2014-11-29 02:49 | カテゴリ:レッドレイヴン
2014.11.12(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
11/12(水) 坂路
内レッドレイヴン 55.7-40.5-26.8-13.8 馬なり
外ミッキーユニバース 55.9-40.5-26.8-13.6 馬なり
助手「先週帰厩しました。今日は雨で馬場が悪かったのですが、元気が有り余っているようで、終始良い手応えで坂路を上がって来ましたよ。さすがに息遣いなどはまだまだこれからという感じでしたが、トモにも気になるところはなかったですし、良いリフレッシュになって戻って来たようです。昨日は全休明けという事もあってうるさいところを見せていましたが、今日はそれほどでもなかったので、また慣れてくれば大丈夫だと思います。あまりテンションを上げたくないので、そのあたりは気を付けて進めていきたいですね。馬体重は516キロです」
藤沢調教師「大きく変わった感じではありませんが、良い状態で帰って来たと思います。まだ能力のすべては出していないと思っているので、ここからはゲートも含め、競馬で力を出せるようにしっかり仕上げていきたいですね」
※次走は12/21(日)の中山11R・ディセンバーS(芝1800m)を予定しています。

2014.11.19(藤沢厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで追い切る。
11/16(日) ウッド 68.1-52.2-39.7-13.8 馬なり
11/19(水) ウッド
内レッドレイヴン 56.7-41.3-13.4 馬なり
中アピア 57.1-41.6-13.2 馬なり
外サトノオー 58.0-42.4-13.5 強め
助手「今日は後ろから出て、前の馬を応援するような形で乗りました。元々並べる予定ではなかったので、遅れは気にしなくて大丈夫ですよ。まだ息遣いやトモの踏み込みなどは本当ではないですが、日曜日にもある程度やっていますし、ひと追いごとに良化してきていると思います。今週に入ってからは先週までのようにうるさいところもあまり見せなくなっていて、落ち着きが出てきたのも良い傾向ですね。寒くなってきましたが毛ヅヤも良く、状態は問題ないのでこのまま乗り進めていきます」

2014.11.26(藤沢厩舎)
坂路下馬場で運動後、坂路で追い切り。
11/26(水) 坂路
内スピルバーグ 56.6-41.4-27.7-14.5 終い強め
外レッドレイヴン 57.1-41.7-27.8-14.5 馬なり
助手「今日は坂路にて先行して追い切りました。後ろからスピルバーグが勢い良く来た時もムキになってハミを噛んでしまうような事はなく、落ち着いていましたし、最後もしっかりした手応えでした。まだ体には余裕がありますが、トモもしっかりしていますね。ここまではこちらの思うように状態を上げられて来ていると思うので、このままレースに向けて進めて行きたいですね」※次走の鞍上は柴田善騎手を予定しています。

DSC_0980 (1)(1) DSC_0979(1).jpg
先週久しぶりに東京競馬場の来賓室で一日競馬観戦をしてました。たまにはいいですね、優雅に競馬観戦も。一般席周辺では味わえないおもてなしを受ける事が出来るので(笑) 今回で3回目くらいだと思いますが、今回のダービールームは初めて。

DSC_0977 (1)(1) 
各部屋に歴代のダービー馬の名がルームネームになっており私の部屋はキングカメハメハとネオユニヴァースの2部屋でした。

DSC_0976(1).jpg 
8Fからの眺め。もう見えないところはありません。馬が小さく見えてゲームのダビスタのようだった(^_^;) 正直一般席の方がレースの迫力を感じるかな。

DSC_0982 (1)(1)
昼食は毎回恒例ですがホテルオークラのお弁当が頂けます!

さて、東サラ愛馬レッドレイヴンですがディセンバーSから始動開始です。今週スピルバーグのジャパンカップ最終追い切りのパートナーに指名されたようで元気な姿を確認出来ました。このまま順調にレースを迎えられることを願ってます。ここを弾みの一戦として、来年飛躍の年にしてもらいたいですからね。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2014-11-24 00:27 | カテゴリ:ウインエスパシオ
2歳10月ウインエスパシオ②(1)
2014年11月20日(木)
先週の福島では、4コーナーで外に振られる不利がありながらも、最後は前に迫る脚を見せたウインエスパシオ。それでも、ラストは勝ち馬に僅かに及ばず、またしても2着惜敗となってしまいました。畠山吉調教師「勝てた競馬だったんですけどねぇ」と悔しさを滲ませていましたが、「それでも安定して力が出せるようになりましたし、もう順番は回ってくるでしょう。次こそしっかり決めたいと思います」と次走へ気持ちを切り替えていました。レース後は、多少の疲れはあるものの、球節などにはダメージはなく、本日20日(木)から乗り運動も再開しています。なお、次走は、中2週で12月6日、中山土曜3R芝1800mに松岡騎手で向かう予定となっています。


2歳10月ウインエスパシオ①(1)
キャロットキャロットの馬は走る馬多いですねぇ、また勝ち方のインパクトが強い。そしてシルクシルクもジワリジワリと勝ち星を量産して来てるなぁと。さて、ラフィアンラフィアンは!? なんか元気ないなぁと思ってちょっと調べてみたらビックリした結果が目に入って来ましたよ。リーディングオーナーランキング7位 かつて10年以上前は社台社台サンデーサンデーRに食い下がり2位、3位の常連だったはずのラフィアンが今となっては個人馬主にも抜かれ、キャロットだけでなくシルクにもアッサリ抜かれた。岡田繁幸代表から息子に交代した事が影響しているのかどうかわからんが勝ち星は明らかに減ったからね。そして、走ってるなぁと印象強いキャロットですが、まだ今年も1カ月以上あるので暫定ですが社台、サンデーRを押さえてとうとう1位ですよ。そりゃ、会員が増える訳だ。馬は走るは、クラブのサービスは充実してるはと1位にふさわしいクラブだと個人的には感じてる。このままだと更にBRFGとの差は開く一方だろうなぁ。今の経営方針を貫くのなら(^_^;)
 
さて、愛馬ウインウインエスパシオですが、次走も惜しい着差で2着。私個人的にはここは結果勝っても負けても鉾田TCでリフレッシュと思っていたのですが、クラブからは続戦とのこと。6月デビューし、途中ケガで放牧を入れているのにも関わらずすでに5戦を消化。多少疲れも見られるというのだから一息入れるべきだと思うけどねぇ。3歳未勝利の夏場じゃないんだし、ここで上がり目ないのに続戦する必要は全く無い。クラブ何を考えているのか…。

そして、松岡騎手がここまで調教からレースまで携わって来てくれたけど、特別松岡騎手の乗り方に文句はないんだけど、エスパシオと相性が良くないんだと思う。そういうのってあるんですよ。騎手と馬との相性って。どうしても松岡騎手のタイミングが合ってなくてゴール前でズレ生じて僅差で連続2着。ここは柴田大知騎手でもいいので一度スイッチしてもらいたいところ。5戦連続手綱をとって結果が出ないのだから。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2014-11-22 02:06 | カテゴリ:ウインブルーローズ
2歳10月ウインブルーローズ②(1)
2014年10月23日(木)
先週の東京では、スローペースの中、勝負どころで外から動く脚は見せたものの、直線では追われると伸び脚を見せられなかったウインブルーローズ。高橋祥調教師「正直まだ攻め馬が足りない状況でしたが、そんな中でもオッというところは見せてくれましたし、やっぱり走る馬だと感じました。ここを叩いた上積みはかなりあると思いますし、次でしっかりと決めたいところです」と敗戦にも自信の表情を見せていました。レース後は、大きな反動もなく、本日23日(木)から北馬場で乗り運動を始めています。なお、次走は距離を延長すことが決まり、中2週で11月8日、東京土曜4R芝1800m、もしくは同週の東京日曜3R芝2000mのどちらかへ向かう予定となっています。

2014年10月30日(木)
中2週で来週の出走を予定していたウインブルーローズは、週末に角馬場で乗り運動を行った際に不正駆足が確認され、獣医師の診察を受けたところ、背腰、トモに疲れが確認されています。高橋祥調教師「手前をうまく替えられませんし、疲れがあるようですね。競馬で目一杯走ったことで、少し反動があったのかもしれません」と状況を説明。続けて、「深刻な症状ではありませんが、こうして表に出たということは馬がサインを出しているということ。ここは一旦放牧に出して立て直したいと思います」と放牧を決断し、本日30日(木)に茨城県のビッグレッドファーム鉾田へ放牧に出ています。

2014年11月5日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。本日5日(水)から乗り始めています。担当者「不正駆足があって、背中や腰に疲れがあるとのことでしたが、特に大きく気になるところはありませんでしたね。昨日来られた高橋祥調教師も状態の回復を確認していましたし、そういう状態ですから、今日から坂路調教を始めました。坂路での動きも問題ありませんでしたし、その後も特に反動はありません。このまま少しずつペースを上げていきます」と話していました。

2014年11月12日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。引き続き、坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「脚元もスッキリしていますし、背腰の疲れも特に気になるところはありません。ただ、坂路調教で感じるのは、トモを中心に全体的に緩さが残っているということ。体調を崩して長く休んでいましたから、成長がまだ追いついていないところはあるのでしょう。このような状況ですから、いきなり追い切りを始めるのではなく、軽めのペースを重ねて基礎を上げていきたいところです」と話していました。

2014年11月19日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。引き続き、坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「背腰は触診でも反応はありませんし、疲れは取れています。しかし、坂路では動ききれないところはありますね。フットワークはすごくいいんですが、3本でも息が上がっているように、まだ体力が不足しているところがあるのかもしれません。ただ、いいモノは持っていそうですし、現時点でこういう状況ということは、これからの伸びシロが大きいということですからね。前向きにとらえて、じっくり進めていきます」と話していました。

2歳10月ウインブルーローズ①(1)
マイネエレーナが先日引退し、一口馬主始めてラフィアンの愛馬が初めて1頭もいなくなってしまいました…。何だか寂しい思いです。先日東京競馬場で岡田繁幸代表&ラフィアンの紘和社長が偶然私の横を歩いていて、お互いに目があったので挨拶をしてしばらく歩きながらお話をしました。岡田繁幸代表は私の一口馬主の原点。その原点のラフィアンの愛馬がいなくなってしまったのは何だかポッカリ穴が空いてしまったようで何とも言えない気持ちですよ。話したら余計にね。まぁ、ビッグレッドファームグループとしてはウイン愛馬がいるのでお付き合いしているけど。慌ててカタログ見渡して出資するようなことは馬選びの失敗に繋がりかねないから、ここは大人しくしたいと思います。この我慢が一口馬主ライフを長~く楽しむ1つの秘訣だから!と自分に言い聞かせて(笑) 
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-11-18 00:39 | カテゴリ:レッドセシリア
11/1(土) 東京10R 紅葉S(1600万下)

東サラ勝負服 レッドセシリア 5着

2014.11.01
11月1日レース後コメント
三浦騎手「軽く促して外のいい処を取れましたし、この馬場にしては流れていたのでポジションは良かったと思います。馬場のいい処を不利なく通れましたし、これならと思って追い出しましたが最後の踏ん張りが利かず、脚色が同じになってしまいました。体重が減っていたので斤量を気にしたのか、スムーズに運びすぎたのが逆に良くなかったのかというところですが、もっと伸びるはずの馬ですからね。ここは何とかしたかったのですが・・・すみません」

鹿戸調教師「体重がここまで減ってしまったのは想定外でしたが、これくらいの体重でも走っていますからね。気分良くスムーズに行くよりも、馬群の中できつい競馬になった方がいいのかもしれません。中一週でいくか間隔を空けるかは、レース後の馬の様子を見て考えます」

2014.11.05(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
鹿戸調教師「レース後は中1週で使う事も考えていましたが、翌日の曳き運動では歩様も硬かったですし、レース当日も予想以上に馬体重が減っていたので、中1週での出走は見合わせることにしました。馬体の回復次第では12月の中山を使う事も考えましたが、ここは思い切って十分休ませてあげたいので、一息入れる事にします。今のところ来年2月の東京開催で使おうと思っています。今週土曜日にノーザンファーム天栄に移動する予定です」

2014.11.06(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
厩務員「今週放牧に出る予定なので、引き続き厩舎周りにて曳き運動での調整にしています。レース後や帰厩してからも入念に脚元をチェックしましたが、これまで競馬を使った後と変わりありませんし、飼葉もこの馬なりに食べてくれています。ここ2走は思ったような競馬が出来ていませんが、今はしっかり体を休めてもらって、帰って来てからまた結果を出せるように頑張りたいですね」

2014.11.14(ノーザンファーム天栄)
先週末に入場しました。火曜日に歩様の確認のため角馬場で乗って様子を見てみました。大きくガタっと来ている感じはないのですが、やや背腰に疲れが見られますね。目標は来年の東京開催ですし、追い切りをやり始めるとすぐ仕上げってしまう馬なので、疲れを抜いて状態を整えていくことを優先にやらせてもらいます。まずは完全に疲れを取り、様子を見ながら次走に向けて立ち上げていきます。

いやぁ、風邪気味でいまいち調子が悪いです… レース前のブログで一言『ちょっと気になる情報が入りまして』と前回書きましたが、やはりというか結果が伴いませんでした。大幅な馬体減だったのか、それとも!?具体的な事までは情報を得る事は出来なかったけど、レース前から何かあったんだと思いますよ。だからここで今年のレースを終了し来年に備えることにしたんでしょう。まぁ、とにかくこの休養で不安材料を取り除いて年明けから好スタートを切ってもらいましょう。私も早く風邪気味のうちに体調を整えないと




【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-11-17 00:36 | カテゴリ:ウインエスパシオ
11/16(日) 福島6R 2歳未勝利 芝1600m
WIN.gif ウインエスパシオ 2着

2014年11月16日(日)  競馬場速報
松岡正海騎手 引き続き、状態は良かったと思いますし、1戦毎に前半にハミを噛むところがなくなり、折り合い面での成長を感じます。以前は距離に少し不安はありましたが、成長を見せた今なら1800mも問題ないですし、もっと延びても大丈夫だと思います。勝負どころでも手応えはあったのですが、4コーナーを少し膨れながらになってしまったのが痛かったところです。それでも直線でも余力があり、前の馬に併せていけばそこからまたひと伸びすると思って、ロードの馬を目標にしていったのですが、それが大きく内に切れ込んで、ドンドン離れていくんです。1頭だとフワフワしてしまう面もありますし、最後まで併せられなかったのは誤算でした。それでも、エスパシオも最後まで頑張ってくれましたし、なんとか交わせると思ったのですが・・・。前回といい、今回といい、勝ち切れなくて大変申し訳ありませんでした。

今日で松岡騎手がうちの愛馬に乗った時の成績11戦未勝利2着3回…。ホントに相性悪いというか何というか。ウインエスパシオは未勝利クラスでは力上位なのは間違いないです。でも、力が抜けているとは思いません。松岡騎手の騎乗も悪いものではないんですけど、前走にしろ、今回にしろ若干勝負どころのタイミングがズレいると思うんですよ。あの差が松岡騎手クラスの腕とトップクラスの腕との小さいようで大きな差なのだと思いますね。この結果が影響したのかどうか分からないけど、どうやら珍しく風邪をひいたようなので今日はこの辺で
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-11-15 23:02 | カテゴリ:ウインエスパシオ
2歳8月ウインエスパシオ⑤(1)
2014年10月30日(木)
先週の東京では、直線でも持ったままの手応えで進み、完全に勝利を手にしたと思われたものの、最後は差し返されてしまったウインエスパシオ。畠山吉調教師「完全に勝った競馬だったのですが、申し訳ありませんでした」と改めて頭を下げます。続けて、「最終追い切りでも抜け出してからフワッとしていたように、今回も抜け出してから気が抜けた部分はあったと思います。これがゴール直前で前に出る形だったらまた違ったでしょうし、少し抜け出すのが早かったかもしれませんね。それでも、前々走の不可解な敗因から立て直すことができてホッとしています」と胸を撫で下ろしていました。レース後は、大きなダメージもなく、本日30日(木)から乗り運動を始めています。なお、次走については中2週で、11月16日、福島日曜6R芝1800mに松岡騎手で向かう予定となっています。畠山吉調教師「1Fの距離延長は問題ないでしょう。また抜け出した時にどうかという点はありますが、福島なら押し切れるのではないかと思っています」と語っていました。

2014年11月6日(木) 
来週の福島日曜6R芝1800mに松岡騎手で出走を予定しているウインエスパシオは、昨日5日(水)は角馬場からダートコースでキャンターというメニューを消化していました。騎乗した調教助手「状態は変わらずいいですね。この馬以前から感じていたのですが、ダートコースでの走りがもの凄くいいんです。芝の瞬発力勝負となると少し分が悪いところがありそうですし、もしかしたらダートの鬼という可能性もありますね」と新たな可能性を話していました。しかし、「それでも今は芝でいいでしょう。来週はおそらく勝ってくれるでしょうし、ジョッキーも『クラシック路線に乗れる馬』と言ってくれていますしね。ダートはいつか試す時が来るとは思っていますので、その時まで期待は取っておきます」と語っていました。そして本日6日(木)は柴田大騎手が跨り、Wコースにて1週前追い切りがかけられました。単走でスタートすると、前半もゆっくりとしたペースで進み、最後まで鞍上の手綱は動きませんでしたが、キビキビとした動きを見せてました。畠山吉調教師「競馬を使っている馬で、そこまで時計は出しませんでしたが、大知(柴田大騎手)も『いい動きでした』と話していました。テンションが上がることもありませんし、来週へ向けて至って順調に来ていますね」と笑顔で報告していました。

2014年11月13日(木)  
今週の出走を予定しているウインエスパシオは、昨日12日(水)にWコースにて最終追い切りがかけられました。単走でしたが、前を走る同厩舎の古馬500万下イレプレイスブルを目標に進みます。4コーナーでは大外に回りますが、この時間帯は馬場が混み合っていたこともあり、周りには他厩舎の馬がたくさんいて併せ馬のような形で直線へ。最後は鞍上に一杯に追われてフィニッシュしていました。今の重いWコースで単走で5F66秒8、ラスト1F12秒9ですから、時計的にも十分合格点です。騎乗した調教助手「前走前の追い切りでは抜け出してから思いっきり遊ばれてしまいましたが、今日は周りに馬がいてくれたおかげもあって、最後までしっかり伸びていました。状態は前走時と変わらずいいと感じますし、今度こそ決めて欲しいですね」と馬上から笑顔で語っていました。また、畠山吉調教師「追い切りの動きは良かったですね。状態は変わらずいいと思います」と笑顔で話します。続けて、「松岡とは『福島も最終週になり、極端に馬場が悪くなるようなら来週の東京の芝1600mへスライドも考えよう』と話していたのですが、今週は天気もいいようですし、今の福島はそれほどボコボコにはなっていませんからね。これなら今週の福島で大丈夫でしょう」と今週の出走に改めてゴーサインを出していました。最後に「前回のレースぶりを見れば、1Fの距離延長はまったく問題ありません。あとは、早めに抜け出すとソラを使うことがあるのでその点が心配ですが、それは前回悔しい思いをしたジョッキーが一番良く分かっているでしょう。今週はスカッと決めたいですね」と自信の表情で語っていました。そして本日13日(木)は軽めの乗り運動が行われ、午後からの出馬投票で今週の福島日曜6R芝1800mに松岡騎手で出走が確定しています。前回は完全に勝っていた競馬ですし、今回もその時同様メンコを外してレースに臨みます。普通に走れば、結果はついてくるでしょう。



2歳9月ウインエスパシオ①(1)
11/16(日)福島6R2歳未勝利(芝1800m)2枠2番松岡騎手で出走します。前々走前に凡走するとしたら初装着するメンコと私が指摘した通りに凡走し、外した前走は本来のウインインエスパシオの走りに戻りました。不可解なメンコ装着のお陰で遠回りしてしまいましたが、現状強さを感じないけど器用さを感じるエスパシオなら明日は初の福島競馬場でのレースになりますが勝機でしょう。ただ、取りこぼすとなると私と松岡騎手の相性の悪さと疑ってしまう。私の愛馬で10戦して未勝利2着2回…。この悪い流れを明日立ち切ってくれ



【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-11-14 00:53 | カテゴリ:遠征競馬
DSC_0900(1).jpg
初めて行って来ました盛岡競馬場 愛馬ラフィアンマイネエレーナがJBCレディスクラシックに選出されたので応援をキッカケに。盛岡駅からバスで約30分。山の中に盛岡競馬場がありました。こういう機会でないとなかなか行くキッカケがないですからね(^^ゞ

DSC_0892(1).jpg
当日はあいにくの雨でしたが、午後には晴れ間も。でも、寒かったですよ、風は強かったし。そんな環境でも当日このJBCを盛り上げよう、成功させようという関係者達の気持ちは十分伝わってきました。 関係者一人一人やらされてる感をにじみだしている人は私の目には一人も映りませんでした。 

DSC_0893(1).jpg 20141111_232904(1).jpg
 競馬場内の第一印象はここが地方の競馬場なのか!?というほど近代的な造りになっているんだけど、その中にも地方競馬場っぽいところもあり、中央の競馬場と地方の競馬場を足したような感じでいい競馬場だなぁと。こんな素晴らしい競馬場が2007年に存廃問題で一度は知事の廃止表明まで出され、崖っぷちに立たされながらも反対だった議員が存続賛成に回り1票差で事実上存続が決まったということらしいが、その1票がなければ私はこんな素晴らしい競馬場へ来れなかったと思うとその1票に感謝だね。当日は私のように遠方から来た方も多いと思うが、私の身の周りにはどちらかというと地元の方が多く、競馬を凄く楽しんでいましたよ。

DSC_0903(1).jpg 
地元の方が遠方から来た私にとても喜んでくれまして、盛岡競馬場名物ジャンボ焼き鳥をご馳走してくれました(笑)温かい方達が多かったなぁ。
DSC_0905(1).jpg  
レースの記念グッズで馬名入りボールペンが売られてましたが、残念ながらJBCクラシックだけでスプリント、レディスクラシックは販売されてませんでした…。唯一売られていたクラシックの出走馬でダントツの一番人気は⑪トウホクビジン! 圧勝でしたねぇ。凄い人気でビックリしました(笑) 

DSC_0907(1).jpg 
専門紙も4社くらい売られてまして、迷いましたがどうせなら岩手っぽいものが記念にもいいかなと思い、こんなレープロ見たいな見開きのものを購入。この専門紙私にとってはナカナカ良かったですよ。でもね、当日イベントが多くやってて、そのイベントの列に並んでたりしてたら馬券購入出来ず80倍の馬券買いそこなった・・・(泣)
DSC_0901(1).jpg  
この無料の岩手牛の列に並んでいなければ…(^_^;)

DSC_0904(1).jpg DSC_0906(1).jpg 
そして、盛岡へ来たら三大麺制覇したかったのですが、冷麺、じゃじゃ麺止まりとなってしまいました 初めて食べたじゃじゃ麺の感想はう~ん…。私個人的には冷麺の方が好みですね。

こうやって遠征競馬の楽しみの1つはご当地グルメを食すこと。これが最近競馬だけでなくホントに楽しみなんですよ。こんな機会を与えてくれたラフィアンマイネエレーナに感謝!今度はどこの競馬場に愛馬は私を連れてってくれるのか!? 楽しみだわ 人それぞれ一口馬主ライフの楽しみ方はあると思うけど、せっかく縁あって一口馬主をやってるんだから楽しまないと損だからね。楽しみましょう。

 
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2014-11-08 17:01 | カテゴリ:マイネエレーナ
P1170033(1).jpg
JBC観戦で盛岡から帰って来てからバタバタしてまして、そんなバタバタしながらもラフィアンマイネエレーナの次走の事やら、来年の活躍を妄想している中での突然の引退発表。びっくりしたし、何が何だか全くわからない状態。でも、引退のタイミングというのはこれはどっかで決まることだし、レースを続けている以上はそれなりに様々なリスクと隣り合わせ。そんな中無事に生まれ故郷に戻り繁殖としての第二の馬生を歩むことが出来たのだからこれは喜ばしい発表ともとれるんですよね。そりゃぁ今のエレーナの勢いから行ったら、これからどれだけ強くなるのかという期待はあったし、楽しみにしていたけどね。引退、現役続行とどちらも正しいとは思うけど、クラブの判断は引退と言う事なのでエレーナにはお疲れ様と声を掛けてあげたいですね。6歳4月末で牝馬は引退というクラブの規約を特例によってここまで楽しませてもらえたのだからクラブにも本当に感謝だね。他のクラブの馬もまだまだ活躍できるのに引退した牝馬は何頭もいますからね。キャロットブルーメンブラットや最近では社台メーデイアなんかもまだまだこれからの馬だったけどクラブ規約により引退ですから。活躍した牝馬である以上、早過ぎると思う引退は避けられませんからね。

2歳のデビュー前から約4年半のお付き合い。阪神デビュー戦は3番人気に支持されたものの13頭立ての13着…。ゴール板前で茫然として立ち尽くしたなぁ(笑)。初勝利は7月新潟7戦目3歳未勝利戦。クラスが上がってからは二桁着順が続き、もしかしたら引退か!?という二文字が頭に浮かび始めたころ、西園厩舎から美浦・清水(美)厩舎へ転厩。一貫して芝レースに拘っていた西園厩舎とは一転して、転厩初戦は初のダート戦。ここでいきなり2着とビックリするような結果に。この日は重馬場だったので、たまたま馬場が締まって軽かったからではと半信半疑な気持ちでのダート2戦目で1着。もしかしたらエレーナはダート馬だったのか?と。降級の恩恵を受け、引き続き500万下でレースを続けるが、負けすぎることはないが、勝ち切れないレースが続き5歳11月に初の交流戦で浦和競馬場へ遠征、ここで2着馬に6馬身差を付け一気にエレーナのポテンシャルが開花。その後快進撃は続き初の交流重賞スパーキングLC(JpnⅢ)で地方最先着の3着、地方重賞埼玉新聞栄冠賞(SⅢ)で念願の重賞制覇、この一連の活躍が評価されJBCレディスクラシック(JpnⅠ)に選出され、ここでも地方馬最先着の6着。愛馬で短期間でここまで馬がガラリと変わった経験は初めてのこと。毎レース信じられないことの連続だったねいい事も、悪い事も(笑) この約1年は本当に楽しかったよ。まさか中央の500万下でうろうろしている馬が地方古馬牝馬最高峰のレースJBCレディスクラシック(JpnI)に出走することになるなんて考えもしていなかった。凄い事をやってくれたよ。この馬の一番いいところは丈夫というとこ。とにかくデビューから引退までこれといって大きな病気やケガが一度もなかった。このいいところを仔にも遺伝してもらい、丈夫で元気な仔を産んで、いいお母さんになって欲しいね。通算38戦7勝、長い間お疲れさまでした。


【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2014-11-07 00:37 | カテゴリ:マイネエレーナ
 P1170083(1).jpg
11/3 盛岡8R JBCレディスクラシック(JpnⅠ)

Ruffian.gif マイネエレーナ 6着

御神本騎手「おそらくゲートで待たされたためだと思うのですが、いつもほどポンと出られませんでしたし、周りも速かったので前半は無理に押していきませんでした。クリアなとこを気分良く行かせて、最後まで良くがんばってくれています。周りも脚を使っていたので抜け出すことはできませんでしたが、こちらもしっかり伸びていました。前からそれほど離されていませんし、南関東を代表する牝馬として健闘してくれたと思います」

小久保調教師「マイナス16キロでの出走でしたが、前日に到着してからも飼い葉をきちんと平らげていましたから、レースのパフォーマンスに影響はないと見ていました。中央勢を相手に差のない競馬。すごいですね。がんばってくれたと思います」


P1170071(1).jpg
マイネエレーナの晴れ舞台を見に現地観戦してきました 中央在籍時には500万下でうろうろしていた馬が、浦和へ転籍後1年満たないうちにトントン拍子で地方代表として交流GIレースに出走ですからねぇ。どこまで信じられないことをやってのけるのかこの目で見てきました(笑)

事前に関係者からは『絶好調!こんな状態でこんな大きなレースに使えることが出来る事はなかなか出来るものではない。楽しみですよ!』と聞いていたし、調教もここ数戦の最終追い切りの時計と比較して抜群だと感じました。JRAの強豪馬相手に高低差4.4mあるJRAの馬に有利と思える盛岡競馬場でどんなパフォーマンスを見せてくれるかわくわくしながらその時を待ちました。

馬体重は-16kg。でも、見てくれはヒ腹が巻きあがっているようには見えなかったんです。ただ、地元浦和のような落ち着きは盛岡では見ることが出来ず、少々チャカチャカしてしまいましたね(^^ゞ

スタートの出はそれなりでしたが、上手く好位を取り御神本騎手は積極的な騎乗をしてくれました。4コーナーでも攻めの騎乗をしてくれての6着。地方所属馬最先着とよく頑張ったと思います。不得意な遠征競馬、スピードだけでは通用しない坂のある盛岡競馬場でGI6着ですから。4走前の交流重賞スパーキングレディC(JpnⅢ)でも地方所属馬最先着だっただけに来年の南関古馬牝馬路線はこのマイネエレーナが中心となって繰り広げられるのではと思っていました。

そんな楽しみがラフィアンクラブからの臨時の近況更新で一瞬にして夢となってしまいました…。

2014年11月6日(木)
マイネエレーナは、今春の引退時期を延期して出走を重ねてきましたが、中央勢を相手に6着に健闘したJBCレディスクラシックを最後に、繁殖入りすることが決まりました。交配は年明け以降ですが、まずは鉾田でレースの疲れを取り除き、北海道へ移してからは繁殖入りに向けた身体造りに専念し、より健康な状態で種付けを迎えたく、このタイミングで現役を退くこととなったものです。交流競走での素晴らしいパフォーマンスを機に、浦和へ転籍し、ロージズインメイ産駒を代表する牝馬として活躍してくれました。中央、地方を通じ、ご出資の皆さまには、変わらぬご声援をいただき感謝申し上げます。

あまりにも突然のことで現実を素直に受け入れられない自分がいましたが、事態を知ってからかれこれ6時間程たった今少しずつ落ち着いてきました。でも、寂しいねぇ…。愛馬の引退でこれほどまでに寂しいと感じたことは今回が初めて。引退なんて事このタイミングで考えもしていなかったんでねぇ。心の準備が出来ていなかったので今日はこのへんで。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(10)
2014-11-02 20:13 | カテゴリ:マイネエレーナ
埼玉新聞栄冠賞①(1)
2014年10月31日(金)
ラフィアンマイネエレーナは、11月3日(月)盛岡のJBCレディスクラシック・ダート1800mに御神本騎手で出走します。栄冠賞の後は回復にやや時間は要したものの、その後の調整はすこぶる順調。小久保調教師は「競馬場に向けて日曜日に出発します。混雑する可能性が低い連休の中日です。輸送はありますが、対応できるでしょう。追い切りの動きからも状態の良さが伝わってきます。前走も良かったのですが、さらに調子を上げている感じも受けました。相手は強くなりますが、力もつけていますから期待は持っています」と話していました。注目の一戦です。

さぁ、いよいよ明日11/3(月・祝)盛岡競馬場で行われるJBCレディスクラシック(JpnⅠ)にマイネエレーナが出走します。今のマイネエレーナの底を見せていない成長力がJRA勢の実力馬にどれだけ通用するか楽しみ。そして、この地方競馬の祭典を楽しみたいと思います!

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(6)
2014-11-01 00:22 | カテゴリ:レッドセシリア
 2014.10.29(鹿戸厩舎)
ダートコースを半周後、ウッドコースで追い切り。
10/29(水) ウッド
内レッドセシリア 52.5-39.0-12.2 馬なり
外ホワイトマニキュア 52.5-39.0-12.2 馬なり
三浦騎手「今日はウッドコースにて追走する形で追い切りました。ボコボコしていて重たい馬場状態だったのもあって、テンの入りから下を気にしながら走っていましたね。イヤイヤしながら走っていたのも影響したのか、今日は道中も手前を何度も替えていました。上がってからの息の入りも、この馬にしては少し荒かったです。前走では馬場が悪いのを嫌ってゴール後も怒っていましたし、稽古でもこのような馬場は合わないのだと思います。それでも全く動けていなかったわけではないですし、土曜日くらいまでは天気も大丈夫そうなので、良馬場でレースが出来ればと思っています。能力はある馬なので巻き返したいですね」

2014.10.30(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動。
助手「今日は追い切り翌日なので、いつものように隊列を組んでダクだけ乗って調整しました。歩様にも硬さは見られなかったですし、追い切った後もスムーズですね。今日角馬場で乗った感じでも歩様は問題なく、覇気があって良いと思います。昨日の追い切りでは馬場が悪いのを気にしていましたが、良馬場での競馬ならしっかり動けるはずなので、レースでは改めて期待したいと思います」


今日11/1(土)東京10R紅葉S(1600万下)東サラレッドセシリアが出走します 5月以来の東京での走りとなります。条件はベスト。枠もやや外目の偶数番ですしね。好勝負してくれること願っています。そして、ここを勝って堂々とオープン入りを果たしたいところなんですが、ちょっと気になる情報が入りまして…。勝手な思い過ごしであればいいんですが(^^;

すいません、かなり眠いので今日はこのへんで
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)