2016-02-28 00:01 | カテゴリ:レッドレイヴン
オールカマー(1)
2016.02.10(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、ウッドコースで追い切り。
2/10(水) ウッド 70.3-53.8-39.8-13.5 馬なり
上野騎手「今日は並べずに前の馬の後ろで我慢させて折り合いを覚えさせるという指示でしたが、それほど抑えるのに苦労することもなく、上手に走っていたと思います。多少は行きたがるところはありますが、この程度なら問題ないですね。今日のところは気難しさを感じなかったのですが、あとはこれが競馬に行ってどうなるかというところだと思います。戻って来てすぐに乗った時よりもトモの感じは良くなっていますし、走りもしっかりしてきた印象なので、着実に状態は上向いていると思いますよ」

2016.02.11(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は北馬場で軽めの調整です。昨日まではそれなりに落ち着くところもあったのですが、昨日やったことでスイッチが入ったのか、今日はずっとチャカチャカしてうるさいところを見せていましたね。走っている間はそれほど問題ないので良いのですが、まだ気性的に大人になりきれていないところはありそうです。この感じで競馬に行くとまた難しい面を出しそうなので、この後は精神面にも気を付けながら進めていきたいと思っています。体は特に問題ないですし、やるごとに調子は上がってきているので、気持ちの面を重視していきたいですね」

2016.02.17(藤沢厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで追い切り。
2/17(水) ウッド 52.9-39.4-13.1 馬なり
五十嵐騎手「今日は4頭の隊列の一番後ろで、前とは並べずに追い切りました。後ろから我慢させることを教えている段階ということでしたが、それほど行きたがる感じもなく上手に走れていましたよ。ただ、手応えは十分で、少しでも許したらどこまでも伸びていきそうな感じでした。やはり良い馬ですよね。調教で乗っている限りは難しいところも見せませんし、競馬でもこれが出来ればもっとやれておかしくないのですが。息の感じも、良化の余地はあるものの悪くはなかったですし、来週には仕上がりそうですよ」

2016.02.18(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「北馬場で軽く乗って調整しています。元々トモに弱いところがある馬ですが、やるごとにしっかりしてきていますね。だんだんと力強さや踏み込みの深さが戻ってきていますよ。毛艶も良いですし、体調は上向いている感じですね。ただ、今日でも上がりはうるさいところを見せていたように、気持ちの面ではもう少し落ち着いてきて欲しいところではあります。競馬で力を出せるように、なるべくテンションを上げないように来週までやっていきたいですね」

2016.02.24(藤沢厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで追い切り。その後ゲート練習。
2/24(水) ウッド
内レッドレイヴン 68.0-52.7-39.2-12.9 馬なり
外ダノンキャップ 68.4-53.1-39.6-12.9 馬なり
柴田善騎手「今日は追いかけて最後併せました。トモの具合だけが心配だったのですが、出がけからはまりが良く、最後まで気になる感じもなかったのでこれなら大丈夫そうですね。良い時のトモの感じだと思います。まだ気持ちが乗ってきていないのか、動きに少しかったるそうなところはありましたが、最後少し仕掛けたらグッと反応しましたし、競馬まで楽をさせて力を溜めておけば、競馬では弾けてくれそうな感じではありましたよ。休む前の内容が良くないので強気にはなれませんが、力は出せる状態だと思うので、上手く走る気を引き出してあげたいと思います」

2016.02.25(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日追い切ったので軽めの調整です。トモの入りや全体の力強さは問題なさそうですね。昨日しっかりやったことで多少疲れはあるかなという感じなので、治療して競馬までには万全にしておきたいと思います。最近の敗因が精神面だとすれば一息入れた今回が今後のためにも重要だと思うので、力を出し切るような競馬をして欲しいですね」


「101」 これ何の数字かというと東サラレッドレイヴンの2015年のJPNサラブレッドランキングのレーティング。ランクでいうと158位。このレーティングで同じランクにはシベリアンスパーブ、パワースポット、フラアンジェリコ、マコトプリジャール、リラヴァティの名が。そんなレッドレイヴンがレーティング、ランク共に日本のトップクラスの馬と明日中山記念(GⅡ)で一緒に走ります。レッドレイヴンにとって中山芝1800mを休み明けで走る事は今までの成績からは得意な条件ですが、相手がねぇ。でも、見方を変えればこんなチャンピオンホース達に混じって一緒に愛馬が走る事なんてなかなか経験出来る事ではないですから(^^ゞ 楽しまなければ損だよね!贅沢なことです。

で、肝心なレイヴン。どれだけ成長したかなぁと調教VTR見るの楽しみにしてました。でも、見てガッカリ…。あんだけ首から肩にかけて汗かいてたり、走りに余裕がないのを見ると思ったより気性の悪さは改善されてないような。明日のパドックではどんな姿を披露してくれるのか。期待半分、不安半分です。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2016-02-27 01:54 | カテゴリ:ウインブルーローズ
4歳1月ウインブルーローズ②(1)
2016年2月18日(木)
先週の小倉では、前半はじっくり進み、3コーナーから徐々に動きだし、直線では先頭に立ったものの、最後は勝ち馬の強襲に遭い、2着惜敗となったウインブルーローズ。それでも、メンバーが揃った中で、マクリからあわや勝利という内容は褒めていいものですし、このクラスは勝てる力があることは示しました。レース後は、大きなダメージもなく、本日18日(木)から角馬場で乗り始め、次走は中1週で来週の小倉日曜7R芝2600mに丹内騎手で向かうことが決まっています。高橋祥調教師「丹内はレース前、『福島の時のようにスタートから出して行きます』と話していましたが、ペースが速くなりそうとのことで、急遽作戦を変えたみたいですね。うまく嵌ってくれましたし、直線で先頭に立った時は勝ったと思ったんですけどねぇ」と悔しそうに振り返り、「それでも、前回乗った松岡も今回の丹内も、『反応が良くなっている』と話していたように、ここへ来てまた馬が成長しているようです。なんとか次で決めたいですね」と次走での勝利を願っていました。

2016年2月25日(木)
中1週で今週の出走を予定しているウインブルーローズは、昨日24日(水)にダートコースにて追い切りがかけられました。古馬500万下レッドファーレンを先行する形でスタートし、4コーナーで外に位置取り、相手を迎え入れ、直線では丹内騎手に促されながらになりましたが、ジワジワと脚を伸ばして併入ゴールとなっています。時計は5F69秒6、ラスト1F12秒1でした。丹内騎手「単走で行く予定だったのですが、この馬は突かれる方が走りますし、たまたま他厩舎の馬がいたので、相手をしてもらいました。直線ではスッと動けない馬なので、促しながらで、手応えは見劣りましたが、まだまだ余裕はありましたよ。中1週でこれだけやってもケロッとしているのですから、まだ本気を出していない可能性もありますね」と状態を説明し、「それでも競馬での反応は格段に良くなりましたし、以前より間違いなく成長しています。前走の反動もありませんし、今度こそ決めなくてはいけないと思っています」と今週の勝利を意識していました。また、高橋祥調教師「前回の競馬を見ると、仕掛けた時の反応が良くなっていますので、スタートから無理に押していく必要はなさそうですし、ペースが速いと思えば、後方待機から早めにまくっていけるように、色々なパターンに対応できるようになっていると思います。状態は引き続きいいようですし、今度こそなんとかしたいですね」とこちらも今週の勝利に力が入っていました。そして本日25日(木)は角馬場で乗り運動を消化し、午後からの出馬投票で、今週の小倉日曜7R芝2600mに丹内騎手で出走が確定しています。中1週でも調子落ちはありませんし、ベストの条件のここでの2勝目に大いに期待です。


ウイン ウインブルーローズは予定通り前走から中1週の2/28(日)小倉7R500万下(芝2600m)に出走します。滞在競馬なので馬自身元気一杯なのではと想像しています。勝負どころで手綱を引くような不利や窮屈な競馬さえしなければ、今回も好勝負必至と考えたいのですが、この馬2度続けて好走する馬かどうかと聞かれれば、私自身まだ『?』です(笑) なので、その半信半疑な私を驚かせるような走りを披露して、先頭でゴールインしてもらいたいものです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-02-21 16:44 | カテゴリ:ウインべザント
2歳2月ウエストエスケープ14(1)
2016年1月15日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターで1本~2本のメニューをこなしています。担当者「坂路を2本乗る日も交えてつつ、体力強化を図っています。特に大きな問題はありませんが、まだ速い動きには慣れていない印象で、追い切りの動きはそれほど目立ちません。パワーが勝ったタイプで、どちらかと言えば硬さがある馬なので、ダートが主戦場になりそうですね」と話していました。馬体重437kg。体高156cm。

2016年2月1日(月)
CVFスタッフ「まだ体つきが幼いため追い切りでは目立つところがありませんでしたが、最後まで食らいついて他馬を抜かせまいという根性は見せていました。力強いフットワークで走るので、体つきが伴えば良い走りができそうです。」


2016年2月19日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターで1本~2本のメニューをこなしています。担当者「体つきは悪くありませんが、まだ全体的に力不足といった印象で、息遣いももうひとつです。追い切りの動きも目立ちませんし、良くなるのはまだ先なのかもしれませんね」と話していました。


先日こんな記事をネットで目にしました。『馬は人の表情を認識、怒り顔に心臓バクバク』。どうやら馬は人間の笑顔や怒った顔を見て感情を認識しているようです。イギリスの研究チームは『馬の社交能力の高さは昔から知られていたが、人間の表情のプラスの感情とマイナスの感情を区別出来ることが初めて分かった』と解説している。私は馬と触れ合う時はいつもニコニコしながら接しているつもりだが、今まで以上にニコニコして接してあげないとなぁ。まぁ、やり過ぎは馬もキモいという感情が芽生えかねないのでほどほどにという事で(笑)

ウインウエストエスケープの14はその後も順調に調整されているようですが、ポテンシャルが相当低いかもしれないですねぇ…。『全体的に力不足』『息遣いももうひとつ』『追い切りの動きも目立たず』とネガティブコメントの3点盛り。この時期にここまで低評価される馬を愛馬に迎え入れたのは記憶にないほど昔のことになるかなぁ。ということでデビューはかなり遅くなるでしょう。遅くなっても力つけてくれればいいからね。それにはもう少し大きくなってもらわないと。ゴールドアリュール産駒の走る傾向として500kg近い馬体の牡馬がよく走っているように思うんですよ。胴伸びな馬体でもないので、どこまで大きくなってくれることやら(^_^;) 一杯食べて沢山稽古して大きくなっておくれよ!
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-02-16 23:00 | カテゴリ:レッドルドラ
12月フローリオット14(1)
16.01.29(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m(F17-16)。馬体重504キロ。
担当スタッフ「この中間も順調な組で乗られています。直線ダートでは終いハロン16秒をマークしていますが、終いまでしっかり動けており、ここにきての脚力強化は明らかですね。乗り込み強化に比例して少しずつテンションが高くなりつつありますが、それはどの馬にも言えることなので悪いことではありません。ただ、これ以上テンションを上げないように注意は払っていきます。今の雰囲気の良さを保ちつつ、さらに鍛えていきます」

16.02.15(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m(F17-16)。馬体重500キロ。
担当スタッフ「この中間も直線走路でハロン17~16秒のメニューでしっかり乗り込んでいます。少しハミに敏感なところがあって、ちょっとした指示に過敏に反応するようなところはありますが、しっかり矯正していますし、何をやっても無反応というようなタイプよりは全然いいかと思います。矯正により慣れてくれば、鞍上の指示にサッと反応できるタイプに育ってくれそうです。乗り込みながら動きは上向いてきていますし、体格もずいぶん良くなっていますよ」


うん、いいです。久々に東サラの募集馬に出資ですから私にとっては夢を叶えたい期待十分の一頭。ここまでは申し分ありません。先日この東サラフローリオット14に残り100口未満になったら点灯する『満口間近』のマークが。いやぁ、正直人気ないと思っていたんですけどねぇ。以外に申し込み多かったみたいです。近々フローリオット14と対面すると思いますが、その時はどんだけ成長しているのか楽しみです。

最後までこのフローリオット14と出資を迷っていたステージヴァージン14もいいよねぇ。うちの馬房が空いていれば、ステージヴァージン14も愛馬として迎え入れたいよなぁ(^_^;)
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-02-14 23:27 | カテゴリ:ウインブルーローズ
2/14(日) 小倉6R 500万下 芝2600m

WIN.gif ウインブルーローズ 2着


2016年2月14日(日)
丹内祐次騎手 開幕週で前々が理想だったのですが、流れは意外に速くなりそうだったので、前半は無理をしないでじっくり進めました。道中ゆったり進んだことで脚も溜まりましたし、何より仕掛けた時の反応が抜群に良かったです。以前はとにかくズブい馬だったのですが、間違いなく成長していますね。長くいい脚を使ってくれましたし、最後は勝ったと思ったんですけどねぇ。本当に悔しいですし、勝たせてあげられなくて申し訳ありませんでした。でも、このコース体形は合っていますし、小倉のうちになんとかしたいですね。また、よろしくお願いします。


う~ん、惜しい! もうちょいだったんだけどねぇ。福島でもこういう惜しいレースをしていますが、これが今のウインウインブルーローズのスタイルだから、このレースをして差し込まれたら相手が強かったということ。こういう競馬を続けていれば近々順番が回ってくるでしょう。次走も楽しみです
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2016-02-14 00:05 | カテゴリ:ウインブルーローズ
3歳12月ウインブルーローズ③(1)
2016年2月4日(木)
来週の小倉日曜6R芝2600mを丹内騎手で予定しているウインブルーローズは、昨日3日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。相手は古馬1000万下エスユーハリケーンで、ブルーローズが先行してスタート。テンの1Fは15秒台でゆったりと入り、その後は後半に行くに連れてピッチを上げ、道中は若干促されるところはありましたが、最後は抑える余裕も見せて、併入でゴールしています。時計は4F56秒2、ラスト1F13秒4でした。高橋祥調教師「相手は格上の短距離馬で稽古も動く馬ですし、それにしっかりと食らいついていい動きだったと思います。今後の予定としては、今週末6日(土)に小倉へ向けて出発し、翌7日(日)に到着の予定です。来週は向こうで追い切り、レースという形で考えています。馬体もふっくら見せていて、輸送も心配はありませんし、いい状態で小倉の初戦を迎えることができそうです」と話していました。なお、追い切り明けの本日4日(木)は軽めの乗り運動を消化していました。

2016年2月11日(木)
先週末6日(土)にトレセンを出発し、翌7日(日)に小倉競馬場へ到着したウインブルーローズ。輸送熱が出ることもなく順調で、昨日10日(水)はダートコースにて追い切りがかけられました。伴騎手が騎乗し、他厩舎の古馬500万下ユアザイオンを先行する形でスタートし、残り3Fから併走となり、直線へ。最後は一杯に追われる相手に対し、伴騎手の手綱はまったく動かず、手応え優勢で併入ゴールとなっています。時計は5F68秒7、ラスト1F12秒7でした。高橋祥調教師「伴からは『いい動きでした』と連絡をもらっています。輸送もこなしてくれましたし、この中間も至って順調。いい状態で小倉での初戦を迎えられそうです」と好状態を伝えていました。そして本日11日(木)は角馬場で乗り運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の小倉日曜6R芝2600mを丹内騎手で出走が確定しています。平坦の長距離はブルーローズにとってベストの条件ですし、早め早めの積極的な競馬で勝利を掴みたいところです。


4歳1月ウインブルーローズ①(1)
さて、ウインウインブルーローズが予定通り今日2/14(日)小倉6R 500万下 芝2600mに丹内騎手で出走が決まりました。使われていいタイプの上、平坦の長距離戦。2枚の写真を見比べてもレースを使って来た事で馬体がパンとして来たのがハッキリわかり楽しみな1戦です。ただ、あまり馬場が悪くなるのはちょっとよろしくなかったような…。3走前に重馬場を経験していることで慣れが見込まれればいいんですが。イメージほど道悪歓迎ではないので、明日どんな馬場になるか分かりませんが、条件は間違いなくいいので頑張ってもらいたいものです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-02-11 19:42 | カテゴリ:ウインエスパシオ
4歳1月ウインエスパシオ②(1)
2/11(木・祝) 園田7R C2一C2一4歳以上
WIN.gif ウインエスパシオ 2着


2016年2月11日(木)
木村健騎手 早めの競馬を意識してレースに臨みました。なんとか直線で一旦抜け出すいい形を取ることができたんですけどね。追い出すまでは喉の音は全く気にならないのですが、追い出すと音が鳴って頭を上げて苦しがってしまうのです。もう少しのところだったのに、申し訳ありませんでした。

南調教師 勝った馬をうまく内に閉じ込めることができましたし、ジョッキーの乗り方はパーフェクトに近かったと思いますが、直線は空いたスペースをスパッと割ってこられてしまいました。申し訳ありません。ただ、メンバーの巡り合わせ一つのところまで来ていますし、喉の影響がある中でこれだけの走りができるのですから潜在能力は相当高いのだと思います。これから暖かくなればもっと状態が良くなりそうな感触もありますし、あと2勝、できるだけ早く達成できるように調整していきます。


2着でした…。力を付けているようには思えませんね。これが中央の500万下での2着なら特別不満はありませんが、園田ですから。ノド鳴りが解消されればガラリと変わる馬も珍しくはないけど、ノド鳴りと付き合いながらでも園田で足踏みはして欲しくないんだけどねぇ。過去の愛馬マイネローレライが園田で4戦2勝2着1回3着1回で中央再挑戦したが500万下で勝負にならなかったことを考えると、厳しい現実が待っているように感じる。そうならない為にも園田在籍中にもっともっと力を付けてもらわないとなぁ。頑張れ!
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2016-02-11 00:27 | カテゴリ:ウインエスパシオ
1/26(水) 園田7R C2一4歳以上 1400m
WIN.gif ウインエスパシオ 3着


2016年1月27日(水)
南調教師 外の2頭のスタートダッシュが速く、序盤で内に押し込められてしまい、前半の位置取りが悪くなってしました。枠順が違えば、展開も変わっていたと思うんですけどね。ジョッキーは「3コーナーでは突き抜けそうな手応えだったが、その後、喉が鳴ると苦しがってササり気味になってしまった」とのこと。今回も結果を出せず申し訳ありません。ただ、馬の状態は使う毎に良くなっていますし、疲れも見せません。また次走に向けてしっかり調整していきます。

2016年1月28日(木)
昨日27日(水)の園田では、3番手追走から前との差を詰めきれず、3着に敗れたウインエスパシオ。レース翌日ということで本日28日(木)は軽めの運動で楽をさせてもらっています。南調教師「まだ乗っていませんが、昨日のレース後も特に変わりなく馬は元気ですね。今は体調が良いので、次も連闘(中1週)で競馬に向かう予定です。引き続きC2クラスで出走が可能ですし、次こそは何とかしなくてはと思っています」と話していました。

2016年2月4日(木)
来週の出走を予定しているウインエスパシオは、来週11日(木)の園田ダート1400mを木村騎手とのコンビで出走を予定しています。南調教師「競馬の回復が早い馬で、カイバ食いも落ちませんし、順調に調教を積むことができています。喉の状態の悪化も感じませんし、状態は変わらずいいですよ」と説明し、「前走もそうでしたが、直線の脚比べではどうしても分が悪くなってしまいますので、今回は4角先頭ぐらいの早め早めの競馬で押し切りを狙いたいと思っています」と作戦を明かしていました。なお、出走が確定次第、ホームページにてお知らせいたします。


4歳1月ウインエスパシオ①(1)
本日園田7R C2一4歳以上にウインウインエスパシオが出走します。上記の結果は前走の結果です。前走あまりにも結果に落胆して結果を書いてなかったようだったのでこのタイミングで。まぁ、タイムを見れば前走、前々走より1秒以上もタイムを短縮したんだけど、結果は3着。ノド鳴りの影響が顕著に出ているようだけど、ここは園田であって、これから中央の500万下で勝負しなければならない以上、ノド鳴りのハンデは克服してもらいたいものです。今日のウインエスパシオの園田か今週末の日曜日に小倉で出走するウインブルーローズを現地で応援したかったけど、今年は出資した2歳馬に会いに北海道へ行く予定なので現地応援自粛としました 頑張って欲しいね。
2016-02-06 12:16 | カテゴリ:レッドレイヴン
5歳12月レイヴン(1)
2016.01.22(ファンタストクラブ→ミホ分場)
担当スタッフ「月曜日に藤沢先生が馬を確認して、移動のゴーサインが出ました。今日、牧場を発って明日、ミホ分場に到着の予定です。輸送でうるさい面を見せる馬なので、まずは分場で状態を確認して問題ないようなら入厩という運びになりそうです。今週も火曜日に坂路に入れて15-15を消化しています。馬体重は530キロで具合も悪くありません。ただ、先程も言ったように輸送で馬っけを出したり煩くなったりすることがあるので、まずは中(厩舎)に入れてやってみて、その過程の中で目標を定めていきたいとのことでした」

2016.01.27(ミホ分場→藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路1本。
1/27(水) 坂路 63.9-46.9-30.5-14.9 馬なり
助手「先週ミホ分場へ移動して、検疫が取れたので昨日入厩しました。今日は坂路1本を、終いを少し伸ばす感じで乗りました。久々の分、まだ全体的に少し緩さは残っていますが、うるさいところもなく、スムーズに走っていたので、これから乗り込んで行けば問題ないと思います。明日も坂路で乗って行く予定です」
藤沢調教師「今のところ、次走は2/28(日)の中山記念(GII・芝1800m)を柴田善騎手で考えているので、この後はそこへ合わせてじっくり作って行きます。見た感じでは良い形で帰って来ましたね」

2016.01.28(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路1本。
1/28(木) 坂路 65.9-49.2-32.6-15.5 馬なり
上野騎手「まだ入厩して来て日も浅いので、今日も坂路1本を軽めに乗って調整しました。元々、トモの甘いところがある馬ですが、久々のせいか特に右トモに力強さが感じられませんでした。道中でもハミに頼ったりしていましたからね。ただ、息などは悪くないので、これから乗り込んで行けばそのあたりもしっかりしてくると思います」

2016.02.03(藤沢厩舎)
ウッドコースにて3頭併せで追い切り
2/3(水)
南W 柴田善 70.4-54.9-41.0-12.8 馬なり
内サトノギャラント一杯に1.2秒先行1F併入
中ムーンクエイク馬なりに0.4秒先行0.8秒先着
助手「今朝は柴田善騎手に乗ってもらい、3頭併せで追い切りました。まだ帰厩して1本目だったのでそんなに速い時計は出していませんが、他の併せた馬よりかなり余力がありましたし、上がってきてからのジョッキーの感触も良かったです。状態は先週より上がってきていますね」

2016.02.04(藤沢厩舎)
北馬場でダク、ハッキング調整
助手「追い切った後なので今朝は北馬場にてダクとハッキングで軽めの調整です。追い切りの反動もなく、リラックスして走ることが出来ていました。調教上がりは元気が有り余って少しうるささがあったぐらいです。順調だと思います」


東サラレッドレイヴン 昨年9月以来の美浦トレセン入厩 相変わらず気性問題、トモの緩さを指摘されております…。指摘されてから約3年ですよ そりゃサークル関係者からも『他の厩舎だったらとっくに重賞獲ってますよ』と言われるわなぁ。このまま終わってしまうのか!? 景気良くとりあえず新年はまず勝って弾みを付けたいなぁと思っていたら、まさかまさかの柴田(善)騎手で中山記念から始動予定との事。出走予定馬サンデードゥラメンテや社台イスラボニータです。自分の愛馬がGIトップホースと一緒に走れるぞというミーハー的な気持ちに強引に持っていくほかこりゃないな
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)