2014-01-28 00:07 | カテゴリ:レッドレイヴン
P1130085(1).jpg
1月26日レース後コメント
柴田善騎手「いろんなものがまだ少しずつ足りないのかなという気はするけど、一戦ごとに落ち着きが出てきているし、ゲートの中も問題なかった。プラス体重も重いとは思わなかったし、成長分だと思う。トモ、背中なんかはまだ物足りないところがあるけれど、この馬の場合は徐々にしっかりしてきているからこれからだね。トモは変わらない馬はいつまでも変わってこないけど、この馬は一戦ごとに良くなっているから。精神的にも余裕があって今日も遊びながら走っていたし、変に追い詰められていないのもいいよね。競馬自体は良い内容だったと思うし、これからの伸びしろは十分だよ。これからも一歩ずつやっていきたいね」
藤沢調教師「プラス20キロだったけど、そう太くはなかったですよ。もともと、もっとあっていいと思っていましたからね。ただ、勝負どころで勝ち馬が外から来た時なんか、馬なりでスーッと一緒に上がっていけるくらいでないと。そういう意味では、まだ力をつけている途中といったところなんだろうね。でも競馬の内容は悪くなかったし、まだまだ良くなる手応えはあるよ。秋の大きいところを目指せるようにこれからも頑張ります」


レース前日に記事にした唯一の不安が見事当たってしまった 厳寒期で、クラスも上がり、距離も伸びる。馬ナリ坂路だけではあまりにも負荷が軽すぎると戦前に不安になったこと。それによって馬体重が大幅に増え、最後の坂上で踏ん張りきれない最悪のシナリオ…。負けるとすればこれだろうと。プラス20kgの内10kgは成長分としても10kgは余計だった。最近になって藤沢調教師が爪の不安を口にするようになった。Wコースで1本も追い切れなかったのは爪の影響なのか!? それならば今回の一戦の調整は仕方がなかったかなぁと。そのような状態でレイヴンは良く頑張った。4コーナー手前から勝ち馬のマクリに一歩も引かず、直線は1、2着馬に挟まれての追い比べ。3頭の中で一番キツイ競馬を強いられ、一度脱落しかけたところからもう一伸びしたあたりは馬に気力を感じたが、最後のゴール前で踏ん張りきれなかった。

柴田(善)騎手がまだ色々と足りないところがある言っている通り、パドックでは鳴くことはなくなったが終始厩務員に甘えっぱなしだし、馬場入りするとまだまだテンションは高くなるしと幼さが抜けきってないので、これから緩やかに良くなっていくんだろうなぁ。結果は残念だったけどそれなりに敗因が明確だったし、古馬重賞レースでも互角にレースが出来ることがわかったのでこれからに期待したい。今はレース後のレッドレイヴンに大きなダメージが残っていないことを祈っています。

駆け付けてくれた方、メール、コメントくれた方々応援ありがとうございました まだまだこんな馬ではないはずなので、これからも応援よろしくお願い致します。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(6)
2014-01-25 22:16 | カテゴリ:レッドレイヴン
048(1).jpg
14.01.23(藤沢厩舎)
北のダートコースを1周。
助手「昨日追い切ったので、今日は北のダートコースを1周軽く乗りました。昨日は速いところをやりましたが、気になるところもなく順調ですね。今日は曳き運動から落ち着いていましたし、それほどテンションが上がっていないのも良い傾向だと思います。レースでは相手が強くなりますが、この馬の能力を出す事が出来れば十分チャンスはありますよ」


先日記事を書いた時には『冷静な自分がいる』なんて書きましたが、やっぱりスポーツ紙にデカデカとした愛馬東サラレッドレイヴンの記事を見るとテンション上がってきてしまいますね。愛馬が重賞レースで1番人気なんて数年前では考えられないこと。こういう経験をしたいからラフィアンラフィアンオンリーから新たに東サラ東サラにお世話になることを決めましたが、いきなり初出資馬でこれだけスケールの大きい愛馬と出会えるとは思ってもいませんでした。あと1日このワクワクする雰囲気を楽しみたいと思います。

明日の天気は深夜から早朝に若干雨が降るようですが、お昼頃にはすでに雨は上がる予報。爪に若干不安を抱えてるようなのでお湿り程度の雨はレイヴンには好材料でしょう。陣営は上がりが速くなる競馬をしたくないというのも中山を使った理由の一つのようですから。実にいいと思います 

時期的なものもありますが、GⅡにしては出走馬のレベルは低いです。それは一流OP馬は春から始動なので仕方のない事。その一流OP馬が出てこないこのGⅡは準OPを勝ったばかりのレイヴンにとって力を試すには丁度いいレース。同斤量でもいい勝負になるだろうというのに古馬の実績馬が56~57kgの斤量に対してレイヴンは55kgは恵まれました。

内に有力馬を見ながらレースが出来る外枠の偶数番もいいし、馬体が沈んだ時のフォームは実に回転の速い小脚が使えるので中山はいいですけど、この馬は中山がいいとか、東京がいいとかは今のところ無いような気がしています。東京に必要な上がりの速い脚もあり、中山で必要なパワーの要るキレも備えているので今のところは万能だと評価しています。

また距離も問題ないと思います。それは惨敗した青葉賞、ダービーは距離適性というより体調に問題があっての惨敗だと思っているので。この一戦で唯一不安点を上げればスタミナかなぁ…。Wコースで一度も追ってない。爪の影響で追えなかったのか?それがレースでのスタミナに影響しなければいいのだが、考え過ぎだろうか。レースが終わった時に考え過ぎだったと思えるような結果を望んでいます

柴田(善)騎手 レッドレイヴンをよろしくお願いします



【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2014-01-25 11:43 | カテゴリ:レッドセシリア
P1120545(1).jpg
2014.01.10(鹿戸厩舎)
今日は乗り運動後、北の500m角馬場をダクと軽いキャンターで10分くらい乗る。
鹿戸調教師「昨日、入厩してきました。昨日追い切った馬たちは150m角馬場でダクだけですが、この馬は500m角馬場でダクと軽いキャンターも乗りました。水曜日に牧場で見た時は綺麗な顔をしていましたが、着いてから見たら顔に擦り傷があったので、車の中で擦ったのだと思います。ただ、酷くはなかったので、すぐに治るので心配はないよ。脚元の方は、若干右の膝に熱を持つ時もありますが、もともと脚つきが良い馬ではないし、膝は骨折した箇所でもあるので、しっかりケアして行って、東京1週目のテレビ山梨杯(芝1600m)を三浦騎手でいく予定です」
助手「入厩して次の日なので、角馬場でダクと軽いキャンターを乗りました。若干、膝に熱を持ったりしていますが、歩様は違和感なかったので大丈夫ですよ。もともと、使った後とか追い切った後は熱を持ったりしていた馬だけに、その辺はケアして行けば問題ないと思います。飼葉もしっかり食べていますし、レースに向けてしっかり作って行きますよ」


2014.01.15(鹿戸厩舎)
北のダートコースを1周半。
鹿戸調教師「先週入厩した際に顔に擦り傷がありましたが、そこまで酷くなかったですし、治療もしっかりしたので今はもう心配ないですよ。今日は北馬場で軽めの調整でしたが、出掛けの歩様もスムーズだったし、しっかりとした脚取りで運動出来ていましたよ。今日も運動後、右膝に少し熱を持っていましたが、歩様には出ていませんでした。大丈夫ですが、午後からもしっかりケアして行きます。馬体重は鞍を着けた状態で447キロでした。明日速いところをやる予定ですよ」

2014.01.16(鹿戸厩舎)
ダートコースを半周後、坂路で追い切り。
1/16(木) 坂路
内ハーコット 53.4-38.5-25.0-12.1 馬なり
外レッドセシリア 53.8-38.9-25.0-12.0 馬なり
三浦騎手「今日はダートコースを半周して体をほぐしてから、坂路で追い切りました。いつも運動に入るまでは歩様はコトコトしていますが、走り出せば歩様に硬さは感じさせませんね。まだレースまで時間があるので、先生からは『動ける範囲で良い』と言われました。ただ、持ったままの手応えでこの時計ですから、やはり能力の高い馬ですよ。上がってからの歩様の方が運動前より良いですし、息の入りも大丈夫そうですよ」


2014.01.22(鹿戸厩舎)
ダートコースを半周後、坂路で追い切り。
1/22(水) 坂路
内エルトント 54.1-39.8-25.4-12.3 馬なり
外レッドセシリア 54.5-40.2-25.6-12.4 馬なり
助手「今日はダートコースを半周後、坂路で追い切りました。セシリアが先行しましたが時計も予定通りで、道中もスムーズに走っていましたね。ゴール前でも手応え十分で良い感じでしたね。1週前の追い切りとしてはこれで十分だと思います。あとは飼葉食いが少し細いので、これ以上体が減らなければ良いですね」

2014.01.23(鹿戸厩舎)
北の角馬場でダク。
三浦騎手「今日は追い切り翌日なので、いつものように隊列を組んでダクだけ乗って調整しました。歩様にも硬さは見られなかったですし、追い切った後もスムーズですね。乗っていても落ち着いていましたし、ここに来て走りも良い感じになって来ていますよ。毛ヅヤは良くはないですが、調子そのものは良さそうですよ」

東サラレッドセシリアを記事にするのが今年初めてだったことに書き始めて知ることに (^^ゞ; それだけ年明けから愛馬が大活躍、大チャンスと続いて充実著しく、そして仕事が滅茶苦茶忙しいのが理由だろう。この間、順調に目標である来週のテレビ山梨杯に向けて調整されているようですが、どうやら脚元がモヤモヤしているようで心配です。このファミリーは脚元が弱い系統だし、それに加えてセシリアは牝系の近親交配。この近親交配はビッグレースを狙う意味でいわゆる私にとっても賭けでした。どうか脚元が弱くないようにと願いを込めて出資したことを思い出されます。厳寒期ですからね、一戦一戦が勝負の感が強いセシリア。ここを上手く乗りきってもらいたいと思います。

その目標であるテレビ山梨杯の出走予定馬があまり見当たらず、予定していた社台ハーコットは別のレースへ。キャロットローズノーブルが出走を予定しているみたいです。ローズノーブルはかなり直近の馬友さんの愛馬だけにここでは一緒に走りたくなかったなぁ…。出来れば1着同着で(笑)

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-01-23 00:51 | カテゴリ:レッドレイヴン
056(1).jpg
14.01.22(藤沢厩舎)
北のダートコースを1周後、坂路で追い切り。
1/21(火) 坂路 61.7-45.1-29.3-14.6 馬なり
1/22(水) 坂路
内レッドレイヴン 50.8-36.6-23.9-11.9 馬なり
中レッドスパーダ 51.4-37.2-24.3-12.0 馬なり
外ベビーネイル 52.0-37.8-24.8-12.5 馬なり
柴田善騎手「先週と同じく坂路にて3頭併せの3番手で追い切りましたが、前の馬を捕えるのに焦るような感じも無く、持ったままでスーッと上がって行けましたね。良いフォームで走れてこの時計ですから大したものですよ。先週よりも体の使い方がしっかりしている印象でしたし、息の入りなども良かったので、走れる状態に仕上がったと思います」

先ほど東サラレッドレイヴン最終追い切りのVTRを見ました。直線やや頭が高かったが、そう思った瞬間首をグッと下げて沈み込むような走りにスイッチが入りました。この沈み込んで速い掻き込みがレイヴンの良さの一つ。状態は良さそうですね。ただ、爪があまり強い方ではない事を藤沢調教師がコメントしているので、追い切り後のケアをよろしくお願いしたいところです。

愛馬が古馬の中長距離GⅡ戦に人気馬で出走なんて初めての事でテンションが上がるはずなんだけど、上がらないとは言わないけど不思議と冷静な自分がいるんですよね。これは昨年春にダービー出走を経験したからなんだと思います。それはそれはダービーはテンションMAXで大興奮しました。なんてったって日本ダービーですから。もうこれからの一口馬主ライフで経験出来るか出来ないかの貴重な経験でしたからねぇ。その経験が私を冷静にさせているんでしょう。まぁ、これからレースが近付くにつれ興奮してくる可能性は否定できませんけどね(笑)

近年このAJCCの勝ち馬からマツリダゴッホ、トーセンジョーダン、ルーラーシップが国内、国外合わせてGIホースとなっており、何気にGIホースへの出世レースなんですよね。いやぁ、楽しみだねぇ あれっ!? さっき冷静だと言っていたのに既に興奮している自分に今気付いてしまった
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-01-22 00:26 | カテゴリ:ウインエスパシオ
2013年12月17日(火)
CVFスタッフ『坂路調教もしっかりと走れるようになってきました。体格も良く周りの馬より雄大に見せるぐらい立派な馬体です。ちょっと他馬に臆する所が見られますので普段から他馬となるべく併せて行動したり走ったりと工夫をしています。』


2014年1月21日(火)
CVFスタッフ『雄大な馬体を武器に坂路ではパワー溢れる走りを見せています。調教が進んで少しカリカリした面もみられますが、追い切りでも良く動いていて更なる成長次第では大きな夢も見られるのでは無いかと期待しながら調教しています。』



ウインラストパートナー12は依然好調な調整が進められています。スタッフのコメントもほどほどでいいと思います。『大きな夢を見られるのでは…』は少々余計だったが(^_^;) 募集時から測尺の数字と見た目ではかなり丈夫そうな感じが受け取れたので、そのイメージのままこれから更なるハードな調教にも耐えて入厩、デビューとトントン拍子で行ってもらいたいね。ここ数年どの愛馬もトントン拍子だったものだから、頓挫でデビューが遅れるようだとちょっと凹むだろうなぁ…。でも、この馬は丈夫だと思う、内臓面などは分からないけどね。4月、5月あたりにCVF(コスモヴューファーム)へ行く予定だけど、その時に岡田繁幸代表がどんな評価を下すか!? 楽しみだねぇ(笑) あっ!?そうだそうだ、義広社長の評価の方が興味あるなぁ。何てったって義広社長は私にあんなこと言ったんだからねぇ。CVFで会った時にこの馬をどう評価するか?楽しみだわ
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(1)
2014-01-19 23:00 | カテゴリ:一口馬主
初富士S1着フェスティヴタロー 2着バッドボーイ 日経新春杯1着サトノノブレス。3頭共にレッドレイヴンに負けた馬達が今日頑張ってました。人気、実力を伴った古馬が引退した今、レッドレイヴンも古馬中長距離で盛り上げる意味で来週は決めてもらいたいね。準オープンを勝ったくらいでGⅡを獲ることは言うほど簡単なことではないけど、それをやってのけるだけの力をレッドレイヴンは秘めているはずだから。先ほど登録馬を見渡したけど例年10~13頭位しか出走しない空き巣のGⅡ戦なのに珍しくフルゲートでレースが行われそう。先ほども書いたけど、まずは無事に最終追い切りを終えて欲しいよ。

今日の中山メインの京成杯は岡田繁幸さん名義の岡田繁幸プレイアンドリアルが快勝 いやぁ、びっくりしたなぁ。前走そこそこ流れた平均ペースの朝日杯で引っ掛かって、今回400mの距離延長で折り合ってしまうんだから。普通は色々修正したって気性の問題はすぐに解消することはないからね。アルゼンチン式調教法ってそんなに凄い調教法なのだろうか?東スポ、朝日杯と馬券買ってたのに今日は危ない人気馬だと思ってバッサリ切り捨ててしまったよ ウインウインマーレライは力あるいい馬だったのになぁ。京成杯12着。こんなに負ける馬ではなかったと思う。あまりにも丹内漬けが長すぎたなぁ…。勿体無い。馬の行く末は1戦で左右されるほど重要だからね。あの1戦を勝ったから栄光があるとか、あの1戦を勝てなかったのがこの馬の将来を変えてしまったなど。それくらい2~3歳の1戦1戦は重要。ウインマーレライはあまりにもチャンスを無駄にしてしまった。ベリー騎手で変わって欲しいと思っていたけど、これから先どうなることやら。繁幸代表、社長、クラブ、出資会員が期待していたのに丹内騎手を乗せ続けた。その代償は大きいなぁ。


2014-01-19 01:50 | カテゴリ:レッドレイヴン
041(1).jpg
2014.01.08(藤沢厩舎)
北のダートコースを1周後、坂路1本。
60.5-45.4-30.6-15.0 馬なり
攻め厩務員「今日は他の馬と一緒に北馬場で軽く乗り、その後に坂路を1本上がりました。大人しいわけではないですが、必要以上にテンションが上がってきているわけでもないので、この感じのまま進めていきたいところですね。先週は飼葉の食いがあまり良くなかったので、体重が減っているかと心配していましたが、今日は裸馬で516キロありました。レースまでにはまだ時間がありますし、早く体が出来過ぎるよりも、今はこれくらいで良いのかもしれませんね」
藤沢調教師「次走は東京で使う事も考えましたが、1/26(日)の中山・AJCC(芝2200m)を柴田善騎手で使う事にしました」


2014.01.09(藤沢厩舎)
ダートコースで運動後、坂路で追い切り。
内レッドレイヴン 52.1-37.6-24.2-12.1 馬なり
外パシャドーラ 52.7-38.1-24.7-12.3 馬なり
柴田善騎手「今日の坂路での追い切りは、いつもより体の使い方が小さかったですし、息の入りもあまり良くなかったですね。それでも、馬場が悪くて時計が掛かる中でもこれだけ動けていますし、状態が上がって来ればもっと良い動きになって来ると思いますよ」

2014.01.15(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周、そのあと坂路1本。
助手「今日は坂路で15くらいのところを乗りました。全休明けの分、少しテンションは高めでしたが、この程度ならいつものことですし問題ないでしょう。歩様もしっかりしていて特に気になる感じもないですよ。まだ絶好調というわけではなさそうですが、乗り込めてきていますし、ここからもう一段上げていきたいですね」

2014.01.16(藤沢厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで乗る。
助手「変則開催明けで明日速いところをやる予定なので、今日はウッドを単走で乗りました。途中で他の厩舎の馬が何頭か抜いて行ったので、少し行きたがるところはありましたが、すぐに落ち着きましたし、走り自体は問題なかったですよ。ここに来て運動でもあまり子供っぽいところを見せなくなってきていますし、他の馬につられてはしゃいだりすることも少なくなってきているので、徐々に大人になっているような感じを受けています。飼葉もこの馬なりに食べていて、体調は良さそうなので、明日、来週とやれば仕上がってくると思いますよ」

2014.01.17(藤沢厩舎)
乗り運動後、北Cコースをハッキングで1周。その後、坂路1本で追い切る。
内レッドレイヴン 50.3-36.3-23.5-11.7 馬なり
中サトノギャラント 51.3-37.1-24.4-12.3 馬なり
外コディーノ 51.5-37.3-24.4-12.3 馬なり
藤沢調教師「今日は坂路にて3頭併せで追い切り、この馬は3番手を追走してゴール前で抜くような稽古をさせました。道中も良い感じで走っていましたし、最後の伸びは良かったですね。これで来週やれば、良い形で出走できそうですね」
柴田善騎手「今日は3頭併せの3番手を追走しましたが、道中もスムーズに走っていて、あと1ハロンのところで指示通り気合を入れたら、良い伸びをしてくれました。乗っていても気持ち良いくらいの伸びでしたね。あとはまだトモに頼りないところがあるので、そのあたりがしっかりしてくれば申し分ないですね。今日の感じは良かったですよ」


今週東サラレッドレイヴンの近況更新が3回 東サラスタッフの皆さんありがとうございました 

さて今年の馬券の初勝負は先週でしたが、いきなり勝ち越し 愛馬の初勝利は先日の16日に達成 今年の競馬は幸先いいスタートを切ることが出来ました。

そしていよいよ来週の重賞レースAJCC(GⅡ)にうちの大将格の愛馬レッドレイヴンが満を持して登場 出走想定メンバーを再度調べあげようと持っていたのですが、どうせ今日の18時頃には登録馬が分かることなので調べることはしなかったけど、今のレイヴンの力を計るには持って来いのレース条件だと思います。距離も問題ないと思うし、中山競馬場自体は前走前から問題ないというか、もしかしたら東京よりも得意なのかもしれないぞと思っていたくらいですから。実際に前走の美浦Sで叩きだしたレイヴンの上がり3F34秒4は昨年末に開催された5回中山で行われた芝47レースの勝ち馬の最速タイムとのこと そのタイムは柴田(善)騎手が軽く促しただけのものだから価値がある。今週の一週前追い切りもVTR見たわけではないけど、かなりのデキでレースを迎える事が出来そうだし、アッサリ通過しても驚かないわ まずは来週の最終追い切りを無事に!
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2014-01-18 01:45 | カテゴリ:マイネエレーナ
[広告] VPS
2014年1月17日(金)
ラフィアンMeine Elenaは、1月16日(木)浦和10R・マルチフェイス特別・ダート1400mに出走し、見事1着でしたこれで3連勝となります。
P1120937(1).jpg
御神本訓史騎手「うまく乗れずに申し訳なく思っています。詰まって脚を余してしまう可能性もある状況でしたが、馬の力で勝たせてもらいました。やはりこのクラスでは力が違います」

P1120908(1).jpg
小久保調教師「期待に応えてくれましたね。今後も馬の状態を見て次走を検討していきますが、月1走のペースで使っていければと考えています」

動画はご覧になっていただけましたか? Elenaの会員さんなら中央時代のパドックの気配覚えてますよね? どうです浦和のパドックの様子。別馬のようにゆったりと歩いているでしょ。これも今の勢いに関係していると思うんですよねぇ。

ということで今日は昨日書ききれなかった事を少々 今日もレースVTRを見ましたが、まぁ良く直線だけで1馬身半差を付けて勝ってくれました。あの走りはこのクラスだったから何とかなったもののこれから先同じレースをしたらまず勝てないだろうなぁ。3~4コーナーあたりでは首を上げてましたが、馬込みでのレースはElenaの持ち味を半減させてしまうね。レース後の御神本騎手はElenaから下馬するなり『すいませんでしたぁ』と。勝ったのに謝ってました。このレースに限っては下手に乗ってしまったかな(笑)  御神本騎手はエレーナは器用な馬ではなく少々乗り難しいと言ってたので、少々距離ロスしてもいいからなるべく外から捲るか4角先頭位のスピードをフルに発揮する乗り方の方がElenaの持ち味が活きそう。今後は内枠より、包まれにくい外枠が欲しいね。

この日一人のElenaの出資会員さんNさんと出会い、色々お話する機会がありました。一番最初の愛馬がラフィアンマイネルレーニアというからビックリしましてね。初めての愛馬がGⅡ2勝馬ですよ。私なんてNさんより一口馬主ライフ長いのに重賞を勝ったことありません…。というか東サラ東サラに入会するまでは重賞レースすら経験の無い弱小一口馬主でしたから(笑) そんなかんだで時間と共に話は盛り上がり、突然Nさんが『ブログか何かやられてますか?』と。やっていることを告げると『もしかしてKIKANBOUさんですか?』 見事ピンポイントで当てられてしまいましたf^_^; 私と出会えた事に相当喜んで頂きまして、私もビックリ。ラフィアンのパーティーなどでもどうやら私を探してくれていたようで。それだけこの出会いを喜んでくれた読者だけに私のブログの内容をよ~く覚えていらっしゃる そろそろブログも平日等は書く時間が無くなってきたから今年あたり閉鎖でもしようかなぁと思ってたけど、Nさんのように更新を楽しみにしてくれている方がいるのならもう少し続けてみようかなと。

そんな出会いで話はさらに盛り上がり、Nさんの一口馬主ライフに耳を傾けると刺激的な話が次々と。ホントは具体的に書きたいところですが、そこは大人のお付き合いですから伏せさせて頂きますが、とても紳士的な共感出来る一口馬主さん!?でした。この出会いを機に今後もお付き合いをさせていただくことになると思いますが、この日は愛馬が勝ち、貴重な出会いもありということでいい一日になりましたよ 

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2014-01-17 00:39 | カテゴリ:マイネエレーナ
P1120910(1).jpg 
1/16(木) 浦和10R マルチフェイス特別 1400m
Ruffian.gif Meine Elena 1着

今日は仕事も丁度一段落したので本格化した!?愛馬ラフィアンElenaの応援に浦和競馬場へ行って来ました。いやぁ、久々ですよ。最後に浦和競馬場へ来たのはもう20年近く前だから。懐かしいとかいう感じは全くしなかった。まず最初に出迎えたのは競馬場への無料送迎バス。後ろの扉を閉めずに走りだし、乗客騒然というハプニングに遭遇。ありゃ、危ねぇーよ(=◇=;) いくら無料送迎バスだからといって後ろ扉締めないで普通走りだすか?頼みますよ

そんなバスに揺られて競馬場へ到着したら競馬場グルメを堪能しようと考えていたんだけど、何だかんだで時間が無くこんにゃく1本食べながら場内を散策。そして、浦和所属馬としてのElenaがパドックに登場 いやぁ、びっくりしたねぇ。まったくイレ込むことなくパドックを周回しているんだから。中央在籍時のチャカつきが消えて、落ち着いたことも現在の快進撃に関係しているのかもしれないなぁ。

レースは普通にスタートを切ったが、道中終始外から蓋をされて動くに動けない状態で直線へ。平坦で220mしかない直線だけに何とかカニ脚で外へ出したはいいが内心『あっ!間に合わないか?』と思ったらビュンと一伸びして2着馬を1馬身半差をつけて力の違いを見せつけての1着

しかし、浦和での3戦は着差も違うけどレースっぷりも3戦様々。それだけ浦和ではどんなレースでも出来るということなのだろう。小久保調教師は『しらさぎまでは負けてられないんだよ!』と。私は何の事かと思い関係者に聞いてみるとどうやら浦和の3歳以上牝馬の重賞競走のことらしい。ということでそのレースが当面の目標のようです。そして今後は状態を見て月1で走らせる予定とのこと。(詳しくはクラブの公式をご確認ください。) その浦和の重賞しらさぎ賞が行われるのが4/30(水)。クラブの規定通りの引退になるのか、特例措置が取られるのかはこの1戦の結果次第ではないかと私個人的には感じています。

今はレース後ダメージが残っていない事を祈り、次走も連勝が途切れることなく突破して連勝でしらさぎ賞へ挑んでもらいたいと願っています。そこで結果をだして是非とも特例の権利をゲットしたいところです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(10)
2014-01-15 23:34 | カテゴリ:マイネエレーナ
5歳12月エレーナ②(1)
ラフィアンMeine Elenaは、野田トレセンに滞在中。中間も与えられたメニューを順調に消化しており、稽古では普段どおりに動けています。「馬自身に余裕が出て、雰囲気は抜群です」と小久保調教師。明日中央との交流競走となる16日(木)和のマルチフェイス特別・ダート1400mに出走。結果が出ている条件で、中央も500万クラスが相手。連勝の期待がかかる一戦です。』

まさか自分の愛馬がJRA交流戦を地方馬としてJRA勢を迎え撃つことになるとは思ってもいませんでしたよ(^_^;) しかし、馬の適性というのは凄いものです。別馬じゃないかと思うくらいの変わりようですから。このElenaの活躍ぶりをみると、一体この世の中の競走馬はどれだけの馬がその馬の適性にあった条件で走っているのだろうかと考えさせられます。 きっとその適性を見出せぬまま引退している馬が多いんだろうなぁと。Elenaはその適性に合った条件に出会うまでにデビューから3年掛った訳です。長かったと言えば長かったけど、Elena自身の適性に合った条件に出会えただけでも幸せだと思います。浦和での2戦は水を得た魚のように気持ちよくスイスイと軽やかに気持ち良く走っています。明日も気持ち良く走れることが出来れば結果は自ずと付いてくると思います。御神本騎手エスコートよろしくお願い致します
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(5)
2014-01-14 00:13 | カテゴリ:ウインエスパシオ
1歳12月ラストパートナー12(1)
2014年1月8日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターで1本のメニューをこなしています。担当者「大きな馬体で、今のところスピードよりもパワーの方が勝っている印象も受けますが、調教の動きは良く、高い能力を秘めていそうな一頭です。今後はこれに加えて手先の軽さが出てくれば、申し分ないですね。近々追い切りも取り入れていく予定です」と話していました。


ウインラストパートナー12は先月同様順調に調整されているようです。馬体が大幅に増えている割にはクラブからの写真を見るとちょっと見てくれの馬体に不満がありますねぇ。もともとこの馬は素晴らしくパンとしたケツが長所の一つでしたが、見るからにごくスタンダードなんだよなぁ。私個人的に思い描いていた馬体には今のところ遠ざかってしまいました。この辺が難しいんですよねぇ。成長過程で良くも悪くも変化するから。まぁ、馬体の見てくれが悪くても走る馬は走るし、見てくれが良くても走らない馬は走らないし、近々追い切りを敢行するようなので次回の近況更新ではいい報告を待ちたいと思います。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-01-12 15:13 | カテゴリ:ウインブルーローズ
1歳11月ハリウッドローズ12(1)
CVFスタッフ『休養前から動きは評判が良く、今回の放牧でさらにパワーアップして帰ってくるのを楽しみにしています。まだ幼いところをみせていた時もあったので、精神的にも成長してくれたらと、期待しています。』

2014年1月8日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昨年末に乗り込みを再開し、坂路をキャンターで1本のメニューをこなしています。担当者「坂路入り当初からしっかりと動けていた馬ですから目立った変化こそ感じませんが、今も変わりなく安定した走りを見せています。休みを入れたことで馬体はフックラとしてきましたし、このままどんどん進めていけそうです。近々、追い切りも取り入れていく予定です」と話していました。



今年初めての愛馬のブログ更新になります。昨年末から仕事上管理する側になってしまい、責任も重くのしかかってくることになり仕事が今まで以上にヘビーになってきたことで平日自由な時間がかなり縮小されてしまったのでブログの更新頻度がガタ落ち(笑) ガタ落ちで済むならいいんですが、場合によっては閉店も考えようかと(^_^;) 仕事の疲れが蓄積され今朝は何と13時間寝てしまいました 1日で約3日分の睡眠時間。相当疲れているようです。そんな疲れを愛馬の走りで吹き飛ばしてもらいたいですねぇ。今年は午年ですから

私にとって今年はウインウイン愛馬の初めてのデビュー年ということでまずはハリウッドローズ12。何事も無く無事に放牧生活を終え、順調に乗り込みを再開。これくらいのコメントがいいんですよ。これくらいの。エイシンべリンダ12のような派手な動き、コメントはBRFGの馬に今の段階では不必要なんでね。エイシンべリンダ12のような馬は私個人的には危険な臭いがプンプンします。この動き、コメントが東サラの馬ならそれは大喜びですよ。エイシンべリンダ12にはお付き合いしているラフィア二ストさん達が出資しているので走ってもらいたいですし、応援してるので今回は私の不安がハズレてくれる事を祈ります。

ラフィアン&ウインと東サラでは極端に大きな違いがあります。その極端に違いのあるクラブにお世話になっている今の私の一口ライフは充実してますよ。色々クラブの特色が見えてきて
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-01-01 02:07 | カテゴリ:一口馬主
新年明けましておめでとうございます
 
昨年は良く愛馬達が頑張ってくれました。特に東サラレッドレイヴンには夢である日本ダービーに連れて行ってくれました。結果は12着ではありましたが、キズナからたったの0.6秒差と体調も万全ではないなかで良く踏ん張ってくれました。その後の心身のダメージを心配しておりましたが、その心配もなく休み明け初戦からディサイファと好勝負を演じ、2戦目を楽勝してくれました。次走は調整に狂いがなければほぼAJCC(GⅡ)になるでしょう。バリバリの重賞級の馬が揃って出走してくることは考えずらいのでここで重賞制覇を期待してます。

東サラレッドセシリアは一昨年の阪神JFを3着し、その後の骨折から昨年夏に復帰していきなり古馬との対戦で3着。秋初戦は骨っぽい相手が揃った上に横殴りの大雨の不良馬場という小柄なレッドセシリアにはどう考えても不利な条件を見事跳ね除け500万下の条件戦を突破、続く昇級初戦もこのクラスでは力上位の馬が揃った1戦だったが直線では飲まれかけたところから一伸びして力のあるところを見せつけた2着。鹿戸調教師はヴィクトリアマイルを見据えてマイルに拘っているとのことなので、次走テレビ山梨杯を突破し、鹿戸調教師の思い、出資会員の思いを乗せてヴィクトリアマイルに挑戦出来るだけの成長を期待しています。いや、挑戦出来るだけではなく勝てるだけの成長に期待かな(笑)

ラフィアンMeine Elenaは一度500万下を勝利したものの降級して再度500万下では善戦はするものの、もうワンパンチ足らずでもう一歩のレースが続いてましたが11月の浦和で行われた交流競走で6馬身もチギる圧勝劇がキッカケで中央在籍を末梢し浦和へ移籍。移籍後の前走もさらに着差を広げ8馬身差の勝利。ここまで行ったら行くところまで突き進んでもらいたいのですが、Meine Elenaは明け6歳の牝馬。クラブの規定では牝馬の場合原則として6歳4月末日でファンドの運用は終了。ただ、馬体状況及び競走成績を考慮し、運用終了日が繰り上がる場合があると規約には明記されているので、この例外措置を受けられるくらいの勢いで勝ち進んでもらえたらと願っています。

この現役3頭の愛馬達が回収率200%近く稼いでくれたおかげで私も金銭的に非常に助かった1年でした(^^ゞ 私は少頭数に複数口出資して一口馬主を楽しんでいるのでリスクを広く分散出来ません。なので数少ない愛馬達が頑張ってくれれば長くこの世界を楽しむことが出来ます。そのお陰でもうかれこれ20年近くこの世界に(笑) 

先日一口馬主の総合情報サイト『一口馬主DB』の代表の記事にこのようなことが書かれてました。『一口10万円以下のクラブ馬の平均回収率は約7割。黒字になる馬は全体の2割未満です。未勝利のまま引退する馬が6割以上います。』 ゾッとする内容ですよ。それだけこの一口馬主という趣味は金銭的には割に合わないものなんです。では、何で続けているのか? ということなんですよね。人それぞれ違うと思いますが。ということでこの記事から私の愛馬を見渡すと良く頑張ってくれてるなとホント思います。黒字になる馬が2割未満、未勝利のまま引退する馬が6割以上なんですから。そんな中で全馬が黒字で頑張ってくれているのだから愛馬に感謝ですよ。現実そこそこ走ってくれなければ長く続けられる趣味ではありませんから。

今年はデビューを控えている愛馬が2頭。ウインウインのハリウッドローズ12 ラストパートナー12も先輩達に負けず活躍を期待してます!

今年はこの5頭の愛馬で一口ライフを楽しんで行きたいと思いますので、本年もお付き合いよろしくお願い致します
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(12)