2013-04-30 00:13 | カテゴリ:マイネエレーナ
2013年4月29日(月)
丹内騎手「前から離されないように促しつつの追走でしたし、直線では脚色が甘くなっていました。もっと走れるはずなのですが、久々の影響か、思っていたほど動けなかったです。右回りより、左回りの走りの方が良いようにも感じています」

清水助手「入厩して追い切りの本数はこなしてきたのですが、期待に応えられない結果でした。スクミを見せて出走を延ばして態勢を整えてきただけに残念な結果です。持ちタイムの比較からももっと走れるはず。今後の状態にもよりますが、節で出走が可能なら、新潟開催あたりでの出走になると思います」



昨日福島7R4歳以上500万下・ダート1150mに出走したラフィアンMeine Elenaはいいところなく14着に敗れました。先日も書きましたがこの馬はサウスポーなんですよ。それは一番身近な助手さんがそう言っているのですから。その左回りの新潟開催が来週あるのに先週に引き続き2週連続福島へ輸送して惨敗して帰厩。挙句の果てには優先出走権を取れず得意の新潟のレースが使えない可能性がある状況。次開催の新潟開催は3週間しかないんですよ。そんなこと日程みればわかりきっていることなのになぜ得意なレースを使わず、苦手なレースに使う必要があるのか!? ラフィアンのレース選定はまったく理解できない。これが夏の3歳未勝利とかで時間がないとかならまだわからなくもないが、何も慌てる必要がないのに苦手な右回りを使い、得意な左回りを使えないってどういうことよ(怒)

クラブの頭数が多くて管理出来ないのなら、クラブの頭数減らせばいいさ。それば出来ないなら中途半端に管理しないで厩舎に任せればいい。間違いなく現状よりラフィアンの成績は向上するよ。

昨日はホントに意味のない一戦でした

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2013-04-29 01:47 | カテゴリ:マイネエレーナ
 2013年4月26日(金)
ラフィアンMeine Elenaは、4月29日(月)福島7R・4歳以上500万下・ダート1150mに丹内祐次騎手で出走します。24日(水)の追い切りはダートで7ハロン95秒。テンから掛かり気味に飛ばし、オーバーワークにならないように配慮されてラストをセーブする内容となっています。清水調教師は「福島を往復しましたが戻ってからも元気にしています。追い切りでは掛かるくらいでしたからね。久々ですが、がんばって欲しいですね」と述べていました。

先週降雪の影響で福島でのレースが中止になり、今日29日(月・祝)に代替開催の運びとなりました。ただ、うちのElenaは左回りこその馬なので1週スキップして新潟開催に備えればいいのになんでわざわざ2週連続福島へ輸送してレースをする必要があるのか!? この辺がラフィアンのレース選定のセンスのなさ。 このクラスは1度勝っているので力上位ではあるけど、あえて悪条件で使うことないと思うんだけどなぁ。 まぁ、決まったものだから使う以上は優先出走権は頂きたいですね。久々のElenaの走りが今から楽しみです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(1)
2013-04-27 23:57 | カテゴリ:レッドレイヴン
青葉賞 
内田騎手「いい感じで運べたが末脚が爆発しなかった。休み明けでこの距離というのも厳しかったのかも。敗因はちょっとわかりませんがこれでガスが抜けてくれれば」

藤沢和師「休養明けの上に順調さを欠いていて、フットワークが良くなかった。出直します」

想像もつかない結果を突き付けられ東サラレッドレイヴン11着の大敗。デビューから全てパドックでレイヴンの気配を見て来て、鍛えて来たというだけあってトモの力強さはこれまでで一番だったと思いました。今日も鳴きましたが、これは今までも鳴いていたことですからこれまでと悪く変わったと思う点は特にありませんでした。ただ帰宅後VTRを見ると地下馬道ではちょっと全身の発汗が目立っていたのはVTR見て気付きました。この辺は久々の影響だったのでしょうか!? レースは1コーナーあたりでやや掛かりはしましたが、すぐに折り合ったのでそれほどレースに影響するものとは思いません。ここまでの稽古は過去3戦と比べて一番負荷を掛けられていたので仕上がってないということはないと思うんです。そうなると私の見解だと久々のレースという事でレース前の気負いでレース前に消耗していたか、『距離』なのかなぁと。正直明確な敗因は私もわかりません…。まだ若駒ですから藤沢調教師にはこれから色々と試行錯誤しながらこの馬にとってのベストをなるべく早く見つけてもらいたいと思います。

まぁ、とりあえずこの結果を踏まえて私にとってのダービーの夢は今日で終わりました。例えダービーに出走することがあっても色気は持てません。ドライととられるかもしれませんが、そんなに生易しいものではありませんからダービーは。新馬勝ちしてからずっとこの馬ならクラシックが狙えると期待を寄せ、力が入っていましたが今日から少しリラックスしてゆっくりしたいと思います。クラシック制覇は本当に難しいですね。でも、レッドレイヴンが能力高い馬という評価は一切変わりません。この馬なら重賞は獲れると思っていますのでこれからも変わらぬ期待を注いでいきます。

応援してくださった馬友さんや読者の皆様方ありがとうございました
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(22)
2013-04-27 12:50 | カテゴリ:レッドレイヴン


これはレッドレイヴンが頂く(^o^)
2013-04-27 01:20 | カテゴリ:レッドレイヴン
 いよいよ青葉賞当日がやってきました。昨年クラシック候補として上位に評価されていたのがエピファネイア、コディーノ、レッドレイヴン。レッドレイヴン以外の2頭はすでにご存じの通りの走りをしました。ということで未知のベールに包まれているのがレッドレイヴンのみで、噂の大物は本物かどうかが明日分かります。

私の贔屓目なしのレッドレイヴンの評価は今まで書いてきた通り。トラブルなければ力の差を見せつけてくれると思います。ここでおもしろい内田騎手のコメントを私の愛読紙で見つけました↓

内田騎手『久々? 距離? そんな心配をするような馬じゃない。加速する時なんかF1級だよ。ダービーまで超楽しみ』とのこと。普段はあまり馬に対する評価に『勝つ』とかそういう勝ち負けをはっきりと表現するコメントをしない騎手ですが、レッドレイヴンに対しては強気一辺倒ですから、それだけ素質に惚れ込んでくれているのでしょう。昨年にも記事にしましたが覚えている人いますよね内田騎手のエージェントさんのコメント→『10年ほど内田のエージェントをやらせてもらって、彼が絶賛した2歳馬はこれまで2頭だけ。最初がシーチャリオット(05年東京ダービー馬)そしてもう1頭がこのレッドレイヴン』 内田騎手が熱くなる訳ですよね

今日は新しい靴、ベルト、Yシャツそしてクリーニング出したばかりのスーツでこの日の口取りの為に準備万全にしていたのに口取り権利を落としました…。 ガックリですよ まぁ、少々テンション低めですが競馬場で応援してきます(^_^;) そんなテンション低めの私を興奮させてくれるような走りを東サラレッドレイヴンに期待しています
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(8)
2013-04-26 00:42 | カテゴリ:レッドレイヴン
13.04.25(藤沢厩舎)
乗り運動後、北の角馬場でダクを15分くらい乗る。
助手「角馬場でダクだけ乗りましたが、特に気になるところもないですし順調ですね。先週くらいから気持ちが入ってきた感じですが、変に入れ込んだりするわけではないですし、調教での折り合いも問題ないですからね。飼葉も食べているので、前回と同じくらいの体重で出られそうですよ。今日の午後に東京競馬場に入厩して、明日とレース当日はスクーリングも兼ねて競馬場で乗る予定になっています。久しぶりの競馬になりますし、相手も強いので簡単にはいかないと思いますが、この馬の競馬をしてきてくれればと思っています」

昨日最終調整を終えた東サラレッドレイヴンにどこも痛いところがない事を確認出来てホッとしました。近況報告通りだとライバル達より一足先に東京競馬場へ入厩したようです。トレセン入厩当初からここまで藤沢厩舎のVIP待遇を受けホントに感謝です。デビュー戦からレースする競馬場でのスクーリングは欠かすことなくやってくれています。普通の馬であれば一頭一頭にスクーリングなんてしないですから(^_^;) 2月にはまだダクやキャンター調整程度の段階なのに厩舎でじっくり外へ出さずに調整された。普通ならミホ分場やらその他外厩に任せて、ある程度仕上げてから戻させるのが主流なのに1からしっかりとここまで仕上げてくれた。正直藤沢厩舎では異例のVIP待遇。世界一青葉賞の獲り方を理解している藤沢調教師がいい状態に仕上がったと言うのだから久々のレースも問題ないでしょう。 

明日は枠順が発表されます。私個人的には極端な枠を避け、一番欲しいのは6枠、次に5枠 4枠の順で、この3つの枠が希望です。果たして明日レッドレイヴンはどの色をゲットするだろうか!? 

最後に私ごとですが、明日は間違いなく会社は定時であがります(爆)
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2013-04-25 00:35 | カテゴリ:レッドレイヴン
13.04.24(藤沢厩舎)
4/21(日) 坂路 55.6-40.5-26.6-13.3 馬なり
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで乗る。
レッドルーファス 71.9-56.3-42.3-14.1 末仕掛け
ダノンゴールド 71.9-55.8-41.8-13.3 馬なり
東サラレッドレイヴン 69.6-53.3-40.2-12.8 馬なり

内田騎手「今日は一番後ろから出て、直線で外から交わす形で乗りました。先週ある程度ビシッとやったことで馬にも気合いが入ったのか、今日の動きは先週よりも良かったですね。最後、交わしに行く時に軽く仕掛けたところ、予想以上の反応と伸びでした。去年の良い動きと変わらないか、それより良いくらいの感じを受けましたね。調子は良さそうですし、掛かることもないので、距離も全く気にしていませんよ。先週も言いましたが、サッと交わして勝つくらいでないと本番でも通用しないと思いますし、それが出来るだけのイメージも持っています。仕掛け所だけ気を付けていきたいですね」

藤沢調教師「長い時間厩舎で調整してきましたが、馬もよく頑張ってくれて、良い状態になったと思います。トモの感じもだいぶしっかりしてきましたね。休み明けで2400mと楽ではないですが、頑張ってくれると思いますよ」


私にとって今日はサプライズでしたねぇ。まさかゴールドシップではなくレッドレイヴンの最終追い切りに乗ってくれるとは。ぜひ内田騎手に乗ってもらいたかったんですよ。先週の追い切りと比べて今週のジャッジが聞きたかったので。でも今日の追い切り見て内田騎手は最後反応だけ確かめただけだったのでこれで現状ではこのレースに向けては十分に仕上がったと思います。まだ余裕残しであればもっとしっかり追うでしょうから。

世間では長休明けが不安だとかの声があがってますが、それは上がっても仕方ありません。私も出資者でレッドレイヴンの事をデビューからここまで見続けていなければ『藤沢厩舎の休み明けはせいぜい2~3着だよ』と片付けてしまうことでしょう。新聞には『休養』と出てしまいますが私含め出資会員からすれば休養という言葉はしっくりこないと思うんですよ。実際東スポ杯2歳S後にソエが出てミホ分場へ移動後の2日後にはマシン運動を始め、1週間後にはダクとキャンター調整。それからトモの踏み込みを強化する為、慌てず念入りにダクを踏ませ。1月末にはミホ分場では運動量を確保出来ない理由からノーザンファーム天栄に移動し坂路で15-15まで消化。2月に藤沢厩舎へ入厩。ここでも1カ月半近く慌てることなく根気よくダクを踏ませトモの強化に専念。そしてやっと藤沢調教師のGOサインで3/26坂路で初時計、その後は過去の調整過程より中身が濃い負荷をかけWコースを長めにしっかり乗り込んできました。これが果たして休養!?となるわけです。でも、レース間隔が開いている以上ほとんどの新聞では『休養』良くて『馬体調整』と書かれるでしょう。ここまで書いた事を出資会員達は知っていて、出資会員以外の方達はこの事を知らない。だから私含め出資会員の方達はそれほどレースのブランクはあまり心配していないと思うんです。2戦目の百日草特別だって新馬戦から約4カ月あいていて調教だってソエ気味のことを考慮されWコース5F追いとポリトラックを織り交ぜて脚元に負担を掛けないようにと軽い調整止まり。それで馬ナリ、見せムチで楽勝です。今回の青葉賞はその時より1カ月長い約5カ月だけど調教の中身は百日草特別出走時とは比べ物にならないくらい負荷を掛けられており今回の長休明けはまったく気にする必要はないと私個人的には思っています。

忘れている方もいるかもしれませんが、レッドレイヴンはデビュー戦一週前追い切り後、最終追い切りをせず函館の馬場見せのスクーリングだけで新馬戦楽勝した馬。新馬戦を追い切りしないで勝った馬なんて私は聞いたことも見たこともなくレッドレイヴンが初めてです。それだけ能力の高い馬なんですレイヴンは。私は『運』を持ち合わせてさえすれば最高の結果が出ると信じています。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2013-04-22 23:42 | カテゴリ:一口馬主
 多くの競馬ファンからすれば今週は天皇賞ウィーク。しかし、私含めその他のレッドレイヴン出資会員さんからすればいよいよ待ちに待った青葉賞ウィークがやってきたという感じ。

長くラフィアンラフィアン一筋で一口馬主をやってきて、多くの馬友さんと知り合い、その馬友さん愛馬の重賞、GIレースの活躍に刺激され平凡に一口馬主をしていた私に欲が芽生えました。重賞、GI、そしてクラシックレースと。そこである日を境にその目指す夢への実現にはどうすればいいか考えました。計画としてだいたい2~3年位は色々と考えたり調べたり。そしてその頃に私の愛馬でラフィアンらしくない(^_^;)クラシックを意識出来そうな走りそうな馬が愛馬にいました。そこで決心したんです。この馬をクラシックに乗せられたらもう少しラフィアン一筋で行こうと。もし、この馬をダメにしてしまったらセカンドクラブの位置づけで他のクラブに入会しようと。結果その愛馬をラフィアンはダメにしてしまいました。これで私に迷いはなくなり、最終的にこれからクラブの活躍が期待でき、血統、厩舎、騎手と上のクラスで十分戦える体制にある東サラ東サラにお世話になることを決めました。

その初出資馬達2頭が10年産で現3歳のレッドセシリア レッドレイヴンです。この2頭はいきなり初年度から私が経験してない事を次々と経験させてくれています。新馬戦1番人気、新馬勝ち、重賞出走、GⅡ2着、GI出走、GI3着など。まだ昨年デビューしたばかりの愛馬達がラフィアン会員を長くやっていて経験出来なかった事をすでにこれだけ私に経験をさせてくれています。まだまだこれからも私が経験してないことをこの愛馬達が経験させてくれることだろうと確信しています。長期のプランでしたが、自らアクションを起こしクラブを掛け持ちして良かったと珍しく自分の行動を褒めたい(笑) これもタイミングなんですけどね。私が早まって別の世代に出資していたらこの2頭とは出会う事はなかったのだから。ほんと思いますけど走る馬との出会いは不確定要素が大半のウェートを占めていると思います。タイミングだとか、その時自分が置かれている状況や運など。

そして今週は冒頭にも書きましたが青葉賞が行われます。この青葉賞にはきっと1番人気に支持されそうな愛馬東サラレッドレイヴンが出走します 重賞で1番人気に支持されそうな馬が愛馬なんて数年前では考えられませんでした。私は毎年何頭も出資する一口馬主ではありません。せいぜい3年に2頭程度でしょう。そんな私がこんな素晴らしい素質を持った馬と巡り合うことはもう2度とないと言っていいくらいの逸材。重賞、クラシックロードのこの雰囲気を今週は楽しみたいと思いますよ。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(11)
2013-04-21 23:47 | カテゴリ:マイネエレーナ
 今日は愛馬の今年の初走りということで楽しみにしていたのですが、朝起きてTVつけると目に飛び込んで来たのが『開催中止』∑ヾ( ̄0 ̄;ノ? 確認していくと『雪?』 なぜこんな時期にとまったく何が何だか分からず、もしかして私寝ぼけているのかと思ったくらい。今日出走するラフィアンMine Elenaに関しては馬場不問だったので天気のことまったく気にしていなかったんですよ。ということで私の愛馬の初走りは東サラレッドレイヴンで来週の青葉賞になりました。今日中止になった代替開催は4/29(月・祝)とのことですが、こうなったら不得意右回りをスキップして新潟開催まで待機してもらった方がいいんですけどね。まだ仕上がり途上なんだから。でも、柔軟なレース選定出来ないラフィアンは4/29(月・祝)に使うんだろうなぁ。

私の愛馬で今回のように出走当日に開催中止になったのは2001年2月の東京以来です。この時も雪によるもの。確かJRAから開催中止の手当てが支給されたはずだったが?

 
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2013-04-20 23:33 | カテゴリ:マイネエレーナ
5歳2月エレーナ②(1)
2013年4月12日(金)
ラフィアンMeine Elenaは美浦に滞在中。10日(水)にはダートで追い切られタイムは7ハロン96.3秒でした。清水調教助手「長めからやってラストの反応もしっかりしていました。息遣いはやや物足りなく感じましたが、今回の追い切りで良くなるでしょう。スクミや右トモはいずれとも問題のない状態です。来週には状態が整います。20日(土)、21日(日)福島のダート1150mを目標に進めています」と述べていました。

 2013年4月19日(金)
4月21日(日)福島7R・4歳以上500万下・ダート1150mに丹内祐次騎手で出走します17日(水)のダートでの追い切りは5ハロン69.4秒。先週、先週末と長めからしっかり負荷がかけられ、今週は終い重点の内容となっています。清水調教助手「若干のプラス体重での出走となるかもしれませんが、力は出せそうな状態。再来週には新潟開催が始まりますからね。せめてそこにつながる競馬はしておきたいと思っています」と話していました。


いやぁ、愛馬の年明け初戦が4月…。近年記憶にございません(^_^;) 昨年東サラ愛馬には内田、蛯名、三浦騎手が跨ってくれていたのでこうやって久しぶりに鞍上が丹内騎手と発表されると、そういえば私はラフィアン会員だったんだ!?と寝ぼけた私を目覚めさせてくれた。 ちょっとした冗談ですが(笑)、久しぶりに愛馬の出走が決まり明日はGIレースもないことだし楽しみです。ただ、このエレーナはほぼサウスポー決定なんですよ。厩務員さんが言っていたそうです。ということで正直今回は新潟開催に向けての叩き台濃厚。とはいってもこのクラスは1度勝っている訳ですから次走使いたいところを使えるように掲示板には載って欲しいです。このコースは真ん中から外は厳しく内枠有利ですから、何とか枠はギリギリのところが当たったので優先出走権は獲って欲しいね。

今日は福島で福島牝馬S(GⅢ)が行われラフィアンマイネイサベル2着と健闘したのですが、松岡騎手が斜行して騎乗停止を喰らい、このマイネイサベルでヴィクトリアマイル騎乗する予定だったのが乗れなくなった。GIレースでラフィアンの馬に乗ってくれる日本のトップジョッキーを探すのは容易なことではないからなぁ。外人頼みになるか、それともうちのエレーナの主戦でしょうか? この問題ラフィアンの一番痛いところだな。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2013-04-19 23:57 | カテゴリ:レッドセシリア
3歳3月セシリア(1)
2013.04.12(ノーザンファーム早来)
担当スタッフ「トレッドミルと周回コースでの運動を併用して調整しています。引き続き脚元の方は問題ないですし、このまま進めていけそうです。このまま順調なら夏の北海道で復帰させるような話も出ていますが、まずは焦らず進めていきたいですね」

2013.04.19(ノーザンファーム早来)
担当スタッフ「乗り出し開始後も順調ですね。周回コースで2400mをハロン20秒ペースで乗っており、週に2回は常歩とトレッドミルで調整しています。コースでの動きも悪くないですよ。歩様などに違和感などがないのは当然ですが、乗り出しを開始してから馬体も徐々に締まってきました。全体にいい方向に進んでいるのは間違いないと思います。坂路再開のタイミングを見ている段階ですが、仕上がりの早い馬なので坂路調整がはじまればリズムもでてきそうですね。馬体重は448キロ。いい調整ができていますよ」


桜花賞が終わり牝馬クラシックは舞台を東京に移してオークスへ。桜花賞は惜しかったですねぇ東サラレッドオーヴァル2着。お付き合いしている馬友さん達が結構このレッドオーヴァルに出資してまして私も馬券買って応援してました。良く頑張ったといえば良く頑張った、あそこまでいったらもう一押し!出資会員さん達はきっとこんな思いが何度も頭の中を駆け巡ったと察します。私も昨年の阪神JFでこの東サラレッドセシリアの3着時そんな思いをした事を覚えています(^_^;) オーヴァルの次走は私がセシリアに託した夢であったオークスとのこと。ぜひともオーヴァルには頑張ってもらいたいと思っています。

さて、骨折してから約4カ月半が経過したセシリアはここまで順調過ぎるほど順調に良化。一応近況では夏競馬で復帰の予定と出ているので目標の夏までトラブルがないようこのまま調整が進んでもらいたいと願っています。ノーザンファームスタッフの皆さんよろしくお願い致します
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2013-04-18 23:45 | カテゴリ:レッドレイヴン
13.04.18(藤沢厩舎)
運動のみ。
助手「昨日強めに追い切ったので、今日は運動だけにしました。乗った感じは変わったところもないので、昨日の疲れなどは大丈夫そうですね。相変わらず元気一杯ですし、体重も500キロくらいで安定していますよ。来週の競馬になりますが、昨日強めに追ったことでテンションが上がってくるかもしれないので、そのあたりはケアしながらやっていきます。順調に来ていますよ」

昨日は強めに一週前追い切りを終えた東サラレッドレイヴンですが、その反動はなさそうですね。レースはもっと過酷ですからあの程度の調教は軽くクリアしてもらわないと。それに耐えうる体を長い月日をかけながら作ってきたんだからね。

先日の皐月賞はJRAがファンが望んでいないようなパフォーマンスを演出するために、第3回の中山開催が最終日だからといって芝を刈り込んでコンクリートのような馬場にしてくれた。結果はJRAが望んだ!?レコード決着。しかし、そんな演出の為にノタサハラ フェイムゲームが故障。そしてその結果が皐月賞当日の入場者数が前年比91.1% 売上は前年比94.4%ですよ。 あんな馬の脚に負担の掛かる馬場にする理由が知りたいよ

あのコンクリート馬場の事を考えるとレッドレイヴンは皐月賞を使わなくて大正解だったと思います。う~ん、レイヴンまだまだ持ってるな

青葉賞まであと9日 日本ダービーまであと38日
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2013-04-18 00:11 | カテゴリ:レッドレイヴン
P1090263(1).jpg 
13.04.17(藤沢厩舎)
4/14(日) 坂路 52.2-38.0-24.8-12.5 馬なり
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで乗る。
スタンド前から2番手で出て、4コーナー過ぎから一度前の馬を交わし、ゴール前3頭で併せる。
東サラレッドレイヴン 82.4-66.9-52.7-39.3-13.3 末強め
フラムドグロワール 83.8-68.3-53.6-39.3-13.3 末強め
ラヴェルソナタ 82.2-66.7-52.3-39.5-13.5 末強め


内田騎手「横や前後から見るとそうでもないのですが、乗って上から見ると一回り大きくなった感じがしました。まだ馬体に余裕がある分もあったかもしれませんが、全体的にしっかりしたようですね。並足での緩さというか柔らかさは変わらないですが、速いところに行ってもトモに気になる感じはなかったですよ。久しぶりに3頭でしっかりやるので、もう少しモタモタするかなと思いましたが、反応などは問題なかったですね。ただ、最後に両サイドから来られた時に耳を絞って気にしていたあたりは、久々もある感じでした。まだ絶好調というわけではないかもしれませんが、まだもう1週ありますし、これくらいで勝てないようでは本番でも通用しないと思いますので、このまま来週まで無事に行って欲しいと思います」


水曜東サラレッドレイヴンは主戦の内田騎手を背に青葉賞(GⅡ)の一週前追い切りを終えました。一週前追い切りと言うのは私の持論ではレースの週の本追い切りより重要だと考えているので映像は見てませんがまぁまぁの内容ではないかと思います。個人的な意見を言わせて頂ければ5か月振りの長休明けなのでもう一つ時計が早ければなぁとは思いました。でも、内田騎手のコメント通りあと1週あるので週末と本追い切りで最終的にどんな仕上がりになるのか、その最終チェックを本追い切りにも内田騎手に跨ってもらって感想を聞きたいところですが、天皇賞出走のゴールドシップの最終追い切りに跨りに栗東に行ってしまうかな

今回の内田騎手のコメントの節々にはレッドレイヴンへの期待感が多く散りばめられてますね。私も共感する部分があります。ここできっちり仕上げて勝って本番のダービーを迎えたとしても上積みない状態では到底皐月賞組には太刀打ち出来ないでしょう。多少の余裕残しで青葉賞を消耗少なく楽勝し、ダービーには青葉賞出走時よりもう1段2段の上積みがなければ勝負にならないと思っています。だから内田騎手のコメントはとても現実的な意見だと思います。でも、この馬にはそれが出来る馬と信じているから内田騎手が言う訳で、そんなことが出来ないような馬にはこんなコメントはしませんからね。

青葉賞の日が近付くにつれ、布団に入っても私の頭の中でレッドレイヴンが駆け回り最近寝付きが悪くなり寝不足の日々が続いております。 

緊張するの早いでしょうか(^^ゞ? 
2013-04-15 00:45 | カテゴリ:競馬
 皐月賞が終わりました。私がを打ったロゴタイプが力の違いを見せつけて最初の1冠を制しました。昨日の記事にも書きましたがデムーロ騎手は中山競馬場のGIは鬼ですな。昨日の競馬でほぼダービーも掲示板に乗った馬達が中心になりそうだなと思いました。ペースが流れて欲しいと希望していた後方からレースする馬達はそれなりに流れた今回のペースに追走手一杯だったとレース後の談話。これではもう上位陣と対等に勝負することは厳しい。昨日の結果から皐月賞上位陣は世代トップクラスであることはほぼ確定。しかし、ロゴタイプは今回も4コーナー手前からかなり長く脚を使っても直線で脚色衰えることなく突き放す走りから2400mのダービーも問題なさそうです。

コディーノは弥生賞後の記事で私書きましたが、弥生賞4コーナーで一緒に直線入ったミヤジタイガを差せなかった不満点はやはり昨日のレースで出てしまった。横山騎手が口にする『瞬間移動』と評するキレが3歳になって失われているんですよ。昨日なんか直線でポッカリ空いて突き抜ける舞台設定は揃っていたのにゴール前では差が詰まるどころか離されましたからね。ダービーまで中5週。牡馬クラシック無冠の藤沢調教師が春最後の大きな1冠挑戦にどう立て直してくるか!? ただレース後に藤沢調教師は『ダービーに関してはオーナーと相談して決めたい。』と意味深なコメントを残していた。

2着エピファネイアは向こう正面で力んで走っていましたが、ギリギリ抑え込めてるかなぁと見てたのですが、レース後の福永騎手のコメントは『掛った…。』でした。コディーノもそうですが気性というのは調教、下見所で問題なさそうに見えてもレースで隠していたものを出す事がほとんどなんですよ。私ももうじき一口馬主になってから約20年。その間に気性難の愛馬もいて私は愛馬達に教わりました。馬によるかもしれませんが数週間で気性難が改善されることはほぼありません。ダービーも昨日の皐月賞同様スタンド前発走だし、昨日以上に大歓声、そして言葉では表現出来ないダービー独特の雰囲気というのもあり皐月賞以上に条件は悪くなります。ダービートレーナーの角居調教師に策はあるか!?

負けた馬達の中で最もダービーで面白そうなのはカミノタサハラかなぁ。皐月賞のレース前からも東京向きと言われていた通り、中山はこの馬にとって走りずらそう。2戦2勝の東京で行われるダービーは更に上位争い

さて、皐月賞組以外からの有力馬ではノースヒルズ 腕キズナが控えており、さらにダービーを盛り上げるには昨年から高く評価されている愛馬東サラレッドレイヴンが青葉賞馬としてダービーに出走することでしょう(^_^;) そうなるように私は毎日祈っています(笑)

馬券の方はを打ったロゴタイプの調整があまりにも軽すぎるのが気になって馬単少々、ワイド厚めに購入して一応当たりましたf^_^; これから調教を強化したらロゴタイプどんだけ強くなるのやら。


【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬
コメント(0)
2013-04-14 10:49 | カテゴリ:私の本命馬
 例年なら皐月賞当日は中山競馬場で観戦しているのですが、今年は自分の愛馬東サラレッドレイヴンがクラシック候補として評価されている夢のような年。ということでどうも皐月賞に例年ほどアツくなれないんですよねぇ…。すでに私の気持ちは2週間後の青葉賞(GⅡ)そして日本ダービー(GI)にあるので今年の皐月賞は自宅観戦(笑)

今年のメンバーを見渡すと実績上位馬には折り合いだの、距離だのと色々注文が付く馬が多く混戦と評されていますが、だからと言って下位人気の馬でも勝つチャンスはあるのか!?と問われればそれはそれで極めて確率は低く、やはり好走するのは実績、人気上位馬になると思っています。

サンデーコディーノ キャロットエピファネイアは折り合いというテーマが付きまといますが、これは調教で問題なくても、実戦では隠しきれないことは競馬ではいくらでもあること。しかも今回はGIレースで大歓声をまともに受けるスタンド前発走。どうしても気になりますね。気性というのは一過性のものは少なく、改善するには時間と根気が必要ですから果たしてこの2頭は折り合えるのか!? 特にエピファネイアはシンボリクリスエス産駒の流れからこの馬はマイラー向きの気性だと思うんですよねぇ。例え折り合えたからと言って末が切れるかどうかですよ。ラジオNIKKEI杯のあのドスローの展開にも関わらずキレが少々甘く感じましたよ私は。

金子カミノタサハラは弥生賞の勝ち方は強かったと思います。4コーナー手前で一旦ポジションを押し上げ、そこから直線に入ってから伸びた2段ギアをこの時期に使える馬はなかなかいない。でも本当に強い馬なのか、それとも内田騎手が上手かったのかがまだ弥生賞の1戦だけではなんとも判断出来ないんだよなぁ。

私の結論は吉田ロゴタイプ

中山では2戦2勝、ペースは不問、スプリングSはメンバーが弱かったと言われているが、確かにメンバーは弥生賞組の方が強烈だが、ロゴタイプ1頭だけは例年のスプリングSの勝ち時計を比べても優秀で強い競馬をしているのでスプリングSのレースレベルを低評価とジャッジするのはどうだろうか!? 掛る心配もなさそうだし、騎手の意のままに動けることから勝ち馬に一番近い位置にいる馬だと思います。鞍上は中山GIレースに滅法強いM.デムーロ騎手ですから心強いです。ロゴタイプに不安があるとすれば若い厩舎でこういった大舞台での経験が乏しい点。調教を確認しても、GIレースの大一番を迎えるには少々生ぬるい調教に思える。経験の浅い調教師は時として壊れる事を恐れて調教で攻め切れず可愛がってしまってレースにいって調教が足らなかったということがまれにあります。この点が不安と言えば不安ですが今週は兄M.デムーロが勝って、2週続けてデムーロ祭りとならないものか (^_^;) 

あと馬友が出資している東サラレッドルーラーにも頑張って欲しい。川田騎手は関西の騎手では中山を上手く乗れる珍しい騎手だけにしっかり応援馬券買いたいと思います!

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:中央競馬重賞予想
コメント(0)
2013-04-12 01:21 | カテゴリ:レッドレイヴン
13.04.10(藤沢厩舎)
4/5(金) ウッド 74.8-59.3-44.3-15.4 馬なり
4/7(日) ウッド 68.7-54.4-40.2-13.4 馬なり
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで乗る。
レッドレイヴン 70.6-54.4-40.0-13.2 馬なり
ラヴェルソナタ 72.0-55.4-40.8-13.2 馬なり
杉原騎手「今日はウッドで追いかけて70-40くらいで乗りました。良いフットワークでしたね。トモの入りや踏み込みもしっかりしていますし、問題ない動きだったと思います。ここまでかなりの運動量で乗ってきていますが、どこかに疲れが来ている感じもないですし、順調に調子が上がってきているようですね」
藤沢調教師「先週もある程度やっていますし、今週は少し軽めにして、来週速いところをやるつもりでいます。ここまでは予定通りかそれ以上に良くなってきていますよ。今のところ、青葉賞に内田騎手で行く予定でいます」

13.04.11(藤沢厩舎)
乗り運動のみ。
助手「昨日もある程度のところをやっていますし、今日は軽めということで、運動だけにしました。馬自身は元気一杯で走りたそうな感じでしたけどね。ずっとやって来ているので、目に見えない疲れがあったとしてもおかしくないのですが、今週少し楽をさせることでそれも問題なくなるのではないかと思います。まだ決定ではないですが、来週の調教では内田騎手に乗ってもらって感触を確かめてもらうつもりでいますよ」


東サラレッドレイヴンにとって昨年の11月17日の東スポ杯2歳S以来のレースがいよいよ現実味を帯びてきました。思い起こせば年末年始に京成杯だの共同通信杯だのはたまたつい先日までスプリングS、弥生賞、皐月賞と騒がれていましたが、今後レッドレイヴンにアクシデントがない限り藤沢調教師が宣言した目標であるダービーは乗り替わりなく主戦の内田騎手で青葉賞(GⅡ)から始動。でも、このローテーションはサークル内では3月初めあたりからささやかれていたことなんだけどね。

ここまで調整は順調ですね。特にウッドコースでの追い切りは雨の影響で力の要る馬場で追い切ることが多かったので、長期休養明けで勝負するレイヴンにとって上手く負荷を掛けられたと思います。

レイヴンの能力は贔屓目無しで規格外の能力の持ち主だと思っているので、自身の現在の能力を出せれば結果は付いてくると思っていますが、そうはいっても一緒にレースするライバル達も必死で勝負賭けてきますから最近は出走想定馬に目を通し始めました。目立ったところで大手クラブの社台社台TCは当初ヘルデンテノール アルヴェロン ダービーフィズと3頭も青葉賞の出走予定としていました。ダービー出走は必死だと思いますよ、皐月賞には社台オーナーズの吉田ロゴタイプ(募集価格1000万円)1頭でクラブの馬は出走馬が1頭もいないんですから。ただ、ここにきてヘルデンテノールが当初から脚がモヤモヤしていたことで良化が見られず放牧になり社台TCからはアルヴェロンとダービーフィズの2頭になりそう。アルヴェロンは騎手未定、ダービーフィズは蛯名騎手からC.デムーロへスイッチとのこと。皐月賞が終わればまたさらにライバル達が顔を揃えるだろうし、日に日に私の気持ちもテンション上がってきましたよ 
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2013-04-07 23:24 | カテゴリ:競馬
桜花賞を勝ったのは関東馬アユサン 一瞬馬友出資馬東サラレッドオーヴァルが抜け出して『ヨシッ』と思ったのだがゴール手前でアユサンの差し返し いやぁ、残念…。まさかアユサンが勝つとは。GIレースのテン乗りで買えるのは外人騎手なのだが、今回はあまりにも直前の乗り替わりだけにこの時点でアユサンは持っていないと思いノーマーク。 

負けたレッドオーヴァルはあとちょっとだっただけに出資している馬友さんの気持ちは複雑だと思います。私も昨年の暮れ東サラレッドセシリアで阪神JF3着時に『良く頑張った』という気持ちと『ここまできたらもうひと伸び欲しかった…』という気持ちが数日間頭の中を駆け巡りましたし、競馬場では人の目を気にせず声荒げて吠えましたよf^_^; 届きそうで届かないGI制覇の夢。いつか叶えたいですよ、ラフィアンラフィアンでは無理だから東サラ東サラの出資馬でね(爆) 

本格的にクラシックシーズンを迎えて東サラのお馬さん達が頑張ってますね、昨日の中山で行われたNZTでは東サラレッドアリオンが2着、そして驚いたのが今日の阪神10R大阪-ハンブルクカップで復活した東サラレッドデイヴィス。アグネスタキオン産駒は旬が過ぎると成績が上がってこないのですが、見事復活しました。今後この勝利を機に再び重賞戦線でいい走りを見たいものです

先日JRA競馬学校に7人入学することが発表されました。顔ぶれを見ると4年振りに女子が入学になったのだが、私のタイプかどうか別にして一般的に見てこの藤田菜七子さんがかわいいんですよ。髪型のせいかパッと見て剛力彩芽さん似。騎手免許を取得すれば16年振りの女性騎手の誕生になるようです。デビューになったらかなり人気になるだろうなぁ。3年後が楽しみですが、私が牧原由貴子騎手の初勝利を飾ったアラビアンナイト号の単勝を当てているからといって私は追っかけをするようなことはしませんよ
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬
コメント(2)
2013-04-06 23:00 | カテゴリ:私の本命馬
20130406_203118(1).jpg 

明日は桜花賞 例年桜の木をバックに3歳牝馬の乙女達が華麗に駆ける姿はいよいよクラシックが始まったなぁと思わせる1戦。しかし、今年は残念ながら悪天候が影響して桜の花が残っているかどうか!? 是非とも晴天の良馬場で走ってもらいたいけど馬場状態は難しそうだ…。

今年は珍事があります。関東馬が6頭出走するのに美浦で最終追い切りを行った馬は0(ゼロ) 桜花賞に出走する関東馬全馬が栗東留学です。これも時代の流れなんでしょうね。こんな桜花賞は記憶にないです(^o^;) あと今年は桜花賞に身近な馬友の愛馬が出走します。しかも優勝圏内に評価されている東サラレッドオーヴァルですよ。羨ましいですねぇ。私の愛馬東サラレッドセシリアもこの舞台に立てるチャンスはあったと思うのですが、阪神JF(GⅠ)3着後に故障してしまったので…。ついレッドセシリアが出走していたら!?なんていう事が頭の中に時々浮かびますf^_^;


130874635_org (2)(1)
昨年デビュー前の4月に社台ファームで会ったレッドオーヴァル。出資している馬友には悪く聞こえてしまうかもしれないですが、正直この馬がGI級の馬というようなオーラは感じませんでした(笑) でも、牝馬というのはそんなもんなのかなぁ。正直ノーザンファームで見たレッドセシリアも私の感想は『落ち着いているかわいい馬だなぁ』そんな程度しか感じなかったから(笑)ブエナビスタだって見てくれは小鹿みたいでレースに行ってあんなに走るなんて思わないし、アンカツさんがグリーンチャンネルで言っていましたがディープインパクトなんかトレセンで見ると条件馬にしか見えないと言っていました。馬を見て走るか?走らないか?を見分ける方法は本当にあるのかねぇ 走る馬との出会いに関しては人と人とのご縁だったり、タイミングだったり、不確定要素の方がはウェートを占めているように思いますね私は。私のもう1頭の愛馬東サラレッドレイヴンなんて募集時のカタログだけみたらお世辞にも走りそうな馬には全く見えませんから(爆)

さて、私の明日の桜花賞の馬券はクロフネサプライズレッドオーヴァルの2頭から馬券を買いたいと思っています。クロフネサプライズは阪神JFのレースっぷりからこの馬は強いとずっといい続けてきました。スローだったとは3馬身以上も突き放す内容は明らかに力の差であり、阪神JFの走りがフロックではなかったことをチューリップ賞で証明。遅いペースだろうと早いペースだろうと崩れず持っている力を発揮出来ることはとても強みです。最終追い切りもチューリップ賞の最終追い切り時より坂路の馬場が重いのに、最後まで脚色衰えることなく力強い掻き込みはレースで道悪になっても苦にすることはなさそう。今回の前が残りそうな馬場なら後続を完封する走りが頭に浮かんでいます。 

もう1頭のレッドオーヴァルは唯一芝の道悪のレースで勝ち星を挙げている馬。多くの馬が道悪のレースが未知数のなかで、ノメることなく2着馬を3馬身もチギる走りはかえって道悪になった方が勝機かもしれない。外差しが決まるような馬場とペースになれば勝つのはこの馬だと思います。

本来なら2頭のうち1頭に絞りたいのですが、今夜から大荒れの天気が明日のレースにどれだけ影響するかがわからないので、明日馬場を判断して前が残りそうならクロフネサプライズ、差しが決まりそうならレッドオーヴァルとしたいと思います。心情的にはレッドオーヴァルを応援したいけどね。素晴らしいレースを期待してます


【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:中央競馬重賞予想
コメント(1)
2013-04-05 00:56 | カテゴリ:レッドレイヴン
DCF00039(1).jpg
13.04.03(藤沢厩舎)
3/31(日)ウッド 54.6-40.3-12.6 馬なり
4/2(火)坂路 62.3-45.5-29.3-14.2 馬なり
4/3(水)乗り運動後、ウッドコースで乗る。
東サラレッドレイヴン 86.3-72.3-57.4-43.1-13.5 馬なり
ペルーサ 85.9-71.9-57.0-42.5-13.6 強め
助手「今日はウッドで併せて乗りました。良かったですね。こちらが考えていた以上の良化具合だと思います。今日は先行しましたが、後ろからペルーサが来た時も落ち着いていましたし、最後も楽な手応えで振り切ってしまいそうなくらいでした。トモも良い感じにしっかりして、パワーを感じられるようになってきていますし、これならこの後さらにペースアップしても問題ないと思います。今日は朝一番で馬が多かったのもありますが、少しヤンチャなところを出し始めたので、そのあたりは気をつけて進めていきます」


13.04.04(藤沢厩舎)
乗り運動後、北のダートコースをダクとハッキングで1周。
助手「少しうるさい面を見せ始めたので、なるべく他の馬の少ない時間に北馬場に入れて軽く乗りました。走り出せば集中するので問題はないですし、トモの感じや踏み込みも力強いですよ。ここまでは思った以上に良くなってきていると思います。あとはもう一段階ペースアップした時にどうなるかという感じですが、ここまでを見ていると、不安よりもどういう動きをしてくれるのかという楽しみの方が大きいですね」
藤沢調教師「順当に良くなって来てくれましたね。昨日の動きも現時点では良いものだったと思います。このまま青葉賞に向けてやっていって、もし物足りない時はプリンシパルSというつもりでいます」



3/26(火)の初時計から順調に時計を出し始め、青葉賞に向けて稽古も軌道に乗ってきました。一昨日の4/3(水)にはいきなり厩舎の大将格ペルーサとこの日は雨の影響で力の要るWコースで併せました。馬ナリとは言え負荷の掛るいい調教だったと思います。東スポ杯2歳S以来レースをしてないのだから少々きつい稽古を乗り越えてもらわないとこれから先のステージには上がる事すら出来ないので、ここは時間かけて基礎を積み上げてきた成果を見せてもらいたいと思います。

3歳馬がこれからクラシックを迎え盛り上がろうとしているなか、2歳馬達は来年のクラシックに向けて動き始めているようですね。私は現2歳には出資していないのであまり2歳馬の近況は見る事はありませんが、現2歳のカタログを届いた当初にいい仔いないかなぁと眺めていた時にもしこの2歳馬に出資するとしたら東サラでは牝馬東サラレッドオーラム(父ダイワメジャー 母タッチフォーゴールド)でした。その仔がもう既に北海道から山元トレセンに移動とのこと。もうそんな時期なんですね。早いものです。年々感じますが、早期デビューは重要だと思います。馬によっては決して早期デビューがプラスと言えない馬もいますが、この世界の一年のサイクルはとてつもなく早いから(^_^;)  愛馬レッドレイヴンがいい例ですがいくら2歳夏に新馬勝ちしてもその後順調に行くとは限りません。順調に行くこと自体が競馬サークルでは珍しいことなんですからね。レッドオーラムには出資していませんが、今後の活躍を楽しみにしています。


青葉賞まであと22日  日本ダービーまであと51日
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2013-04-03 23:46 | カテゴリ:マイネエレーナ
5歳2月エレーナ①(1)
2013年3月22日(金)
ラフィアンMeine Elenaは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。若干馬体に余裕があるものの、中間も順調に週2本の追い切りを消化。同馬の好調時の動きに近づいてきました。来週か再来週に入厩して、4月6日から始まる福島開催で復帰する予定です。馬体重は485キロ。

2013年3月29日(金)
27日(水)に美浦に入厩しました。熱発もなく、無事に到着。翌日から北馬場ダートコースでのキャンター調整に入っています。清水調教師は「どこで復帰させるかは追い切りの動きを見てからになりますが、牧場でもけっこう乗っていたとの報告を受けていますから、いずれにしてもレースまで時間はかからないでしょう。来週から始まる福島開催の2週目以降で、と考えています」と話していました。


早いものでもう4月。一口馬主を始めて年が明けて4月まで愛馬が走らなかったという年があっただろうか!? 愛馬の走りが見れずに最近まで退屈していましたが、ようやく今月愛馬の走りが見れそうです ということで先月までは退屈してましたが、4月はきっとラフィアンElenaを皮切りに4/27(土)には待ちに待ったダービートライアル青葉賞に東サラレッドレイヴンが控えており、一気に 忙しくなる4月になりそうです(^_^;) 


【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2013-04-01 23:53 | カテゴリ:競馬
 昨日は少々ヘバッて帰宅したもので馬券を買ったレースを見て、ブログまで書く気力はありませんでしたε=(。・д・。) といっても今日も疲れているのですがf^_^;

昨日はブログにも書いたとおり日曜阪神11R大阪杯(GⅡ)中山10R伏竜Sの馬券を買いました。大阪杯はオルフェーヴルが順調な滑り出しで完勝! 2着もショウナンマイティで馬券は馬連1点勝負と珍しく3連単を8点買って当たりました。私はほとんどオッズを見ないで馬券買うので3連単当たって配当が発表される間ワクワクしていたのですが結果16.7倍(゚_゚i) まぁ、たまにしか買わないので当たっただけで良しとする(笑) オルフェーヴルは普通に強かった。昨年の休み明けよりは仕上がっていたけど、それでもまだまだ余裕を持たせた仕上がりなんだろうなぁ。競馬を盛り上げていくためにもこの1戦は取りこぼして欲しくなかったので競馬ファンの一人としてホッとしてます。2着したショウナンマイティはオルフェーヴルを射程圏に入れ完全に負かしに行く競馬。それだけ状態は良かったのだろう。この馬は今年充実期だと思うのでどれだけ伸びしろがあるか!?注目です。3番人気に支持され5着に負けたダークシャドウは正直レース前からナイなと思っていました。ショウナンマイティとは逆でこの馬は充実期が過ぎ、緩やかな下降線に入った印象を持っていたので。ヴィルシーナは完全に勝負気配の無い叩き台。ヴィクトリアマイルまで適当なレースがなくこのレースにやむなく使った訳だし、レースまでの調教を見ても休み明けに牡馬のGI級と一緒に走るのに生ぬるい最終追い切りでは勝負にならないよ。

中山10R伏竜Sは打ったコパノリッキーが見事1着、しかし私の馬券は見事ハズレ 予想以上に2.8倍と単勝が売れていた為、単勝を見送りに近いを打ったソロルとの馬単ワイド各1点ずつ勝負しました。まさかソロルがいいとこなく6着に沈むとは…。


さてここからは一般の競馬ネタ。ご存じだと思いますが中央競馬の専門紙が01年『ケイシュウ』、08年『ホースニュース馬』、そして先週をもって『ダービーニュース』が休刊となりました。週末になると駅売店、コンビニなどにカラフルに置かれていた競馬新聞がまた減ってしまい寂しくなりますよ…。まぁ、これも時代の流れなんでしょうかねぇ。アナログからデジタル時代。自分が愛読しているのは20年以上も愛読している『優馬』(一馬)ですが、もし来週から自分の愛読している新聞がこの世から無くなってしまったら、私にとっては大打撃ですねぇ。間違いなくしばらくは馬券の調子は悪いでしょう。それくらい自分の愛読している競馬専門紙で感じ取れる勝負気配や逆に危険サインが読みやすいんですよ。ということで『優馬』にはこれからも頑張ってもらいたいと願っています。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬
コメント(0)