2013-08-30 00:07 | カテゴリ:レッドセシリア
十和田湖特別(1)
2013.08.23(ノーザンファーム早来)
担当スタッフ「レース後ガタッと疲れを見せたようですが、久々を好走した疲れもあったのでしょうね。こちらに来てからしばらく様子を見ましたが、日を追って疲れも抜けてきたので、まずは角馬場で調整し、そこでも問題なさそうだったので、今週からは馬場に出して乗り始めています。先生としても、函館に置いておくと、秋を目指してどうしても使いたくなってしまうので、あえて放牧に出した節はあったかと思いますが、先々までのことを考えればそれも良かったと思います。来場当初の馬体重は422キロでしたが、今日計ったら446キロ。だいぶフックラして良い感じです。今後は厩舎長と鹿戸先生相談の上で、どの辺りを目標にするか検討しながら進めていくことになりそうです」

2013.08.29(ノーザンファーム早来)
担当スタッフ「乗り出し開始後も問題なく、週3回は周回2400mのキャンター、週3回は坂路で17-17というメニュー構成で進めています。稽古の動きに気になるところは見られませんし、しっかりと疲れも回復してくれています。飼葉の食いも良好ですしね。馬体にも丸みが戻ってきていますので、このままスムーズに乗り進めていけそうですよ。次走の予定は決まっていませんが、状態を見ながら先生とも相談していきます」


東サラレッドセシリアに大したことなく、 まずはホッとしました。復帰→ケガ→放牧→復帰→ケガ→放牧の負のスパイラルだけは避けたいですからね。素質はいいものがあるし、気持ちも走る気マンマンの仔なので今は無理することなく体がパンとする時期を待ちたいところです。

今年私は愛馬に出資する年にしまして、既にウインウインでハリウッドローズ12(父キンシャサノキセキ 母父ラムタラ)に複数口出資しました。出資出来る予算内でいい仔がいればもう一頭と考えているのですが、東サラでは1頭気になる仔がいます。十分予算内で出資出来るし、夢も叶えられそうな馬、厩舎。 ただ、今年はビッグレッドグループだけに出資しようと考えているのでラフィアンラフィアン&ウインウインの二次募集馬を検討しながら様子見といったところです。

今年の東サラ東サラのラインナップは割高感は否めないですね。例に挙げればうちのセシリアの半弟が6000万。いくらディープの牡馬だからといってもこれは乗せ過ぎかなぁ。セシリアが阪神JFを勝っていたらの価格設定だなこの6000万は。また、このサセッティ一族は若干体質が弱く、ハードなクラシック路線を乗りきれるほどタフではないから、いいとこ4000万!東サラなら設定できたはずだ。

今年は身近な馬友の声を聞いているとスタイルリスティック12(牡・父ステイゴールド 母父ストームキャット)が人気しているように感じます。この馬は抽選になりそうだなぁ。私の様子見のお目当ての馬はまず抽選になるとは思えないので、ゆっくりラフィアン&ウインの二次募集馬を検討してからで十分(笑)
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2013-08-25 23:21 | カテゴリ:マイネエレーナ
 2013年8月25日(日)  
柴田大知騎手「スタートは普通に出たものの、そこから内の馬が急に外へ切れ込んできてしまって、軽くですがブレーキをかけるロスがありました。それで位置どりが後ろになってしまいました。前が止まらない馬場状態を踏まえ、もう一列前で競馬したいと考えていたのですが。ラストはよく脚を伸ばしているのですが、懸念していたとおり前も止まりません。なんとか優先権利を得られる5着以内を、と考えて追ったのですが、残念です」
厩舎に戻って様子をみたうえで、今後の予定を検討していきます。

ラフィアンMeine Elenaはスタートはいい感じで出たんですけど、得意の外から捲って行く競馬が出来ずに前を捕まえる事も出来ず、後ろの馬に切れ負けして6着に終わってしまいました。勝ちタイムからはチャンスだったんですけどね。柴田(大)騎手のコメントにも書いてありますが、前をカットされたことが多少影響したようです。今のElenaには多少の不利やロスを挽回するほどの力は今のところ備わっておらず、スタートからゴールまで全てが上手くいかないと勝つことは難しいのかもしれませんがコンスタントにレースを使えるようであればそのうちチャンスが来るでしょう。

今日の一戦で優先出走権を失ったのでこのタイミングで鉾田TCで一度リセットして10月からの新潟開催に備えるのが理想なんですが果たしてクラブの決断はいかに。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2013-08-24 21:53 | カテゴリ:マイネエレーナ
P1060970(1).jpg
 2013年8月23日(金)
ラフィアンMeine Elenaは、8月25日(日)新潟8R・3歳以上500万下・ダート1200mに柴田大知騎手で出走します。21日(水)の追い切りでも、普段どおりのスムーズな動き。レース間隔は詰まっていますが、元気な姿が見られ、今週の出走にゴーサインが出ました。新潟のこの条件は堅実で、5戦して着をはずしたのは1回だけです。もちろん上位争いを期待しています。

新潟へ行かれていた馬友さんから前走の新潟出走時のElenaの写真を頂きました。感謝です
そして、先日北海道の馬友さんと久しぶりに電話で楽しい馬談議をしまして、その中で私の愛馬の応援馬券の話が出ました。当然のことながら馬券を買う買わないは個人の自由ではありますが、こうやって一人でも私の愛馬に対して応援馬券を買ってくださる方の為にも最低でも3着に入るように頑張ってもらいたいなぁと思いますが、馬も頑張って走っても思うような結果にならないのが競馬なんでなかなか期待に応えるのが難しいですが応援馬券を買ってくださる皆さんには負担のならない程度の応援馬券でお願い致しますf^_^;

さて、明日Elenaが引き続き得意の新潟ダート1200mに出走します。結果はなかなか勝ち切れませんが、この条件では実力上位で崩れることはありませんから、堅実に走っていればチャンスがあるはずです。そのチャンスが明日なのかどうか!? 出走メンバーを見てみるとタイム的にはどんぐりの背比べのようなメンバー。勝ちタイムはきっと1分11秒前半~1分10秒台でしょうからこの時計で走れるかどうか。Elenaは前走も自己タイムを更新しているだけに勝つとなるとさらに自己タイムを更新するような走りが不可欠。スタートをポンと出てスムーズに4コーナー手前までに外から捲りかげんに回ってこれるかだな。柴田大知騎手頼んだよ



【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2013-08-23 02:09 | カテゴリ:ウインブルーローズ
1歳7月ハリウッドローズ12(1)
ウインハリウッドローズの12は北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。現在は昼夜放牧を行っています。5月上旬にこちらへ移動してきてから昼夜放牧を始めたこともあり、現在は慣れない昼長時間の放牧によりちょうど疲れのピークを迎えている印象です。担当者は「この2、3日間は毛ヅヤがあまり良くなく、元気もひと息で、歩きもトボトボとしています。ただ、これは一時的な疲労だと思いますので、このまま昼夜放牧を続けてこのヤマを乗り越えてもらいたいところです」と話していました』


募集時の写真とはガラリと変わってしまいました(笑) これはどの馬もごく自然なことなので問題ありません。特にハリウッドローズ12のように他の牧場から庭先取引されて初めて昼夜放牧を経験している馬はクラブの近況のように疲労が蓄積され体力的に一杯一杯になり毛艶も悪くなるものです。でも、私的にはトモ高な体型でトモもパンとしているので疲れている割にはいい感じできていると思います。

このハリウッドローズ12の母父はラムタラ。現役成績4戦4勝。2戦目でイギリスダービーを制し、その後キングジョージ、凱旋門賞を制し無敗のまま引退し『神の馬』と評された馬。この輝かしい成績とは裏腹に日本での種牡馬成績はパッとせず(苦笑) 父としてはGIホースは誕生しなかったが、母父としてはかろうじてヒルノダムールの活躍によりGI馬を輩出。今や日本の母父の主流はサンデーサイレンス  Storm Cat  ブライアンズタイム  トニービンなのに私はこの時代に逆行するかの母父ラムタラの仔を愛馬として迎え入れました。どんな種牡馬でも活躍する馬を誕生させる資質は持ち合わせているわけで、その確率が高いか低いかの問題。ラムタラ? 確率は低いと言わざるを得ないですが、ハリウッドローズ12の父は新種牡馬キンシャサノキセキ。馬名通りキセキ(奇跡)を起こしてくれるかもしれませんよ(^^ゞ 今後の成長を楽しみにしてます!


【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2013-08-21 00:30 | カテゴリ:ウインブルーローズ
ちょっと前に会員証も届き、正式にウインウインレーシングクラブに入会しました。東サラの時とは違ってウインはビッグレッドグループなので長年在籍しているラフィアンと基本的な方針は同じだし、会費はラフィアンとウインの2クラブで1クラブの会費で済むので新しいクラブに入ったなぁという新鮮な気持ちはあまり芽生えていませんが、一応クラブ名も勝負服も違うので私も3クラブの一口馬主となりました。ラフィアンがもう少し力をつけ、しっかりした運営をやってさえいれば一生ラフィアン一筋だったんですけどね。 

さて、ウインの最初の愛馬、そして私の通算12頭目の愛馬がこの馬↓ 
募集時ハリウッドローズ12(1) 
ハリウッドローズの12 父キンシャサノキセキ 母父ラムタラ 
牡 鹿毛 5月22日生まれ 募集価格1500万
美浦・高橋祥泰厩舎 鎌田正嗣生産


いやぁ、地味ですねぇ(^_^;) いいんです。ビッグレッドグループの馬は地味の方が走るから。この馬を選んだテーマは『早期デビューで丈夫で長い競走生活で芝・ダート問わずコツコツと!』これは私が一口馬主を始めた時の最初の馬選びのテーマ。今回はというかビッグレッドグループの馬に求めるものはやはりこれだなぁと思うんです。正直大きな夢を抱けるようなクラブ運営には現状なっていないので、
30戦以上のレース数、そして3勝くらい出来れば十分楽しませてもらえるし長い間1頭のサラブレッドと時間を共有できる。ハリウッドローズの仔は5頭デビューを果たしてますが、4頭が2歳デビューを果たしており、高橋(祥)厩舎は早期デビューに仕上げるのが上手く、ビッグレッドグループ関連の現役馬も数多く在籍しており実に8頭が2歳デビューを果たしてます。私は初めてお世話になることになる厩舎ですがビッグレッドグループの方針を理解している厩舎だと思うのでぜひこのハリウッドローズ12の能力を最大限に引き出してもらいたいと願っています。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(8)
2013-08-19 00:59 | カテゴリ:一口馬主
 土曜日は仕事、日曜日は外出で今週末は競馬をじっくり見る時間がほとんどなく、ちょっとした時間を使って情報収集して札幌記念はアンコイルドを打って馬券を買いました。帰宅後VTRでレースを見たら◎を打った14番人気アンコイルドは3着。でもねぇ、調子が上がってこない私の馬券は◎を打っておきながらハズレていました…。こんな馬券の調子が悪い夏競馬は近年記憶にございません 函館は雨によってかなり力の要る馬場に変わっていたのでスピード、瞬発力を武器としている牝馬はお呼びでない。スーパーGⅡともなれば牡馬も本気で出走してくるし、牡牝混合重賞でパワー勝負ともなれば牝馬は分が悪い。そこで先行出来て、得意距離、そしてパワー勝負に強いジャイアンツコーズウェイ産駒のアンコイルドに◎を打ったまでは良かったんだけどなぁ。全くこの夏持っていない夏男です

土曜は新馬戦4レース中3鞍で新種牡馬ヨハネスブルグの産駒が勝ったようですね。ヘネシーの直仔であるヨハネスブルグの産駒がこれだけのパフォーマンスを発揮するとは少々驚き。今後も動向が気になります。たまたまだったのか、それとも今後デビューする産駒も勝ちまくるのか。ラフィアンでは一頭ハローアゲインの12が唯一のヨハネスブルグ産駒。残76口が週明けどれだけ売れるのかも気になります。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2013-08-16 23:51 | カテゴリ:レッドセシリア
2013.08.08(函館競馬場)
角馬場で運動のみ。
厩務員「今日から乗り運動を再開しました。出掛けの歩様もしっかりしていますし、使った後ですがテンションも高くなく、終始落ち着いて運動できていました。体重は火曜日に計ったところ424キロと減ってはいますが、飼葉も残さず食べてくれていますし、脚元も落ち着いていますよ」
鹿戸調教師「レースでは道中、ハミを噛んで行きたがる素振りを出していましたね。久々の分が出てしまったのでしょうね。馬の状態を見ながらになりますが、大丈夫そうなら8月24日の函館・知床特別(芝1800m)に向かいますよ。一度使った事で馬も変わって来ると思います」

2013.08.09(函館競馬場)
今日も角馬場で調整しましたが、歩様があまり良くなかったので、馬体チェックしたところ、右肩からクビにかけて強い張りが出ているとのことでした。休み明けを好走したことで、筋肉痛のような症状が出ているそうです。ここで無理をしても仕方がないので、予定レースは白紙に戻し、あくまでも馬本位で進めていくことになりました。しばらく経過を見て、張りが続くようなら来週もう一度診てもらう予定です。レースの緊張から解けて徐々に症状が出てくるケースもあるので、ケアしながらよく観察していきます。

2013.08.15(函館競馬場→ノーザンファーム早来)
昨日、ノーザンファーム早来へ放牧に出ました。
鹿戸調教師「先週金曜日に角馬場で乗ったところ、歩様が良くなかったので右膝外のレントゲンを撮りました。その結果、骨に異常はなく、火曜日にも再度レントゲンを撮りましたが、やはり骨に異常はありませんでした。ただ、右の肩から首にかけて張りが出ていて、筋肉痛もひどいので、ここは大事を取って休ませる事にしました。昨日、ノーザンファーム早来へ放牧に出ています」

2013.08.16(ノーザンファーム早来)
担当スタッフ「8月14日に到着しました。到着したばかりなので状態を見ている段階ですが、筋肉痛は馬自身も気にしているようですね。数日、様子を見て状態を確認したうえで、メニューを考えていきたいと思います」


東サラレッドセシリア使いこめないですねぇ…。このへんはラフィアンではあまり感じる事がない歯がゆさです(笑) こうやって他のクラブを掛け持ちしてみるとラフィアンの丈夫な馬づくりというのは大したものだなぁと改めて感じます。

このセシリアに関しては出資の時に虚弱体質な馬かも!?とそれなりには覚悟はしていたんですよ、なんせ母系の近親交配ですから。ここは賭けだったんです。大物を期待していただけに吉と出るか凶とでるか。まぁ、今回は幸いにも腱や骨を壊した訳ではないので一安心ですが、来年の春辺りまでは出たとこ勝負で間隔を詰めて使うのは慎重になった方がいいかな。間違いなく気力も充実しているし能力が高いのは間違いないから大成するまでじっくりと行きましょう。

鹿戸厩舎、ノーザンファームの皆さんよろしくお願い致します

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2013-08-15 01:11 | カテゴリ:レッドレイヴン
13.08.09(ファンタストクラブ)
米田氏「引き続きダートコース主体にじっくり乗り込んでいます。馬体重は508キロ。張りが出てだいぶ丸みが出てきました。以前うちにいた時の良い頃の雰囲気が戻ってきています。少し余裕はありますが、やればすぐ絞れる馬ですし、現状はこのぐらいあって全く問題ないですよ。不安を取り除いて、しっかり乗って送り出せば間違いなく走る馬だと思っていますし、こんなところでウロウロしている馬じゃないですからね。秋の東京開催あたりに使えるようなイメージで仕上げていきます」


レッドレイヴン順調そうでなによりです。近況からは今秋に復帰戦を予定している感じですね。正直無理をさせない藤沢厩舎だから下手すれば復帰は来年までズレ込む覚悟はしていましたが、年内に復帰できるのであれば私にとっては嬉しい誤算。このままトラブルなく順調に調整が進むことを祈り、年内の復帰戦を楽しみにしています。

先ほど2日ぶりに帰宅したら東サラクラブから今期の募集馬カタログが届いていました。タイミングが悪いというか、クラブにはもう少し気を使ってもらいたいなぁと思いますね。個人的には盆休みの終盤に送ってくるのでなく10、11日の土日に届いていれば休み中にゆっくり検討が出来たのに…。

とは言っても楽しみは楽しみなのでこれからパラパラとカタログを拝見したいと思いますf^_^;

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2013-08-12 12:14 | カテゴリ:マイネエレーナ
8/11(日)新潟7Rダート1200m(500万下・牝馬限定)

ラフィアンMeine Elena 5着

柴田大知騎手「頑張ってくれているのですが、もうひと押しがききませんでしたね。前半、もう一列前で運べれば理想でしたが、あれ以上出していくと終いの脚に影響してしまいそうでした。直線、仕掛けてからよく伸びてくれているのですけれど、前の馬たちが止まりません。時計が早い決着にもうまく対応してくれたのですが」
最低限、次走への優先権利は確保できました。
引き続き、新潟のダート1200mを使う予定です。


レース条件はこれ以上ないものでしたが、前日の新潟ダートがパサパサの良馬場なのに時計が速く、前が止まらないというElenaにとっては少々厄介な馬場だなぁと不安を持ってましたが、その不安が見事結果として出てしまいました。Elenaのレースは出来ましたし、鞍上の柴田大知騎手も上手くエスコートしてくれました。そのエスコートに応えてElenaは自身の最速タイムで走り切りました。その結果で5着なのですから結果は残念でしたが良く頑張ったと思います。優先出走権はとれたので無理することなく体調さえ良ければ2回新潟開催でもう一回レースに出走出来るので出走出来るようであれば今度こそで頑張ってもらいたい。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2013-08-11 00:56 | カテゴリ:マイネエレーナ
 2013年8月2日(金)
ラフィアンMeine Elenaは、美浦に滞在中。使った後も目立ったダメージ等は見せていません。500万クラスのダート1200mが2鞍組まれている週のほうがメンバーがバラけやすく、使った後も元気とのことで、いまのところは11日(日)新潟の牝馬限定・ダート1200mを本線に考えています。

2013年8月9日(金)
ラフィアンMeine Elena8月11日(日)新潟7R・3歳以上500万下・ダート1200mに柴田大知騎手で出走します。7日(水)の追い切りはダートで5ハロン69.3秒。タイムは目立ちませんが、前走後の回復は早く、いつもの動きができていました。「体は維持できていますし元気いっぱい。状態がよいのだと思います」と清水助手。500万クラスを勝ったときも新潟での中1週での競馬でした。引き続き状態はいいので、前走以上の競馬を期待しています。


いい感じで叩き2戦目を得意な条件のレースに出走することが出来ました。枠も前走より外を引けたし、上記近況更新にも書かれていますが2勝目を上げた時も中1週で今日と同条件のレース。ここは3勝目を意識してます。

しいて不安を上げるとすれば昨日の新潟ダート1200mは2鞍組まれていましたが、砂ぼこりが舞い上がるほど馬場は乾燥してパサパサ馬場なのですが、タイムが1つくらい速く逃げ先行馬が止まらないというちょっと?な馬場状態が唯一の不安と言えば不安。天気予報だと午前中に少々雨が降るようなので、まとまった雨が降って昨日の馬場傾向をガラッと変えてもらいたいんだけど、そこまでの雨量は期待出来ないだろうなぁ。でも、この得意の条件だから今の馬場状態でも大きく崩れることは考えづらいので好勝負を期待してます!
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2013-08-07 23:20 | カテゴリ:ウインレーシングクラブ
 先週は私のラフィアンラフィアンの12年産愛馬候補にあがった馬を取り上げましたが、今日はウインウイン編です。ウインでは3頭が候補に上がりました。それでは出資しなかった3頭を出資しなかった理由を含めて少々書きたいと思います。

ウインウイン

4.ダイイチビビットの12(父ダイワメジャー 母父トニービン)
カタログ見て『う~ん、なかなかいいなぁ』と思いました。本馬は第9仔とのことですが、初めてのサンデー系との配合。マイラー色のダイワメジャーにより祖母のダイイチルビーの血が覚醒して走りそうなマイラーに成長するのでは!?なんて色々妄想してニヤニヤしてました。厩舎もこれからビッグレッドグループの関東のメイン厩舎に育ちそうな気配がする高木厩舎だけに出資意欲満々だったんですが、DVD観て徐々に『う~ん…。』 テンションが下がってしまったのは全体的に馬格がなかったこと、体高を調べてみるとなんとウイン募集馬で一番低い。高くなくても平均位ならなんとも思わなかったのですが、体高147cm 体重360kgはあまりにも小さい。他のクラブの1歳馬も一通り目を通したけど小ささはトップクラス。余談になりますが、体高の重要性に関しては実際に20年にわたりケンタッキー州馬研究所が調査結果を発表していて結論だけ書くと『体高が高くて、体重があまり重くない1歳馬はステークス競走勝ち馬になる可能性が最も大きい』と発表している。本当かどうかはわからないけど遅生まれにしても、ちょっとなぁと。それと歩様がバラバラ。一つ悪いところが目に入ると色々と悪い材料が出てくるんだよなぁ。ダイワメジャーと母父トニービンってコパノリチャードくらいしか活躍馬が出てなくて相性がいいともいえずパスとした(^^ゞ

8.プラチナウィンクの12(父マツリダゴッホ 母父アフリート)
カタログ写真もDVDの動画も見ても特別ズバ抜けて良さがあるわけではないけど、印象の悪いところもない。牡馬で今をときめくマツリダゴッホ産駒で募集価格1400万ならお買い得感が漂う。厩舎は関西の梅田厩舎で厩舎の大黒柱でショウナンマイティを管理している厩舎。私の愛馬は今のところ全て関東馬だけに、ここは関西馬を愛馬に持つチャンスと思い、出資を前向きに考えながら色々調べることに。でも待てよ、ちょっと母系が地味なんだよなぁと思い始める。ただ、この馬もサンデー系種牡馬との配合が初めてだけに、今までの産駒とは違った競走馬になるのではとは思いました。今までの配合がクロコルージュ、ストラヴィンスキー、アッミラーレ、スターオブコジーン、ワイルドラッシュ、そしてこの仔がマツリダゴッホ。この馬は庭先取引された馬ですが、どうもこの繁殖に期待というか力をいれているとは思えなくなり、この仔の次はどんな種牡馬を付けたのか調べて見たら父エクラヴァンクール!? えっ!? こんな種牡馬知らない…。どうやら自分ところで生産した地方馬のよう。こんな事実を知ってしまい、牧場がこのプラチナウィンクを繁殖として期待しているとは思えなくなりパス(^^ゞ

24.フリーヴァケイションの12(父マツリダゴッホ 母父フライソーフリー)
この馬は最後の最後まで悩みましたねぇ。募集価格1000万でこの馬も今をときめくマツリダゴッホ産駒。DVDの動きから柔軟な体質にも見える。厩舎もビッグレッドグループの方針を理解している厩舎だし、ちょうど悩んでいる時に父ダンスインザダークの半姉ウインリバティがデビュー2戦目で2着と好走。これに決めるかと思ったんですがこの仔鼻が小さすぎるんですよねぇ。顔見ていて何かが違うと思ったんですけど鼻の穴が小さい。馬は鼻でしか呼吸ができませんからねぇ。その鼻の穴が大きいにこしたことはありません。まぁ、大きくなくても平均的な鼻の穴だったらいいですが、どうみてもこの仔は小さいなぁ。そして、クラブから新しい写真が公開され、その写真を見て迷いが消えました。トモが小さくて薄い…。この写真でトモがパンとしていたら鼻の穴度外視で出資していたかもしれないんですけどね。ということでパスしました。


このように自分の好き嫌いで出資をしなかった馬ですけど、良く見えるモノがある馬達だったので走ってくる可能性は十分ある馬達。でも、私は年間に多くて出資は2頭、それも1年おきくらいのペースだから『この馬でいいや』といった惰性で愛馬を決めたくないので出資は見送りました。

そして、私がラフィアンとウインの募集馬約70頭の中から愛馬として選んだ馬は1頭。その馬は父がこの馬↓
fc2_2013-07-28_21-16-46-666.jpg 

もったいぶる訳ではないのですが、まだ会員証も会員番号も与えられてない身なので、正式にウインと入会手続きが済んだら発表したいと思います。ではまた
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(1)
2013-08-04 23:53 | カテゴリ:レッドセシリア
8/4(日)函館10R十和田湖特別(500万下・牝馬限定)

東サラレッドセシリア 3着
 
三浦騎手『久々の分と、ペースが落ち着くと思い、出して行った分、1コーナーまで力んでいました。最後も久々の分です。それでも休み明けでキャリア3戦目、体が大きい馬ではなくても、内々で厳しい競馬をしてくれたように能力は高いです』


う~ん、2歳牝馬の長休明けということでセシリア自身厳しい競馬になるとは思っていましたが、能力の高い馬ですし長距離輸送での2戦目のGIレースで3着するほどの馬ですからあらゆる悪条件を克服してくれると思ったのですが…。ラフィアンラフィアンやウインウインの馬だったら『3着で上出来!次だ!』と思うのですが東サラの愛馬とラフィアンやウインの愛馬に求めるものが違うので正直勝って欲しかったというのが正直な気持ち。パドックでは前2戦では見られなかった高いテンション。これが長休明けの怖さなんだよなぁ…。もう一頭の東サラ愛馬レッドレイヴンもデビューから東スポ杯までの3戦では引っかかるどころかズブい位の馬だったのに長休明けの青葉賞では別馬のようにテンション高く、引っ掛かってしまった。今日のテンションは久々という一過性のものであって欲しいと願ってます。

今日はレッドセシリアの半弟東サラレッドカイザー(父ゼンノロブロイ)が小倉5Rでデビューし8着でした。セシリアの半弟ということでスタートからレースを見ましたが、道中の位置取りが悪いところで競馬してました。もう少しいい位置で競馬出来れば最後いい脚使ってたので、今後数戦で未勝利を勝ち上がれるのではないかなぁ。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2013-08-04 02:41 | カテゴリ:レッドセシリア
  045(1).jpg
2013.07.18(函館競馬場)
ウッドコースで追い切る。
7/17(水) 43.5-13.3 馬なり
厩務員「先週末に移動してきて久しぶりにセシリアを見ましたが、背はさほど高くなっていないものの、しっかり体重も増えてボリュームのある馬体になっていましたね。昨日はウッドコースで3Fを流す感じでやりましたが、良い動きをしていましたよ。2歳時は動きに硬さのある馬でしたが、休んでいた期間が長かったにも関わらず、硬さは見られませんでしたね。稽古後の馬体重は440キロでした。追い切り後も飼葉は完食していましたし、今のところ順調に来ていますよ」
鹿戸調教師「骨折した後、ここまで順調に来てくれて良かったです。レースは8月4日の函館・十和田湖特別(牝馬限定・芝1800m)を三浦騎手で予定しています。本来なら春はクラシックに出ていた馬だと思いますし、大きな所を狙っている馬なので、初戦から期待していますよ

013.07.25(函館競馬場)
7/21(日) ウッド 76.2-59.7-43.8-13.8 馬なり
ウッドコースで追い切る。
7/24(水)
内アイズオンリー 67.5-52.5-38.7-13.0 馬なり
外レッドセシリア 68.4-53.3-39.3-12.9 馬なり
厩務員「函館に入って環境にも馴染んでくれています。昨日はウッドコースにて5Fから引っ張る形でやりました。久々の長めからの追い切りでしたが、道中もリラックスしながら走れていましたし、スピードを上げて行く所でも、すぐに乗り手の指示に反応出来ていました。乗っていた三浦騎手も『まだまだ手応えに余裕があった』と言っていました。上がってからの息の入りも早かったですよ。2歳の頃と比べると大人びて来ていますし、良い雰囲気が出ています。調教後の馬体重は436キロと、先週から少し減ってはいますが、飼葉も完食しているので問題はありませんね。来週追い切れば良い状態で出走出来そうです」

2013.08.01(函館競馬場)
7/28(日) ウッド 58.3-42.7-13.6 馬なり
7/31(水)
内マデューロ 67.7-53.2-39.7-13.0 馬なり
中アールシネマスタア 68.1-53.6-39.7-13.0 強め
外レッドセシリア 68.3-53.8-39.3-12.8 馬なり
厩務員「昨日はウッドコースにて3頭併せで追い切りました。5Fからセシリアが先頭で引っ張るような形でしたが、テンから手応え抜群で持ったままでしたよ。直線では追いかける馬においでおいでをする余裕さえありましたね。本当に能力の高い馬だと思いますし、久しぶりのレースなので追い切りごとにテンションが高くなる事を心配していたのですが、むしろ追い切りを重ねるごとに落ち着いて来ていますよ。稽古後に馬体重を計ったところ436キロと、体も先週と変わらずキープ出来ています。長い間休んでいましたが、緒戦からしっかり結果を出せる状態にあるので、何とか勝たせてあげたいです


昨年の阪神JF3着後に全治6カ月の両前脚膝の骨折が判明。順調に回復して欲しいと祈っていましたが、本当に何のアクシデントもなくほぼ予定通りの時期に東サラレッドセシリアは今日復帰戦を迎えることが出来ました 阪神JFでは一瞬やったか!?と思ったのも束の間、目の前の勲章がスルッと消え落ち阪神競馬場で腰を落とした 気持ちを切り替え、この悔しさを春のクラシックで晴らそうと思っていたところで故障発生でまた腰を落とすことに 人馬共にここまで我慢し、満を持して今日復帰戦を迎えます。

昨年は飼い葉を食べないセシリアに鹿戸厩舎はとても難しい調整を強いられ、そんな状況下でも胸を張れる結果を残しました。今回の中間はノーザンファームのスタッフの評価も高く、昨年悩んだ飼い葉食いの心配なく中身の濃い調教が出来た。昨年以上の状態で出走が出来そうで、ここはあくまでも通過点としたいところ。

2歳牝馬で長休明けの一戦をアッサリ勝つなんてことは簡単な事ではないが、昨年色んな悪条件を克服して阪神JF3着した馬だけにここも不安を一掃させるような走りが出来ることを信じて応援したいと思います。

函館芝1800m1枠1番は愛馬東サラレッドレイヴンが新馬勝ちした縁起のいいシチュエーション。内枠は願ってもない好枠だけにここは三浦騎手決めてくれよ

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(6)
2013-08-03 00:33 | カテゴリ:レッドレイヴン
3歳7月レイヴン(1)
2013.07.26(ファンタストクラブ)
マシン運動30分、常歩2400m、角馬場調整、ダク1600m、キャンター1600m。馬体重508キロ。
担当スタッフ「笹針後、舎飼療養を経て、現在は乗り運動を開始しています。まだごく軽めの調整なので、これから速いところをやった時にどうかですが、現状では歩様も悪くないですし、このまま進めていけそうです。馬体重も来た時に比べればいくらかふっくらしています」

2013.08.02(ファンタストクラブ)
マシン運動30分、常歩2400m、屋内ダート2400m。馬体重508キロ。
担当スタッフ「あえて坂路には入れず、コースで地力強化を図るような調整を行っています。体はひと回り大きくなってトモの張りなんかも徐々に戻ってきています。まだ前が勝った印象は受けますが、このまま乗り込んでさらにトモにボリュームを出していきたいですね。動きの方も来場当初のぎこちなさはなくなってきましたし、何より元気になって煩さが戻ってきましたよ。これはレイヴンにとっては良い兆候です。秋には走ってもらわなければ困る馬ですから、しっかり立て直していきます」


東サラレッドレイヴン乗り運動が始まりました。ダービーの反動が尾を引き、乗り運動は正直もう少し先かと思っていたのですが、これは嬉しい誤算でした。まぁ、レースに合わせるのではなくレイヴンの体調に合わせて調整を進めてもらいたいです。藤沢調教師の考えなら心配はいらないかな!?

今日たまたま競馬ブック見てたらレイヴンのクラスがオープンから1600万下に落ちてました(笑) 重賞ウィナーではないからね。それでも長い一口馬主ライフの中で1600万下の愛馬は今までいなかったからクラス落ちして1600万下というのも何か不思議な感じ(^_^;) 

今日は東サラで募集馬のラインナップが発表されました。その中に愛馬東サラレッドセシリアの半弟のサセッティ12(父ディープインパクト)の名が。オーナーが凄く期待している繁殖なのか!? これでサセッティの仔は4頭(牡馬3頭、牝馬1頭)が募集馬に加わったことになりましたが、私この血統は牝馬でこそと思っていたので、う~んやっぱりレッドセシリアは貴重な募集馬だったな このファミリーは脚元が弱い馬が多いので今回のサセッティ12を出資検討する人はそのあたりを踏まえ、出資判断は難しいと思うなぁ。どこの厩舎を予定しているか!? 出資はしないけど楽しみです!
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2013-08-01 00:14 | カテゴリ:ラフィアンターフマンクラブ
今年はビッグレッドファームグループ(ラフィアンラフィアンウインウイン)の募集馬に出資しようと思い、約3週間ほどかけてカタログやDVD、その他の資料から数頭の馬に絞り最終的に残ったのは結局1頭になりました。2頭は出資したかったのですが、無理して出資するものではありませんから、引き続き2時募集のラインナップに目を通して出資したい馬がいれば2次募集で1頭数口出資。出資したい馬がいなければ1次募集で決めた馬に追加出資することに決めました。

では、出資候補まであがり、出資しなかった馬と理由はコチラ↓

ラフィアンラフィアン

1.エイシンサイレンスの12(父スウェプトオーヴァーボード 母父サンデーサイレンス)
牡馬で1000万ということでお手頃価格で出資金額は回収できると思うんですよ。またラフィアンの母父サンデーサイレンスの募集馬は近年走る傾向にあり、マイネルラクリマ、マイネイサベル、マイネルスターリー等が代表的な馬。好条件が揃いながら出資出来ないのが厩舎力の弱さ…。小野次郎厩舎では。


30.リンガスマドンナの12(父カネヒキリ 母父トウショウボーイ)
こてこてのダート馬に出資したいという願望も少なからずあり、今回はその時がやってきたかと思わせた馬がこの馬。長年競馬やっていてパドックで強烈な威圧感というのを感じたのが東京大賞典で見たカネヒキリ。馬というより別の猛獣のような雰囲気を今でも覚えています。そんな馬の仔に出資してみたかったなぁ。だが、『うっ?何?』と思わせる立ち姿の前脚の開き…。こんなに開いている前脚はなかなかお目にかかれない。(募集馬カタログお持ちの方は見てみてください)果たしてプラス材料なのか? マイナス材料なのか? 私もプロではないですからここはプロの意見を聞きたい。その頃ちょうどビッグレッドファームの募集馬ツアーをやってまして、交流あるラフィア二ストさんに『聞いてもらえないですか?』と頼んだんです。うっすら分かってましたが結果はマイナス材料。スタッフはマイナス材料だけどトモがしっかりしているからカバー出来るようなことを言っていたみたいですが、素人なら『あっ、そうなんですね』と納得してしまうのかもしれませんが、私はそうはいきませんよ(笑) この馬は血統から見てもほぼダートを走らせる馬です。厩舎だって8~9割方ダート馬しかいない伊藤(圭)厩舎ですよ。この馬出資して結果出ないのに芝ばかり走らせたらストレスが爆発してしまいます(笑) そんなダート馬が約束されている馬の前脚に不安材料があるのではとてもとても出資には踏み切れない。ダート馬は前脚、肩、胸が強靭で掻き込が力強くなければならないから。でも、走るかもしれない。それはそれでいいんです。知ってて走った馬ならそれほどストレスは感じない。でも、知らなくて走らなかったとなれば私は非常にストレスを感じるのでリスク回避ということでこの馬はパスしました。 

ということで2000万以上の馬とコンデュイット産駒をバッサリ外して候補としてあげた2頭が2頭ともパスになり、ラフィアンで出資したい馬は0頭となりました。

次回はウインウイン編です。






【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)