2017-07-30 00:07 | カテゴリ:一口馬主
ちょっと前から一部競馬サイトか何かで降級制度の廃止の噂は耳にしてましたが、昨日正式にJRAから発表がありました。
一口馬主として私個人的な見解は残念だなぁというのが本音。実際に降級の恩恵を受けたのは出資していたレッドセシリアだけでしたが。ざっくり言うと4歳春までに1000万下に昇級しても4歳の夏には賞金が半分に減額され500万下のレースに再び出走出来る。当然既に卒業したクラスなのだから、勝ち上がる確率は高くなり、馬主にとってはラッキーな1勝が目に浮かぶ。だから、私なんか新たに出資した時、4歳春までに2勝してもらい、降級の恩恵を受けたいと毎度思っていましたよ。それがなくなってしまうのだからねぇ…。まぁ、決まったことだから仕方ない。20年以上一口馬主続けていて、1度しか恩恵受けてないんだから、大した影響はないし(笑)


それと、先日DMM.comの一口馬主業界参入で最近賑やかになってきた一口馬主業界にまたまた斬新なクラブ運営を引っさげてニューワールドレーシングオーナーズが発足。ハナズゴールで有名なマイケル・タバートさんが代表を務めるクラブのようで既に募集も始まっています。
今までにないクラブの特徴としては①費用の請求(入会費、毎月会費、年会費)は一切なし②募集馬引退までの運営に関わる事務手数料及び賞金分配時の手数料等は一切なし(個人馬主と同様の進上金後の80%を分配)③2歳の1月1日以降の費用は全て明細を開示した上での実費のみ④育成が始まってから引退まで毎日の情報更新⑤レントゲン、喉検査の映像や心臓検査結果など、獣医チェックの元となる情報を全て開示⑥会員から担当獣医への個別質問を常時受付⑦目標レースである桜花賞・ダービーに当該出資馬が出走した場合に所属厩舎に謝礼金500万円を支払う(250万円はニューワールドレーシングオーナーズ、250万円は会員負担)⑧全員一致は難しくても会員の声をなるべく反映する姿勢で運営(騎手の希望、海外遠征の有無等)などなど。先日のDMMバヌーシーには全く興味がないが、このニューワールドレーシングオーナーズは興味ありますね。上記に掲げている事が現実で、そこそこ走る馬が出たら面白いクラブになるはず。1頭に付き10口募集ですが、馬主資格は必要としてないようなので、私にもチャンスがある。今後のクラブの動向が楽しみです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)
2017-07-23 23:45 | カテゴリ:ウインタイムリープ
7/22(土)中京1R 2歳未勝利(ダート1200m)
WIN.gifウインタイムリープ 11着


和田竜二騎手「ゲートはずっと頭を下げて潜ってしまって、前を向かないんです。なんとか引っ張って立て直しましたが、今度は出てくれませんでした。しかし、その後の行き脚は付きましたし、ダートの走りは凄くいいですね。芝を走っているようにスイスイ進んでいくんです。砂を被っても問題ありませんでしたし、ゲートさえまともに出ていればという内容でした。直線、凄い勢いで上がっていけたのですが、前の馬がフラフラして引っ張る不利もありました。ゲートをしっかり出てくれれば、ダートならすぐに勝ち負けになると思います。今日はうまく乗れずに、すみませんでした。」

飯田雄調教師「ダートの走りは悪くなかったですね。この後は、札幌へ持っていこうと思っています。距離はもう少しあった方が良さそうですから、ダート1700mを目指していきたいと思います。向こうでも引き続き、ゲート練習を行っていきます。」


戦前の不安が思いっきり当たってしまい出遅れ…。短距離で出遅れは致命的です。ただ、ダート適性がある事は確認出来たし、次走距離が延びる事で今回以上の走りが期待出来る感触を得たので着順だけ見れば、見てくれ良くはありませんが、収穫十分の1戦でした。速くなくていいので、次走は普通にゲート出れるように成長していてくれたらいいね。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-07-23 11:19 | カテゴリ:レッドレイヴン
7歳3月レイヴン(1)
2017.03.31(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター3000mを25-25秒。馬体重531キロ。
担当スタッフ「爪が気にならなくなってからは乗る量を増やしてしっかり乗っていて、毛艶も引き続き良好です。動ける体になって来たことで、今はうるさいところを見せて元気一杯ですね。右のトモはもう少しですが、以前よりは良いので、この後もケアしながらしっかり乗り込んで行きます」

2017.04.20(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
4/20(木) 坂路 63.8-47.5-31.3-15.5 馬なり
助手「昨日が軽かったので今日は坂路を上がっておきました。トモの感じや馬体は前回よりもいいと思います。前回もすぐにトモの入りが悪くなったので安心はできないですが、乗り込んでいけそうな手応えはありますよ。ただ、まだ慣れていないのか気性面が安定しない感じで、鳴いたり鳴くのを怒ったら反抗したりで相変わらずなところは見せています。そのあたりのオンとオフをきっちり区別できるように普段から意識してやっていきたいですね」

2017.05.24(藤澤厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで追い切り。
5/24(水) ウッド
内レイデオロ 52.2-39.0-12.8 馬なり
中シャドウチェイサー 52.6-39.4-12.8 馬なり
外レッドレイヴン 53.0-39.8-12.8 馬なり
助手「ウッドで先行して追い切りました。2番手の馬と道中出し入れしながら最後は3頭併せの形でしたが、コントロールも問題なく集中して走ってくれたと思います。暑くなってきて汗はかいていますが、戻った当初に比べれば普段からカッとすることも少なくなっていますし、鳴いたりすることも減っています。トモに疲れが出やすいだけに、徐々に上げていくイメージで進めていますが、ここまでは問題なくきていると思います。このまま背腰やトモのケアをしながら進めていきます」※次走は6/11(日)のエプソムC(東京・芝1800m)を内田騎手で予定しています。

2017.06.11 エプソムCレース後コメント(16着)
内田騎手「今週の調教の感じが良かったので、密かに期待していましたが、さすがに長い休み明けで甘くはなかったですね。以前自分が乗っていたときや最近の競馬をみても道中力むところがあるので、そこを一番気にして乗りましたが、今日は上手に走れましたね。外で壁のないところでも抜けて楽に走れていたのは良かったと思います。さすがにまだ体が動き切れないようでしたし、この状態でガンガンに追っても馬のためにならないので無理はしませんでした。この一戦で本調子とまではいかないかもしれないですが、馬体の感じなどまだまだ衰えていないというのはわかったので、このまま大事に続けて使っていければいずれ大きいところも取れるはずですよ」

藤澤師「いきなりからと思っていましたが、競馬はまた違いますね。長い休み明けにはペースも展開も厳しかったです。騎手は無理せず上手に乗ってきてくれたので、大きなダメージもないでしょうし、トモがガクッとこずに続けて使えれば次は変わってくるでしょう。様子を見てからですが、巴賞も視野に入れていくつもりでいます」

2017.07.19(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、芝コースで追い切り。
7/19(水) 芝
内レッドレイヴン 53.2-38.8-12.4 馬なり
外トゥルーラヴキッス 53.6-39.2-12.4 馬なり
杉原騎手「今日は本馬場で併せて追い切りました。時計としては予定通りというところでしたが、ラストの伸びは良かったですね。以前に比べると動きがしぶいというか、もっと軽かった気もしますが、年齢も重ねていますし、調教では動かなくなっているのかもしれません。トモの感じなど、どこか悪いというわけでもないですしね。息の入りも悪くなかったですし、力を出せる状態だと思いますよ。体重はそれほど変わらなくても中身がしっかりしているので、前回のようなことはないはずです」

2017.07.20(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は軽く乗って調整しました。トモの感じは追い切る前と変わらないですし、疲れた様子も見せずにきていますよ。いい時に比べるとまだ素軽さという面で足りないかなというところはあるのですが、動き自体はどこが悪いということもないですし、前回よりは動けると思います。馬体も締まって見た目も良くなっていますしね。暑い中での競馬で大変だとは思いますが。前から使ってみたかった距離ですし、いいところを見せて欲しいですね」

7歳2月レイヴン(1)
東サラレッドレイヴンが本日中京メインレース中京記念に出走します。まずハンデの57kgが発表された時は目を疑いましたよ。いつのレッドレイヴン見てハンデ決めたんだよってね。私の想定では56kgが妥当だろうと思ってましたから。レイヴンはハンデキャッパーから毎回嫌われる存在。不思議だよ。

夏場の出走は暑さに弱いところのある馬なのでレイヴンにとって厳しいレースになるとは思いますが、以前からマイルを試して欲しいと思っていたので距離短縮してどんな走りが出来るのか楽しみにしてます。鞍上も私の大好きなD.ホワイト騎手!この騎手は前付けして垂らさないで粘らす素晴らしい腕があります。昨日の中京メインレースのウインムートなんかもその典型的な騎乗。今日のレイヴンもスタート出して、絶好位または展開次第では逃げてもいいよ、鞍上がホワイト騎手なんだから、どれだけ粘らせるかのレースを見たい。ホワイト騎手で差されたら素直に諦めがつく。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-07-22 00:12 | カテゴリ:ウインタイムリープ
ウインタイムリープ2歳5月②(1)
2017年7月13日(木)
来週の中京土曜1Rダート1200mを予定しているウインタイムリープは、松山騎手が先約があり乗れないことから、和田騎手との新コンビが決まっています。今週は、昨日12日(水)は、本日13日(木)共に坂路を楽走で1本乗られており、週末から追い切りを開始していく予定です。早藤調教助手「前走後もカイバ食いが落ちることもありませんし、テンションも変に上がることもなく、順調ですね。前回、直線であれだけモタれて、フラフラしていたので、松山騎手にも聞いてみたところ、『ハミを替えた方がいい』との結論に達し、今はトライアビットというハミに替えています。こちらの調整では軽めのところなので、効果は今のところ分かりませんが、競馬もこれで臨む予定でいます。あとは距離が短縮されるので、この中間はゲートもしっかり行っていきたいと思っています」と話していました。

2017年7月20日(木)
今週の出走を予定しているウインタイムリープは、昨日19日(水)に坂路にて最終追い切りがかけられました。相手は2歳未勝利ウインネプチューンで、タイムリープが先行してスタート。残り2Fから早め追い出されますが、最後までジリジリと脚を伸ばして、相手に1馬身の先着を決めていました。時計は4F56秒0、ラスト1F12秒8でした。騎乗した早藤調教助手は「スッとは反応しないものの、最後までしっかりとした脚取りでいい動きでしたよ。一度使って体が減ったり、テンションが上がったりすることもありませんし、上積みはあると思います。ダートに関しては、松山騎手も『ダート向き』と話していましたし、血統的にも歓迎だと思います。あとはスタートが遅いので、今回距離が1200mに短縮になる点がどうかでしょうね。少し忙しい感じはありますが、金曜日にしっかりとゲートの練習をして対応していきたいと思います」と話していました。そして本日20日(木)は引き運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の中京土曜1Rダート1200mに和田騎手で出走が確定しています。


ウインタイムリープ2歳5月①(1)
近頃一口馬主業界も賑やかになってきました。新規参入のパカパカファームのワラウカドはまぁ、至ってシンプルな参入クラブだが、驚いたのはDMM.comがDMMバヌーシーという一口馬主アプリを引っさげて業界入り。口数10,000口で生涯経費前払いとの事。まぁ、今までの既存クラブの常識には当てはまらない事が多いようですね。とあるサイトで10,000口の馬が有馬記念を勝った時の賞金が¥8,037との事。まぁ、ざっくりの計算だとは思うけど、このシステム夢がありそうで夢があるとは思えない何とも言えないシステム。口取りの倍率ハンパないな いくら良血馬を格安で出資出来ると言っても私には全く魅力を感じない。でも、業界に新たな新風を吹き込むことは賛成 それにより既存クラブにも新たな風が吹き込めばね。

さて、今日7/22(土)中京1R 2歳未勝利(ダート1200m)にウインウインタイムリープが出走。前走のデビュー戦は芝レースでもそこそこ頑張って6着。芝の走りも悪くない印象だったが、芝よりダート向きとデビュー前から陣営がコメントしていたように、今回はダート試すことに。まだ2歳の7月、3歳7月ではありませんから、色々試していいと思う。が、スタートの出が今一つのところがあるのに、距離短縮はどうかなぁ!? まだ2歳未勝利戦のレース数が限られているから仕方ないと言えば仕方ない。スタートを速くなくても、普通に出れば面白い競馬になるんじゃないかとレースは楽しみにしてます。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2017-07-16 23:22 | カテゴリ:レッドルドラ
7/15(土)中京3R 3歳未勝利(ダート1200m)
東サラ勝負服 レッドルドラ 2着

福永騎手「ゲートの出も良くて、道中も良い位置を取ることができましたし、道中も力まずに走れていました。4コーナーまで楽に回って来れて、勝ちパターンの競馬をしてくれていたのですが、今日は相手が悪かったですね。時計も未勝利の良馬場にしては速いですし、ここで勝たせてあげたかったのですが…。今日は初めて乗せてもらいましたが、折り合い面もしっかり付けられる馬なので、この距離でも大丈夫ですが、コーナー4つの小倉D1700mでも対応は可能だと思いました」


2着…。完全に勝ちレースでしたけどねぇ。勝った馬が強すぎました テン乗りだった福永騎手はスタートも決め、ポジションも絶好位を取ってくれて上手く乗ってくれました。3着馬には5馬身差つけており、時計も未勝利戦では優秀なものだし、あとは勝ち運だけかなぁ。暑い日が続いて、馬の体調管理も大変な時期、あまりモタモタしたくないですから、次走は決めたいね。レース後、脚元のダメージが最小限でありますように。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-07-15 08:26 | カテゴリ:レッドルドラ
3歳5月レッドルドラ(1)
2017.06.02
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2000m、坂路1本。517キロ。
牧場スタッフ「今週から坂路に行く前に周回キャンターに入れて乗るようにしています。乗り込んでいますが、ソエの方も痛みは出ていませんし、運動中の脚取りもスムーズです。先生から『中京開催で使う事を考えています』と連絡がありましたので、馬の状態に合わせて徐々にペースアップをしていくつもりです」

2017.06.09
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2000m、坂路1本。529キロ。
牧場スタッフ「今週から坂路のペースを15-15に上げて乗っています。ソエが落ち着いていることもあって、ペースアップしてからも、まとまった良い動きを見せてくれていますし、息遣いも良化しています。稽古後も脚元は落ち着いていて、ここまでは休みなく乗り込めています。今の状態なら6月中には帰厩できると思いますので、この後もしっかり乗り込んでいきます」

2017.06.16
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2000m、坂路1本。533キロ。
牧場スタッフ「今週も坂路にて15-15で乗っています。乗り込みを重ねても脚元に違和感はないですし、坂路での動きにも活気が感じられます。飼葉も安定して食べていて体調は非常にいいですね。早ければ来週後半の検疫で帰厩するプランもあるので、来週火曜日は坂路のペースももう一段階上げる予定でいます」

2017.06.23
(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2000m、坂路1本。535キロ。
牧場スタッフ「今週は坂路のペースを13-13まで上げています。稽古駆けする馬なのでペースを上げても涼しい顔で上がって来てくれますし、脚元も浮腫んだりせず落ち着いています。今週はキャンセル待ちが回って来ず、来週の入厩となりましたが、その分もう1本速いところをやれるのでいいと思います」

2017.06.29
(大久保厩舎)
角馬場運動後、坂路1本
坂路 65.5-48.6-32.3-16.1 馬なり
大久保調教師「昨日帰厩させました。今日は運動初日なので、角馬場でジックリ歩様を確認してから、坂路を1本乗りました。脚元の方も落ち着いていますし、しっかり休ませた事もあって馬はリフレッシュしたように思えます。今日の坂路でも早くもヤル気になっていましたね。フットワークは相変わらず良いですし、覇気もありますよ。明日サラッと追い切りをやってみようと思います。仕上がりの早い馬なので、今のところレースは7月15日の中京3レース(D1200m)を目標に進めていきますよ。ルメール騎手が函館で騎乗していますので、鞍上は現在調整中です」

2017.07.05
(大久保厩舎)
ダートコース半周後、ゲート練習、坂路1本。
坂路 74.5-55.3-36.7-18.1 馬なり
大久保調教師「ダートコースで体をほぐしてからゲート練習をして、最後に坂路を1本登っています。出掛けは少し硬さがありましたが、気負って走る感じもないですし、体がほぐれてからはしっかりとした脚取りで動けていましたよ。ゲート練習でも入りからスタートまでスムーズにできていましたし、坂路の行きっぷりも良かったです。明日追い切って、大丈夫そうなら来週のレースを使いたいと思っています。使う場合は福永騎手にお願いしています」

2017.07.06
(大久保調教師)
角馬場運動後、坂路にて併せ馬で追い切り
ルドラ       54.7-39.3-25.2-12.4 強め
タイキブリジャール 55.3-39.7-25.3-12.3 一杯
助手「今日は角馬場で運動してから坂路にて追走する形で追い切りました。馬場状態は悪くなっていましたが、この馬にはあまり関係なかったようで、今日もグイグイと手応え良く進んでいきました。走りがしっかりして、トモの入りなども力強くなった気がしますね。最後も出せばまだ出るくらいの勢いでしたし、稽古後も何事もなかったかのように落ち着いています。今は状態が良さそうですね」大久保調教師「昨日の雨で馬場も悪かったので終い重点にやりましたが、納得できる動きでしたし、最後もまだ余力が残っていましたね。今の感じですと来週使えそうなので、今週末、来週と追い切ってレースに向かいたいと思います」

2017.07.12
(大久保厩舎)
角馬場で運動後、坂路にて併せ馬で追い切り
ルドラ   53.7-39.0-25.3-12.8 強め
メモリーフェーブル     54.3-39.2-25.2-12.8 一杯
助手「今日は角馬場で体をほぐしてから、坂路にて併せ馬で追い切りました。前走後は無理せず牧場でジックリ時間を掛けて調整してきた効果もあって、角馬場の運動中から以前のような力強い動きができていたと思います。追い切りでは多少掛かり気味でしたが、道中はしっかり折り合えていましたし、仕掛けてからも楽な手応えで最後まで安定したフォームで走れていましたよ。レース間は空きましたが、持っているポテンシャルは高い馬なので、この馬の走りが出来れば良い結果が出せると思っています。今週土曜の中京D1200mを福永騎手で投票します」

2017.07.13
(大久保厩舎)
厩舎周りを引き運動。
大久保調教師「昨日の追い切りでも良い動きを見せてくれましたし、間隔は空きましたが良い状態にあると思います。今日は引き運動だけにしておきましたが、出掛けの歩様もしっかりしていましたし、脚元も落ち着いています。馬体重は514キロ。徐々に絞れて来ているので、レースでは510キロを切るくらいだと思います。このクラスにいる馬ではないと思っているので、良いレースを期待しています」


本日7/15(土)中京3R3歳未勝利(ダート1200m)に東サラレッドルドラ出走します 前走後に軽いソエが出た為、育成牧場にて調整放牧されてました。クラブからの近況からは休み前と遜色なさそうで、少々気の勝った馬なので、稽古も前向きでしっかり調教も積め、休養明け感ない仕上がりで出走出来そうです。先週あたりからレッドルドラが勝てるイメージが私の頭の中で駆け巡っていましてね(笑) 今日か次走で決めてくれるのではないかと感じています。本当は今日現地観戦したかったのですが、ちょっと現地観戦のお許しが出なかったもので渋々自宅観戦 出来れば今日は2着までとして、次走の勝利!なんて悠長なことを言ってられるほど時間もありませんし、福永騎手!今日で決めてもらって結構です。私の誕生日に花を添えてくれ

2017-07-09 00:31 | カテゴリ:ウインタイムリープ
7/2(日) 中京5R 2歳新馬(牝) 芝1600m
WIN.gif ウインタイムリープ 6着

松山弘平騎手『追い切りに乗った時はワンペースなのでダートの方がいいと思っていたのですが、返し馬の芝の感触が悪くなかったんです。スタートは落ち着き過ぎてしまっていて、出脚が付きませんでした。それでも、道中の走りは悪くなく、4コーナーを勢い良く上がっていけたので、「これは!」と思いました。しかし、直線では内にモタれてしまって、しっかり追えませんでした。あのまま真っ直ぐ伸びていたら4着はあったと思います。それでも、実戦の方がいいタイプでしたし、ここを使っての上積みもあるはずです。』

2017年7月6日(木)
先週の中京では、スタートひと息だったものの、流れには乗れて、6着まで追い上げを見せたウインタイムリープ。飯田雄調教師は「直線ではフラフラしていたように、まだしっかりと走れていませんでしたね。それでも、ゲートこそひと息だったものの、芝で思いのほか流れには乗れましたし、初戦としては悪い内容ではなかったと思います」とレースを振り返っていました。レース後は、脚元などにダメージはなく、本日6日(木)から乗り運動を開始しており、次走は中2週で7月22日、中京土曜1Rダート1200mへ向かう予定となっています。同調教師は「芝でもやれましたが、松山も『ダートの方がいいかも』と話していたように、ダートならさらにいい可能性はあるかもしれません。あとはゲートがあまり速くないので、1200mに距離が短縮となる点がどうかですね。今後はゲート練習を引き続き行っていきたいと思っています」と話していました。


結果は6着でしたが、レース前に書いた通り、次走に期待が持てるような走りをしてくれたかなぁと感じてます。4コーナーを回る時の加速には『おっ!』と一瞬色気を感じたくらいでしたから この走りなら引き続き芝のレースを見てみたいくらいですが、次走はダート戦に向かうようです。まぁ、ダートの走りも見てみたいのでどちらでもいいですが、1200mというのは今回のような出遅れスタートだと致命的ですからね。元々デビュー前からゲートが怪しかったら、こればっかりは少しの間付き合っていかなければならないかもしれません。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-07-01 20:23 | カテゴリ:ウインタイムリープ
ウインタイムリープ2歳4月②(1)
2017年5月12日(金)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者「ゲートの中でも落ち着いていますし、出もまずまずで、問題はありません。調教を進めていても、馬体重は12キロも増え、現在460キロです。牝馬ですが、カリカリすることもないので、馬体も減らないのでしょう。ちょっとワンペース気味で、動きにメリハリがないのが課題ですが、乗り込みを進めながら変わってきてくれると思います」と話していました。なお、本馬は5月下旬にトレセンへ入厩を予定しています。

2017年5月26日(金)
23日(火)に北海道・新冠のコスモヴューファームを出発し、栃木県の風間ファームを経由し、本日26日(金)に栗東・飯田雄厩舎へ入厩しています。コスモヴューファームの担当者は「牝馬ですが、うるさいところはありませんし、ゲートも一連の動作は問題ありませんでした。馬格があり、カイバ食いもいいので、長距離輸送で多少減ったとしても、すぐに馬体は戻ると思います。走りはワンペースで、もう少しギアチェンジがスッとできればいいのですが、バテないスタミナはあります」と話していました。

2017年6月1日(木)
ウインタイムリープ(父スズカマンボ、母タイムヒロイン)が、先週末26日(金)に栗東・飯田雄厩舎へ入厩しています。輸送熱もなく、無事に到着し、翌日27日(土)からは坂路入りを開始しています。飯田雄調教師「ウインネプチューンが体調を崩したように、この時期の2歳馬には長距離輸送は酷なのですが、この馬はまったく問題なかったですね。こちらへ着いてからもカイバはしっかり食べていますし、牝馬としては体も立派です。まずはゲート練習から進めていきます」と話していました。今週は、昨日31日(水)はゲートに入り、後ろから出す一連の動作を行い、本日1日(木)はゲートを軽く出すところまでの練習を行っていました。

2017年6月8日(木)
ゲート試験突破へ向けて練習を積んでいるウインタイムリープは、昨日7日(水)は坂路を1本からゲート練習を消化していました。枠入り、枠内静止はまったく問題ありませんでしたが、スタートはひと息で、相手に大きく遅れていました。早藤調教助手は「今日は試験の馬と一緒に行ったのですが、遅れてしまいましたね。それでも、出てからビシッとやりましたので、これで変わってくると思います」と説明していました。そして本日8日(木)もゲート練習を消化しています。昨日と一緒で、枠入りはまったく問題なく、中でもジッとしていますが、やはりスタートはもうひと息でした。同助手「今日も相手2頭に遅れてしまいましたが、それでも昨日よりは速くなっていますし、少しずつ覚えてくれています。明日も練習を行い、来週には試験を受けられると思います」とゲート試験の見通しを語っていました。続けて、「牝馬ですがカイバ食いもいいですし、環境の変化にも動じることはありません。背中の感触も悪くありませんし、ゲートを受かって速いところをやって、どれくらい動けるかですね」と感触を話していました。

2017年6月15日(木)
ゲート試験突破を目指しているウインタイムリープは、並行して追い切りも消化し、11日(日)には坂路で4F58秒1、ラスト1F14秒1という時計をマークしています。今週は、昨日14日(水)は坂路1本からゲート練習を消化していました。ゲート入り、枠内静止はまったく問題ありませんでしたが、ゲートの出はそこまで速くありませんでした。早藤調教助手「スタートに課題はありますが、それでも先週よりは明らかに良くなっていますし、明日はジョッキーを乗せてしっかりやるので大丈夫だと思います」とゲートの感触を語り、「攻めてきて、日によってカイバを残す時もあり、少しキツくなってきたのかなとも思いますが、肉体的なダメージは見当たりません。カリカリするところもなく、馬体も細くなりませんし、牝馬としては頼もしいですよ」と話してました。そして本日15日(木)は、松山騎手が騎乗し、ゲート試験に臨んでいます。枠入り、枠内静止はスムーズで、スタートは2度とも若干出は遅れたものの、その後の行き脚は付き、見事一発合格となっています。飯田雄調教師「スタートはワンテンポ遅いのですが、二の脚がつくようになっていますし、なんとか合格してくれました。ジョッキーは『感触としてはダートかもしれない』と話していましたが、まずは芝からデビューさせて、芝の走りを見てみたいと思います」と話していました。

2017年6月22日(木)
来週の中京日曜5R芝1600m牝馬限定戦を松山騎手で予定しているウインタイムリープは、昨日21日(水)は角馬場からPコースにてキャンターを消化していました。早藤調教助手「今日はさすがにこの強風と大雨であおられてしまってフラフラしていたように、まだ力は付き切っていないようですね。それでも、変にテンションが上がることはありませんし、カイバもしっかり食べて、体が減ることもありません。明日はコースで追い切る予定ですので、どれだけ動けるかですね」と話していました。そして本日22日(木)にCWコースにて1週前追い切りがかけられました。相手は共に2歳新馬の荻野極騎手騎乗のウインネプチューンと柴田未騎手騎乗のマイネルサブリエで、松山騎手騎乗のタイムリープが真ん中に位置取り、3頭併走で6Fからピッチが上がります。前半はゆっくりと進み、直線では3頭併せの中から一杯に追われると、最後はマイネルサブリエに半馬身の先着、ウインネプチューンに半馬身ほど遅れてゴールしていました。時計は6F88秒0、ラスト1F12秒3でした。飯田雄調教師「松山によると『まだ気性が幼く、集中できていない。今はまだスッとペースアップできませんし、現時点ではダートの方が良さそうです』とのことでした。ジリジリと脚は伸ばしていましたが、時計や動き的にはまだまだで、レースを使いながらという感じでしょうか」と追い切りを説明していました。

2017年6月29日(木)
今週のデビューを予定しているウインタイムリープは、昨日28日(水)にCWコースにて追い切りがかけられました。相手は2歳新馬ウインネプチューンで、タイムリープが内に位置取り6Fからピッチが上がります。道中はタイムリープが僅かに前に出ますが、直線では併せ馬で追い出されると、一旦タイムリープが前に出ます。最後はネピュチューンに盛り返され、アタマほど先着を許していましたが、ほぼ同時入線となっています。時計は6F85秒2、ラスト1F12秒8でした。騎乗した早藤調教助手は「先週に比べてテンもある程度行きましたが、最後も踏ん張っていました。馬場も悪くなっていましたが、バッタリくることなく、ジリジリと伸びていましたよ。今週は雨模様で良馬場にはならなそうですが、今日の悪くなったコースでもしっかり動けていましたし、ビュッという脚がないだけに、道悪馬場の方が周りのキレが削がれる分、むしろいいかもしれません。牝馬ですが、体が減ることもなく、ここまでしっかり乗り込めましたし、しぶとさを生かして頑張って欲しいですね」と話していました。また、飯田雄調教師は「時計的にはマズマズでしたし、照準のタイムは出ていますね。ただ、この中間稽古に乗っている松山も『ダートかもしれない』と話しているように、芝の本番でどうかというところはあります。まだ幼い部分も残していますし、まずは着順どうこうより、ここを使って上向いてきてくれればというところです」と控えめに話していました。そして本日29日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の中京日曜5R芝1600m牝馬限定戦に松山騎手で出走が確定しています。

ウインタイムリープ2歳4月①(1)
明日の7/2(日)中京5Rメイクデビュー(牝馬)でウインウインタイムリープがデビュー戦を迎えます
私が簿記の勉強をしている間に順調に稽古を積んで、入厩、ゲート試験と一つずつハードルを乗り越え無事にデビューが出来てとても喜んでいます。デビュー出来ることは当たり前の事ではありませんから。この1頭に関わってくれた全ての関係者に感謝です
6月東京デビューは避けたいですが、それ以外では早いデビューは歓迎です。それだけこれからチャンスが多く回って来ますから。特に数多くレースに使える丈夫なウインウイン&ラフィアンラフィアンの馬はね。 

この馬は私なりの基準で見てくれも良かったし、ビッグレッドFグループと厩舎の相性も問題なし。レースを使いながら力を付けていき、長くお付き合いが出来る馬だと自信ある馬です。初戦から勝ち負けという感じではなさそうですが、次走に期待が持てるような走りを楽しみにしてます
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)