2016-10-29 16:33 | カテゴリ:ウインべザント
10/29(土)京都4R メイクデビュー 1200m(ダート)
WIN.gif ウインべザント 9着

和田竜二騎手 先生からは「まだ緩さがあり、追走に苦労するかもしれないので、促していって欲しい」と言われましたが、思いのほか追走は楽でしたよ。いいスピードがありますし、前向きさもあるんです。3、4コーナーで前との差が少しできたことで、砂を被ってしまい、そこで頭を上げて、下がってしまいましたが、最後はまた盛り返しています。ゲートの中では、まだ鳴いていたように、精神面が幼いですが、いいモノは持っていますよ。関西に連れてきて、ここまで頑張れば、関東に戻ればすぐに勝負になってもおかしくありません。


デビュー戦が終わりました。結果は9着。正直後方ポツンでタイムオーバーまで頭の片隅にはあったので、正直ホッとしました。スタートも普通に出てレースの流れにも乗れていた。また、砂を被って嫌がることなどデビュー戦で経験したことを今後の調教やレースに活かしてもらい、来るべき初勝利を目指して奥村厩舎には頑張ってもらいたいと思います。今はレース後のダメージが無い事を祈り、無事に美浦へ帰厩してきて欲しいです。

さて、明日は天皇賞(秋)が東京競馬場で行われます。楽しみなメンバー構成で週初めから楽しみにしていました。私なりに既に迷いなく本命が決まってまして、私の本命は◎キャロットルージュバック。勝負になりますよきっと。馬体重さえ大幅な減りさえなければ。今回も毎日王冠後はノーザンF天栄へ戻して調整し、10日競馬でレース。トップトレーナーには大一番で10日競馬はなかなかないですが、中堅どころの厩舎では大一番で10日競馬をノーザンファームは試みます。何でこのような事をするかわかりますか?もう一度書きますよ「トップレーナーは10日競馬無しで、中堅では10日競馬あり」具体的には書けないので想像してみてください。理屈は簡単です。今回のケースは10日競馬だから勝負なんです。先週は自信があったディーマジェスティが負けたのは信じられないことで凹んだけど、今週はルージュバックで笑いたいと思います

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2016-10-29 00:01 | カテゴリ:ウインべザント
P1200166(1).jpg
2016年10月27日(木)
今週のデビューを予定しているウインベザントは、先週末23日(日)にも坂路で一杯に追われ、4F55秒9、ラスト1F13秒3という時計をマークしています。そして昨日26日(水)には坂路で最終追い切りがかけられました。国枝厩舎の2頭(古馬500万下レッドオルバース、古馬500万下ラハイナルナ)との3頭併せの追い切りで、最後方からスタートしたのがベザント。後半に差し掛かり、一旦、前の2頭に追い付きましたが、ラストは脚色が鈍り、それぞれに3馬身ほど遅れてフィニッシュとなっています。時計は4F53秒4、ラスト1F13秒8でした。奥村武調教師「うーん、最後は苦しくなってしまいましたね」と不満顔で、「先週の好時計はやはり軽い馬場に助けられた部分が大きそうですし、もうひとつピリッとしてきません。初戦からとなるとまだ微妙なところかもしれません」と説明していました。 また、「ゲートはまずまず速いですが、1200mは少し忙しい印象も受けます。それでも、母系の血統面という背景を見ると短い距離は良さそうですから、スタートを決めてうまく流れに乗った競馬ができればいいですね」とレースを見据えていました。追い切り明けの本日27日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の新潟日曜5Rダート1200mに丹内騎手で投票を行いましたが、抽選除外となったため、今週の京都土曜4Rダート1200mに和田騎手で再投票を行い、出走が確定しています。

いよいよ愛馬ウインウインべザントのデビューです!10/29(土)京都4Rダート1200m6枠10番和田騎手。出資検討で募集カタログを開いた時から、このデビュー戦を首を長~くして待っていました。入厩することなく引退、入厩してもデビュー出来ずに引退する馬もいるなか、こうやってデビューを迎えられた事を素直に嬉しく思います。それは私だけでなく、クラブ関係者はもちろん、生産者、厩舎関係者など、多くの人達の想いがこのデビュー戦に凝縮されています。ここまでの評価は決して高いものではありませんが、今後調教やレースを重ねながら力を付けていって、どこかのタイミングで初勝利を飾ってもらいたいと思っています。次走に繋がるレースを期待しています
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-10-25 18:51 | カテゴリ:ウインブルーローズ
4歳9月ウインブルーローズ①(1)
2016年9月21日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者「こちらへ移動してきたのは先週15日(木)ですが、レースから十分に日にちが経過しているので、週明け19日(月)から早々に乗り込みをスタートしています。到着後、2、3日は特にうるさく、今も馬は元気一杯ですが、高橋祥調教師から伺っていたとおり、トモはクタクタしており、正直、あまり良い状態とは言えません。しばらくは軽めのメニューで経過を観察していきます。馬体重は498キロです」と話していました。
2016年9月21日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者「こちらへ移動してきたのは先週15日(木)ですが、レースから十分に日にちが経過しているので、週明け19日(月)から早々に乗り込みをスタートしています。到着後、2、3日は特にうるさく、今も馬は元気一杯ですが、高橋祥調教師から伺っていたとおり、トモはクタクタしており、正直、あまり良い状態とは言えません。しばらくは軽めのメニューで経過を観察していきます。馬体重は498キロです」と話していました。

2016年9月21日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者「こちらへ移動してきたのは先週15日(木)ですが、レースから十分に日にちが経過しているので、週明け19日(月)から早々に乗り込みをスタートしています。到着後、2、3日は特にうるさく、今も馬は元気一杯ですが、高橋祥調教師から伺っていたとおり、トモはクタクタしており、正直、あまり良い状態とは言えません。しばらくは軽めのメニューで経過を観察していきます。馬体重は498キロです」と話していました。

2016年9月21日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者「こちらへ移動してきたのは先週15日(木)ですが、レースから十分に日にちが経過しているので、週明け19日(月)から早々に乗り込みをスタートしています。到着後、2、3日は特にうるさく、今も馬は元気一杯ですが、高橋祥調教師から伺っていたとおり、トモはクタクタしており、正直、あまり良い状態とは言えません。しばらくは軽めのメニューで経過を観察していきます。馬体重は498キロです」と話していました。

2016年10月19日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を4本~5本というメニューを消化しています。担当者「元々、攻め駆けするタイプではありませんが、それにしても気合いが不足していたので、中間から運動量を増やし、本日19日(水)には坂路で併せ馬の追い切りを行いました。単走だとピリッとせず、速い時計も出ませんが、併せ馬にしたことで今朝はいつもより1秒ほど時計が詰まりましたし、良い負荷が掛けられたと思います。トモの甘さは相変わらずですが、状態そのものは問題ありません。馬体重は498キロです」と話していました。
DSC_0627_20161025175415(1).jpgDSC_0628_20161025175534(1).jpg 
京王線の新宿駅は今天皇賞(秋)一色になっており、絶対当ててやるぞーという気持ちにさせられます(笑)昨晩そんな天皇賞のイベントである「2016天皇賞(秋)フェスティバル」に参加してきました。スポーツ紙の記者達はほぼエイシンヒカリとモーリスの2強ムードでしたね。そういうムードにはなるのかもしれないけど、2強はその他出走馬を突き放した2強ではないと思うし、2強のGIレースは1頭馬券から飛ぶのがセオリー。先週の菊花賞も私が自信の◎だったディーマジェスティが負け、負けると思っていたサトノダイヤモンドが勝利した。近年にないおもしろい天皇賞になりそうなので、出走予定馬全て無事にゲートインしてくれることを祈っています。

そのイベントでのM・デムーロ騎手のコメントを一部公開。草野さんの騎乗馬がいなかったとして、予想するとデムーロさんはどの馬が勝つと思いますか?『モーリスとエイシンヒカリ』 リアルスティールはどうですか?『結構引っ掛かる。掛ったら終わり(笑)』

ウインウインブルーローズは引き続き鉾田TCで調整中。坂路はあまりいい走りをすることはないので、まぁここまでは及第点でしょう。早ければ11/12(土)福島2600m(芝)、順当なら翌週の11/20(日)福島2600m(芝)かなぁ。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-10-23 14:55 | カテゴリ:レッドレイヴン
2016.10.07(ミホ分場)
ダクとハッキング15分。
担当スタッフ「背腰は良くなっているのですが、右トモにはまだ少し疲れが出ているので、そのあたりはケアしながら進めています。ただ、思ったよりは良いので、様子を見てキャンターも入れて行く予定です」

2016.10.14(ミホ分場)
ダクとハッキング10分。
担当スタッフ「先週末、背腰にショックウェーブをして、今週水曜日までは舎飼でゆっくりさせました。少しうるさくなっているように元気も良いので、この後も気を付けながらゆっくり進めて行きます」

2016.10.21(ミホ分場)
乗り運動後、ダク1600m。
担当スタッフ「出掛けはトモの入りが悪いのですが、乗っているうちに良くなって来ますね。獣医の先生とも話し合い、1か月くらいはダク中心で進めて、背腰に筋肉がついて来てからキャンターも入れた方が良いとの事なので、今はじっくり進めています」


今日は3歳3冠レース最後の菊花賞が行われますね。自分の愛馬もいつか出走してもらい、スーツでビシッと決めて現地観戦したいものです。何度か現地観戦しましたが、愛馬でいつか!

今日の菊花賞私の本命はディーマジェスティ。これはダービーを終えた時点で決まってました。その後、秋のトライアルから今日の過程まで一寸の気持ちのブレはありません。ディープインパクト産駒ではありますが、この馬母父ブライアンズタイムが強く出ていると思いますので、この菊花賞の舞台では1強と感じています。私が◎を打ったディーマジェスティはサトノダイヤモンドには負けない。狙っていたレースです


ミホ分場で調整中の東サラレッドレイヴン。今年出番はあるのかな
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-10-22 23:00 | カテゴリ:ウインべザント
2歳8月ウインべザント①(1)
2016年10月13日(木)
先週ゲート試験を一発合格したウインベザントは、昨日12日(水)は普通キャンターを乗られ、本日13日(木)にはWコースで初めての追い切りがかけられました。奥村武調教師「4F56秒ぐらいのところを乗りましたが、1本目の追い切りとしては動きは良かったですよ。自分からグイグイとハミを取る仕草も見られましたし、今のところ特に問題ありません。弱音を上げることもありませんし、このままデビューまで進めていくことができそうです」と順調を語っていました。なお、デビュー戦は10月30日、新潟日曜5Rダート1200mを予定しています。

2016年10月20日(木)
来週の新潟日曜5Rダート1200mを丹内騎手でデビュー予定のウインベザントは、先週末16日(日)にも坂路で併せ馬の追い切りを消化し、4F56秒8、ラスト1F13秒5という時計を馬なりでマークしています。そして、今週は昨日19日(水)に坂路で1週前追い切りがかけられました。ベザントには丹内騎手が騎乗して、併せ馬のパートナーの2歳未勝利スマイルフラワーを2、3馬身ほど追走でスタート。ラスト2F付近から一杯近くに追われると、最後は1馬身ほどの先着を決めています。4F52秒5、ラスト1F12秒8という速いタイムをマークしましたが、「今朝は馬場が軽く、かなり走りやすい状態だったので、もっと楽な手応えで上がってきて欲しかったというのが正直な感想です」とやや不満げな表情を見せる奥村武調教師でしたが、「それでも、ビシッと追ったのは今朝が初めてでしたし、それを差し引けばまずまずの内容と言えると思います」と及第点評価を与えていました。また、「馬体重は430キロと来た時とほぼ変わりませんが、余計な肉が取れて、見た目には絞れてきた感じがあります。来週にはしっかり態勢が整ってきそうです」と順調を説明していました。なお、追い切り明けの本日20日(木)は軽めの運動をこなしていました。


2歳7月ウインべザント④(1)
いよいよデビューが具体的に発表になりました。出資からここまでウイン ウインべザントの成長を見守り、4月には実際にべザントと対面してきました。入厩することも大変ですが、デビューすることも大変、1つ勝つことは更に更に大変な事。まずはデビューを迎えられる事を素直に喜びたい。しかし、ここ最近のうちのデビューを迎えた愛馬達は前評判もよくデビューが楽しみで楽しみワクワクして期待一杯で迎えていたのですが、今回のべザントに関しては散々CVFスタッフからのネガティブコメントの雨あられを食らい、正直不安の気持ちが…。その不安を払拭してくれるような奥村厩舎の厩舎力でべザントに変化を与えてもらってからデビューが私の希望、デビューは11月中旬辺りにならないかなぁと思っていましたが、まぁ、そんな希望はビッグレッドファームグループですから叶わぬ希望となりました(笑) 厩舎でじっくりなんて事はよほどの事がない限り無いよなぁ。また、馬体重も増えてこないし、非力なイメージもあるのでデビュー戦は芝レースでも良かったんだけどねぇ。色々思うところは沢山あるけど、とりあえずこのまま無事に来週の最終追い切りを終え、デビュー戦を迎えてもらいたいと願っています。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-10-13 19:00 | カテゴリ:ウインべザント
2歳7月ウインべザント③(1)
2016年9月23日(金) 
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本というメニューを消化しています。担当者「坂路では時計は出ませんが、この馬なりに動きは良くなっていますよ。欲を言えば、幅がもっと欲しいと言い続けてきましたが、体型から今後もそこまで大きく変わることはなさそうです。現状では坂路では動けませんが、コースならば変わってくる可能性もありますからね。トレセンで少しでも動きが上向いてきて欲しいところです」と話していました。なお、本馬は来週にトレセンへ入厩を予定しています。

2016年9月30日(金) 
明日1日(土)に北海道・新冠のコスモヴューファームにてを退厩、2日(日)に美浦・奥村武厩舎へ入厩の予定です。担当者「今週は長距離輸送に備えて、ウォーキングマシンで様子を見ています。坂路ではまったく動けてはいませんでしたが、この馬は平坦コースの方が動けていましたからね。この馬なりに体力もついてきており、前向きさも出てきて、だいぶ走れるようになってきましたから、なんとかトレセンで頑張って欲しいところです」と話していました。

2016年10月6日(木) 
先週末2日(日)に美浦トレセン・奥村武厩舎へ入厩したウインベザント(父ゴールドアリュール、母ウエストエスケープ)は、長距離輸送の反動もなく、入厩翌日の3日(月)からトレセンでの調教をスタートしています。昨日5日(水)からはゲート練習を開始しており、本日6日(木)は実際に試験を行うゲートで発馬の動作を行うまでに進歩を見せています。奥村武調教師「多少ハミの当たりに敏感で、痛がって頭を上げる時もありますが、大きな問題はありません。ゲートの動作に関してはむしろ優秀なほどで、明日7日(金)には早速ゲート試験を受験する予定です」と順調を説明しています。また、「牧場にいた時はおとなしい印象があったのですが、トレセンに入厩してからは意外にもテンションが高めです。でも、ピリッとしたところがあるぐらいのほうが競走馬としては良いと思いますよ。馬体重は428キロで、見た目にもっと逞しくなってほしい印象はありますが、カイバはもりもり食べているので問題はありません」と続けていました。


2歳7月ウインべザント①(1)
8日(土)はビッグレッドファームグループの15年産2次募集の日帰りツアーが行われました。1次募集のツアーでは岡田繁幸代表の姿がなかったということで、体調を心配してましたが、どうやら2次募集のツアーでは元気な姿があったそうです。もしかしたら繁幸さん名義のトラストがキッチリと札幌2歳Sを制し、かわいい愛馬達の頑張りによって元気の源になったのか!? そのトラストは川崎から中央の栗東・中村厩舎へ転籍し、日本ダービー獲りを目指す。では、イギリスダービーは挑戦しないのか? そんなことはなく、イギリスダービーは何と父フリオーソ 母カーラ 母父ゴールドアリュールというこれもまた川崎所属のコスモス。まだ1走もしておらず、先日ゲート試験を合格した馬。繁幸さんのコメントだと『ディープインパクトとオルフェーヴルの中間みたいな馬。』との事。そんなコスモスはビッグレッドファームで行われたトレーニングで古馬重賞馬マイネルクロップを相手に1秒ほど先着。繁幸さん「よほど強い馬じゃないと通用しないけど、よほど強いですよ。すごく自信がある。追加登録の1200万円も払う」と。コスモスは今月中に能力試験を受けて、10月上旬に川崎競馬でデビューする。その走りに注目
しかし、トラストではないにしてもスクリーンヒーロー産駒が日本ダービーを制することになってもそれほど驚きはしないが、公営のダート馬フリオーソ産駒が万が一イギリスダービーを勝ったなんてことになったら、とんでもないことだよなぁ。どんなことになるのか見てみたいので繁幸さんには頑張って欲しい。とんでもない世界をこの目で見たい。
2歳6月ウインべザント④(1) 
さて、うちの愛馬ウインウインべザントは上記クラブ近況の通り2日(日)に入厩し、7日(金)にはゲート試験を一発で合格しました。コスモヴューファームでの育成では散々なネガティブコメントを頂きました。入厩によって環境が変わり、その他調教や飼料など様々な変化がべザントにとってもいい方向に変化してもらいたいと願っています。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-10-10 19:37 | カテゴリ:レッドルドラ
2歳8月レッドルドラ(1)
2016.09.15(社台ファーム)
トレッドミルと直線走路(F18秒)。馬体重540キロ。
担当スタッフ「骨瘤は治療の甲斐もあってだいぶ治まってきたので、少しずつ調教量を増やしているところです。トレッドミル調整を経て今週から直線走路にも入れており、これからまた徐々にペースを上げていきます。体はやや立派になっていますが、やり出せばすぐに締まってくるでしょう。引き続き脚元はケアしながら進めていきます」

2016.09.30(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重544キロ。
担当スタッフ「右前骨瘤の方は投薬にてすぐに改善したので徐々にペースを戻していたのですが、9月中旬以後、再び痛みを伴っているようなので、現在も治療を行いながら、マシン2時間と常歩での乗り運動にとどめています。馬体は見栄えがするし、動きもパワーがあって好感の持てる馬ですが、どうも弱さが残っていますね。大きな馬なので脚元に負担も掛かるのかもしれません。当面は患部のケアを優先させてもらいます」



先日始めて国内で海外競馬の馬券を購入できる事になり、私も凱旋門賞の馬券を買いました。まさかこんな時代が来るとはねぇ。で、私の本命はポストポンド。これまでのパフォーマンスからこの馬が一番強いと思ったので。でも、この凱旋門賞は強い馬がその通りの結果にならないレースだから難しい。日本から挑戦したマカヒキは正直厳しいと思いました。3歳ということでレース数が少ないのでサンプル数が少ないが、金子 マカヒキにはヨーロッパで必要である力強さのイメージが無い。マカヒキが勝てるならオルフェーヴルが勝てていたというのが私の結論でした。結果はここまで負けるか?の結果でしたが、これから1年更なるパワーアップでまた来年挑戦してもらいたい。

で、この凱旋門賞の驚きは結果だけではなく、売上金の総額。JRAとしては4~5億円の見立てだったようで、これが蓋を開けてみたら約10倍の41億円。これはJRAにとっては笑いが止まらない結果だろう。儲かったお金は馬券だけでなく、馬主の賞金にも還元してね。GIレースじゃなくて下級条件の賞金にだよ、下級条件の(笑)

今日は2つ上の半姉東サラレッドべリンダが東京12Rに出走。応援してましたが惜しい3着。次走こそ中央での初勝利を飾ってもらいたいものです。残念なのは先月引退となってしまった1つ上の半姉グリーンリュウキンカが7戦未勝利で引退…。引退レースとなってしまった7戦目は落馬というちょっと残念な結果となってしまいました。これまでフローリオットの仔達は牝馬のみで、血統からの期待にはなかなか応えられない状況。レッドルドラは初の牡馬ということでガラリ一変するような競走馬に成長してもらいたいよ。今は骨瘤に悩まされて、それどころではないけどね
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2016-10-02 19:15 | カテゴリ:レッドレイヴン
6歳8月レイヴン(1)
2016.09.07(札幌競馬場→藤沢厩舎)
先週日曜日に入厩しました。本日は運動のみ。
藤沢調教師「夏に無理をしなかったので、いい馬体で戻ってきたと思います。ただ、かなりテンションが高めで少し嫌な感じですね。だいぶ気性的に大人になってきたかなと思っていたのですが、まだ安心はできないですね。一応、毎日王冠を考えてはいますが、少し短い距離で見てみたいのもあるので、富士ステークスも頭に入れながら進めていきたいと思っています」

2016.09.08(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
9/8(木) 坂路 64.5-47.9-32.2-16.3 馬なり
助手「今日から坂路に入れています。やっと気持ちも落ち着いてきたのか、今日は他の馬を見て鳴くようなこともなかったですね。輸送もあって気が立っていたのもあるでしょうし、ここからは大丈夫だと思いますよ。走りは腰やトモの感じも問題なさそうで、いい時の感じに近いと思います。毛艶もいいですし、状態としては文句ないですね。先生の中では富士Sのほうに考えが向いているようなので、馬の様子も見ながら進めていきたいと思います」

2016.09.14(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
9/14(水) 坂路 56.8-41.9-27.6-14.0 馬なり
助手「坂路を単走で上がりました。42秒くらいまでペースを上げてみましたが、さすがに楽に上がってきますね。トモの入りもいい時の感じですし、馬自身も楽に動けているのか気持ちよく走っていますよ。戻った当初は鳴いてばかりで集中できていない感じでしたが、日に日に落ち着いてきて、それにつれて走るほうに気持ちも向いてきている感じがします。今のところ富士Sを目標ということで、少し時間もあるので、じっくり上げていくイメージで作っていきます」

2016.09.15(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は北馬場で軽めにしておきました。雨が強かったのもあって、少し集中力を欠くところがありましたが、この程度なら問題ないですね。夏に無理しなかったのもあって状態はフレッシュな感じがしますし、トモや腰の感じもいい時と遜色ないと思いますよ。まだ時間がありますし、じっくり上げていきますが、あまりテンションが上がらないようにしていきたいですね」

2016.09.21(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周半。
助手「今日は北馬場で長めに乗りました。先週末あたりから以前良くなかった右トモの入りが気になったので、今日は軽めにしておきました。まだそれほどやっていないので疲れなどはないと思うのですが、無理させるわけにもいきませんからね。今日はあまり気にならなかったように、日によってばらつきがあるので、様子をよく見ながら進めていくつもりでいます。無理にペースを上げず、じんわり上げていくイメージで進めていくつもりにしています」

2016.09.22(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「雨で馬場も悪かったので、今日も軽めにしておきました。ハッキングくらいならそこまでトモの入りも気になりませんが、常歩の歩様を見ると少し物足りなく映りますね。馬自身は元気いっぱいで、他の馬を見て鳴いたり、立ち上がろうとしてみたりと相変わらずなところを見せていますが、焦って進めてひどくなってもいけないので、じっくりやっていきたいと思います。まだ予定まで1か月くらいありますしね。少し楽をさせてトモの感じを見ていきます」

2016.09.28(藤沢厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日も軽めに乗っています。楽をさせているのでかなり元気はいいのですが、どうもトモが入ってこないですね。北海道の時や戻った直後は悪くないなと思ったのですが、疲れが残っているのかもしれません。それでも今日の感じは徐々に良くなっているかなと感じさせるものでしたし、ここからパンとしてきてくれればというところですね。もう少し厩舎で様子を見るようなので、変化を注意深く見ながら進めていきたいと思っています」

2016.09.29(藤沢厩舎)
引き運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
杉原騎手「軽く乗りましたが、やはり右トモが落ちる感じがあって、しっかり踏み込んでこないところがありますね。馬自身は元気そうですが、上がりの歩様もいい時ほどの力強さがなかったように思います」
藤沢調教師「ここまで楽をさせて様子を見てきましたが、このまま待っても上がってこない感じなので、明日一度放牧に出します。ここで無理に進めるより、一度リセットして立ち上げたほうが早いという判断ですね。順調にいかず申し訳ありませんが、良くなってからまた戻したいと思います」

2016.09.30(ミホ分場)
ダクとハッキング10分。
担当スタッフ「今日こちらに移動して来ました。右トモに疲れが出たようで、ゆっくり進めてほしいとの事なので、ケアしながらじっくり進めて行きます」


今日スプリンターズS(GI)ではお世話になっている東サラ東サラのレッドファルクスが見事GI初挑戦で勝利しGIホースの仲間入りとなりました。この11年産はレッドリヴェールもGIを勝利しており、その他GⅢをレッドアルヴィスと非常に優秀な世代だと思います。特に2頭のGIホースは募集価格1600万円というリーズナブルな募集価格だったので、この世代で出資意欲があれば出資は可能だった。ただ、募集価格的には出資可能でもあっても、レッドファルクスは間違いなく出資してない(笑)なぜなら、東サラでスウェプトオーヴァーボード産駒に出資する気はまったくないから。東サラではクラシック制覇を夢見てお世話になっているから、いくら馬体がいいとかでも出資はまずない。ラフィアンやウインなら十分出資あるけどね(笑) 私みたいな考えを持たずにレッドファルクスに出資した会員さんは素晴らしい目をお持ちだなぁと感心します。出資会員さんおめでとうございます

さて、今夜は海外競馬の馬券を日本国内で初めて購入できる記念すべき日。海外馬券は香港シャティン競馬場で香港国際カップのフジヤマケンザンの馬券を買った以来になるなぁ 日本の悲願である日本馬の凱旋門賞制覇の期待が掛るマカヒキがどんなレースをするのか?今夜は楽しみです。

レッドレイヴンですが復帰復帰予定レースであった富士Sを楽しみに待っていたのに上記クラブ近況により白紙…。6歳になったのに2歳時からの悩みがいまだに解消されず。残念です。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)