2017-08-30 00:34 | カテゴリ:ウインブルーローズ

20170519安房特別(1)
2017年7月26日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターにて2本消化しています。担当者「先週は坂路で追い切りを行いましたが、3F43秒台の時計でした。しかし、動きは重く、まだまだという印象でしたね。それでも、元々坂路でバリバリ動くタイプではありませんし、まだ休養明けで太めでもありましたから、想定内の動きです。追い切りを重ねて良くなってくるタイプなので、このままドンドン進めていきます」と話していました。

2017年8月2日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターにて2本消化しています。担当者「先週も坂路で追い切りを行いました。時計は3F43秒台で前週と変わりはありませんでしたが、動きは良くなっていましたよ。体にもハリは出てきましたが、馬体重は521キロとまだ立派に映ります。今後は追い切りを重ねて、体を絞り、入厩の態勢を整えていきます」と話していました。

2017年8月9日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターにて2本消化しています。担当者「先週も坂路で追い切りを行いました。まだ動きは重めでしたが、その前の週よりは動きが良くなっていたように、追い切る毎に上向いてきていることは確かです。長距離馬で、坂路ではバリバリ動くタイプではないので、今後も時計がグッと詰まることはないでしょうが、状態は上がってくることは間違いありません。馬体重は523キロです」と話していました。

2017年8月16日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターにて2本~3本消化しています。担当者「先週も坂路で追い切りを行いましたが、3F43秒台の時計でした。上級条件の馬にしては物足りない数字ですが、この馬はそこまで坂路で目立つタイプではないですからね。動き自体は良くなっていますし、体調も上向いています。秋競馬で復帰の予定で、今月末あたりには入厩になりますので、そこへ向けて進めていきます」と話していました。

2017年8月23日(水)
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路をキャンターにて2本~3本というメニューを消化しています。担当者「中間の順調に乗り込めており、先週も坂路で追い切りを行いました。3F42秒台のタイムが出ていましたし、動きもこの馬としてはまずまずでしたよ。もう何本も追い切り本数を重ねてきたように乗り込み量は十分ですし、体調も上向きです。馬体重は524キロでした」と話していました。

20170519安房特別②(1)  
今年のウイン2歳馬にはウインタイムリープに出資してる関係上、同期の動向もそこそこ気になるところ。特にウインのスクリーンヒーロー産駒は動きも良く評判が良かったのでウインヒストリオン(母スプリングルーシー)のデビュー戦は注目してたんだけど、レース直近の近況を見ると、夏バテの兆候が明らかに出ているのに出走に踏み切ったんだよなぁ。まぁ、そんな状態でも勝てると思っての出走なんだろうけど、勝っても負けても今後のヒストリオンの成長の妨げにはなるだろうなぁとは思ってましたよ。結果は6着。しかもレース後右前脚に骨折線のようなものが確認され放牧。なんで我慢出来ないんだろうねぇ。無理してまでデビューさせること全く無いと思うよ。1度仕切り直してデビューさせる社台&ノーザングループとの差を痛感したなぁ。この件は。こんなことを今でもやっているうちはクラシックなんてまだまだ遠い話。私は出資していないけど、素質ある芽を摘むような今回のような判断は絶対にやってもらいたくないね。こんな事も分からないなんて、悲しくなるわ…。


さて、5月から放牧中のウインウインブルーローズが秋競馬での復帰を目指して順調に調整されているようです。番組表見ると10/9(月・祝)東京10R六社S(2400m・ハンデ)くらいしか適鞍がないんだよなぁ。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-08-27 11:24 | カテゴリ:レッドレイヴン
8/13(日) 新潟11R 関屋記念(GⅢ)
東サラ勝負服 レッドレイヴン 8着

北村宏騎手「今日は返し馬からトモの感じは良かったです。他の馬がいると怒るので、2000mのポケットに入れて1頭で落ち着かせました。ゲートで隣の馬がチャカついても動じず、いいスタートを切ることができましたし、道中もいいリズムで運べました。前残りの馬場でしたが、最後まで頑張ってくれました。1600mも今日は2回目でしたが、このまま慣れていけばもっと適応できそうです」

2017.08.16(藤澤厩舎→ミホ分場)
運動のみ。本日、ミホ分場へ放牧。
助手「大きなダメージは見受けられませんが、さすがに右トモは少し疲れがきている感じがありますね。上手に競馬をしていましたが、絶好調時ならあそこから弾けたと思うので、そのあたりまだ本当ではなかったかもしれません。ここで一度放牧に出すことになりました。まだ先生から次の具体的なお話は聞いていませんが、内容は悪くなかったですし、引き続きマイルを使っていくことになると思います」

2017.08.25(ミホ分場)
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。馬体重526キロ。
担当スタッフ「右のトモには少し疲れがあって、浮腫むこともありますが、ケアしながら乗って行かないとトモの肉がすぐに落ちてしまうので、今週から普通に乗っています。少し暑さに弱い感じで、バテも見られますが、そのあたりも含めてケアしながら進めて行きます」


今年もワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)が開催。ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)時代から毎年GIレースと同じくらい楽しみなレース。なのに、毎年つぶやくけど1日2レース、2日合計4レースは勿体無い。世界の腕達者を集めて4レースは少ないよ…。馬を集めるのに苦労しているというような記事を昔どこかで見たような気はするが、せめて特別3レースをWASJ対象レースにして、2日合計6レースに出来ないものかねぇ。これ、変更されるまで毎年この時期につぶやくだろうなぁ。JRA様頼みますよ(笑)

さて、東サラレッドレイヴンですがここ2走マイル重賞を2回使って2戦ともに8着という結果。走り自体は現状パンチ不足で重賞で『次こそは!』という程の走りには見えず、次走どこを使うか見当もつかないが、前走、前々走以上のパフォーマンスを発揮してどこまで!?か。う~ん、このワンパンチ不足分を今の藤沢厩舎のエース挌であるルメール騎手で補えないものかねぇ。1度乗せてくださいよ、ルメール騎手を
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-08-15 21:24 | カテゴリ:レッドルドラ
8/13(日) 小倉2R 3歳未勝利 ダート1700m
東サラ勝負服 レッドルドラ 5着

武豊騎手「レース前にあまり気合いを乗せたくなかったので、返し馬は1番最後に出してペースもゆったり走らせました。その時から少しハミを噛んでいたのですが、レースにいっても序盤は掛かり気味でしたね。向こう正面でも息を入れる事が出来ませんでした。スピードがあるので4コーナー付近で先頭に並べ掛けることができましたが、前半に脚を使っていた分、残り200mでは脚が残っていませんでした。今までワンターンのレースしか使っていなかったので、コーナー4つに馬が少し戸惑っていたのかも知れません。距離も馬にとっては1400m辺りがベストですが、小倉なら1000mより1700mの方が合っていると思います」
大久保師「暑さもあって気が入り過ぎていましたし、今日は距離延長だったので掛かってしまいましたね。何とか権利内は確保してくれましたので、この後は入念にケアして引き続き小倉開催で使うつもりです。今日と同じD1700戦をもう1度使おうと思っています」



若いうちに能力高くて、乗りやすい馬ばかり乗っていたから気性的に乗り難しい馬の操縦は腕が落ちるのが武豊騎手。そんな嫌な展開が的中してしまったけど、それにしても直線はもう少し抵抗して欲しかったなぁ。この結果でも次走は小倉ダート1700mの予定かぁ。ルメール騎手の進言も忘れないで欲しいなぁ。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-08-13 00:39 | カテゴリ:レッドルドラ
3歳4月レッドルドラ(1)
2017.07.19(大久保厩舎)
厩舎周りを引き運動。
大久保調教師「レースは上手く立ち回る事ができて勝ちパターンでしたが、今回は相手が悪かったですね。使った後の状態ですが、歩様そのものは問題ありませんが、両前にソエが出ていて痛みも結構ある状態です。痛みが和らぐまでは、水冷とレーザー治療でケアしながら様子見して、獣医師の許可が出てから乗り出そうと思っています。今のところ、8月13日の小倉2レース(D1700m)を武豊騎手で予定していますが、あくまでも脚元の状態次第ですので、無理に権利内で使おうとせず予定を延ばす事も考えています」

2017.07.20(大久保厩舎)
厩舎周りを引き運動。
助手「昨日に引き続き厩舎周りを引き運動で調整しています。歩様はスムーズですが、まだソエの痛みはあるようですね。脚元以外は問題なく、馬の状態そのものは使って良くなっていると思います。今日の午後から獣医師に診てもらい、大丈夫そうなら明日から軽く乗り出していく予定です」※馬体重は506キロ。

2017.07.27(大久保厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ルドラ  52.4-37.7-24.8-12.5 馬なり
オルニス 53.3-38.5-24.8-12.7 一杯
助手「昨日の午後のチェックで脚元もしっかりしていましたし、体調も良さそうなので、今日は坂路の併せ馬で追い切りました。デビュー前の2歳馬が先行してそれを後ろから見ながら進める形。下ろしがけからスムーズに入る事ができましたし、道中も自分のリズムで走れていました。終いは相手の動きに合わせる感じでしたが、相手が思った以上に動いたものの、こちらも稽古駆けする馬らしく、最後まで馬なりの手応え。追い切り内容も良かったですし、調子落ちもないので、このまま良い状態でレースに向かえるよう調整していきたいと思います」

2017.08.03(大久保厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ルドラ        52.3-38.5-25.0-12.5 馬なり
ディヴァインサーガ 53.4-39.2-25.3-12.6 強め
助手「予定通り今日は坂路で追い切りました。2歳馬が前にいるのを見て追走の形でしたが、スピードがある割に道中は我慢が利いていて、こちらの指示にも従順でした。仕掛けどころでの反応もしっかりあって、ラスト2Fでは前の馬を馬なりでスッと抜きました。最後はルドラが前に出て、相手の目標になるように無理はしませんでしたが、思っていた以上に時計は出ましたね。息遣いや上がりの歩様も気になりませんし、脚元も今のところ大丈夫です。飼葉も完食してくれているので、来週のレースに向けてまた状態を上げていきたいですね」

2017.08.09(大久保厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ルドラ      54.5-39.4-25.8-13.1 馬なり
スピリットソウル 53.9-39.0-25.7-13.2 一杯
助手「今日は坂路で併せ馬で追い切っています。道中の手応えは良すぎるくらいでしたが、引っ掛かる事はなかったです。無理しない程度だったので時計は速くありませんが、終始持ったままで走れていました。元々走る気持ちの強い馬ですが、今は程良い緊張感も伴って運動できていると思います。馬体も良化していますし、使った上積みも十分にありそうですね。脚元も問題ないので、何とか今週で決めたいところですね」大久保調教師「先週、先々週としっかり時計を出しているので、今日は相手の動きを見ながら追い切る形。全体を通しての動きも良かったですし、上がって来てからも落ち着いていたので、良い追い切りができたと思います。予定通り今週日曜の小倉2レースを武豊騎手で使います」

2017.08.10(大久保厩舎)
厩舎周りを引き運動
「昨日追い切ったので厩舎周りを引き運動で調整しました。運動中も集中してスムーズに歩けていましたし、昨日の追い切りでは無理をしなかったので、歩様も良かったですよ。脚元も気になる点はないですし、馬体重も518キロと増えているので、ここまで順調だと思います。距離延長にはなりますが、コーナー4つの競馬なら息を入れるところも作られると思うので大丈夫だと思います。今回で何とか勝たせてあげたいですね」


3歳未勝利馬にとっては崖っぷち状態のこの時期。今日13日(日)小倉2R3歳未勝利(ダート1700m)武豊騎手で東サラレッドルドラ出走します。能力は未勝利馬のものではないこの馬に武豊騎手が乗るんですから、自然とこのレースは落とせないと私含め多くの出資会員の方も思うはず。でも、先ほどまで馬柱とにらめっこしていたんですが、いやぁそんな甘くないなぁと不安になってきましたよ。まず1200mから1700mの距離延長でこのコースで勝った馬って今開催いないんじゃないかなぁ 1200mからの距離延長で出走した馬が何頭いたかまでは調べてませんが。そして、もし引っ掛かった場合、武騎手は掛る馬を抑える技術はそんなに高くないですから、ここはルドラにお利口さんに走ってもらう事を祈ります。折角内枠を引いたので、この枠を活かしてインべタで運んでもらいたいですね。私個人的には走法や気性から距離延長は現時点良いとは言えないと思っているので。前走乗った福永騎手は小倉1700mはこなせるとコメントしてましたが、1400mのデビュー戦に騎乗したルメール騎手は『もっと短くてもいい』とコメントしてましたよね。でも、時期が時期ですから、私の不安を一蹴するような走りを見せてもらいたいよ。怖い馬は1頭10番シャープセンス。ワンダーラジャとアサカディスタンスは怖くないんだけど、シャープセンスが…。不安で終わってくれ
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2017-08-11 09:44 | カテゴリ:レッドレイヴン
7/23(日) 中京11R 中京記念(GⅢ) 芝1600m

東サラ勝負服 レッドレイヴン 8着

7月23日(日)レース後コメント(8着)
ホワイト騎手「少し他の馬を気にするところがありますね。スタートしてから内のいいところを取れたと思いましたが、周りを気にする感じで完全にリラックスしては走っていなかったです。直線に入って周りがばらけたら一瞬グンときたのですが、前の馬がふらふらしているのを気にして全力では走っていない感じでした。このような馬場も気にしていたようですね。今日乗った感じだと多少距離ロスはあっても外、外を気持ちよく走らせて、最後も周りを気にしなくていい位置を選択したほうがよさそうです。今日の枠では厳しかったですが能力はありそうなので、そのような競馬ならもっとやれると思います。距離は問題なさそうでしたよ」



最内、ホワイト騎手という好条件で迎えた中京記念。ここでキッカケを!と期待を持ちながらレースを見ましたが、好条件を活かしたレースにはならず、直線もピリッとした脚を使えず他の馬のキレが目立った内容でした。ホワイト騎手がコメントで『少し他の馬を気にするところがある』と言っているように、私個人的には数年前からハナ切る位積極的に前々で勝負してもらいたいと願っていた。ハッキリ言えば逃げてくれなんだけどね。このレースもスタート直後は前々のいいポジションだなぁと思っていたのに、ズルズルとポジションが下がっていった。行けない馬なのか?であればしょうがないんだけどね。行けるならハナへ行ってもらいたいね。


2017.07.26(藤澤厩舎)
運動のみ。
助手「かなり元気がいいので、跨って運動だけしてみました。使ったなりの疲れはありそうですが、トモもそこまでガクッときた感じはないですね。まだ安心はできないですが、このまま回復してくれれば続戦できそうですよ。先生からは使える状態なら関屋記念を使うというふうに聞いているので、この後の状態をしっかり見極めていきたいと思います。競馬の内容は良くなっていますし、できれば続けて使いたいですね」

2017.08.02(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
8/2(水) 坂路 66.7-49.5-32.4-16.1 馬なり
助手「坂路を16くらいで上がりました。まだあまりやりたくないので遅い時計で乗っていますが、このくらいだと元気が良すぎて抑えるのに苦労するくらいですね。使っての疲れより、むしろ調子が上がっている感じがします。トモの疲れも感じないので、これなら関屋記念に向けて進めていけると思いますよ。とはいえ、暑い時期ですし無理に合わせて作ることはせずに、少しでも状態に不安があれば競馬を延ばすというつもりでやっていくつもりにしています」

2017.08.09(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、芝コースで追い切り。
8/9(水) 芝 54.4-39.2-12.2 馬なり
杉原騎手「芝コースにて単走で追い切りました。道中の雰囲気やフットワークなどは前走よりも良かった感じがします。トモにも疲れは見られず、むしろしっかり入っていて踏み込みが力強くなってきていますね。絶好調時に比べると走っている時の滞空時間が短く、まだ体全体は使えていないのかなというところはありますが、動き自体は悪くなかったですよ。今日はかなり暑かったので汗はかいていますが、暑さにやられた感じもなく元気はいいですし、力は出してくれると思います。続けて使えるように、今季は体調や馬体の感じがいいですし、前走以上に頑張ってくれそうですよ」

2017.08.10(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は軽い調整です。大幅に良くなったわけではないですが、悪くなったわけでもなくというところですかね。いい時を知っているだけに物足りない部分はあるのですが、これだけ順調に詰めて使えるように、体調面は問題なくきていますよ。前回も窮屈な競馬ながら内容は悪くなかったと思いますし、状態面は前走以上ともいえるので、ここでどんな競馬ができるかですね」


明後日8/13(日)新潟11R関屋記念(GⅢ)に北村(宏)騎手で出走 ここは前々に行く馬がいて展開が予想しやすいメンバー構成、BRFGウイン ラフィアン の馬がガリガリ競り合うような事はないだろうから、番手に付ける位の積極的なレースを北村騎手(宏)に期待してますよ。

母校が甲子園出場ならずでお盆休みの楽しみが減っていたが、東サラ東サラ愛馬2頭(レイヴン、ルドラ)が盛り上げてくれないかなぁ。


【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-08-05 23:50 | カテゴリ:ウインべザント
3歳6月ウインべザント(1)
私が簿記検定の勉強中でバタバタしていた時に愛馬であるウインウインべザントが引退となってしまいました。地方含め5戦未勝利。出資した一番の理由は奥村(武)調教師の人柄だったり、馬への考え方だったので、完全に厩舎買いでした。ここは私の完全なミスでした。正直この14年産で募集された奥村(武)厩舎入厩予定だったウインべザントとウインヘラルド(父ハービンジャー 母ラヴァーナット)共に馬体からは強調材料に乏しかったんです。私の目からは。それでも調教師に惚れ出資してしまったんだよなぁ…。自己責任は十分承知なんだけど、それは私に熱弁した通りの調教師だったら悔いは無かったんだけど。実際預かってもらって蓋開けてみたら、何もやらない調教師だったから、本当に残念で裏切られた気持ちになったよ。入厩してからダメだしばかりのコメントで何一つ工夫もしない、鉾田で調整して、レースの前の微調整だけで全くヤル気を感じなかった。挙句の果てには無理ぐり中央のレース使って、やっぱダメでしたで終了。ウインヘラルドの扱いも酷かった。グループ関係者も『あそこは仕上げても入厩させてくれないから…』と付き合いずらいみたいだしね。そんなBRFグループと付き合いずらく、結果が出せない厩舎になんで今年の募集馬も預けるのかね。奥村(武)厩舎とウインの馬はいまだに未勝利だよ。

私はこういうことを2度と起こさないように、出資馬選定には片寄ることなく厩舎&馬を平均的に評価したうえで出資することを忘れないようにしたい。分かっていたけど、やってしまった。そして、私は2度と奥村(武)厩舎にお世話になることはない。

短いお付き合いだったけど、ウインウインべザントお疲れさまでした。盛岡へ転籍して、初戦で勝利したようで、今後の活躍を楽しみにしてます。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)