橋の交流競走に申し込む予定だったようです…。

若社長! 転厩をお願いします。


【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2012-10-14 23:57 | カテゴリ:競馬
 サンデージェンティルドンナが史上4頭目の牝馬3冠馬に輝きました。強かった。あそこでハナ差でも勝つところが社台&サンデーRの強さなんだよなぁ。正直社台&サンデーRが絶対譲らないクラシックや中距離GIの壁は相当に厚い。極端なことを言えば他の一口クラブや個人馬主が獲れるGIとなると芝1200~1600mかダート。このカテゴリーは比較的付け入る隙はあるといったところでしょうか。でも、それでは競馬に面白みがなくなってしまうので他のクラブや個人馬主、そして日高産の馬などがその牙城を崩さなければならないんですけどね。そういう意味では来週の菊花賞出走のゴールドシップにはぜひ頑張ってもらいたいと思っています。

馬券の方は昨日楽して当ててしまったものだから3タコくらってしまいました…。でも、計算してしっかり利益は出しておいたので来週の競馬に気持ちを切り替えて備えたいと思います。

来週は何と言ってもうちの2歳愛馬2頭の内の1頭東サラレッドセシリアがいよいよデビューを予定してます。ただ、土日両日共に調整した情報が入りませんでした。ちょっと嫌な予感…。不安だけで終わってくれればいいのですが。 
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬の予想結果
コメント(0)
2012-10-14 11:11 | カテゴリ:私の本命馬
 今日は私用がありリアルタイムで競馬が見れず、帰宅後のVTR観戦になりそうです…。

三冠がかかるジェンティルドンナ う~ん、秋になってライバル馬より成長力でもジェンティルドンナに軍配が上がったかなぁ。普通に回ってこれれば力の違いで三冠達成は濃厚といったところでしょうか。
相手は今のところトーセンベニザクラ アイムユアーズの2点。

今日はその他注目の新馬戦京都5Rブロードソード 京都9R堀川特別アナスタシアブルー。この2頭から相手2~3頭で勝負したいと思います。

では、そろそろ外出するので今日は簡単ですが、こんな感じで馬券を買いたいと思います。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬予想
コメント(0)
2012-10-13 21:45 | カテゴリ:競馬
昨晩は仕事疲れ、そしてラーメン二郎で腹いっぱい食べたら競馬予想の気力がなくなり、相方からは『ニンニク臭い!』言われ早々ご就寝 ということで土曜競馬は馬券を買う予定がなかったのですが、たまたま東京8Rから自宅で競馬中継を見ることが出来たのでレースを見ていました。

ふと、そういえばマークしていた馬が東京10Rに出走だったような!?とメールを確認すると確かに東京10R白秋Sに出走するアドマイヤセプターの出走メールが。私は随時最大50頭まで次走の狙い馬をメール登録しているのですが、確かこの馬は前走札幌で次元の違う脚を繰り出した馬。まったく予想していなかったのでアドマイヤセプターから馬体重、パドック気配、私が抱いている馬のイメージなどから相手として3頭選びこのレースだけ馬券を買ったら見事に一番いい配当が当たりました。たった数分で決めた馬券なのでまともな金額をつっこんでハズレれば後悔する。また、当たったら当たったで『何でもっと賭けなかったのか?』と後悔する。多くの方が感じていることでしょう。馬券は当たっても、ハズレても後悔する不思議なものだなぁと…。 心配していた馬券のスランプはどうやら心配だけで済んだかも 明日は京都で秋華賞(GI)。獲りたいですね。

白秋S馬単白秋S馬連   
 

今日は気になる記事を目にしました。『JRAウインズ閉鎖へ』
どうやら室蘭、静内、銀座通りの3か所が検討されているようです。静内といえば今年私達の愛馬会メンバー達と2歳馬の成長確認などで北海道へ行き、2日目はウインズ静内ゴールドシップが勝った皐月賞を観戦したウインズ。あそこが閉鎖対象になっているのは少々複雑な気持ちです。JRAは昨年まで14年連続で売り上げが減少。この政策でJRAは何を見出すのだろうか!?
moblog_a4786114.jpg
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬
コメント(2)
2012-10-13 10:00 | カテゴリ:マイネエレーナ
P1090436(1).jpg
2012年10月8日(月)
軽めのキャンターで流した6日(土)の調教後から左ヒザの上部に腫れが認められます。「靭帯が影響しているものと思われます」というのが獣医の見解。清水調教師より「歩様に乱れはなく、痛みを訴えることもありません。このまま進めても悪化せずにレースを使っていけるかもしれませんが、無理はしない方が良いでしょう。新潟開催を間近に残念ですが、いったん鉾田に出しますので経過を観察してください」との連絡がありました。近々、移動する予定です。


2012年10月12日(金)
11日(木)、ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。左ヒザの上部の腫れは回復に向かいつつありますが、熱感があり、鉾田到着後のチェックでは患部を若干気にしているような印象も受けます。この様子では出走まで時間がかかると思われ、北海道のビッグレッドファームへ移すことになりました。近日中にも出発する予定です。
ラフィアンMeine Elena


せっかく次走の新潟開催を楽しみにしていたのにここでケガとは…。うちの愛馬が脚元のアクシデントに見舞われるのは久しぶり BRF鉾田TC滞在であれば久々に鉾田へ行こうかと思っていたのに、まさか北海道へ戻されるとは。これで年内の出走はなくなりました。ロージズインメイの産駒は比較的体質の強い子が多く脚元も丈夫なんですが、今は軽傷であることを祈っています。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2012-10-11 23:18 | カテゴリ:レッドレイヴン
[広告] VPS
12.10.10(ミホ分場→藤沢厩舎)

乗り運動後、坂路1本。58.7-43.8-29.1-14.8 馬なり

担当助手「先週土曜に入厩しました。今日は横山典騎手に乗ってもらって、坂路を15秒を切るくらいで上がりましたが、問題ない動きだったようです。ただ、全休明けということもあって子供っぽい面は見せていたようですね。馬体重は510キロと少し余裕はありますが、良い筋肉がついて一段階パワーアップして帰って来た感じがするので、仕上げには時間が掛からないかもしれないですね。仕上がれば11月4日の東京・百日草特別(芝1800m)あたりを使うと思うので、そのつもりでやっていきます」


12.10.11(藤沢厩舎)

乗り運動、ダク、ハッキングの後、坂路1本。
レッドレイヴン 53.8-39.2-25.6-12.7 馬なり
チャーチル       54.8-40.0-26.0-12.7 馬なり

担当助手「今日は坂路を後から出て、最後1ハロンは併せて追い切りました。馬場が多少重かったのですが、気にすることもなく、併せに行く時の反応も良かったですね。まだ戻って来たばかりなので最後は苦しくなるかと思いましたが、そんなこともなく力強い動きでした。上がって来てから鳴いたりするなど、子供っぽいところは残していますが、走っている間は集中していますし、何か悪さをするというわけではないので、そのあたりも徐々に解消していくでしょう。この後もあまりテンションが上がらないように気を付けてやっていきます」

藤沢調教師「ファンタストでもだいぶ乗り込んでいたので、良い体で帰って来ましたし、ここまでの動きなどを見てもしっかりしてきた感じがしますね。無理に使うことはしませんが、仕上がれば百日草特別を使うつもりでいますよ」
東サラレッドレイヴン 


6日(土)に入厩し8日坂路で初時計、10日(水)11日(木)と坂路で2日連続の時計を出し、今日は楽に53.8で終いは12.7。来週のいちょうSでも使えるんじゃないかと言えるような内容だけに東スポ杯2歳S前に11/4(日)の百日草特別を使う
ことはかなり有力なのではないでしょうか。

しかし、藤沢調教師は馬の予定をころころとよく変更する調教師だなぁと愛馬レッドレイヴンを通じて知りました。馬券購入者としての目線だけで見ていたら藤沢調教師がこんな調教師だとは知ることもなかったでしょう。おかげでレイヴンのデビュー戦は正直苦労しましたよ(汗) デビュー戦が福島と言ったり函館と言ったり(笑) 応援しに行く私含め出資会員さんは福島と函館ではまったく交通手段が違う訳で、下手に早く航空券なんか予約したりして福島になったり、出走先延ばしなんてことになったら無駄にキャンセルチャージを払わなければならないし、まぁ大変でしたよ。今となっては苦労はあったけど現地でデビュー戦に立ち会えて、初めて訪れた函館競馬場で私含め9名の出資者と口取りに参加出来たのだから忘れられない思い出になったので今でも行動して良かったと思っています。函館になり交通費が高いからと言って現地行きを断念していたら私は今でも後悔していたでしょう

ちょっと話はそれましたが、親交ある東サラ関係者とこのことについて話したことがあり『そうなんですよ、先生は馬の状態によって予定を変えるので、急に放牧や出走なんてことはよくあることです(笑)』と。私はこの馬の状況に応じて予定変更をする藤沢調教師のやり方は賛成です さすが超馬優先主義の調教師 私は愛馬がお世話になる前より藤沢調教師への印象がよくなりました。馬の事を第一に考えてくださるからこそ臨機応変に対応してくれるわけですから。ここ数年の重賞レースでは藤沢厩舎の馬達はあまり活躍する機会がなかったですが、今年の夏から引き続き、秋そして来年も藤沢厩舎の快進撃に期待したいと思っています。その快進撃にレッドレイヴンが貢献出来れば最高なんだけどf^_^;
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2012-10-11 00:39 | カテゴリ:レッドセシリア
東サラレッドセシリア(父ハーツクライ 母Sasetti 母父Selkirk)はディープンインパクトよりハーツクライの仔に出資したいと思っていたので、東サラに入会したことによりその思いが叶いました。『ラフィアンでも募集されているだろ!』と言われれば確かにラフィアンでも思いは叶いますが、ラフィアンのサンデー系は瞬発力がなく、キレがない(^_^;)

母馬サセッティ(Sasetti)は東サラ実質経営者である山本英俊氏の所有馬でイギリスのセールで購買され繁殖牝馬として日本に導入されました。2つ上にレッドセインツ(父ディープインパクト)、1つ上にレッドプレイヤー(父ダイワメジャー)と2頭の兄がいて全てクラブに提供されています。この馬の血統的な楽しみは3代母のMy Bupers(マイビューパーズ)4×3のクロスなんですよ。父ハーツクライ4代母にこのMy Bupersの血が流れています。珍しいですね母系のクロスいうのは、しかもこのMy Bupersは未勝利ですから(笑) 未勝利なのにこのクロスが面白いというのには訳があり、産駒達が次々と大活躍したんですよ。アメリカで24勝しアメリカチャンピオンスプリンターにも選ばれたMy Juliet(マイジュリエット)、このMy Julietの仔Stella Madrid(ステラマドリッド)が米GI3連勝、そしてこのStella Madridとサンデーサイレンスとのあいだに産まれたのが日本で重賞ウィナーのダイヤモンドビコーになります。またアイルランドオークスを7馬身差で圧勝したウィノナの名もあり、ここまで書いた活躍馬が全て牝馬ということで、この系統で牝馬として産まれたセシリアはかなりの爆発力を秘めているのではと思い出資の際の後押しになりました。逆に気性的の悪さや、体質の弱さなどが出る可能性もあるかなぁと思いましたが、ここまではそれらしいものはなさそうです(^_^;) もし牡馬で募集だったら私は出資をしていないでしょう。

 母父Selkirk(セルカーク)は欧州マイル路線を主戦場にし芝1800のGIレースQエリザベス2世Sの覇者。今年のドバイでは産駒のシティスケープがドバイデューティフリーを4馬身以上も突き放し圧勝しました。血統的にはいい流れです。

先日機会があって東サラ内部関係者とセシリアのことで少々お話をしました。その中で印象に残っているのは「『狙った配合』なので楽しみです!」と言ってました。きっとそれは私が上記で書いた母系のクロスだと思うんですよ。その『狙った配合』が披露される21日(日)のデビュー戦が今から楽しみでなりません。まずは11日(木)の一週前追い切りを無事に終えてもらいたいですね。




【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2012-10-09 01:03 | カテゴリ:競馬
P1090764(2).jpg
8日(祝)の勝負レースは東京2R東サラレッドヴィーヴォ。ここはメンバーにも恵まれたし、前走新馬戦の内容通りのレースが出来ればここはまず負けないだろうと。私が所属している東サラの仔なのでパドックで観てきました。やや硬さを感じましたが、この馬は前走もこんな状態だったのかを誰か知っていたら教えて欲しいと思いながじっくり見てました(^o^;) 

P1090710(2).jpg 
結果は見事1番人気に応え2戦目で未勝利戦を勝利 鹿戸調教師!21日(日)うちの東サラレッドセシリアのデビュー戦もよろしくお願いしますよ(笑)

さて私はレッドヴィーヴォの出資者ではないので、ここは当然勝負レースだったわけですが、あえて馬券の事を言わせていただければ12頭中11番人気の馬を連れてこないでくれ 結局レッドヴィーヴォが頑張ってくれたのに私の馬券は紙くずに…。

P1090681(2).jpg
レッドヴィーヴォの相手はこちらも私が所属しているラフィアンの仔達でこちらがラフィアンマイネジュリエッタ(父アドマイヤマックス)
P1090762(2).jpg
こちらがラフィアンマイネルパイレーツ(父アドマイヤマックス) 今回は残念でしたが今度はもっと頑張ってくれよ

今日の馬券は馬友愛馬の応援馬券が馬単・馬連が当たり、そしてこの日もう一頭狙っていた東京12Rサトノヒーローが勝ち、単勝1点勝負で馬券が的中し今日は馬券の調子を取り戻すきっかけになったかもしれません。

来週も守りに入らず頑張りたいと思います

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬の予想結果
コメント(4)
2012-10-07 23:21 | カテゴリ:競馬
 今日は馬券勝負した東京11R毎日王冠トーセンレーヴ11着と惨敗…。完全に力負けです 9月は毎年馬券はイマイチなのですが、10月の東京は私の得意としている開催で巻き返すつもりだったのですが、予想も馬券も完敗。このまま続くと信じたくはありませんが馬券のスランプかもしれません。明日は狙っている馬で東京2R東サラレッドヴィーヴォ、そして馬友愛馬の応援馬券でスランプかもという嫌な空気を払拭したいと思います。

さて、これから国内最強馬サンデーオルフェーヴルが凱旋門賞に挑戦。歴史を変えるか!注目の一戦を私も楽しみに観たいと思います
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬の予想結果
コメント(0)
2012-10-07 13:14 | カテゴリ:私の本命馬
東京競馬場 ロングラン開催が昨日から始まったが、開幕週から雨がパラパラ…。先が長いので開幕週から雨はねぇ。ロングラン開催なので今開催の東京の馬場は内の芝丈は長く設定されているもの、昨日からの傾向は内の先行する馬だけでなく差しもそこそこ効いているのでフェアでいい馬場状態ではないでしょうか。

では私の毎日王冠はトーセントーセンレーヴ

実績馬はそれほど仕上がってない状態なので特に目標設定が明確になってないこの馬が他馬より仕上がり状態はいいと思います。きっとこのレースの結果次第で秋の路線を決めるのではないでしょうか。

鞍上はN.ピンナ騎手。今回の短期免許では重賞未勝利。短期免許期間は来週までですからねぇ、身元引受調教師はこのトーセンレーヴを管理する池江調教師。まさか手ぶらで返さないでしょう(笑)2週前追い切りから2週連続ピンナ騎手が稽古をつけており本気度プンプンしますよ。

頼んだよ

 
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬予想
コメント(0)
2012-10-06 02:38 | カテゴリ:レッドレイヴン
レイヴン ファンタスト2歳9月(1)
12.10.05(ファンタストクラブ→ミホ分場)
本日、ミホ分場に到着しました。明日、キャンセル待ちで検疫が取れればトレセンに入厩予定です。ファンタスト担当スタッフ「ここ数週でグッと良くなってきました。良い時に送り出せたと思います。移動前の15-15でも、うちの2歳では相手になりませんでした。追いで追いでの状態でしたから。まだ気性面の課題は残していますが、この馬は本物だと信じています」
東サラレッドレイヴン


無事にファンタストクラブからミホ分乗に移動したようです。7月1日(日)の函館デビュー戦を勝利したあと2戦目がいちょうSなのか東スポ杯2歳Sなのかと色々考えさせられました。『いきなり重賞なんて…』 『わざわざ同厩の重賞勝ち馬コディーノとぶつけなくても…』 『今は賞金加算が先決!』などと馬友や出資者、そしてクラブ内部関係者と話をした時期もありましたが、ふと我にかえればなんと贅沢なことをあーだ、こーだと言っているのだろうと思い、藤沢調教師の選定したレースを素直に楽しませてもらおうと開き直りました(笑) 正直ホント贅沢なことですよ、わざわざいきなり重賞レースを使わなくても…なんてことを一度も愛馬で重賞レースに出走したことがない私が言う時が来たんですから、いよいよというかやっとというか(^_^;) 

今回の近況報告もしびれますねぇ。長く一口馬主をやっていますがこれだけ評価が高く絶賛されたことがないものですから少々戸惑ってしまいます 『本物』ですかぁ。私も信じたいですね(^∇^)

海外では9月レイヴンの父スマートストライク産駒が頑張ってますねぇ芝1900m(米GⅡ)ドミヌス(牡4歳)、芝2200m(米GⅢ)ヒットイットリッチ(牝5歳)、芝2000m(米GⅡ)エアサポート(牡4歳)が勝利。そしてなんといってもデビューから6連勝でBCレディーズクラシック(GⅠ)へ向かうマイミスオーレリア(牝3歳)の活躍は今後も非常に楽しみです。


【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2012-10-05 01:01 | カテゴリ:レッドセシリア
12.10.03(鹿戸厩舎)
乗り運動後、南Dコースをダクで半周。その後、ウッドコースにて2頭併せを追いかけて内で追い切る。

内レッドセシリア 70.6-55.1-38.7-13.2 直強目
外レッドヴァンクール 71.1-54.9-40.2-半馬身 馬なり

三浦騎手「今日はウッドコースにて2頭併せで追い切りました。ここ2週やって来たせいか、今日はテンからハミを取って、道中も良い感じで走っていましたよ。相手はウッドであまり動かない馬のようですが、ゴール前でも良い伸びを見せていました。ただ、内から抜け出した時に物見をしていたので、そのあたりがもう少ししっかりしてくれば良いですね。続けて追い切って来たせいか、歩様に硬さが出て来ているのは少し心配ですが、動き自体は良いと思います」

鹿戸調教師「相手が動かない馬とはいえ、今日は良い動きを見せていましたね。元々、硬くなりそうな馬なので気を付けながら進めてきましたが、今日追い切った後、乗り役も硬さが気になっていたようなので、この後はゆっくり進めて行きたいと思います。さすがにペースも上がって来て、飼葉食いはやや細くなっていますね。レースは10月21日の東京・芝1600m(牝馬限定)を蛯名騎手で予定しています」



12.10.04(鹿戸厩舎)
乗り運動後、北150m角馬場でダクを10分くらい乗る。

伊藤工騎手「追い切った後なので、今日は角馬場でダクだけ乗りました。乗っていても大人しいですし、乗り味は良いですね。追い切った後にしては歩様にも硬さは感じられなかったので、問題ないですよ」

鹿戸調教師「ここ2週間くらい飼葉食いが細くなっていたので、燕麦を少し与えたところ、しっかり食べていて、それにつられて飼葉も食べるようになってきました。この後もこのやり方で食べさせて行きたいと思います。調教も徐々にハードになって、少しピリピリして来ていますが、この後もレースに向けてしっかりやって行きます」
東サラレッドセシリア 


入厩後も順調に調整され、トレセンのハードな稽古にもへこたれることなくセシリア頑張ってます。デビューの日は先日発表ありましたが、その次に気になるのが騎手ですよね? 鹿戸厩舎なので私は出資した約1年前からデビュー戦は北村騎手だろうと思ってました。また最近では三浦騎手が鹿戸厩舎所属になったのでまぁこの両者のどちらかだろうと変なサプライズも期待していませんでしたが、上記近況に書いてある蛯名騎手の予定になりました。私は三浦、北村騎手に対して特別悪いイメージは持ってないので三浦、北村騎手のどちらでも全然良かったのですが、蛯名騎手が乗ってくれるのならそれにこしたことはありません。

デビュー戦というのは競走馬にとってとても大事な事だと元騎手・岡部幸雄さんの書籍で読みました。どんな事が書かれていたかと言うと『結果も確かに重要だが、もっとも重要なことはデビューの若駒達に競馬は怖くないんだよということを教えてあげることが重要。今の若い騎手は結果にとらわれすぎて強引なレースをする騎手が多い。デビュー戦でその馬の一生を変えてしまうほどデビュー戦と言うのは大事なんです。』というような内容だったような!?

では、私の愛馬のデビュー戦に乗った騎手ってどんな騎手だったか?振り返ってみるとこんな騎手でした↓
的場均 吉田豊 蓑島靖典 大野拓弥 石橋脩 和田竜二 津村明秀騎手ここまでが古くから在籍しているラフィアンラフィアンの愛馬に乗ったデビュー戦騎手。こう並べてみるとラフィアンではまぁまぁの騎手がデビュー戦に乗ってくれたのではないかと思っているんですよね。自己満足(笑) そうそう、競馬歴が浅い人は的場均騎手はご存知かな? ライスシャワーやレッドレイヴンの伯父さんグラスワンダーの主戦だった騎手で現在は調教師をされています。蓑島騎手はまだ現役で今は平地で乗ることはほとんどなく障害レースに乗っています。

では昨年からセカンドクラブとして入会した東サラ東サラでは内田博幸  蛯名正義騎手。う~ん、一世代で東のトップジョッキー2人が乗ってくれるのは気分がいいですねぇ。こういう気分を求めていたんですよ東サラさんに クラブを一つ増やすということは会費を余計に払わなければならないんですからね。求めるものが得られなければ高い会費に感じるが、求めるものが得られれば会費は割安に感じるわけです。

何だか話がそれてしまいましたが、デビュー戦では腕利きのベテランジョッキーがデビュー戦の馬に競馬を教えてあげることが大事ということで蛯名騎手なら安心してセシリアをお任せ出来そうです 









【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2012-10-04 00:23 | カテゴリ:レッドレイヴン
2歳9月レイヴン(1)
12.09.20(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「相変わらず順調ですね。先週、長めから15-15-14-13と尻上がりのラップを刻みました。集中して走れるようになってきたことが、動きの良さにも繋がっているように思います。馬体重は496キロ。ひと頃より減ってきましたが、これは絞れてきた分で良い傾向ですよ。今週の入厩は見合わせましたが、おそらく来週末までには移動になりそうです。先生の方では、東スポ杯への出走を考えているようです。馬体重は496キロです」

12.09.28(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「入厩時期が少しずつ延びていましたが、10月3日か4日の組で出発することが決まりました。来週末にも入厩予定になると思います。動きの方は相変わらず良いですよ。先々週辺りは、良いんだけどもう少しピリッとしたら更にいいね、などとスタッフ同士で話していたのですが、先週からは更に良くなってきて、今日はもっと良かったです。気持ちも入ってきたせいか、乗り役も押さえるのに必死だったようです。結果としては、ちょうど良い移動のタイミングになりそうですね。キャリア一戦での重賞挑戦は大変でしょうが、それだけ先生もこの馬のポテンシャルの高さに期待しているのでしょうね。長い距離もこなせる馬だと思っているので、先々に向けてもいい競馬を見せて欲しいですね」
東サラレッドレイヴン


いよいよ今週入厩のようです。いやぁ、来週入厩、来週入厩とここまでズレ込んでの入厩…いや、まだ予定にしておこうかな(^^ゞ 調子を崩したとかアクシデントがあったとかはまったくなく、いたって順調に調整されてのズレズレ入厩(笑)まさか7月1日の新馬勝ちをして、2戦目が11月17日(土)東京スポーツ杯2歳Sまで引っ張るとは思ってもいませんでしたよ。当初予定されていた10月20日(土)いちょうSでも随分間隔が開くなぁと思っていたくらいですから。ラフィアンラフィアンでは考えられないですね。間違いなくマイネルレイヴンだったらあの勝ち方からして札幌2歳Sに挑戦していたことでしょう。柴田大知騎手でだから私はここまで入厩が延びましたがストレスはまったく感じていません。ラフィアンでは経験出来ないことを心底楽しんでいますよ 札幌芝1800mの新馬戦を内田騎手で1番人気に応えて快勝。成長を促す意味で育成牧場で約3カ月間充電して2戦目が重賞レース。騎手は今のところ決まっていませんが、重賞レースでも勝てる騎手を手配してくれるはず。ラフィアンでは絶対に経験できないことです。ケガもしてない元気な馬を新馬戦勝って3カ月も引っ込めとくことなんてありえない話。クラブ方針がまったく真逆のクラブに入っているとおもしろいですねぇ(笑)

さぁ、今週本当に入厩ならばアクシデントなく無事に入厩出来ることを心から祈っています。ライバルなんて言ったら重賞勝ちのサンデーコディーノに失礼かもしれませんが、コディーノも10/6(土)または7(日)に当初の予定通り東京スポーツ杯2歳Sを目標に入厩するようです。

さぁ、いよいよ東サラレッドレイヴンが始動開始です
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2012-10-03 01:10 | カテゴリ:マイネローレライ
 2012年10月1日(月)  
ラフィアンMeine Loreleiは9月29日(土)中山7R・ダート1800mに柴田大知騎手で出走し16着でした。

柴田大知騎手「きょうはテンションが高すぎて、返し馬から制御が利きにくい状態でした。ゲート裏で周回する際も落ち着かない様子は変わりませんでした。スタートしてからも気負ってしまって自分の走りができていません。ラストも反応がなく脚が上がってしまっています。こんなことは以前はなかったのですが。現段階ではちょっと原因がわかりません」

黒岩調教師「鹿戸厩舎のころからこの馬に携わってきましたが、騎手の言う通りこのようなテンションになってしまったのは初めてです。いつもとかわらない状態でトレセンを出発したのですが。タイムオーバーになってしまい1ヶ月の出走停止処分を受けてしまいました。申し訳ありません。まずは一度、気持ちをリフレッシュするために鉾田へ移動させたいと思います」

関係者が一様に「こんな馬ではないのですが」と首を捻る結果になってしまいました。トレセンよりも馬の密度が小さい鉾田へ移動することで変わってほしいと考えています。

タイムオーバーの16着。愛馬でタイムオーバーになったのは今回が初めてのこと…。
関係者が一様に「こんな馬ではないのですが」と首を捻る結果。とクラブの近況に書かれてますが、園田から帰ってきてそんなことを出資会員はもちろん、応援、注目してくれている人達が何度も何度も感じて口にしてきたこと。それをこんな馬ではないというところをみせる舞台である芝レースを長い目で続けて使わないから結局は園田から帰ってきてから馬に成長がないんですよ。長い目でこの馬を使ってみたいと思ってクラブだってこの世代このLoreleiだけを中央再挑戦させたわけではないのかな!?

5月、6月に東京の芝レース1800m、1600mと続けて出走して8着、6着という結果でしたがダートレースの内容より十分見せ場もあったし、当時は園田から帰ってきて馬に柔軟性がなく硬い状態だったのが徐々に柔軟性を取り戻そうとしていた時。そして私は芝レースの内容から当分は直線の短いローカルの芝レースなら順調に使っていけば調子とともに順番が回ってくると感じていました。実際に6/2東京芝1600mに騎乗した柴田(大)騎手のレース後コメントはというと『頑張ってくれました。本来は小回りの方がいい馬で、福島新潟ならもっとやれると思います。』と競馬ブックではこのようにコメントしていました。クラブの公式コメントではこの事には一切触れてませんというか伏せたのかな!?クラブがレース選定しずらくなるから… 騎乗した騎手がこの馬の特性を活かすためにここまで具体的にコメントしているのにまったく無視ですからね。

今回Loreleiはややパニック気味にテンションが高かった。もう馬自身もいい加減に芝走らせろ!と訴えているんじゃないの? 私は芝馬なんだからとね。 これで鉾田に戻し→ダート→鉾田→ダート→鉾田 いつまでやるのかねぇ…。

馬は人を選べない。かわいそうだよ…。

2012-10-02 00:22 | カテゴリ:マイネエレーナ
[広告] VPS
日曜日はラフィアンMeine Elenaが初めて中山競馬場で出走とのことで、わくわくしながら中山競馬場へ。久しぶりに見たElenaの感想は相変わらずテンションが高いところは変わらないけど、これが元気な証拠なのでこの馬にとってはこれくらい元気があった方がいいんでしょう。それと小さいなりに馬体がしっかりしてきたなぁと思いました。以前は数字通りやや小さいというか華奢というか…。このまま極端に馬体重を減らすことなくレースに臨めればと思います。ということで急激に何かが変わった訳ではないけど、少しずついい方向に成長していました。

さて、レースですが私の想いが通じて大外8枠16番ゲートが当たり、これで外から被されたり、揉まれる確率は極めて低くなり臆病なElenaにとって最高の舞台が整い、これで負けたら右回りがダメなんだろうと。スタートはロケットスタートを決め『良し、これなら勝ち負けになる』と思っていたら徐々にポジションが下がっていく…。この時点で『やはり右回りはダメだったかぁ』と。救いは直線入ってから頑張って走る気を出してゴールを駆け抜けたこと。遊びながら走っていたのでそれほど疲れはないだろうから13日(土)から始まる左回りの新潟開催で挽回してもらいましょう。ラフィアンクラブからのレース後の近況は以下の通りです。



 2012年10月1日(月)  
9月30日(日)中山6R・ダート1200mに丹内祐次騎手で出走し、10着でした。

丹内騎手「スタートを決められてうまく好位をとれて理想的な展開だったのですが。勝負所で急に手応えがなくなり追っても反応しなくなってしまって後退してしまいました。しかし、直線に入るとまたハミをとって伸びて盛り返しています。そうなると原因は右回りの際のコーナリングなのでしょうか。決して右回りがそこまで下手なわけではなく、稽古の感触からも特別苦にする感じはないのですが」

清水助手「相手は揃っていたことを差し引いても負け方が不可解です。調教でも動いていましたし、休み明けとはいえ力を発揮できる出来だったと思っています。それだけに原因は現段階でつかめていません。右回りも以前3着に来たこともありますから一概に下手とは決めつけられないでしょう。今後の状態次第ですが、次走は直線競馬を除いて連対率10割の新潟開催を使うつもりです。番組数も多く組まれているので出走できるとみています」
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)