2016-04-30 09:42 | カテゴリ:牧場見学
ウインウインエスパシオがちょうどノド鳴りの手術の為、コスモヴューファームに滞在していたのでタイミング良く見学&ふれあいが出来ました。
P1190858(1).jpg
毛艶もそこそこだし、元気そうですo(^^*)♪


[広告] VPS
この日は坂路2本。見ての通りゴール手前でやや脚が上がり併せた相手に遅れてしまいました。もう少し乗り込んでかないとなぁ。それともノドの影響か?

 IMG_20160430_085932(1).jpg
スタッフに聞くと「ノドの影響は今のところ問題ないです。ただ、レースとなるとやってみないと何とも言えないですね。乗った感じの背中なんかは結構いい馬なんですけどね。」とのこと。ウインエスパシオにとっては最後の手を打っただけに術後の成果がないと今度は本当に引退を覚悟しないとね。ガラリと変わる馬もいるから祈るのみだ。


P1200151(1).jpg
馬体なんかもガッチリして厚みもあって、いい馬体しているんだけどねぇ。復帰戦は楽しみ半分、不安半分が本音。変わって欲しいね。




【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-04-28 00:28 | カテゴリ:牧場見学
ウインウインベザントとの初対面。この瞬間はいつもワクワクします。サンシャインパドックを探してもいないので、厩舎へ向かうと馬友が『こっちにエスパシオとベザントいるよ!』と。

P1190831(1).jpg 
はい、いました(笑)

まぁ、今の2歳馬らしい人懐っこい馬というのが第一印象。でもね、これから競走馬として厳しい世界で戦わなければいけない事を考えると、しっかりしてるなぁといった一面も見たいところ。

[広告] VPS
この日は縦列で坂路を1本。先頭でシッカリと走ってました。見た感じだと走りに柔軟さを感じないし、ストライドも大きくなく予定通りダート路線だろうと思う。

IMG_20160428_001300(1).jpg
洗い場に戻って来た所で恒例の水飲みの手伝い。水飲みの手伝いをさせてもらった愛馬は全て勝ち上がっているのでゲン担ぎの意味も込めて(笑)


P1200169(1).jpg
洗っている間、スタッフと色々話をさせてもらいましたが、意外に思っていたほど悪くないかもしれない。私の予想では強調点も無く、現状はまだまだ力不足とハッキリ言われると覚悟してたんだけど、スタッフも岡田繁幸さん揃って『もっと大きくなればねぇ、もう少し幅が欲しい』言ってました。それは私も同意見で、ここに来て460kg位まで増えていてくれてたらなぁと楽しみにしてましたが、440kgでした(^^;

まだ性格もいかにも2歳馬という感じだし、心身ともに今後の成長が待たれます。

でも、これなら1つは何とか勝てそうな気がしましたよ。過去に繁幸さんにこてんぱんに低評価を浴びせられた馬だって1つ勝ったんだから(笑)
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-04-24 18:54 | カテゴリ:牧場見学
P1190816(1).jpg
昨晩北海道から戻ってきました。今回も見学中雨に降られることなく愛馬、種牡馬を見学することが出来ました。私もかれこれ約10回前後北海道で見学していますが、移動中の雨はあっても見学時に降られた事は一度もない程の北海道限定晴れ男。その威力を今回も発揮したようです(笑)

今回は社台スタリオンステーション、ノーザンホースパーク、ノーザンファーム早来、社台ファーム、コスモヴューファーム、ビッグレッドファーム、藤原牧場、ファンタストクラブを訪問。2日間のガンガンツアーです

見学してきた馬はシルクウィッシュノート(デイトユアドリーム14) 東サラレッドルドラ(フローリオット14) 東サラレッドジェノヴァ(コロンバスサークル14)  東サラレッドティフォン(ウォンビーロング14) 東サラレッドゼノン(ハートスプリンクル14)   ウインウインべザント(ウエストエスケープ14) ウインウインエスパシオ(ラストパートナー12)  ユニオンバロネッセ15 私の愛馬以外も写真と簡単なコメントを覚えていたら書きたいと思ってますが、すでにほとんど覚えていないのがなぁ…。

そして、今回の旅もあの大物ホースマンとお会いする事が出来ました。そう、岡田繁幸さんです。体調があまり良くないというなか、私達が訪問しているのを知って、わざわざ足を運んで頂きました 。本当に感謝です。出資頭数は少なく、キャリアだけは一丁前の私なんかの為にわざわざですよ。私がビッグレッドファームグループとの付き合いを辞める時は、それは一口馬主を引退の時だなぁと思いましたね。一口馬主をしている間はビッグレッドファームグループとはお付き合いさせて頂くでしょう。一口馬主の世界に入ったキッカケも岡田繁幸さんとの出会いから始まった事ですから。おもしろい話本当にありがとうございました
1461482346352_20160424161909(1).jpg
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-04-21 22:11 | カテゴリ:ウインエスパシオ
4歳3月ウインエスパシオ②(1)
2016年3月23日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。サンシャインパドックでの放牧を消化しています。担当者「まだ手術後の状況に馬が慣れていなく、カイバを食べると咳き込む姿が見受けられます。さらにはノドが腫れたりしているので、現在はその治療も行っています。今後については、来週からウォーキングマシンを始める予定です」と話していました。

2016年3月30日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。ウォーキングマシンを消化しています。担当者「草を食べている分に普通なのですが、穀類などを食べると咳き込む姿が見受けられます。まだ馬自身に違和感はあるようで、慣れるまでにはもう少し時間が必要なようです。それでも、馬体には異常はありませんし、来週からは坂路調教へ移行する予定です」と話していました。

2016年4月6日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本というメニューを消化しています。担当者「本日6日(水)から坂路で乗り始めました。まだゆっくりのペースですから、息遣いがどうこうというのは言えません。今後ペースを上げた時にどう反応するかでしょう。普段のカイバを食べている時の咳き込みはだいぶ治まってきましたし、馬も徐々に慣れてきたのだと思います」と話していました。

2016年4月13日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本というメニューを消化しています。担当者「まだペース的には軽めですが、坂路の本数は2本の日もあります。手術をしてもノドの音は鳴るのですが、馬自身が苦しがったり、ラストに止まったりということはありません。今後速いところをやった時にどうなるかは様子を見てゆくことになります。それでも、馬体は緩んでいませんし、順調なら来月には入厩も見えてくると思います」と話していました。

2016年4月20日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者「引き続き坂路で進めていますが、しっかり動けています。ノドは鳴るのは鳴るのですが、苦しくなったり、止まったりということは今のところありません。あとは速いところをやった時にどうなるかでしょう。普段はカイバを食べても、むせることはなくなり、だいぶ慣れてきたようです。来週辺りからは追い切りも始めていきます」と話していました。


4歳3月ウインエスパシオ①(1)
ウインウインエスパシオはノド鳴りの手術を無事に終え、乗り込みを開始しました。が、ノドは鳴ってるようです…。う~ん、レースに影響するのかしないのか その辺は現地CVFで直接聞いてきたいと思います。

勢いあるクラブは色々企画を会員さんに提供してますね。私が所属しているクラブは企画が全くなかったり、企画されてもマンネリ化してしまったりと、少々刺激が足りないと感じる今日この頃。シルクシルクは今週末にノーザンファーム天栄見学ツアーが行われるそうで。参加者には事前にリストバンドなどが送られてきたり、場内のクラブ関係者のおもてなしはなかなかのようです。シルクの社長は『本ツアーの人気の理由はアットホームな暖かさだと思います』と。これってビッグレッドファームグループの十八番でなんだよなぁ。アットホームな暖かさって。それが失われていないかもビッグレッドファーム、コスモヴューファームに行って確認してこないとなぁ。前回は岡田繁幸さんからのお誘いランチを残念ながら断ってしまったが、今回誘われたら是非ご一緒したいものです(笑)
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-04-20 01:21 | カテゴリ:ウインべザント
2歳4月ウインべザント①(1)
2016年3月7日(月)
CVFスタッフ「順調に乗り込みを進め追い切りもこなしています。気持ちの方も入ってきており、しっかり自分から走ろうというのが伝わってきます。ここで少し放牧を挟みますのでリフレッシュと成長をしてくれればと思います。」

2016年3月18日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。ウォーキングマシンを消化しています。担当者「この中間は成長を促すため、一旦放牧を挟み、今週からウォーキングマシンでの運動を始め、来週からは再び乗り運動を行います。目立つ時計は出ていませんでしたが、しっかり乗れてはいましたし、遅れていた2次募集組の中では一番体力面では上だと感じます。来週からの乗り出しで、動きが変わっていて欲しいですね」と話していました。

2016年4月4日(月)
CVFスタッフ「調教を再開しました。休み明けから元気一杯の様子で、この休養で充分な英気を養えたようです。思っていたよりは体重が増えていませんでしたが素軽さは変わらず、平らな馬場の方が能力を発揮できそうな感じです。」

2016年4月8日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者「この中間はゲートを中心に調整を進めていますが、入りを少し嫌がるところがあります。立ち止まって拒んでみたり、反転して体をくねらせてみたりと、スムーズではありませんが、入ってしまえば、中でおとなしくしていられるんです。元々気性面に変なところはないので、今後慣れていけば問題なくなると思います。動きに関しては、特に問題はなく、体力も付いてきています」と話していました。

2歳3月ウインべザント②(1)
日本で活躍したロックドゥカンブは現在ニュージーランドで種牡馬として繋養されているようで、そのロックドゥカンブの産駒が豪GⅢに優勝。父の産駒として初の重賞勝ちをしたそうです。異国の地で頑張っているといえば、ここでも書きましたが今年の1月にアメリカ重賞をペールギュント産駒が父として初の重賞勝ち。日本の種牡馬レベルはやっぱり高いなぁと思います。そう考えるとわざわざ海外から競走馬として走らせるのはどうかと思いますよ。繁殖や種牡馬はまた別ですよ。吉田ファミリーにしろ、岡田繁幸さんにしろサンデー系は世界のトップクラスの血統と言っている訳で、そのサンデー系がこの日本で発展しているのだから。この系統に太刀打ち出来る血統を探してくるのはかなり困難だと思う。でも、今は円高だし、今後TPP交渉の結果『軽種馬=競走馬』も対象となり、参加12か国間での取引で、関税(現行340万円)が撤廃される見通しとなっているので、今まで以上に割安で海外の血統馬を走らせることは可能なので今後日本の競馬はどうなっていくのか要注目。

さて、ウインウインべザントですが、私は少々やきもきしてます。どうも馬体重が増えてこない…。出資する時に一番ネックだったのが480kg以上の競走馬になるかどうかという事。でも、少々お酒が入っていた奥村(武)調教師に『大きくなるからその心配はないと思います。』とアドバイスをもらったので、調教師が言うならということで、その不安は勢いで打ち消しました。が、しかし現状はまだまだ華奢な感じがします。ゴールドアリュール産駒は牡馬の大型馬が良く走ってます。まぁ、ゴールドアリュール産駒だけでなく、ダートで活躍を期待するとなると、やはり500kg前後の競走馬に成長してもらわないとなかなか厳しいです。幸いにも現状体は丈夫なようなので、このまま良く稽古して、良く食べて目方を増やしていってもらいたいと願っています。そろそろCVFに行きますから、まずは現状何kgなのかをチェックしたいと思います(笑)

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-04-19 00:53 | カテゴリ:レッドルドラ
2歳3月レッドルドラ(1)
2016.04.15(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩4000m、ダク1200m、キャンター2400m。馬体重518キロ。
担当スタッフ「左前骨瘤はありますが、マシンだけだったのを常歩の距離を伸ばし、ダクをはじめ、現在はキャンターまで乗り始めています。痛みのピークは抜けたようで乗っていても違和感はないですし、あとはこのまま固まってくれればいいですね。稽古と並行して治療の方もしっかり対処していきます。直線走路入りは骨瘤が完全に固まってからでも遅くはないでしょう。もともと進んでいたグループでメニューを消化していましたし、やり出せば早いと思います。この馬はパンとしたら走ると思いますよ」



ヴィクトワールピサ産駒は成功する種牡馬だと直感したのも、この東サラレッドルドラに出資した理由の1つ。初年度からジュエラーがいきなりGI制覇しかも、クラシックレースである桜花賞ですからね。種牡馬実績はスタートが重要、この実績作りが早ければ早いほど次年度からの繁殖レベルがグンと上がり、年を重ねるにつれ実績も上がりやすくなる。産駒は総じて父譲りの馬格に恵まれた馬が多く、これから芝だけでなくダートの大物が出現することも十分考えられる。今後の産駒が非常に楽しみなヴィクトワールピサ。その中の1頭にこのレッドルドラを入れたい(笑) 順調に来てたんだけど骨瘤が出てしまいました…。私の愛馬では初めてですね骨瘤が出てしまったのは。完全に治る事はないといわれている骨瘤。ただ、瘤自体は小さくもなるし、十分なケアをして痛みがなければそれほど競走能力に影響はなさそう。天皇賞(秋)を勝ったスピルバーグなんかは骨瘤とお付き合いしていた馬でしたよ。

さて、このレッドルドラとのご対面も近くなってきました。今年は4月の社台、ノーザンの牧場見学不可日が例年以上に多くてスケジュールがとても大変でした。それでも、何とかプランが完成し格安での旅行が組めました。骨瘤の事はやはり気になるので現地ではその辺を中心に入厩時期などの話をしてきたいと思います。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-04-17 22:33 | カテゴリ:ウインブルーローズ
4/16(土) 福島10R  燧ヶ岳特別(500万下)芝2600m

WIN.gif  ウインブルーローズ 4着

津村明秀騎手 前半は馬の行く気のままにゆったり走らせ、勝負どころから早めに動いていくというつもりでいました。ペースは緩かったですが、いつでも動ける手応えで、4コーナーもいい感じで回ってこれたんですけどね。結果論、勝ち馬は目の前にいましたし、そこのポジションにいるべきでした。うまく導けなくて申し訳ありませんでした。それでも、以前乗った時よりも、体に幅が出て、パワーがついて、何より馬が前向きになり、ゴーサインにスッと反応できるようになっているんです。かなり成長していますね。こういう条件を使っていけば、すぐに勝てると思います。


乗りたかった割には随分と消極的な騎乗をしてくれましたな津村騎手(-_-)
てっきり自ら未勝利勝ちを収めた時のような4コーナー先頭でまわるような競馬をするのかと思ってたので今日の騎乗には拍子抜けした。クラブ関係者だって拍子抜けしてるんだから…。こんな騎乗なら丹内騎手でも大して変わらんな。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-04-16 00:17 | カテゴリ:ウインブルーローズ
4歳4月ウインブルーローズ①(1)
2016年4月7日(木)
来週の出走を予定しているウインブルーローズは、昨日6日(水)に坂路で1週前追い切りがかけられました。調教パートナーの3歳未勝利ウインプリマをコンマ5秒ほど追走でスタートしますが、ゴール前では図ったように捕えて併入に持ち込んでいます。時計は4F55秒3、ラスト1F12秒5でした。高橋祥調教師「1週前なので今朝はしっかりめにやりましたが、追ってからの反応が良かったですね。申し分のない動きでした」と笑みを浮かべ、「ここまで何の不安もなく進められていますし、状態も良さそうです。来週は楽しみですよ」と順調を口にしていました。そして追い切り明けの本日7日(木)は軽めの乗り運動をこなしていました。なお、次走は来週の福島土曜10R「燧ケ岳特別」芝2600mに津村騎手とのコンビで向かう予定に変更はありません。

2016年4月14日(木)
今週の出走を予定しているウインブルーローズは、先週末10日(日)にWコースで追い切りを消化しており、4F58秒3、ラスト1F13秒4という時計をマークしています。そして今週は昨日13日(水)にWコースで最終追い切りがかけられました。3歳未勝利クレオヘリオスとの併せ馬で、格上のブルーローズが追走でスタート。残り3Fで内から並びかけると、ゴールまでほぼ互角の攻防を続けましたが、手応えにはまだ余裕が感じられました。時計は5F67秒9、ラスト1F13秒0でした。高橋祥調教師「ラスト1Fの時計が13秒0でまだ余裕がありそうな感じでしたから、優秀ですね。前走から少し間隔が空きましたが、いい状態でレースに向かえると思いますよ」と納得の表情を見せます。また、「レースでは自在性がある馬ですし、ジョッキーもこの馬の特徴はよく理解してくれていますからね。流れに乗った競馬ができれば今回も好勝負だと思います」と力強く締めていました。なお、追い切り明けの本日14日(木)も軽めの乗り運動を消化し、午後の出馬投票では、今週の福島土曜10R「燧ヶ岳特別」芝2600mを津村騎手で出走が確定しています。


ウインブルーローズの半弟ジョルジュサンク(父ヴィクトワールピサ)が日曜日の皐月賞(GI)に出走。凄いですねぇ。兄ちゃんのブルーローズも頑張らないとね。その皐月賞の前日である土曜日の福島10R燧ケ岳特別(500万下)芝2600mにウインブルーローズが出走します。今回鞍上は津村騎手に乗り替わり。未勝利勝ちはこの津村騎手が乗ってのもの。クラブ関係者が言うには未勝利勝ち後もブルーローズに乗りたいと気にしてくれているんですよという事を聞いてたのでラブコールが今回の騎乗に繋がったのかもしれない。メンバー見渡すと私個人的にはペースは流れるんじゃないかと感じているので、ブルーローズにとってはレースはしやすそう。鞍上もヤル気マンマンのうようだし、楽しみなレースになりそうです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-04-10 22:17 | カテゴリ:レッドルドラ
2歳2月レッドルドラ(1)
2016.02.29(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m(F17-16)。馬体重510キロ。
担当スタッフ「この中間も変わりなくメニューを消化しています。ずっと具合がいいですし、乗り込むにつれて心身共に成長してきたのを感じますね。終いまで余力十分に動けるようになってきたのもそのひとつで、苦しさがなくなったのかフォームも安定してきました。進んでいる組で乗り込みも強化していますから、調教後などに背腰の筋肉がいくらか硬くなることはありますので、そこは慎重にケアしていきます。馬体の張り艶などこの時期にしてはいいですし、体調面は良好だと思います」

2016.03.15(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m(F17-16)。馬体重516キロ。
担当スタッフ「引き続き直線走路をF17~16秒のペースで乗っているのですが、左前肢に骨瘤が出てきたのでレーザー照射等でしっかりケアしています。ただ、痛みはないので調教は休まず進めていますよ。動きや馬の姿勢は相変わらず良好ですし、骨瘤の他に気になる点はありません」

2016.03.31(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m。馬体重520キロ。
担当スタッフ「左前肢の骨瘤のため中旬以降、マシン運動のみにとどめていました。前回の報告時には、痛みもなく乗りながら固めていく方針でしたが、その後少し気にするような面が見られたので、無理せず騎乗運動は控えることになりました。レーザーや水却等のケアにより、現在は症状も落ち着き、常歩による騎乗運動を再開しています。痛みが出たことで却ってダラダラとくすぶることもなく、最低限の休養で騎乗を再開できました。ここまで順調に来ていた馬ですから、軌道に乗れば元のペースに戻るのも早いでしょう。それだけにここは慌てず、慎重に状態を見極めながらペースアップを図っていくつもりです」


いやぁ、ホントに勝ったのジュエラー?というのも私はシンハライト本命で単勝馬券持ってまして、ゴールした瞬間シンハライトが勝ったと思いレース確定するまえに外出しましてね。一応結果を確認するかと思い、外出先から結果を確認すると私の本命シンハライトがまさかのハナ差負け( ̄□ ̄;) 何度写真を見てもこれでハナ差負けてるのか?と納得いかない判定。悪くても同着だろう…。まぁ、決まった判定がくつがえる事はないので、気持ちを切り替え来週の皐月賞は獲る!

桜花賞を勝ったジュエラーは東サラレッドルドラの父と同じくヴィクトワールピサ産駒。産駒の初重賞制覇がGIとなりました 現状のヴィクトワールピサ産駒の傾向として牝馬は瞬発力タイプで牡馬は長くいい脚を使うタイプとはっきりとわかれています。まぁ、まだ1世代しかデビューしてないので今後どうなるかはわかりませんが、レッドルドラはどんなタイプの馬に成長するのか楽しみですよ。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2016-04-07 21:15 | カテゴリ:一口馬主
14年産愛馬の馬名が先月無事に決まりました 

1月フローリオット14(1)
東サラ勝負服 レッドルドラ
(父ヴィクトワールピサ 母フローリオット 母父Monsun)

 馬名意味・ 冠名+インド神話に登場する豊穣をもたらす神の名。または暴風雨神。

2歳3月ウインべザント(1)
WIN.gif ウインべザント
(父ゴールドアリュール 母ウエストエスケープ 母父Gone West)

馬名意味・冠名+中世の金貨 


マンネリネームじゃなく、新鮮で響きも良いので両馬共に文句なく気に入りました。どちらとは言いませんが特に一頭は超気に入っています なぜなら一口馬主の世界に入って約20年、これまでの出資愛馬15頭にして初めて名付け親になりました いやぁ、嬉しかったですねぇ。採用されたら嬉しいのは当たり前だと思っていましたが、想像していたよりもはるかに嬉しかったですねぇ。2、3日興奮して寝不足になりましたよ。

この一口馬主の世界に入って叶えたい夢の一つが名付け親でしたから。これまで自分が付けた馬名はゲームのダビスタでしか採用されなかったからね(笑)自分が気持ちを込めて申し込んだ馬名が実際に競走馬として登録されたんですから、一口馬主冥利に尽きます。今後は一回とは言わず気に入って頂ければ、2度3度と採用してもらいたいものです。

そんな素晴らしい馬名がついた2歳愛馬2頭と私の初顔合わせがそろそろ近付いて来ました。楽しみだなぁ
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2016-04-06 22:19 | カテゴリ:ウインブルーローズ
4歳3月ウインブルーローズ(1)
2016年3月23日(水)
本日23日(水)に茨城県・牛久のセグチレーシングステーブルを退厩、美浦トレセン・高橋祥厩舎に入厩しています。高橋祥調教師「セグチでも順調に乗り込んでいたようです。タイミング的には少し早いですが、トレセンへ戻させていただきました。明日からは通常通り馬場入りする予定です」と話していました。

2016年3月24日(木)
昨日23日(水)に美浦トレセン・高橋祥厩舎へ帰厩したウインブルーローズは、本日24日(木)は北馬場での乗り運動をこなしていました。高橋祥調教師「前走後は少し腰に疲れが来たので、少し間隔が空けられたのは良かったです。放牧先で治療もしてもらいましたし、次走も良い状態で持っていけるかと思います」と状態を説明していました。なお、次走は、4月16日、福島土曜10R「燧ケ岳特別」芝2600mを、初勝利を挙げた津村騎手との再コンビで予定しています。

2016年3月31日(木)
再来週の出走を予定しているウインブルーローズは、昨日30日(水)に坂路コースで2週前追い切りに臨んでいます。前を行く3歳未勝利ジイサマを目標に道中は徐々に差を詰めると、ゴール前では図ったように並びかけています。脚色はまったくの馬なりで、時計は4F58秒0、ラスト1F13秒0でした。高橋祥調教師「1週前の来週にしっかりやる予定ですから、今朝は軽めの内容でした。順調に来ていますし、あとはレースに向けて負荷を強めていくだけですね」と語っていました。なお、追い切り明けの本日31日(木)は軽めの乗り運動を消化していました。


今夜これからNHK総合で放送される番組に学生時代の友人が武豊騎手と共演する。羨ましいなぁ。武豊騎手との口取りは私の一口馬主としての一つの夢。武豊騎手と共演かぁ。友人である百獣の王に先に越されてしまったよ(笑)

さて、ウインウインブルーローズですが今日も坂路を一杯に乗り込み来週のレースへ向けて順調に調整されているようです。このクラス、この条件ではいつでも勝ち負け出来る位置にいると思うので、無事にレースを迎えてもらいたいものです。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-04-05 22:48 | カテゴリ:レッドレイヴン
4/3(日) 阪神11R 大阪杯(GⅡ) 芝2000m

東サラ勝負服 レッドレイヴン 7着


柴田騎手「入れ込むこともなく、返し馬から雰囲気は良かったです。ゲートも我慢していたのですが、最後で煩くなってしまいましたね。ペースも遅かったので、結果的に出遅れたのは痛かったです。それでもスローのヨーイドンでも今までにないくらいの脚を一瞬使ってくれたのでオッと思ったのですが、さすがに前も止まらなかったです。普通に出てくれるか、もう少し流れてくれればもっとやれたと思うのですが。今季は二度続けてトモがいい感じにきているので、この後もガクッとこなければいいですね。気持ちの面もゲート以外はもう大丈夫そうですよ」

藤澤調教師「さすがにこのメンバーでこのペースだと、あの位置では厳しかったですね。練習では問題ないのですが、やはりゲートは課題ですね。それでも最後の脚は悪くなかったですし、この状態を維持できればまだ良くなりそうですよ」



正直阪神競馬場に遠征して得たものは何なんだったのか、教えてもらいたいなぁ。柴田(善)騎手は『今はタメるレースを覚えさせているところ』と言っているが、では今までは何を覚えさせていたのか?良くわからん

柴田(善)騎手で通じるのはせいぜいオープンまで。スムーズなレースしか好まず、一か八かの勝負の出来ない騎手では重賞では歯が立たない。レイヴン自身も現状重賞では力が足りないのは重々承知。だからこそ騎手の腕で補い、キッカケを作りたいのだが…。

レース後、お陰さまで久々に吐き気するほどの頭痛が襲ってきたよ(-_-)
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2016-04-03 11:20 | カテゴリ:レッドレイヴン
中山記念(1)
2016.03.23(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は北馬場で乗って体をほぐしました。全休明けなので最初はうるさかったのですが、いつものことなので問題ないですよ。先週あたりから徐々に落ち着いてきた感じもありますし、雰囲気は悪くないと思います。トモも含め、馬体も特に問題なく来ていますしね。前回よりも馬体は締まってきていますし、まだ来週までやれるので、良い状態で競馬まで持っていきたいと思います」

2016.03.24(藤沢厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで追い切り
3/24(木) ウッド 53.7-39.7-12.8 馬なり
柴田善騎手「今日は隊列を組んでそのまま並べずに追い切りました。あまり前と近づきすぎるとやる気を出して捕まえに行ってしまうので、今日は折り合いを重視して間合いを取りながら進めました。良い位置で折り合えたようで、力むことなく最後までこの馬本来の良いフォームで走れていましたね。競馬でも道中この感じで走れれば最後の伸びも変わってくるはずですよ。ゲートも確認しておきましたが全く問題なかったですし、前回からここまで良い雰囲気で来ているので、良い形でレースに向かえそうですね」

2016.03.30(藤沢厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで追い切り。ゲート練習。
3/30(水) ウッド
内レッドレイヴン 68.2-52.9-38.8-12.9 馬なり
中ティソーナ 69.0-53.5-39.2-12.9 馬なり
外シェーンメーア 70.4-54.5-40.0-13.0 強め
柴田善騎手「今日は後ろから出て直線は併せました。先週まで折り合いを重視してあまりプレッシャーを与えないようにしてきたのが良かったのか、今日は馬も楽に気分よく走っている感じでした。競馬でもこのくらい道中余裕を持って走ってくれるといいのですが、教えてきたことが身になってきている様子なので、競馬でも期待できそうです。トモの入りも問題なく、馬体や息も大丈夫そうなので仕上がりは良いですよ。ゲートも駐立だけ確認しておきましたが、全く問題なかったのでこれなら競馬でも大丈夫でしょう。ここでどのくらいやれるか楽しみですね」
藤沢調教師「前走でまだ気持ちが切れていないことはわかりましたし、この中間もいろいろ教えながら良いステップを踏んでこられたと思います。今は気持ちも安定していますし、この馬の力は出せそうですよ。相手は強いですが、ここでも好勝負できるだけのものは持っているはずなので頑張ってもらいたいですね」

2016.03.31(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は軽く乗って調整しました。この馬なりに落ち着いていますね。変に気が入ったりということもないので気持ちの面は大丈夫そうです。今までは使った後にトモに疲れが出たりしていましたが、今回はダメージも少なかったので順調に乗り込んでこられました。昨日の感じを見ても調子はかなり良さそうですよ。輸送は問題ありませんが、初めての競馬場なので、あとは入れ込んだりしなければ力は出してくれると思います」


ご無沙汰しております。色々バタバタしてました。まずは私の恒例行事である出資した2歳愛馬に会うための超格安北海道旅行のプランニング。プランを立て、キャンセルをしたりと何度か繰り返しやっと納得いくプランが立てられました。各クラブでは夏の募集馬ツアーの告知が出てますが、まぁ、高いなぁと。私のプランだとクラブのツアー代の半額または約3分の1程度で済みます。それが出来る事を知っているとどうしてもクラブのツアーに参加するのが割高に感じるんですよねぇ…。20年以上一口馬主をやっていても、いまだにツアーに参加した事がないのはそれが理由。一度は参加したいと常々思うのですが、単独で行った方がツアーより自由度が違うからなぁ。

その愛馬触れ合いの旅のプランニングが終わったら、疲れが出たんでしょうかねぇ。珍しく体調を崩しました。たぶんインフルエンザB型だったのではないかと…。非常に回復に時間が掛った。さすが、インフル。私はかかるまいと思っていましたが…。でも、騒ぐほどの症状ではなかったので、来季もインフルは大した事ないと自分の免疫力を信じてナメてかかるでしょう(笑)

さて、東サラレッドレイヴンが本日阪神11R大阪杯(GⅡ)に出走します。中山記念に引き続き凄いメンバーですねぇ。中山記念と大阪杯あわせれば、国内これ以上ないメンバーと走ることになります。今日の大阪杯もマイラーから長距離までのカテゴリーのトップクラスが集い、GIレースよりおもしろいメンバー構成になったのではないかと感じます。そんなメンバーの中に愛馬が一緒に走る。一口馬主冥利に尽きます。

レッドレイヴンの状態はクラブの近況や新聞などで目にする限り、かなり良さそうですね。その状態をレースまで維持できるか!? その状態を活かしてこのメンバーとどういう競馬が出来るか今からワクワクしております。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)