2016-08-28 20:14 | カテゴリ:ウインブルーローズ
8/28(日) 札幌8R 500万下(芝2000m)
WIN.gif ウインブルーローズ 11着


丹内祐次騎手 スタートは五分に出てくれましたが、その後押しても行きっぷりが良くなく、なかなか進んでくれませんでした。想定よりも後ろからの競馬になってしまったので、向正面は追い上げていきたかったのですが、やはりそこでも捲るほどの脚はなく、そうこうしているうちに内からどんどん他馬に入られてしまって・・・。申し訳ありませんでした。

高橋祥調教師(新潟競馬場にてモニター観戦) 休み明けでも状態は悪くなかったと思います。ただ、VTRを見る限り、いつもより踏ん張りが利かないような走り方をしていたように感じますし、もしかすると洋芝はあまり相性が良くないのかもしれません。



今日は11着でした。デビューから2度目の二桁着順…。休み明けは走らないにしても、ちょっと走らなさすぎたなぁ。距離が短いのもあるとは思うけど。直線で丹内騎手が後ろ振り返ってたから、脚元やったか?と思ったけど、 連闘も視野にいれているようだから脚元は問題ないのだろう。 連闘と言ってもまた2000mなだけに、微妙だなぁ…。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-08-28 00:35 | カテゴリ:ウインブルーローズ

4歳7月ウインブルーローズ③(1)
2016年8月18日(木)
来週の札幌土曜9R「2016ワールドオールスタージョッキーズ第1戦」芝2600mへ出走を予定しているウインブルーローズは、昨日17日(水)に函館Wコースで帰厩後1本目の追い切りがかけられました。単走で5Fからペースを上げて、そのまま直線に向くと、ゴール前は強めに追われて、5F68秒2、ラスト1F12秒4という好時計をマークしています。高橋祥調教師「『非常に良い動きだった』と聞いています。来週のレースへ向けて順調に仕上がってきそうですし、長丁場の条件も合うので、初戦から勝負になってくると思いますよ」と順調を口にしていました。なお、追い切り明けの本日18日(木)は軽めの運動をこなしていました。

2016年8月25日(木)
ウインブルーローズは、23日(火)の抽選の結果、今週の札幌土曜9R「2016ワールドオールスタージョッキーズ第1戦」芝2600mは、除外となりました。それを受けて、今週の札幌日曜8R芝2000mに丹内騎手で向かうことに切り替えています。 先週末19日(金)に札幌競馬場へ移動を済ませているブルーローズは、昨日24日(水)に札幌ダートコースコースにて追い切りがかけられました。5Fからピッチが上がると、馬なりのままグングン進み、直線では前を進む、2歳未勝利ラヴトワイスに体を並べて併入ゴールとなっています。時計は5F68秒5、ラスト1F13秒4でした。高橋祥調教師「休み明けでも動きは悪くないというか、むしろ凄く良かったようですよ。乗っていた助手によると『ラストも余裕があり過ぎて遊ばれたほど』とのことです。先週もしっかり動けていましたし、休み明けですが、キッチリと態勢は整ったと言えます」と仕上がりに自信を持っていましたが、「ただ、ベストの条件の2600mを使えなかったのは痛かったですね。2000mだと若干距離が不足していますし、あとは今の札幌の悪い馬場状態というのも少し心配なところもあります」と不安も口にしていました。そして本日25日(木)は軽めの運動を消化し、午後からの出馬投票で、今週の札幌日曜8R芝2000mに丹内騎手で出走が確定しています。


4歳7月ウインブルーローズ④(1)
今週からワールドオールスタージョッキーズが始まりました。中央場所で行われていた時はワールドスーパージョッキーズシリーズとして私が年に一度の楽しみにしていたレース。そんなレースに始めて愛馬が出走するかもしれないとワクワクしていましたが、残念ながらウインブルーローズは除外となり、一口馬主としての小さな夢の一つは叶える事が出来ず…。

除外となったウインウインブルーローズは今日日曜日札幌8R500万下(芝2000m)に出走。叩き良化型ですし、距離も忙しいと思うので、勝ち負けまでは自信ありませんが、掲示板には載ってもらいたいかな。出走馬より、出走騎手が強烈だもんなぁ、モレイラ、ルメール、ウィリアムズ、C.デムーロ、M.デムーロこんな腕達者な騎手に混じってうちは丹内騎手だもんなぁ。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-08-26 20:24 | カテゴリ:レッドレイヴン
6歳7月レイヴン(1)
2016.07.29(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「入場後は若干トモの疲れを感じましたが、レースを使ったなりの疲れといったところでしょう。レースは少し不利もあったようで力を発揮したとは思いませんが、その前の巴賞で賞金を加算できたので、夏場は無理せず、秋の毎日王冠からというのが有力のようです。相手は強いでしょうが、条件的にはピッタリだと思いますし、またしっかり立て直してレースに向かえるよう調整していきます」

2016.08.05(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「疲れも抜けて順調ですね。先週末には坂路で15-14を消化しています。坂路に入れる前にトラックで2400m乗っているので運動量も豊富です。まだ予定レースは先ですし、疲れを溜めないようにメリハリの利いたメニューで体調維持を心がけていきます」

2016.08.12(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「今週も週2回坂路で15-15、場合によっては終い15を切るぐらいのペースで乗っています。気性的にも肉体的にも気になる点はなく、以前よりも成長したことを感じています。予定レースはまだ少し先なので、一気にエンジンを上げるのではなく、疲れを溜めないようにじわじわと状態を上げていければと考えています」

2016.08.19(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「引き続きコースと坂路を併用してしっかり乗り込んでいます。坂路では週2回5Fから15-14を消化していますが、程よい気合乗りで活気あるアクションを見せてくれています。トモもだいぶしっかりして状態面に不安はありません。現行ペースで乗りながら徐々に態勢を整えていきたいと思います」

16.08.26(ファンタストクラブ)
来週半ばに札幌に移動し、来週末に美浦トレセンに帰厩予定。
担当スタッフ「移動予定も立ち、坂路で終い13秒のところも消化して具合も上がってきています。今回はもともとどこか悪くてという消極的な放牧ではなく、札幌記念も使おうと思えば使えるぐらいでしたが、ここにきて馬が心身ともに良くなっていることもあって、先生としても再び王道から挑ませたいとの思いがあったようです。体が傷む前に供えることができたので、送り出す前の状態としては絶好調といえるほどですよ。レースまでもう少し時間がありますが、ここから厩舎でもじっくり調整してもらえると思います。期待しています」


先日T調教師が再度の暴行騒動でトレセン内で話題になったそうで。この調教師は重賞レースも何度も勝っており、クラブの馬も多く所属しています。私が在籍しているクラブにも預託厩舎として名前があるんですが、私は人相が気に入らなくてお世話になった事はありません。どうしても人として輝かしい実績の顔とは別の顔が見え隠れして。でも、そういう人格まで分かった上で出資する、愛馬のお世話をお願いするということは至難のこと。実績を残す調教師であるからこの厩舎の預託予定の馬に出資すれば、私の夢である重賞制覇も近付くかもしれないが、それでも私は裏表ある怪しい調教師のお世話にはなりたくないですね。何度か出資しようかなぁとは思ったことあったけど、出資しなくてよかったよ。公に発表があったのは今回で2度目らしいから、調教師会はもっと厳しく取り締まってもらいたい。

さて、東サラレッドレイヴンですが次走毎日王冠を視野に調整中。最新のコメントでは再び王道路線を歩ませたいようですが、果たしてその期待にレイヴンが応えられるかどうか?成績にムラがあるようにコンスタントに自分の能力を出せない弱みがあるが、能力出し切った時は実績馬とそれほど着差ないので、今回は能力通り走ってくれる事を祈るしかないですね。相手は現時点で私が把握している出走予定馬はロゴタイプ、イスラボニータ、ルージュバック、スマートオーディン。毎日王冠だもんねぇ(笑)

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2016-08-22 22:30 | カテゴリ:ウインべザント
2歳5月ウインべザント④(1)
2016年8月5日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。担当者「坂路とトラックを併用して進めていたのですが、両トモに腫れが確認され、疲れが見えてきたので、昼夜放牧に切り替えました。それでも放牧に出して数日ですが、元気は出てきましたし、体も少し増えたような印象です。この放牧で体を増やし、パワーを付けたいですね」と話していました。

2016年8月12日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。担当者「両トモの腫れは引いてきましたし、ゆっくりさせたことで体調は上向いてきました。減っていた馬体も回復して、ふっくら見せるようになってきましたし、良い休養になっていると思います。あとはこの休養後に動きが変わってくれているといいですね」と話していました。

2016年8月19日(金) 
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。担当者「馬に元気が出てきましたし、体もかなりふっくら見せるようになっています。課題だった幅の薄さも少し解消されてきましたしね。疲れも取れてきたようですから、近々本場へ移して、坂路で乗っていこうと考えています」と話していました。

2歳5月ウインべザント②(1)
昨日はこの馬の走りを楽しみにしてました。その馬名はトラスト。昨年のビッグレッドファームグループのパーティーで岡田繁幸さんが私に『凄い2歳馬いるんだ』って耳元で囁き、私は『へぇ、そうなんですかぁ。その馬募集馬にいるんですか?』 岡田さん『いや、募集馬にはいないんだけど、スクリーンヒーローの仔でね』 私『それが募集馬だったら私出資するのに(笑) プレイアンドリアルより走りそうなんですか?』 岡田さん『どんだけ凄いか大知君何度も跨っているからちょっと聞いてよ。』と言って私を柴田大知騎手のところへ連れて行ってくれてその馬の魅力を興奮して話していた馬がトラストでした。だから、昨日の札幌9Rのクローバー賞でどんな走りをするのか楽しみにしてましたが結果は2着。ちょっと道中力んで走ってたのが響いたかなぁ。でも、あれだけ道中持ってかれても直線脚を伸ばしていたので、リラックスして走れば今後も楽しみでしょう。次走はどんな走りをするのか楽しみに待ちたいと思います。


2歳5月ウインべザント③(1)
愛馬ウインウインべザントは疲れが出始めたので一息いれていました。まぁ、とにかく食べてもなかなか身にならないのが悩みかなぁ。焦る必要はないけど、今後の成長に期待してます。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-08-13 00:14 | カテゴリ:ウインブルーローズ
4歳6月ウインブルーローズ⑤(1)
2016年7月20日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本~3本というメニューを消化しています。担当者「坂路の本数を増やしていますが、動きはいいですよ。毛ヅヤも良く、体調面も良さそうですしね。調教を進めても馬体が減るどころか、むしろハリが出てきて、上向いています。札幌への入厩へ向けてしっかり仕上げていきます」と話していました。

2016年7月27日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本~3本というメニューを消化しています。担当者「本日27日(水)は坂路で追い切りを行いました。時計は44秒前半で、速くはありませんでしたが、今日は馬場が重くなっていて、軒並みタイムが掛かり気味でしたから、気にする必要はありません。むしろまだ手応えには余裕があり、動きは良く見えました。馬体にもハリが出てきましたし、状態は上向いてきていますね」と話していました。

2016年8月3日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本~3本というメニューを消化しています。担当者「本日3日(水)は坂路で追い切りを行いました。ウインフェニックスが先頭でゴールし、その後に他の馬と一緒にゴールしていましたが、時計は43秒後半辺りでした。元々、坂路で好時計が出るタイプではありませんし、それを考えればよく食らいついていたと思います。馬体もふっくら見せ、体調は良さそうですし、いい状態で移動できそうです」と話していました。

2016年8月10日(水)
昨日9日(火)に北海道・新冠のコスモヴューファームを退厩、本日10日(水)に函館競馬場へ入厩しています。担当者「体もだいぶふっくらしていましたし、毛ヅヤも良かったですからね。体調面は良好で送り出せたと思います。基本的には使いながらのタイプですが、今回はいいデキで送り出せたので、いきなりから期待したいですね」と話していました。

2016年8月11日(木)
昨日10日(水)に函館競馬場へ入厩したウインブルーローズは、本日11日(木)から乗り込みを開始しています。高橋祥調教師「輸送も問題なくこなし、今朝から順調に動かし始めています。今のところ、これといったトラブルもないようですし、このまま目標のレースに向けて進めていけるかと思います」と順調を語っていました。なお、次走は、8月27日、札幌土曜9R「2016ワールドオールスタージョッキーズ第1戦」芝2600mを予定しています。

4歳6月ウインブルーローズ⑥(1)
昨日武豊騎手の父である武邦彦さんが亡くなられたニュースが報じられ、びっくりしました。まだ若いだろうと確認したらまだ77歳。騎手としての武邦彦さんは私にはわからないけど、当時は凄い騎手だったんだろうなぁ。調教師としてはグリーンチャンネルで拝見し、ユーモアある人だなぁという印象が残ってます。また、先日は清水成駿さんが67歳という若さで亡くなられた。最初にその一報を目にしたのが東スポだったので、東スポだからまたいつものような事だろうと思っていたら、ホントだった事に驚きました。私は競馬を始めてから専門紙は昔でいう「一馬」、今でいう「優馬」をずっと愛読している。当時一馬では清水成駿さんが編集長をつとめ、『スーパーショット』という清水成駿さんのコラムは当時楽しみに読ませて頂いていた。まだまだ競馬界を盛り上げるために、必要な両ホースマンが亡くなられたことはとても残念に思います。今までありがとうございました。ご冥福を心からお祈り申し上げます。

さてウインウインブルーローズが函館競馬場へ入厩したようです。当初は札幌だったようですが、函館で良かったです。函館にはWコースがありますからね。札幌と函館では調整内容が雲泥の差になります。函館のWコースでしっかり負荷をかけてもらいましょう。
次走はどうやらワールドオールスタージョッキーズ第1戦のようです。楽しみですし、愛馬がこのシリーズに出走して欲しいなぁと思っていたので非常に楽しみです。当然全てのジョッキーが勝ちを意識してしっかり追ってくるので、しっかりと馬が出来ていないと馬にとって相当ダメージが残る可能性が大。ということで、休み明けにはなりますが、しっかり仕上げてレースに送り出してもらいたいものです。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-08-07 21:27 | カテゴリ:ウインエスパシオ
 8/4(木) 園田7R C2一3歳以上 ダート1400m

WIN.gif ウインエスパシオ 3着

川原正一騎手 スタートも決めて、掛からずいいポジションで競馬ができました。勝負どころでも手応えはありましたが、断然人気馬が後ろだったため、早仕掛けで差されるのは嫌だったんです。なかなかその人気馬がこなかったので、追い出しをギリギリまで我慢したのですが、結果的にそこまでビュッと切れるタイプではないので、もう少し早くゴーサインを出していたら凌げたのかもしれません。ノドに関しては、まったく問題はありませんでした。結果を出せずに、すみませんでした。

南調教師「前走を叩いて状態は上向いていましたし、今日は道中掛かることもなく、外枠からうまく運べたと思います。人気馬が後ろだっただけに、追い出しを我慢したジョッキーの選択は責められません。これだけの馬で、中央に戻るという結果を残せず、大変申し訳ありませんでした。

クラブスタッフ「前回は休み明けのうえ、減った馬体を戻しながらの調整だったため、直線で止まったのも仕方ない部分はありました。そこを叩いて、間違いなくデキは上向いていましたし、今日は外枠からまったく不利もなく、非常にスムーズな内容だったと思います。ノドの影響もなく、それでいてこのメンバーで3着という結果は厳しく受け止めなくてはいけないでしょう。このまま使っていけば、いずれ園田であと2勝は上げられるとは思いますが、目標はそこではありません。関係者で協議の結果、この内容では中央の500万下では厳しいとの結論に達し、ここでの現役引退が決まりました。なお、今後はサラブレッドオークションへ出品の予定です。」

4歳4月ウインエスパシオ②(1)
地方競馬の園田へ転籍し、中央復帰を目指していたウインウインエスパシオですが、力足りず中央復帰を果たす事が出来ず引退が決まりました。ウインエスパシオは競走馬にとって重要な『運』が無かった馬でした。1つは6月の東京デビューです。当時書いたのがコレ「あんな早い時期に直線が長く坂のある東京を全力で走らせたら馬がへこたれてしまうんですよ。それに追い打ちかけてこの日は東京では珍しい不良馬場になり、当日行われた安田記念に出走した歴戦の古馬達でさえあまりにも重い馬場で安田記念ではゴール前で脚が上がり、ワールドエースは放牧後に歩様が乱れ、ショウナンマイティは骨折、世界のジャスタウェイも疲労が抜けきらず宝塚記念を回避。そんな馬場で新馬戦を走ったものだからエスパシオも軽度の繋靭帯炎を発症。それ以上に私は当時から心身ともにへこたれて馬が枯れてしまう事を懸念していた。うちの愛馬は枯れないで欲しいと思っていたんだけど、どうかなぁ。」人それぞれ思う事はあると思いますが、私はまずこの1戦で成長力を削がれたと思っています。

2つ目は4戦目の東京のマイル戦でハナ差負けの2着のレース。私も長年競馬やっててハナ差のレースも大体写真見なくても判断つきます。このレースもハナ差勝ったと確信。口取りも列が出来て確定のランプ点灯待ちしていました。それがまさか、まさかのハナ差負け…。これは今でも信じられません。乗っていたジョッキー達もエスパシオが勝ったと言っていたらいしいですから。

まぁ、デビュー戦から運のない馬でした。地方含め22戦1勝。今まで思い出をありがとう。残念ではあるけど、お疲れさまでした。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(6)
2016-08-01 22:34 | カテゴリ:ウインべザント
2歳5月ウインべザント①(1) 
2016年6月24日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者「今週は坂路中心で進めていますが、動きは悪くないものの、パワー不足は否めません。ゴールドアリュール産駒の牡馬ですから、もっと力が付いてきて欲しいのですが、現状では幅が薄いですし、馬体重もなかなか増えてこないんです。馬体の成長待ちですね」と話していました。

2016年7月8日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者「再びゲートも含めて調整を進めていますが、重いダートコースではあまり動けませんね。幅が薄く、パワーも足りないので、もうひと回り成長が欲しいところですね。それでも、今後はカイバも増やしていく予定ですので、それが実になってくるはずです」と話していました。

2016年7月15日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者「今日はトラックコースでの調教でしたが、平坦のコースの方が動きはいいですね。坂路ではあまり動けませんが、タイプ的に今後も坂路ではずっとこんな感じかもしれません。もっと幅が出てきて欲しいですし、トモにも力が付いてきて欲しいところですね」と話していました。

2016年7月22日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者「まだトラックコースの方が動けますが、それでも目立つ動きではありません。パワーもありませんし、まだ馬体も成長途上で、気持ちも入ってきません。もう少し体の成長が必要ですね」と話していました。

2016年7月29日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者「トラックコースの方が動きが良く、そこでの調教を重ねることで、体の使い方が良くなってきました。ただ、やはり全体的にパワー不足ですね。幅が薄いのは相変わらずですし、このあたりが変わってきて欲しいところです」と話していました。

2歳4月ウインべザント④(1)
ご無沙汰しております。約半月ぶりのブログ更新となりました。この半月ちょっと色々と忙しくて、なかなかブログまでという気持ちになれずにいました。今やらなければならない事だったので、競馬やブログちょっと我慢して集中して取り組む事ができ、やっと落ち着いてきたところです。
その間、色々書きたい事あったのですが、さすがに半月経つと既に情報が新鮮さに欠けていたり、忘れてしまったり…。それでも新鮮には欠けるが、心配なのが岡田繁幸代表の体調。私は今年も参加してませんが、聞くところによると年に一度のビッグレッドファームグループのお祭りである募集馬展示ツアーに岡田繁幸代表が現れなかったというじゃないですか。あの大イベントに参加出来なかったくらい体調不良となると非常に心配です。私が今年4月にコスモヴューファームに訪れた際も、おかゆしか口にしていないと言っていました。早く元気な姿を見せてもらいたいものです。

さて、完成度の高い2歳馬達は続々とデビューしているなか、うちのウインウインべザントは辛口コメントのオンパレードでデビュー出来るのかなぁと心配すら感じてきましたよ(^_^;) でも、ケガやアクシデントなく順調に調整が進めば、どっかのタイミングでガラッと変わってくることは珍しくないことですから、今後の成長に期待します。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)