2016-05-28 19:00 | カテゴリ:私の本命馬
 DSC_0520_20160528144338(1).jpg
いよいよ明日は日本ダービー。今年も新宿や渋谷など大々的にダービーの告知をしてました。こんなに告知するようになったのはうちのレッドレイヴンが出走した第80回のダービーあたりからだと感じてます。国民行事と思わせるほどのピーアール活動に対してJRAは良く頑張ったなぁと思います。今後も手抜きなく、そしてマンネリにならないよう新しい発想で来年以降も大々的にピーアルしてもらいたいと思います。


DSC_0517_20160528174842(1).jpg
さて、ダービー前日の今日東京競馬場に行って来ました。そこで事前告知では分かっていましたが『お馬のフチ子と日本ダービー』というJRAとガチャガチャで話題を呼んだコップのフチ子のコラボ商品のガチャが。商品を見ると・・・。欲しくなってしまったんですよねぇ(笑) なかでもミホノブルボンが(笑) 

DSC_0523_20160528144202(1).jpg
ということで4つゲットしました。ゲットした中にはキズナ、トウカイテイオー、シンボリルドルフ、そしてミホノブルボン入ってます その他にウオッカやナリタブライアンなども欲しいところですが、そろそろ同じ馬がダブってガチャガチャのドつぼにはまりそうなので打ち止めとします。このガチャかなり人気で、明日のダービー当日もゲットするのにかなりの時間を要すること必至。そこで数少ない私のブログの読者の為に少しでも早く購入する為のアドバイスをしますね。このガチャ1回¥500で¥100円を5枚必要です。今日もまず両替で長蛇の列、ガチャ回すのに長蛇の列、商品引き換えに少々の列が。¥100玉を事前に用意しておけば、数十分時間ロスをカット出来るので購入予定の人は準備して競馬場へ来場して下さい。

明日の日本ダービーは既にこの時点で本命◎が決まりました。4月に愛馬見学でコスモヴューファーム、ビッグレッドファームに行った際に恒例なのですが岡田繁幸さんが『岡田繁幸の Run for the. Classics』を生ライブ開いてくれました。その岡田繁幸さんの考えを今日の今日まで注視して予想を組み立ててきましたが、不安要素はほとんど見当たらず、買い材料ばかりがわんさか出て来まして。よって私のダービーの本命は◎①ディーマジェスティ 2強のGIは波乱を含むが、3強以上が揃えばその評価通りの中でほぼほぼ決まる事が圧倒的に多い。最後はこのダービーを誰が一番勝ちたいかという執念がゴール前で出るはず。

DSC_0521_20160528143829(1).jpg
サイン的にも伊勢志摩サミットから伊勢と言えば伊勢海老、海老? 蛯名騎手? まぁ、これは自分の本命馬にいいように解釈しただけですが(^^ゞ 自信を持って明日のダービーを観戦したいと思います。皆様も素晴らしい、楽しいダービーデーをお過ごしください

 
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬
コメント(2)
2016-05-24 23:28 | カテゴリ:レッドレイヴン
2016.04.08(ミホ分場)
ダクとハッキング20分。
担当スタッフ「火曜日に入場して来てチェックしましたが、トモなどに大きな疲れはありませんでした。マシンだと暴れたりする事もあるので、今はダクと軽いキャンターで軽く乗っています。競馬の後なので、今週いっぱいはケアしながらゆっくり進めて、様子を見て来週から普通に乗って行く予定です」

2016.04.20(ミホ分場→藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本
4/20(水) 坂路 65.5-48.6-31.5-15.4 馬なり
藤沢調教師「昨日入厩させました。北海道まで待とうと思っていたのですが、牧場でもかなり元気が良く、以前のようにトモにダメージが出ている感じでもないので、もう一回使うつもりで戻しました。今日は初日なので元気が良すぎるくらいでしたね。緩めたわけではないので、それほどやらなくても仕上がるでしょうし、今のところ新潟大賞典を目標にするつもりでいます」

2016.04.27(藤沢厩舎)
運動のみ。
助手「右半身の張りや硬さはだいぶ良くなってきています。出掛けはまだぎこちない感じなのですが、痛みなどはなさそうですし、今日は少しダクを踏んでみましたが、ほぐれれば歩様もあまり気にならなくなっていますね。良くはなってきていますが、ここから立ち上げても間に合わないので、新潟はパスすることになりました。この後は函館を目標に進めていきますが、すぐに北海道に持って行くか、こちらでやってから函館に入れるかは現在検討中です。この後の馬の様子を見て決めていくことになると思います」

2016.04.29(藤沢厩舎→ミホ分場)
明日、ミホ分場へ放牧予定となりました。
助手「右トモに少し疲れがあるので、無理をしないで放牧へ出すことになりました。こちらでも軽く乗っていましたし、牧場でもケアしながらすぐに乗ってもらいます」

2016.05.06(ミホ分場)
乗り運動後、ダク1600m。馬体重529キロ。
担当スタッフ「元々、トモに甘さのある馬ですが、こちらに入場してからじっくり進めてきたので、今週初めに獣医にチェックしてもらったところ、少しずつ疲れも取れてしっかりして来ているとの事でした。この後もケアしながらじっくり乗って行き、様子を見ながらキャンターも入れて行く予定です」

2016.05.20(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター1800mを25-25秒。馬体重528キロ。
担当スタッフ「先週末に少し疲れが出たので、ペースを落としてしっかり治療しました。まだ背腰や右トモに張りはありますが、今はケアしながら軽く乗り始めています。感じは良く、近日中にファンタストへ移動予定なので、この後もそのあたりがしっかりするように乗り込んで行きます」


さきほど日本のエイシンヒカリが出走したイスパーン賞をグリーンチャンネルで観戦。声出ませんでしたよ…。なぜならまだ直線だと思ってなかったんですよね。ごはん食べながら見てたせいで。そうしたら興奮する間もなくゴールイン。『あれっ?今の直線だったのか?』と拍子抜けしてしまいました(笑) それくらい強かったレースでした。近年の日本馬はホントに強くなりました。海外のレースで楽勝する時代ですからね。そんな勢力図にしたのがやはりこの種馬、そうサンデーサイレンスの存在。エイシンヒカリの父もサンデーサイレンスの直仔であるディープインパクト。どちらかといえばディープインパクト産駒は軽い馬場で最もパフォーマンスを発揮する種牡馬のイメージがあったが、イスパーン賞が行われたシャンティイ競馬場はこれ以上ない道悪馬場。そんな道悪馬場でヨーロッパの強豪馬相手に楽勝したことで、近々行われるセレクトセールには例年以上にディープインパクト産駒を求めて世界のバイヤーが集う事になりそう。こうなってくると、もう私の資金ではディープインパクト産駒に出資することは不可能になってきたな(笑)

東サラレッドレイヴンですが、果たしてどこから始動するのやら…。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2016-05-22 22:48 | カテゴリ:ウインブルーローズ
5/22(日) 新潟7R 500万下 芝2400m
WIN.gif ウインブルーローズ 7着


津村明秀騎手 ゲートは中でガタガタしてしまい、少し出負けしてしまいました。今までゲートはまったく問題はなかった馬ですから、どうしたんでしょう。内枠ですから、最低でも中団くらいで進める予定が、ゲートの出負けで狂ってしまいました。最後も伸びてはいるのですが、スパッと切れる馬ではないですからね。使い詰めでも調子落ちは感じませんでしたから、なんとかしたかったのですが・・・。すみませんでした。

ウインブルーローズにとっては最悪なレース展開になってしまいました…。未勝利勝ちは津村騎手騎乗でのものだったけど、その後はウインブルーローズの良さを引き出せないレースが続いているので、津村騎手は今回でお腹いっぱいです。馬自体の調子も下降曲線に入ってたと私は思っているので、津村騎手の騎乗だけが問題とは思ってはいないけどね。ただ、あまり手が合わないまま乗り続けると取り返しがつかない事にもなりかねないからねぇ、松岡騎手が乗り続けたうちのウインエスパシオのようにね。

この1戦で降級の恩恵を受ける事が出来なくなってしまいました。出来れば勝って再度500万下条件を使いたかったよなぁ。まぁ、勝負の世界だから仕方ない…。今後は様子見て北海道へ放牧とのこと。よく頑張ってくれたので少し早い夏休みだけど、心身ともにリフレッシュしてもらいたいものです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-05-22 00:25 | カテゴリ:ウインブルーローズ
4歳5月ウインブルーローズ①(1)
2016年5月5日(木)
先週の新潟「荒川峡特別」では、2番手追走から直線で一旦抜け出しにかかりましたが、最後は後続に交わされて3着に敗れたウインブルーローズ。高橋祥調教師は「ジョッキーは指示通りに乗ってくれましたが、道中は3番手の馬に執拗に絡まれたのが誤算でしたね。あれがなければもっと際どいところだったと思います」と悔しそうに前走を振り返っています。前走後は、本日5日(木)から軽めの乗り運動を再開しており、「今回のレース後も特にこれといった異常もなく、ダメージも見当たりません。降級前ですし、予定通りもう1戦行きましょう」と続戦を決めています。なお、次走は中2週で、5月22日、新潟日曜7R芝2400mを津村騎手とのコンビで予定しています。

2016年5月12日(木)
来週の新潟日曜7R芝2400mを津村騎手で出走を予定しているウインブルーローズは、昨日11日(水)にWコースで1週前追い切りがかけられました。3歳未勝利リヴァディアとの併せ馬で、ブルーローズが先行でスタート。コーナリングで内に併走馬を迎え入れると、直線半ばでは一旦前に出られますが、最後は軽く仕掛けられて併入に持ち込んでいます。時計は5F66秒3、ラスト1F13秒5でした。高橋祥調教師「珍しくちょっと動きがモタついたようにも見えましたが、時計的には合格点です。状態は引き続きキープできていると思いますよ。今週10日(火)には軽い疝痛があったのですが、その日のうちにすぐに治まりましたし、心配はありません。ただ、ほぼ同時期だった2歳の入厩時にも同じようなことがありましたし、もしかするとこの時期はちょっと苦手としているタイプなのかもしれません」と話していました。なお、追い切り明けの本日12日(木)は軽めの乗り運動をこなしていました。

2016年5月19日(木)
今週の出走を予定しているウインブルーローズは、昨日18日(水)にWコースで最終追い切りがかけられました。障害OPマイネルマークとの併せ馬で、これの外目を回ったブルーローズでしたが、終始非常に楽な手応えで一杯気味に追われるマイネルマークを圧倒し、余裕の併入にまとめています。時計は5F69秒9、ラスト1F13秒3でした。高橋祥調教師「先週しっかり追ったので、今週は軽めに息を整える程度にセーブしました。動きも問題ないですし、キッチリできていますね」と頷きつつ、合格点を与えています。続けて「疝痛も先週の火曜日だけで、その後は順調に来ています。ここに来ていくらか睾丸が腫れ気味になってきた感があるように、寒暖差があり、季節の変わり目でもある今の時期は、体調のバロメーターがやや不安定なところがあるのかもしれません。それでも走りに支障をきたすレベルではないと思っていますし、降級前のラストチャンスですから頑張ってほしいですね」とエールを送っていました。なお、追い切り明けの本日19日(木)は軽めの乗り運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の新潟日曜7R芝2400mに津村騎手で出走が確定しています。


今日は馬友さん愛馬シルクロッテンマイヤーがオークスに出走します。私も東サラレッドレイヴンで日本ダービーに出走したことありますが、とにかくレースの週はメディアチェックだったり、イベント参加だったりいい意味で忙しかったですよ。目が回るくらいね(笑)きっと馬友さんも今週は同じ心境だと察します。一生に一度しか出走出来ないクラシックレースに愛馬が出走するんだからね。なかなか経験出来ないことですよ。是非ともこのチャンスをモノにしてもらいたいと願ってます。

そんなクラシックレースの裏開催の5/22(日)新潟7Rにうちのウインウインブルーローズが出走します。このクラスでは相手関係が強い、弱い関係なくどんな相手でもここ数戦詰めの甘さを残す走りを繰り返しています。最後の一押しなんですけどねぇ。だいぶ使ったので正直体調のバロメーターとしては下降に入り始めたと思っているので、色々な事が恵まれればチャンスはあるでしょう。降級の恩恵を受けるにはこの1戦は落とせないので何とかなりませんかねぇ(^o^;)

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-05-21 00:44 | カテゴリ:牧場見学
最近は北海道で愛馬見学する前に社台スタリオンステーションで日本のトップ種牡馬たちの見学をするのが恒例となり、今年も見学させていただきました。

今年は案内役の方がいつものMさんじゃなかったのと、厩舎外での見学できる種牡馬が少なかったのが少々残念でしたねぇ。まぁ、そうは言っても国内のトップ種牡馬を目の前で見れるのですから大満足とはいかなくても、満足な事です。

エピファネイア (5)(1)
エピファネイアです。ナイスガイですねぇ。とても品があるというかオーラが凄かった。うちのレッドレイヴンとは同期になり、クラシック本番前は同等程度の評価を受けていたのですが、エピファネイアにもう届かない程の力の差を見せつけられました(笑)なんてったって2014年世界ランキング2位ですからね。2016年は種付け料250万円ですでにBOOK FULL。

エイシンフラッシュ (3)(1)
エイシンフラッシュです。エイシンフラッシュは種牡馬としては珍しく人間に興味を持って近寄ってきてくれます。ピッカピカの皮膚の薄い黒鹿毛は素晴らしかったです。このキングマンボの系統は私楽しみにしているんです。日本競馬の実績も十分ですしね。種付け料150万でこちらもBOOK FULL。

ハーツクライ(1)
ハーツクライ。愛馬レッドセシリアで大変お世話になった種牡馬です。ハーツクライの産駒に出資したくて、その思いを叶えたのがレッドセシリアでした。まだ私がレッドセシリアに出資した当時は成功種牡馬という評価ではなかったんですが、私は成功する自信がありましたねぇハーツクライは。その後はクラシックホースを輩出するほどの活躍する産駒が続出しました。レッドセシリア時の種付け料が350万円。現在は800万円ですよ。まだまだこれからも大物を出すポテンシャルは十分なので産駒の活躍が楽しみです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬
コメント(0)
2016-05-16 19:16 | カテゴリ:一口馬主
DSC_0483(2).jpg
日頃からお付き合いさせて頂いている個人馬主さんのご好意で今日は船橋競馬場で開催された千葉セリに参加してきました。もうこの千葉セリに参加するのも5年目になりますかねぇ。その中でも昨年の千葉セリは印象が強く、ムーンレディ13の2億円(税込)越えはセリの凄みを感じました。

 セリ2(1)セリ3(1)
今年の千葉セリは昨年の印象が強かっただけに、セリが始まる前からどうも会場の雰囲気に活気がないというかなんというか…。その雰囲気は的中しましたねぇ。今回の上場馬の目玉は上場番号No.40 コージーロージーの14(父ディープインパクトの牡馬) この馬会場内の関係者からは億は楽に越えると絶対の自信を持っていたようですが、蓋を開けたら8000万円からスタートして競ることなくワンコールで落札。場内拍子抜けムードでしたよ。まさかワンコールとはねぇ、今日の目玉の上場馬でしたから。

この結果が今年のセリを象徴するかのように、落札頭数は前年より1頭だけしか少ないだけなのに売却総額、売却率、平均価格の全てが大幅に前年割れ。でも、昨年が活発なセリだっただけで吉田照哉さんも苦笑いで今年のセリの総括を語っていました。

また、上場馬のワンコールも驚いたけど私のもう一つの驚きは上場番号No.12 へヴンリーソングの14(父マルカシェンクの牡馬)の落札価格が5000万円だったこと。マルカシェンク産駒ですよ?これはホント理解出来なかったなぁ。

 セリ5(1)
会場には仲良くさせて頂いている調教師やクラブ関係者もいて、久々にご挨拶したり、愛馬のお話をする事が出来て、今年も楽しい一日となりました。今朝は朝早くて睡眠時間3時間程度だったので、もう寝ようかと(笑)
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-05-14 21:55 | カテゴリ:牧場見学
今回はゴールドシップがスタッドインしたのでビッグレッドファームの見学を楽しみにしてました。現地着いてまず驚いたのが事務所で受付をして、見学者とわかるように見学章のようなのものを首からぶら下げなくてはならなくなっていました。まぁ、これだけの人気ある馬のスタッドインは初めてなので、何かしらの管理はしてくるだろうと思ってました。自由が売りのビッグレッドファームもさすがにトラブルになる前に対応したということになりますね。長年会員している私にとってはちょっと寂しい気にもなりましたが、これはしょうがない。あとは非会員の皆さんには注意事項をしっかり守って頂き、これ以上牧場の自由を縮小させるようなことがないよう見学をして頂きたいと願う。

ゴールドシップ (9)(1)
事前にラフィアンのクラブハウスで宿泊していた会員さんから『ゴールドシップは草食べて人に興味をもたず近寄って来なかったです』と聞いていたのでどんなもんかと思っていたら、タイミング良かったんですかねぇ、かなり長い時間柵のそばまで来てくれてましたよ。

ゴールドシップ (2)(1)
ステイゴールド産駒に一回は出資したかったのですが、今期は出資予定はないので、この時点でステイゴールド産駒への出資はなくなりました…。そうなるとステイゴールドの血を引くゴールドシップ産駒には是非出資したいなぁと思ってますよ。ゴールドシップのような瞬発力で勝負を苦手としているようなタイプはビッグレッドファームグループと相性がいいと思うんですよねぇ。こんなこと言ってる自分の気持ちは複雑ですが(^^ゞ 来年誕生する初産駒が今から楽しみです。

アイルハヴアナザー (5)(1)
次はアイルハヴアナザー。この馬の仔は今年が初産駒で、あと数カ月でこの産駒の走りを見ることが出来ます。

アイルハヴアナザー (2)(1)
吉田勝己さんも目を付けていた種牡馬とあって、失敗はないと思うんですよ。クラシック向きではないと思うけど、ロージズインメイ産駒と同じタイプでロージズインメイ産駒以上のパフォーマンスを見せてくれそう。今年の初産駒の走りがもうじき見れるとあってアイルハヴアナザー産駒の走り早く見てみたいです。

ロージズインメイ (2)(1)
最後にロージズインメイですが元気でした!1頭の種牡馬の仔に私が3頭も出資したのはこのロージズインメイ産駒が初めてです。20年以上一口馬主をやって、通算15頭しか出資してないの弱小一口馬主である私は基本同じ種牡馬の仔は出資しないんですよ。でも、このロージズインメイには可能性を感じたんですよ。出資した3頭は地方含め全て勝ち上がり、そのうちの1頭ラフィアンマイネエレーナは南関の重賞を勝ち、私に初めての重賞勝ちという勲章を。そして、あれよあれよで地方競馬の最高峰JBCにも出走することが出来ました。ロージズインメイには感謝の気持ちで一杯ですよ。

ロージズインメイ(1)
さすがに4頭目の出資は考えてはいませんが、これからも産駒の活躍を陰ながら応援していきたいと思います。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬
コメント(4)
2016-05-12 23:29 | カテゴリ:牧場見学
続いては社台ファームで馬友愛馬東サラレッドジェノヴァに会ってきました。

P1200226(1).jpg
この馬も牝馬にしては大人しくお利口さんしてましたよ。毛艶も良くてピカピカの青鹿毛が眩しいくらい

レッドジェノヴァ(1)
この馬見て、私達一同が口を揃えて思ったこと。それは耳が長い!ここまで耳が長い馬は珍しいと思いますよ。

頓挫があったりして、ここまで順調とはいってませんが、ここからペースアップしてスタッフ達が口にしていた『理想は秋の東京開催デビュー』が実現する事を楽しみにしてます。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-05-08 22:49 | カテゴリ:牧場見学
ウィッシュノート(1)
ノーザンファーム早来では馬友の愛馬シルクウィッシュノートに会ってきました。
ゴールドアリュール産駒の牝馬。牝馬にしてはカリカリせずに大人しい仔でした。
まだ、子供っぽさは残ってましたけどね。

ウィッシュノート (2)(2) 
どうやらもうじき入厩の予定とのこと。このまま予定通りに入厩→デビューを迎えてもらいたいです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-05-04 21:42 | カテゴリ:牧場見学
レッドレイヴン、レッドセシリアに続いて東サラでの3頭目の愛馬東サラレッドルドラとの対面。東サラの馬には重賞とは言わず、GI制覇の夢を込めて出資しているだけに、この馬にも相当な期待を寄せています。久々の関西馬への出資でもありますしね。

P1200281(1).jpg
さて、初めて見た印象は性格的には穏やかだけど、まだ子供子供していて幼い感じですね。撮影の時もヒモを口にくわえてクチャクチャしたり、服を嚙み噛みしたりとかわいいんだけどねぇ(^_^;) 担当の方も言ってたけどそういった幼さがそろそろ抜けてこないとなぁと言ってましたよ(笑) 顔見てもまだ幼いよなぁ

P1190797(1).jpg
私含め出資会員さんが気になっている左前脚の骨瘤の具合を直撃 実際スタッフの方が触ると痛みを感じたのかルドラは脚を上げました。骨瘤のない右前脚を同じ感じで触ると、こちらは当然と言えば当然ですが微動だにしなかったです。それについて聞くと、痛みは若干残ってるけど運動する分は問題ないとの事。無理せず早い段階で一旦運動を止めた事がいい方に向かったようで、今も超音波を当ててケアしており、これから絞ってどれだけの動きをするか楽しみですとの事。当時524kg

[広告] VPS
クラブの近況を見ると『動きのいい馬』、『調整の進んでいるグループの馬』など結構いいコメントを目にする事が多いが実際のところは少々クラブの近況との温度差があるなぁと思いました。あくまでも現段階の同世代の能力としては『普通』の位置との事。走りは淡々とした走りで一定のペースで走っているようです。そうなるとヴィクトワールピサの初年度産駒の牡馬に共通する典型的な長くいい脚を使う馬に当てはまりそうですね現時点は。前傾姿勢で走る姿は自らハミを取ってグイッと沈む感じではなく、ハミに頼っている感じとの事でした。この辺りも含めこれから絞りこんで動きが変わってくる事を期待してました。

1462355916766_20160504185850(1).jpg
ヴィクトワールピサ自身は雄大な馬体から持続性あるスピードとスタミナを武器にしていた馬。まだまだ心身ともに幼さを残しているレッドルドラですが、雄大な馬体は父譲りですし、馬体だけでなくスピード、スタミナも父らしい素晴らしいもの受け継いでいてくれていたらと、来るべきデビュー戦を今から楽しみにしています。この馬に託す私の夢は何度も言いますが皐月賞です!
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-05-01 17:26 | カテゴリ:ウインブルーローズ
5/1(日) 新潟10R 荒川峡特別(500万下)芝2400m

WIN.gif ウインブルーローズ 3着


井上敏樹騎手「先生からは「開幕週だし、前に付けて欲しい」と指示をいただきました。これまでのVTRを観て、あまり出脚は速くないイメージあったのですが、今日はそこまで無理せずに先行できました。1、2コーナーで外から来られましたが、掛かるところはなく、折り合って進められました。内回りですから、早めに仕掛けて、前の馬を交わしたのですが、すぐ後ろに後続が来ていて、最後は踏ん張れませんでした。減量のない特別レースで、いい馬に乗せていただいたのに、結果を出せずに申し訳ありませんでした。」


井上騎手の得意な積極的な騎乗をしてくれました。結果は3着でしたが、上手く乗ってくれました。敗因は1、2着馬よりキレ不足ということでしょう。理想はここを勝って一旦外厩に出して、と行きたいところだったと思いますが、結果通り負けてしまったのでクラブは馬に問題なければ5/22(日)の新潟の同条件を使うとのこと。調子的にはどうかなぁ といったところですが、色々な条件が好転することを祈り次走も頑張ってもらいたいと思います。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-05-01 00:24 | カテゴリ:ウインブルーローズ
P1190241(1).jpg
2016年4月21日(木)
先週の福島「燧ケ岳特別」では、勝負所を十分な手応えで進出し、直線もじりじり差を詰めたものの、4着まで追い上げるのが精いっぱいだったウインブルーローズ。高橋祥調教師は「この馬なりに脚は使っていましたが、道中の位置取りが少し後ろだった分、その差を詰め切れませんでしたね。でも、内容そのものは良かったですし、もうそろそろ順番でしょう」と前走を振り返っていました。前走後は昨日20日(水)までは引き運動をこなし、本日21日(木)から軽めに乗り込みを再開しています。同調教師は「レース後も元気一杯で、どこも気になるところはありません」とキッパリ順調を語り、「どちらかと言えば新潟向きのタイプですし、次ですね」と巻き返しを誓っていました。

2016年4月28日(木)
中1週で今週の出走を予定しているウインブルーローズは、昨日27日(水)にWコースで最終追い切りがかけられました。格下の3歳未勝利ヴィエントゴールドを先行させて、それを5Fで2馬身半ほど追いかけたのがブルーローズでしたが、直線で外から余裕の手応えで並びかけると、最後は相手の動きに合わせる余裕も見せながら併入にまとめています。時計は5F67秒9、ラスト1F13秒9でした。高橋祥調教師「中1週なので今朝は軽めの内容でしたが、余力十分で文句のない動きでした。目下好調ですし、デキに関しては何の不安もありません」と絶好調を宣言しています。続けて、「新潟へのコース替わりも問題ありませんし、あとは乗り方ひとつでチャンスは十分にあると思います。自分から動くぐらいの積極的なレース運びを望んでいます」と期待を語っていました。なお、追い切り明けの本日28日(木)は軽めの乗り運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の新潟日曜10R「荒川峡特別」芝2400mに井上騎手とのコンビで出走が確定しています。


先日訪問したCVFでも岡田繁幸さんから『もうちょっとなんだけどなぁ』とコメントもらったウインウインブルーローズが5/1(日)新潟10R荒川峡特別に出走します。ここで好調期はピークでしょうね。ここ3戦全て2600mのレースですから。ここをピークに緩やかに調子は下降していくと思うので、相手関係がどうのこうのはさておき、ブルーローズの調子からは前走で決めたかったけど、今度こそここで決めたいね。前走は消化不良の勿体無い騎乗をしてくれた津村騎手から若手の井上(敏)騎手にスイッチ。この騎手は積極的に前々で勝負する騎手なのでここはスタート次第ではハナに行くぐらい積極的なレースを期待してます。松岡騎手は『新潟が一番いいですよ』と私に言ってたのでここは絶好の舞台。メンバーの脚質からハナ切れば押し切れそうな気がします。やや重程度の馬場は一番走りやすそうなので、やや重馬場でレースが出来れば更にチャンスが膨らみます。楽しみです
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)