2014-05-31 23:19 | カテゴリ:レッドレイヴン
P1110568(1).jpg
2014.05.16(ミホ分場)
担当スタッフ「水曜日にこちらに入厩して来て、木曜日は軽く跨ってみました。すぐに戻るようなので、この後も競馬の疲れを取りながら進めて行きます。元々、トモに甘さのある馬で、楽をさせるとすぐに緩くなるので、そのあたりもしっかりケアして行きます」

2014.05.23(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター2400m(20-20秒)。馬体重516キロ。
担当スタッフ「週末、獣医にチェックしてもらったところ、何処と言って痛いところもなく、大きな疲れもないとのことだったので、直ぐに乗り出しました。この後もトモが緩まないようにしっかり乗り込んで行きます。近々入厩予定なので、日によっては距離も延ばして息も作っていきますよ」

2014.05.30(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター2400mを20-20秒。馬体重516キロ。
担当スタッフ「相変わらず右の腰は少し下がっていますが、特に悪い箇所もなく、今はいつでも入厩できるように乗っています」※来週中にも美浦トレセンに入厩予定となりました。


愛馬東サラレッドレイヴンがダービー出走して1年が経つんですねぇ、競馬に携わっていると1年のサイクルが早い 1年前の私はというと正直正気ではなかったですねぇ。なんてったって愛馬が日本ダービーに出走なんですから。勝つことは更に凄い事ですが、出走するだけでも大変なことです。今後日本ダービーに出走出来る愛馬と会えるかどうかと問われれば、まぁ会えない確率の方が圧倒的に高い

先日某クラブの関係者にある馬のダービー出走に関して疑問に思い、聞いてみたんです。そうしたら答えは一言『ダービーだからです。』その決断が良いか悪いかはわかりませんが、これがダービーなんですよ。これが『有馬記念だからです。』『ジャパンカップだからです。』と言われても『えっ!?』と疑問を感じてしまいますが、『ダービーだから』と言われれば納得する部分もありますからね。競馬に長く付き合えば付き合うほどダービーって凄いんだなぁと感じるよ。

そんなダービーは今年で81回目を迎え、東サラレッドリヴェール、ラフィアンマイネルフロストで身近な馬友がお二人明日のダービーに愛馬が出走します。どんな気持ちで今日まで迎えたかは少なからずですが、私も経験したので察します。明日どんな走りを見せてくれるのか?独特の雰囲気と大歓声の中でも持っている力を発揮出来ることを祈っています
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-05-31 01:06 | カテゴリ:マイネエレーナ
P1140691(1).jpg

5/29(木)浦和11R エメラルドカップ(B1・B2 ハンデ)
Ruffian.gif マイネエレーナ 1着

2014年5月30日(金)
マイネエレーナは、5月29日(木)浦和11R・エメラルドカップ・ダート1900mに出走し、うれしい6勝目を手にしました。
坂井英光騎手「ここ2戦は不本意な競馬でしたから、ここで結果を出せてほっとしています。ある程度は良い位置を取って流れに乗ろうと思っていました。逃げ馬に大きく離される展開となりましたが、それ以外はだいたい想定していた通り。この距離でしたから、できれば追い出しをぎりぎりまで待ちたかったのですが、前との距離がありましたから、残られることを警戒して自ら動いて捕まえにいきました。最後はさすがに脚が上がっていましたが、何とかかわしてくれたので良かったです。距離はマイルくらいまでの条件がちょうど良さそうに感じています。イレ込んでいた前走の大井に対し、今回は落ち着いていました。そのあたりも良かったのでしょう」

小久保調教師「この距離で結果を出せたのは収穫です。今日は落ち着きもありましたからね。ここで少し間隔をあけるかもしれませんが、調子は良いですから、このまま厩舎において使っていく方向でいます」

初の1900mで通算6勝目をあげました  私個人的にはこの1戦は正直期待より不安が大きかっただけに嬉しい誤算でした 転籍当初から目標にしていたしらさぎ賞で6着、前走の大井での1戦も6着。しらさぎ賞ではきっちり仕上げてきたと思っていたので今回の1戦は上がり目がないだろうなぁと思っていたのですが、それを初距離で勝たせるのだからさすが南関東リーディングトレーナーの小久保調教師ですね。これが力ある厩舎の厩舎力でしょう。地元浦和だと別馬のように走り、他の競馬場だと中央在籍時のエレーナに戻ってしまう(苦笑) 個性的な馬です(笑) 

お祝いの電話、メール、コメントいただきありがとうございました。今回1900mをこなしたことでレースの選択肢が増えましたのでまた応援お願い致します
2014-05-29 00:42 | カテゴリ:マイネエレーナ
P1150363(1).jpg 
2014年5月23日(金)
野田トレセンに滞在中。前走後も脚元や歩様に気になるところがなく、調教が強められています。29日(木)に浦和で行われる自己条件・エメラルドカップ・ダート1900mへ向かうこととなりました。
小久保調教師「距離は1900mになりますが、この週の開催で自己条件はこの距離しか組まれていません。翌週以降ですと他場開催で確実に出走できる保証がなく、このレースを使う方向で考えています。状態は問題ありません」と。どういった競馬になるか注目しています。


ラフィアンマイネエレーナは、今日5/29(木)浦和11Rエメラルドカップ(B1 B2)に出走します。ここ3戦スムーズな競馬をさせてもらえず2、6、6着と足踏み状態…。今日のレースは距離延長、内枠、手が合っているかわからない鞍上等々不安要素満載(^_^;) 地元浦和の一戦だけに輸送がないのは強みだが、果たして結果はいかに
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(8)
2014-05-27 23:19 | カテゴリ:ウインエスパシオ
[広告] VPS
2014年5月22日(木)
デビュー戦に向けて順調にピッチを上げてきているウインウインエスパシオは、週末18日(日)には同じ厩舎の2歳馬とWコースで15~15秒程度の軽めの追い切りを行っています。今週は、昨日21日(水)はWコースで追い切りがかけられました。相手に指名されたのは古馬1000万下フォンテーヌブローで、5Fから馬体を並べて併走で進みます。4コーナーでは内を回ったこともあり、相手にしっかりと食らいつき、直線では鞍上に仕掛けられはしましたが、最後まで格上の相手に遅れることなく併入でフィニッシュしています。畠山吉調教師「時計は速くはなかったですが、古馬1000万下の相手に最後までくっ付いていけたのは収穫でしした。1頭だとフワフワしてしまうところはありますが、こうして併せ馬だと最後までしっかり走れるようですね。それに追い切りを重ねるごとに動きが良くなってきているのも確かです。来週は1週前追い切りですから、さらに時計を詰める予定でいますので、そこでどのくらい動けるかですね」と語っていました。そして本日22日(木)は追い切り明けということで、軽めの運動が行われていました。デビュー戦は、6月8日、東京日曜5R芝1600mに松岡騎手で向かう予定で変更はありません。


2週前追い切りを終えました。近況にも畠山調教師がコメントしてますが、タイム云々でなく1000万下の古馬によく食らい付いていけたなぁと。時期も時期で2歳の5月ですから目一杯追われて好タイムなど出されても喜べるものではありません。この後は更にレースで目一杯に追われるわけですからね。調教でビシバシ、レースでビシバシではこれからの成長に影響を及ぼしかねない。これくらいでいいんですよまだまだ。千葉セリで畠山(吉)調教師とお話しさせて頂きましたが、ネオユニヴァース産駒特有の気性の怖さもなく、乗りやすい素直な馬と言っていました。併せている時は抜群の手応えなんだけど、抜いて1頭になるとフワフワしてしまうようなので、レースではその辺を松岡騎手に上手く乗ってもらいたいと思います。現在は馬体重500kgを切って、順調そのものとのことでした。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-05-27 05:27 | カテゴリ:レッドセシリア
P1130516(1).jpg
2014.05.21(鹿戸厩舎)
北のダートコースを1周後、坂路1本。
5/21(水) 坂路 67.2-50.6-33.9-17.0 馬なり
鹿戸調教師「今日は北馬場で体をほぐしてから、坂路を17-17くらいのペースで1本乗りました。レースまでは時間がありますし、馬体の回復なども含めてじっくり進めたいので、今週までは楽をさせる予定です。今の坂路は馬場が重たいのですが、しっかりとした脚取りで動けていましたよ。飼葉もちゃんと食べていますし、無理をせずにやっているので馬房でもリラックスしてくれていますね」

2014.05.22(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動。
助手「今日は角馬場でダクだけ乗って調整しました。出掛けの歩様もしっかりしていて、硬さはなかったですよ。トモの踏み込みも良かったですし、このまま続けて行っても問題ないと思います。毛も抜けて肌艶もだいぶ良くなって来ましたね。この後も無理せずに進めて行きます」



レースから約2週間が経過しました。レース中『カーン!』と鳴った不安もどうやら何事もなく済みそうで、やっとホッとしたところです(笑) オークスは東サラレッドセシリアと同じ父ハーツクライ産駒のヌーヴォレコルトが1.3倍のダントツ1番人気のハープスターをクビ差おさえての勝利。距離を伸ばした時がハーツクライ産駒の買い時なんですが、ズバリそのセオリー通りのパフォーマンスを見せてくれました。有馬記念で圧倒的な人気のディープインパクトを破ったのはハーツクライ。今回のオークスで圧倒的人気のディープインパクト産駒のハープスターを破ったのはハーツクライ産駒のヌーヴォレコルト。歴史は繰り返され、ロマンを感じるよ。これで今年のハーツクライ産駒の重賞勝ちは国外GI1勝、国内GI1勝、その他重賞3勝!?と年々産駒のパフォーマンスが上がって来ています。何度か書いていますが元々私はディープインパクトより走る仔を出すと思っていたんですよねぇ、繁殖の質が同等クラスならね。安田記念ではワールドベストレースホースランキングで日本調教馬としての初の単独トップに立ったジャスタウェイが出走予定。どんなパフォーマンスを見せるか!?それだけでも今年の安田記念は楽しみだ。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2014-05-24 20:00 | カテゴリ:一口馬主
DSC_0509(1).jpg DSC_0508(1).jpg
今年も日頃からお世話になっている馬主さんのご好意で千葉セリに参加しました。セリ会場は競馬場や育成牧場とはまた違った独特な雰囲気が会場には漂っています。そして、来場者に提供されるカツサンドが美味い(笑)

今年の来場者はここ数年では多かったようですねぇ、実感はあまりなかったんですが。来場者の顔ぶれを見ると毎年いらっしゃる方と今回初めてお目にする関係者も何名かいました。角居調教師、音無調教師、そして演歌界の大物さん(物凄いオーラを放ってました)など。そして、初めてお目にかかる中にビッグレッドファームグループも来場されてましたねぇ。ラフィアン、ウイン、コスモと。残念ながら岡田繁幸さんは来場されていなかったように思います。そのビッグレッドファームグループは社台生産のペッシュドール12牝(父スペシャルウィーク 母父キングカメハメハ)を600万で落札しました。母ペッシュドールはステイゴールドの半妹という血統。さて、この馬は誰の名義で走らせるのか!? あとシンディの12牡(父ネオユニヴァース レッドメイヴの半弟)がどんな値が付くのか楽しみにしていたんですが、どうやら欠場だったみたい…。

DSC_0510(1).jpg DSC_0512(1).jpg 
私が参加して3年目、毎年絶好の天気に追い打ち掛けて合田さんのマイクパフォーマンスは自然と落札価格が上がっていくんですよねぇ。その甲斐あってか今年も盛況で売却率、売却総額、平均価格、最高価格共に前年以上の売れ行き。すれ違う人達から聞こえてくるのは『高いなぁ…』という声が多く、確かに高い。消費税も上がり、馬主の賞金は増えない現状から一口馬主の方が今はギスギスせずに楽しめるかなぁと。例え地方の馬主資格を取得するにしてもタイミング的には今ではないかなぁと。でも、憧れるけどね一口と付かない『馬主』という響きが(^o^;)

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-05-23 00:05 | カテゴリ:ウインブルーローズ
[広告] VPS
2014年5月15日(木)
入厩後も順調なウインブルーローズは、先週末9日(金)に初めてのゲート試験を受験しました。同厩舎の馬と一緒での受験となりましたが、ブルーローズは枠入り、枠内静止もまったく問題なく、スタートも2度とも普通以上の速さを見せて、文句なしの一発合格をもらっています。高橋祥調教師「前日の練習からも合格は間違いないと思っていましたからね。ブルーローズの合格は順当でしたが、それについていった相手の馬も合格になったので、ブルーローズには感謝しています」と笑顔で語っていました。ゲート試験に受かったことで、いよいよ今週からはペースが上げられることとなり、昨日14日(水)は坂路を楽走で1本。本日15日(木)は坂路で追い切りがかけられました。デビュー戦の手綱を取ることが決まった大野騎手を背に、相手の2歳新馬ネブカドネザルを追走する形でスタートすると、馬なりのまま相手を捕らえ、ゴール前では1馬身ほどの先着を決めてフィニッシュしています。高橋祥調教師「モニターで観ていたら、いい手応えでグイグイ進んでいっていたので、『いいなぁ』と思っていたのですが、出てきた時計を見たら少し遅すぎましたね。ただ、最近の美浦の坂路は時計がかなり掛かっているので、これでもしっかりと負荷は掛かっているはずです。上がり終わってすぐに息が入っていたように、やはり乗り込み量は豊富で体力面も他の馬と比べるとアドバンテージがありますね。大野騎手『いい馬ですね』と話していましたし、いいモノは持っていると感じます。来週からはもう少しピッチを上げていきます」と話していました。なお、デビュー戦は、6月7日、東京土曜5R芝1400mに大野騎手で向かう予定となっています。
 2014年5月22日(木)
先週、大野騎手を乗せて初追い切りを行ったウインブルーローズですが、追い切り後から少しカイバ食いが落ち、今週に入り、19日(月)の夜には40度まで熱が上がってしまいました。その後は治療を行いましたが、翌日20日(火)も39度、昨日21日(水)も午後からは40度6分まで熱が上がり、馬房でもぐったりした様子が確認されています。そして本日22日(木)の早朝は38度台まで下がりましたが、お昼には再び39度6分まで熱が上がってきて、さらには下痢の症状まで確認されています。高橋祥調教師「週末にはカイバ食いも戻って、Wコースで15~15秒を乗っていたほどだったのですが、今週に入り、厳しい状況が続いています。今朝は熱も下がって馬も少し元気になっていたので、峠を越えたかなと思っていたのですが、またすぐに熱が上がってきてしまいました。さすがにここまで高い体温が続くと心配になってしまいます。1日3回の治療をしっかりと行い、状態には細心の注意を払っていきます」と神妙な面持ちで話していました。今後については、まずは熱が下がって体調が落ち着いてからということになりますが、デビュー予定は白紙に戻し、一旦放牧に出すことも検討しています。


この中間突然坂路入りが途絶え、一週前追い切りもやらず。『何かやったなぁ…。』と思っていましたが、結果は熱発。骨や腱などに異常を発するよりかはいいが、どうやら普通の熱発ではなさそうなので心配です。熱発から更に悪化して肺炎までいくと症状によっては生死に関わる状況にもなりかねないので、どうか厩舎スタッフの皆さん最善のケアをよろしくお願い致します 今はただただ回復に向かう事を祈るのみです。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2014-05-19 22:08 | カテゴリ:ウインエスパシオ
2歳5月ウインエスパシオ(1)
2014年5月8日(木)
美浦の12年産の一番手として先週末2日(金)に入厩したウインエスパシオ(父ネオユニヴァース、母ラストパートナー)は、初めての長距離輸送も無事にこなし、輸送熱などが出ることもなく、早速翌日3日(土)からはゲート練習を消化していました。今週は、昨日7日(水)に同厩舎の2歳馬クリックストリームの12と一緒に、南馬場でゲート練習を行っていました。ゲートへの寄り付きも問題なく、入りもスムーズなエスパシオが先に中に入って扉も閉められましたが、その後相手がなかなかゲートに入ろうとしません。5分以上も中で待たされたエスパシオでしたが、その際も動じることはなく、結局相手がゲートに入れなかったことから、1頭でスタートを切りましたが、抜群のスタートを見せ、そのまままっすぐスピードに乗っていきました。畠山吉調教師「やはり牧場でしっかり練習されていだけあって、ゲートは素晴らしいですね。相手はまだ受ける段階にはないですが、他の厩舎のパートナーが見つかればすぐにも試験を受けてしまいましょう」と試験の受験を決めていました。その予告どおり、本日8日(木)に初のゲート試験となりました。昨日同様ゲート入りも中での仕草も問題なく、スタートは2度とも他厩舎の馬よりも速いスピードで出ていき、文句なしの合格をもらっています。「練習通りまったく問題ありませんでしたね。これでデビュー戦へ向けて来週から追い切りを課していけます。牧場の坂路でも軽快な動きを見せていた馬ですし、おそらくこちらでもしっかりと動けるはずですが、今後はコースなども取り入れながら進めていきます」と話す畠山吉調教師でした。ビュー戦は、6月8日東京日曜5R芝1600mに向かうことが決まり、ジョッキーは松岡騎手を予定しています。

2014年5月15日(木)
先週に早々とゲート試験をパスしたウインエスパシオは、今週からペースを上げてきています。昨日14日(水)は南馬場の角馬場からコースでキャンターというメニューを消化し、本日15日(木)はWコースにて追い切りがかけられています。単走でスタートとなりましたが、前を走る他厩舎の馬を目標に馬なりのまま進んでいきます。直線では相手を外から交わして前に出ましたが、その後は強めに追われてもモタモタしてしまい、ラスト1Fは14秒9と時計を要してします。 畠山吉調教師「相手を交わし去るまでは良かったのですが、1頭になったらフワフワしてしまって進んでいきませんでした」と追い切りを説明。続けて、「それでも、コーナーリングなどはスムーズでしたし、平地での走りはまったく問題ありませんでした。息の入りも良かったですし、やはり牧場でしっかり乗られていたという感触を受けます。来週はウチの厩舎の2歳も一緒に追い切りができると思いますので、最後まで併せ馬でしっかりやっていきます」と話していました。



ウインウインエスパシオはもう一頭の愛馬ウインブルーローズと一緒にウインの2歳馬美浦入厩1番手として無事に調整されています。2頭出資して揃って6月の東京デビューに向けての入厩にはびっくりしました。でも、複雑です。何度も書いていますが私は6月東京デビューは賛成出来ないんですよ…。2歳の6月という早い段階で、レースに耐えうる厳しい調教を課し、東京の長い直線を目一杯追われる。2歳馬にはまだ早いんですよ。確かに6月の東京の新馬戦を勝ったイスラボニータが皐月賞を勝利して、ダービーの有力候補にもなっている馬も出現したが、それはそのデビュー戦を勝利して8月末の新潟2歳Sまでゆったりと調整出来たからだと思っています。6月の東京のデビュー戦で勝利を飾れず、詰めてレースを使われることで心身ともに参ってしまい、その後の成長力に影響を及ぼし枯れてしまいかねない懸念を私は抱いています。早期デビューは喜ばしい事だとは思いますが、私にとって6月の東京デビューは色々と不安になってしまいます。その不安を払拭する為にも、使うからにはデビュー勝ちしてくれるといいんだけどなぁ。口で言うほど簡単な事ではない事は重々承知なんだけどね。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(6)
2014-05-18 20:20 | カテゴリ:レッドレイヴン
 5/11(日) 新潟11R 新潟大賞典(GⅢ)
tokyo_hr.png レッドレイヴン 3着
5月11日レース後コメント
柴山騎手「ゲートで隣の馬がうるさくて、待たされている間に変に気が入ってしまいました。なるべくリズム良く運ぼうと思っていたので、馬の気持ちに任せての位置取りで進めましたが、折り合いもつきましたし、外枠でもスムーズな競馬はできました。ただ、最後もバランスが悪くなるようなところがありましたし、まだ弱いところはあるのかもしれません。もっと直線の短いところで一瞬の脚を使うような競馬がいいのかもしれないです。何とかしたかったのですが、期待に応えられなくてすみません」

2014.05.14(藤沢厩舎→ミホ分場)
運動のみ。本日、ミホ分場へ放牧に出ました。
藤沢調教師「新潟コースの適性もあったかもしれませんが、福島の時と違ってパドックから落ち着きがなかったですし、ゲートで待たされたのもあってずっと力んだ感じの走りでしたね。もっと頑張れる馬なだけに歯痒いところはありますが、精神的にもまだ成長の余地があるということだと思います。テンションも上がってきたので一度放牧に出して、次走7/6(日)函館11R・巴賞(芝1800m)を考えています。性格的に滞在はいいでしょうし、コースの適性もありそうですからね。そこを目標に戻す予定でいます」


昨日は東サラ所属の東サラレッドスパーダが京王杯スプリングCに出走し、見事1着で重賞3勝目を上げました。8歳にしてなおも重賞を勝つ馬持ちたいですねぇ。重賞でなくても7、8歳になってもまだ勝ち負けになるそういう馬を一口馬主を始めた当初から念頭に愛馬探しをしていますが。出資したら長いお付き合いをしたいですからね(^^ゞ

さて、東サラレッドレイヴンは今回の新潟大賞典で重賞1番人気が3回。しかし、重賞は未勝利…。歯がゆいですねぇ、もどかしいですねぇ(笑) もう1番人気は要らないので、ホント1着が欲しいです。資質はピカイチのはずなんだけど、今の藤沢厩舎の厩舎力が足らないのかねぇ。先日会った某スポーツ紙の美浦担当の競馬記者に聞いたけど、乗り役スタッフに少々問題がありそうだわ。今更のことではないので、ここでは書かないけど。ということで柴田(善)騎手には上手くお付き合いしてもらいたいね。ノリさんみたいな関係にならないように(笑)

パドックではさすがに鳴くことはなくなったけど、相変わらず目が血走り、チャカチャカ、汗ポタポタ…。あれではレース前に消耗してしまう。レースで先着許したマジェスティハーツ、ユールシンギングはどっしりと歩いて、力を内に秘めていました。この違いだけではないとは思うけど、ゴール前で結果として表れてしまう。

スポット騎乗だった柴山騎手はもう一息追い出しを我慢して欲しかったけど、テン乗りにしては合格点をあげられる騎乗だったと思う。次走は函館の巴賞を予定しているとのこと。この条件はいいよねぇ。強い競馬見せてくれる事を楽しみに待ちたいと思います。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2014-05-17 11:03 | カテゴリ:マイネエレーナ
[広告] VPS
5/13(火)大井11R 中央交流メトロポリタンメイカップ
Ruffian.gif マイネエレーナ 6着

坂井英光騎手「1400~1500mの条件を使っていた分もあるのか、スタート直後の行き脚がいまひとつでしたが、スピードに乗ってからの走りは良かったです。どこをさばいていくかという状況の中、追走に余裕はあったのですが、直前の馬が進んでいかず、外からもふたをされてしまうような格好となり、道中で動いていけなかったのが痛かったです。ラスト脚を使っていただけにもったいない競馬となってしまって。1200mの距離も問題のない馬です」

小久保調教師「実力を発揮できずに終わってしまう、残念な結果でした。この内容ですから、大した疲れは出ないでしょうし、今後の状態も見て問題がなければ、間隔を詰め次走へ向かうことも検討します」

  2014年5月16日(金)
ラフィアンマイネエレーナは、野田トレセンに滞在中。戻ってからは軽めのメニューで回復が促されています。次走は状態に問題なければ、26日(月)から始まる浦和開催になる見込みです。


う~ん、残念…。最後は来てるんですが、スタートが良くなかったのと馬込みで上手く競馬を出来る馬ではないので前走に引き続きこの馬には最悪のレース展開になってしまいました 。それと動画見てもらうとわかりますが、輸送競馬で環境変わるとエレーナはこのようにイレ込みが激しくなってしまうのは今でも変わってない…。浦和ではパドックも大分落ち着いていますからねぇ、その辺が浦和での連勝に結びついているのは間違いないと思う。浦和オンリーでは今後の選択肢が狭まってしまうので浦和以外の競馬場でも頑張ってもらいたいね。 外からスムーズに捲り加減で走れれば別馬のような走りをするのでまた別馬に変貌する日を待ちたいと思います(笑)レース後に顔見知りの社台のスタッフさんに会いましてスタッフさんは『何でこの馬がこのレースに出て来てるのかと思ってたんですよねぇ。この馬1200mの馬じゃないでしょ』と。他のクラブの馬の事も頭に入ってるんですねぇ。さすが社台 

この日は久しぶりに馬友達が現地に応援にきてくれまして、レース後は反省会へ。ラフィアンウインサンデー社台キャロット東サラシルクの一口馬主、個人馬主、某スポーツ紙競馬記者入り乱れてのトークは 楽しかったなぁ。でも、だいたい負けレースの日は競馬の話はあまりしないんですけどね(^^ゞ 応援に駆け付けてくれた馬友の皆さんありがとうございました
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-05-16 01:28 | カテゴリ:レッドセシリア
5/11(日)東京9R 湘南S(1600万下)芝1600m
tokyo_hr.png レッドセシリア 15着


5月11日レース後コメント
蛯名騎手「内枠だった事もあり、一度下げて競馬をしたくなかったので、前目の位置を取りました。今は内側の馬場は下がボコボコして走りにくい感じもあるのですが、下を気にするような素振りも見せずに道中は運べました。ただ、4コーナー付近で躓いてしまって・・・。躓いた時にはカーンと音が鳴って故障したかと思ったほどで、そこから全く手応えが無くなってしまいました。無理をさせたくなかったので最後はやめる形にしましたが、本来なら直線の狭いスペースも、小脚を使って内から縫うように出てこられたと思います。とりあえず上がって来た際に歩様などには異常を感じませんでしたが、このような競馬になってしまってすみません」
鹿戸調教師「マークが厳しくなり、接触があったりしてタフな競馬になってしまいました。蛯名騎手もレース途中で躓いたことを気にしていたので、厩舎に戻してから歩様や脚元など、状態に異常がないかしっかりと確認したいと思います」

2014.05.14(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
鹿戸調教師「先日のレースでは4コーナーで2度躓いてしまい、上がりの歩様は問題ありませんでしたが、帰厩してから入念に脚元をチェックしました。今のところ、歩様はこれまで競馬を使った後と変わりありませんし、脚元にも異常はありませんでした。レントゲンを撮る事も考えましたが、撮る必要はなさそうですね。ただ、以前に骨折している馬だけに、この後も慎重に進めたいと思います。今の東京は内も馬場が悪くなっているので、この後は6/14(土)の函館11R・HTB杯(芝1800m)に三浦騎手で行く予定です。洋芝の開幕週なので、クッションが利く馬場で脚元の負担も軽減されると考えています」

2014.05.15(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動。
助手「昨日の午後からのチェックでも歩様は問題なく、飼葉もこの馬なりに食べてくれていましたよ。状態も崩れているわけではないので、今日から乗り出して角馬場でダクを踏みました。出掛けは少しコツコツした感じはありますが、先週追い切った翌日の歩様と変わりありません。先生からは今週と来週は馬の状態を見ながら楽をさせたいと指示を受けているので、無理をさせずに進めてあげたいと思います」



東サラレッドセシリアが15着と初めて崩れました…。先日も書いた通り馬の間を割る時に躊躇するところがある馬なので内枠は嫌だなぁと思っていたのですが、思っていた以上の結果と内容になってしまいました。『躓いた時には「カーン」と音が鳴って故障したかと思ったほど』と蛯名騎手のコメントを見て正直やっちゃったなぁと思い私は覚悟決めてました。なるべく軽傷であって欲しいとビクビクしながらクラブの近況を確認したところ、『脚元に異常なし』。いやぁ、嬉しい誤算とはこのこと。助かったわぁ。でも、来週一杯は正直なところ安心出来ない。怪我の症状はすぐには出ない事もあるから。引き続きセシリアの脚元に何事もない事を祈りたいと思います。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2014-05-13 00:25 | カテゴリ:マイネエレーナ
しらさぎ賞(1)
2014年5月9日(金)
ラフィアンマイネエレーナは、野田トレセンに滞在中。前走後も特に疲れは見られず、順調にペースアップされています。13日(火)大井11Rメトロポリタンメイカップ・ダート1200mに出走します。

登録だけで出走は半信半疑だったのですが、エレーナ繋がりの馬友さんから『KIKANBOUさん入りましたよ~!』とメールが届き出走することを知りました。いやぁ、うちの愛馬達が賑やかで賑やかで2歳馬から古馬まで全馬5頭が入厩しており、一昨日日曜は東サラ東サラ愛馬2頭が出走、そして本日13日(火)ラフィアンマイネエレーナ、そしてウインウイン2歳2頭の新馬戦が6月7日(土)、8(日)各1頭ずつがスタンバイ、愛馬以外でもこの間オークスがあり、競馬の祭典日本ダービーもある。いい意味で滅茶苦茶忙しい一口馬主ライフに。いいことですよ、こうやって愛馬達が頑張って走ってくれるということは。週末だけでなく平日まで楽しませてもらえるのですから。「愛馬が走る」それが一口馬主としての一番の楽しみ。その走りに対して私は気持ちを込めてエールを送る。ということで今日は大井で出走するマイネエレーナの応援に行きたいねぇ。でも、こういう時に限って突発的に仕事が降ってくるんだよなぁ(笑)
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2014-05-10 22:00 | カテゴリ:レッドレイヴン
中日 レイヴン
2014.05.07(藤沢厩舎)
乗り運動後、ウッドコースで追い切り。
5/4(日) ウッド 52.7-38.5-12.5 馬なり
5/6(火) 坂路 62.2-45.5-30.0-15.2 馬なり
5/7(水) ウッド
内レッドレイヴン 70.2-54,4-39.6-12.2 馬なり
外ホーカーテンペスト 71.0-55.0-40.0-12.2 馬なり
柴山騎手「今日はウッドコースで追い切りました。追走する形でしたが、道中もしっかり折り合って脚を溜める事ができましたね。スピードを上げて行く時も楽な手応えで、最後も手前を替えるとグッと沈み込むフォームでとても良い走りでした。以前に乗せてもらった時よりバランス良く走れていますし、重心もしっかりしていて走りにブレがなくなって来ています。ここまで厩舎スタッフや柴田善騎手がしっかりと馬を作って来てくれて、良い状態に仕上がっていますし、今回はチャンスを頂いたので結果を出せるように頑張ります」

2014.05.08(藤沢厩舎)
北のダートコースを1周。
助手「今日は昨日追い切った馬達と、北馬場で軽く乗って調整しました。使って来てはいますが、テンションが高くなり過ぎている感じはないですね。それでも気合乗りは伝わってきます。以前は馬自身が焦っていたような時期もありましたが、全体的に余裕が出て来て、今はそういった面は見られません。明日の早朝に新潟競馬場へ移動し、土曜、日曜と乗り運動をしてレースに向かいたいと思います。何とか重賞タイトルを取らせてあげたいですね」


東サラレッドレイヴンが明日新潟11R新潟大賞典(GⅢ)に出走します。斤量はなぜだか重賞ウイナーより重い56.5kg…。56kgが妥当でしょ。藤沢調教師も『ハンデ微妙…』と納得いかないコメントを出してますし、ハンデキャッパーから説明を聞きたいよ。でもね、藤沢調教師が『秋は大きいところに』と言っている位の馬ならこのメンバーでこの斤量は克服してもらわないとOP大将で終わってしまうからね。

鞍上はきっと今回のみのスポット騎乗になるであろう柴山騎手に。柴山騎手にとっては久々の重賞制覇へ向けチャンスが回って来たといった感じでしょう。2009年ヤマニンキングリーで制した札幌記念以来になるわけだから、ここは気合いが入っていると思いますよ。先週3勝、今日も1勝ということで自身も調子が良さそうなのでいいタイミングでの騎乗。決めてもらいたいですね。

色々調べていたらグラスワンダー産駒のオースミグラスワンがこのレース2勝していたんですね。グラスワンダーはレッドレイヴンの伯父ですからね。もしかしたらレッドレイブンこの舞台適性抜群だったりして

明日は東サラレッドセシリアも東京で出走。両馬共に好勝負必至だけに体が二つ欲しいよ…。





【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-05-10 18:19 | カテゴリ:レッドセシリア
P1140105(1).jpg
2014.05.07(鹿戸厩舎)
ダートコースを半周後、ウッドコースで追い切り。
5/4(日) 坂路 54.0-39.6-25.9-12.8 馬なり
5/7(水) ウッド
内レッドセシリア 68.6-53.6-40.0-12.8 馬なり
外サンバークレー 69.3-54.0-40.0-12.8 馬なり
助手「今日は乗り運動後、ウッドコースで追い切りました。今週がレースですが、あまりビッシリやると体重が減り過ぎてしまうので、少しセーブして追い切りました。そこまで速い時計は出していませんが、道中の手応えはとても良かったですよ。この子は本当に操縦しやすく、こちらが指示してからの反応も良い馬なので扱いやすいですね。馬の状態は良いですし、気合も乗って来ているので出走態勢は整いました。前走は昇級初戦でも十分に力が通用するところを見せてくれたので、今回はメンバーも揃いましたが、得意なコースなので結果を出したいですね」

2014.05.08(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動。
鹿戸調教師「今日は追い切りの翌日なので、いつものように隊列を組んでダクだけ乗って調整しました。歩様にも硬さは見られなかったですし、追い切った後もスムーズですね。体重は少し減ってきていますが、見た目には細い感じはないですよ。想定を見たところ、除外の可能性がありますね。東京マイルは得意の舞台なので、何とか抽選を突破して欲しいところです」



東サラレッドセシリアは無事に抽選を突破して予定通り明日の東京9R湘南Sに出走する事になりました。週初めには週末の天気が怪しかったのですが、その不安も解消され明日はピーカンでパンパン馬場のレースになりそうなので舞台は整った感じです。ただ、枠が2枠3番と多少内過ぎるのが少々不安と言えば不安。内々にこだわってしまうと馬と馬の間を割って来る時に躊躇する癖があるので、その差が接戦になった時に結果として出てしまうと悔しいですからね。かといって内からカニ脚で外へ外へと進路を変えるのもロスと言えばロス。さぁ、明日蛯名騎手がどんな騎乗をしてくれるのか 今回はこの一戦だけの騎乗の予定ですから同じレースに三浦騎手もレースに参加するので蛯名騎手には「セシリアはこうやって乗るんだよ」とか『セシリアはこんな乗り方も出来るんだよ』というのを教えられるような騎乗をみたいものです。来週のヴィクトリアマイル(GI)に登録も済ませているだけにここは蛯名騎手に課せられたことは勝利でしょうから、明日は決めてくれるでしょう。ここは勝って欲しいですが 連闘でGIはねぇ…。ここまで大事に育ててもらっているだけにヴィクトリアマイルは来年でいいとは思うのですが。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-05-10 01:22 | カテゴリ:ウインブルーローズ
P1140182(1).jpg
2014年5月8日(木)
美浦の12年産の一番手として先週末2日(金)に入厩したウインブルーローズ(父キンシャサノキセキ、母ハリウッドローズ)ですが、長距離輸送の影響からトレセン到着後は腹痛に悩まされています。入厩翌日3日(土)も便が詰まっている状況から、診療所で治療を行っています。その効果が少しずつ出始め、翌日4日(日)から少しずつ回復傾向に向かい、週明けには元気な姿も見せるようになっています。
高橋祥調教師「初めての長距離の移動ということで、こうなってしまったのでしょう。でも、早く気付いてあげられて大事に至らなかったのは不幸中の幸い。調整に狂いはなく、今週から乗っていけそうです」とホッとした表情で話していました。今週6日(火)からは馬場で乗り始め、昨日7日(水)は初めての坂路入りを行い、本日8日(木)は同厩舎の2歳2頭と3頭でゲート練習に臨んでいます。ブルーローズは、枠入りも枠内静止も問題なく、スタートも速く、3頭の中で1番に飛び出していきました。
高橋祥調教師「今日初めての練習だったのですが、抜群に速かったですし、ゲート動作もまったく問題ありませんでした。こんなことなら、今日試験を申し込んでおくべきでした」と後悔の表情を見せていましたが、「それでも、明日は問題なく受かるでしょう。他の2頭はまだ速くはないのですが、ブルーローズが引っ張っていってくれれば受かる可能性がありますので、ブルーローズにはそういいう意味でも期待しているんです」と話していました。なお、デビュー戦は、6月7日(土)東京土曜5R芝1400mの予定となっています。


2014年5月9日(金)
ウインブルーローズは、本日9日(金)にゲート試験を初受験し、見事一発合格を決めています。


ウインウインブルーローズと会ってきてからまだ約1が月しか経っていないのに入厩、ゲート試験とトントン拍子でデビューに向けての過程を順調にこなしています。同時に入厩したウインエスパシオと比べて、先に坂路入りしたのがブルーローズだったものでブルーローズは無事に長距離輸送をクリアし、トレセンの環境も問題なかったのかと思っていたら腹痛を起こしていたんですねぇ。でも、厩舎スタッフのお陰で大事に至らずまずはホッとしましたよ。

いよいよ具体的にデビューの予定が発表になりました。いやぁ、初日の東京ですか。6月の東京デビューだけは避けたいと思っていたら2頭共6月デビューになってしまいました。でも、これは贅沢な悩みなんだよね。なかなか入厩出来ない馬やデビューが3歳になってからとかいう馬も沢山いるなかでこれだけ早くデビューを迎えられるんだから。さて、鞍上は誰になるのかな!?
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-05-07 00:26 | カテゴリ:レッドセシリア
セシリア 初音S
2014.04.18(ノーザンファーム天栄→鹿戸厩舎)
軽めのキャンター2400m、週2回坂路(ハロン14~13秒)。
来週の帰厩予定となりましたので、坂路を週2に増やしペースも上げています。目標レースが決まっていたので、ほぼ予定通りにメニューを消化してこれました。輸送で馬体は減ると思いますが、こちらでは440キロ台まで戻せたので、前回同様良い形で送り出せると思います。

2014.04.25(鹿戸厩舎)
乗り運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路1本。
4/25(金) 坂路 63.3-47.1-31.7-16.0 馬なり
鹿戸調教師「昨日入厩しました。今日は坂路を1本乗って調整しています。初日と言う事もあり、上がって来てから乗り替わる時には元気に跳ねていましたが、これで乗り込んで行けば落ち着きも出てくると思いますよ。今回は歩様も良いので、このまま硬さが出ないように進めて行きたいと思います。入厩後も飼葉はしっかり食べていますし、週末に少しやる予定でいます。この後もレースに向けて進めて行きます」

2014.04.30(鹿戸厩舎)
ダートコースを半周後、ウッドコースで追い切り。
4/27(日) 坂路 58.1-42.7-28.2-13.9 馬なり
4/30(水) ウッド
内レッドセシリア 52.6-38.7-12.1 強め
外アールデュラン 52.8-38.7-12.1 一杯
助手「今日はダートコースを半周して体をほぐしてから、ウッドコースで追い切りました。運動に入るまでは歩様はコトコトしていましたが、いつもの事なので心配はしていません。追い切りは追走する形でやりましたが、楽な手応えで相手を見られていましたし、スピードの上がるところでも馬自身がスッと上がって行ってくれますね。今日はそこまで速い時計は出していませんが、手綱を緩めればまだまだ出そうな手応えでしたよ。相変わらず稽古の動きは良いですね」
鹿戸調教師「体重管理が難しい馬なので、今日の追い切りもウッドコースでサラッとやった程度でした。動き自体はしっかりしていたので、この後も来週のレースに向けて状態を上げて行きたいと思います。デビュー戦で乗っていて、この子の持ち味を知っているので、今回の鞍上は蛯名騎手にお願いしました」

2014.05.01(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動。
助手「今日は追い切った翌日ですが、思っていたより歩様に硬さもなく、スムーズにダクを踏めていました。気合も出て来ていますし、状態は良くなっていると思います。上がって来てから乗り替わる時に少しチャカチャカしたりしていますが、元気がある証拠ですね。馬自身、余裕があるのだと思います」



レッドレイヴンに続いて東サラレッドセシリアも久々の記事になります f^_^; 出資会員さんはご存知の方も多いと思いますが、競馬〇〇の法則なる雑誌の某コーナーにレッドセシリアが登場していました。分かってはいますが、厩舎関係者の期待が大きいことを改めて実感しました。その期待に応えるべく、まずは今週出走予定している湘南Sを無事に通過して欲しいですね。何やら週末の天気が怪しいとの事…。何とかパンパンの良馬場で走らせてあげたいので競馬の神様どうか雨は月曜日からでお願いします
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(6)
2014-05-04 19:08 | カテゴリ:レッドレイヴン
レッドレイヴン 馬友(1) 
2014.04.16(藤沢厩舎)
北馬場で軽く乗る。
藤沢調教師「やっとすっきり勝ってくれて良かったです。中京の時のように、揉まれるとまだ気を遣うところがありますが、スムーズな競馬ならあれくらいはやれますね。今のところはガクッときた感じもないですよ。秋に向けてもう少し賞金を持っておきたいので、問題なければこのまま続戦させるつもりでいます。5/11(日)の新潟・新潟大賞典(芝2000m)か、5/17(土)の京都・都大路S(芝1800m)あたりを目標に進めていきます」

2014.04.17(藤沢厩舎)
北のダートコースを1周。
助手「今日は北のダートコースにてダクとハッキングを交えて1周しました。出掛けは少し硬い感じはありましたが、時間が経つと気になる感じはなくなりましたし、レースでのダメージは最小限で済んでいますよ。レース後ということもあり、まだ気合は乗っていますが、うるさい感じはしませんね。連戦で疲れている感じも見せていませんし、このまま厩舎に置いて進めて行くので、コンディションをしっかり整えてあげたいと思います」

2014.04.23(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク、その後坂路2本。
4/23(水) 坂路
1本目 65.9-49.3-33.1-16.8 馬なり
2本目 60.2-43.9-28.8-14.3 馬なり
助手「今日は坂路を2本乗りました。馬場が重かったので2本目の最後だけ少し出しておきましたが、走りもしっかりしていますし、状態としては問題ないと思います。使った後もダメージが残らなくなって来ているので、このまま順調に乗り込んで行けそうですね。週末あたりからまたペースを上げて仕上げて行く予定にしています」
藤沢調教師「だいぶ馬体もしっかりして、続けて使っても問題なくなって来ましたね。これなら詰めて使っても大丈夫そうなので、今のところ5/11(日)の新潟11R・新潟大賞典(芝2000m)に行くつもりでいます」

2014.04.24(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
4/24(木) 坂路 63.1-46.8-30.7-14.9 馬なり
助手「今日は坂路を15-15くらいで上がりました。問題なく順調ですね。腰やトモの感じもしっかりしていますし、踏み込みも良く、歩様も問題ないですよ。鳴くこともなくなってきて、普段からテンションが上がらなくなっているのは良い傾向だと思います。前回のパドックなどでもだいぶ落ち着いて周回できるようになっていましたからね。このまま競馬まで乗り込んでいきたいと思います」

2014.04.30(藤沢厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで乗る。
4/27(日) 坂路 58.2-43.7-28.5-13.8 馬なり
4/29(火) 坂路 62.1-45.7-29.8-15.0 馬なり
4/30(水) ウッド 68.8-53.3-40.0-13.7 馬なり
柴田善騎手「今日はウッドで乗りました。前を行っている馬を大きく追いかけて、直線もいつでも抜き去るくらいの手応えでしたが、今日はそこまで負荷をかけなくてもいいということもあって、並べずに走らせました。走りが良くなっていますね。道中も気合が入りながらも、こちらの指示を待つ余裕がありますし、仕掛けたらビュンと加速して行きそうな感じでした。前走あたりから何かきっかけを掴んだようで、こちらの期待通りに良くなってきましたね。いい感じで来ていると思います」
藤沢調教師「今のところ、来週の新潟に柴山騎手で行く予定にしています。馬もさらに良くなって来ているので楽しみですね」

2014.05.01(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日追い切ったので、今日は北馬場で軽く乗りました。トモの筋肉の張りや腰の感じも良いですし、良い状態をキープできていると思います。飼葉もがっつくわけではないですが、この馬なりに食べていますしね。暖かくなってきたのもありますが、馬体の張り艶もいいですし、充実期に入ってきたのかもしれません。このまま来週に向けて仕上げていきます」



ウインウイン2歳馬見学で北海道行ってたり、ラフィアンマイネエレーナの地方重賞出走があったりとBRFGの愛馬達に話題が集中してしまい東サラ東サラ愛馬の近況更新が久々になってしまいました

その間、東サラ愛馬達の次走出走などが決まり、このレッドレイヴンは来週の新潟大賞典(GⅢ・ハンデ)芝2000mに向かう事になりました。43頭も登録してるようなので一体どんなメンバー構成になるのやら。

でも、相手がどうのこうのというより今回主戦である柴田(善)騎手から柴山騎手に乗り替わるということで不安ありますねぇ。地方から中央へ移籍してきた時はもっとやれる騎手だと思っていたんだけど、1番人気ロックドゥカンブで挑んだ菊花賞では下手に乗って惨敗、畠山(吉)厩舎所属からフリーになったりしたあたりから何だかパッとしなくなった。

柴山騎手!ここはチャンスだよ。ここで結果出して、是非存在感をアピールして欲しいものだ。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(6)
2014-05-03 19:06 | カテゴリ:マイネエレーナ
[広告] VPS
4/30(水) 浦和11R しらさぎ賞(SⅢ)1400m
Ruffian.gif マイネエレーナ 6着


坂井英光騎手「1コーナーで外へ弾かれてしまう距離ロスがありました。状態は良かったと思うのですが、メンバーもかなり強力でしたので、今回についてはそのあたりも結果に影響したのではないでしょうか。力はありますから自己条件に戻れば、と思っています」

2014年5月2日(金)
マイネエレーナは、野田トレセンに滞在中。一昨日のしらさぎ賞は上位勢の強さが目につくものでしたが、一方、他の強豪に先着する力を見せ、今後の活躍も期待できる一戦でもありました。在厩のまま次走に備えて状態を整えていく予定です。

DSC_0439(1).jpg  
この日はちょっと用事があり、浦和競馬場へ行く前にウインウインの事務所を訪問。長居するつもりはなかったんだけど、 愛馬のことはもう2頭共に入厩なのでそれほど話さず、愛馬の事よりクラブ全体の話やクラブとJRAの関係(過去と現在)をテーマにした話で盛り上がってしまって事務所を出たのが1時間後。あっという間だったので中身ある話が出来ました。

浦和競馬場到着 まさかこれほどまでに浦和競馬場に通うことになるとは思ってもいなかったねぇ。今では美味しい焼き鳥屋さんを見つけたよ 

P1140983(1).jpg P1150099(1).jpg 
いよいよマイネエレーナ登場!        眼光の鋭い小久保調教師がエレーナのデキを確認中

中央在籍時は二桁着順が続いてもう引退宣告を受けても不思議ではないところまで落ちていった馬が地方重賞で1番人気ですよ。ジーンときたわ。パドックを見渡すと顔見知りのオーナーさんが結構いましたねぇ。平日の月末なのに皆さん愛馬が出走となる人気あるなし関係なく、どうにかしてでも応援に駆け付けるんですねぇ。まぁ、私も周りからそういう目で見られてるのでしょう。

その時このレースに出走しているショコラヴェリーヌのオーナーさんが挨拶に来まして『お久しぶりです!今日はごめんなさいね(笑)』 どういう意味かすぐわかった私は『どうも御無沙汰しております。うちは初めての一線級とのレースなので(苦笑)そんなに状態いいんですか?』 『今日は勝つよ!』 ということでいい情報が聞けたのでエレーナからショコラヴェリーヌの馬券も買うことに(笑)

結果は6着…。正直圧勝するイメージも湧いていただけに残念な結果になってしまいました。スタート後に両側からパチンされて下げざるをえなく、1~2コーナーでは前の馬に弾かれてしまい初の重賞挑戦はスムーズな競馬をさせてもらえず終わってしまった。勝ったのは出走馬で一番斤量を背負っていたレッドクラウディア。勝ち馬とは斤量6kg差ですから勝った馬は強かった。エレーナに勝てるだけの力があれば不利があったとはいえ、もっと着順はあげられていたと思うので、現状言い訳なしの完敗です。今回は直前になって騎手が乗り替わるなど、どうもレース前から勝ち運に見放されていた感もあり、自己条件から仕切り直してまた重賞へ挑戦してもらいたいです。

応援してくださった方々、ありがとうございました 
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)