2017-03-04 01:59 | カテゴリ:ウインブルーローズ
5歳1月ウインブルーローズ②(1)
2017年2月16日(木)
先週の小倉では、一旦は前を飲み込む勢いで進出しましたが、最後は少し甘くなり3着に敗れたウインブルーローズ。高橋祥調教師は「悪くないレース運びでしたが、結果論、道中はもう少し前のグループに付いていっても良かったかもしれませんね。それでも、先着を許した2頭とは内外のコース取りの差もありましたし、力のある競馬はしていたと思います。状態がすこぶる良かっただけに、決めたかったですけどね」と前走を振り返っていました。なお、前走後はそのまま小倉競馬場に滞在し調整を続けており、馬体に異常もなく、昨日15日(水)からは軽めのメニューで乗り込みも再開。次走は、中2週で、3月4日、小倉土曜10R「呼子特別」芝2600mを吉田隼騎手との新コンビで予定しています。同調教師は「レース後、順調さを欠くことも少なくない馬ですが、現地のスタッフからは『反動もなく、問題のない状態』と順調の報告を受けていますし、次も良い状態でレースに臨めると思います」とレース後の無事を説明していました。

2017年2月23日(木)
前走後も小倉滞在で順調に調整中のウインブルーローズは、昨日22日(水)に小倉競馬場ダートコースで1週前追い切りがかけられました。木幡初騎手騎乗の古馬500万下ボーントゥレインが5Fで4馬身ほど先行し、コーナーでは外を回りながら差を詰めにかかった丹内騎手騎乗のブルーローズでしたが、最後は僅かに追い上げが届かず、半馬身ほど遅れてゴールとなっています。時計は5F70秒1、ラスト1F12秒8でした。高橋祥調教師「先週末、グンと気温が上がった日があり、その影響で一時的に馬がボーッとしたことがあったようですが、それ以外は順調に来ていると聞いています。反動どうこうはありませんし、追い切りに乗った丹内からも『良い意味で変わりなく、状態をキープできていそうです』と順調の報告を受けています」と説明していました。追い切り明けの本日23日(木)は軽めの運動をこなしていました。

2017年3月2日(木)
前走後も小倉競馬場に滞在し、今週末のレースに向けて調整を進めているウインブルーローズは、昨日1日(水)に小倉ダートコースにて最終追い切りがかけられました。丸田騎手騎乗の古馬500万下バンダムザブラッドとの併せ馬で、道中はこれを追走し、直線で外に体を併せたブルーローズでしたが、最後は手応えで劣勢気味となり併入でゴールとなっています。時計は5F69秒1、ラスト1F12秒6でした。騎乗した丹内騎手は「前走時の最終追い切りは反応が抜群で、感触も非常に良かったのですが、先週、今週と段々ズブさを見せるようになってきました。今週も馬なりの相手に対してこちらはほぼ一杯でしたからね。太りやすいタイプで、そのあたりも影響しているのでしょうか。正直、前走のほうが状態は上だと感じていますが、どこが悪いといったことはなく、反動は見られないので、今回も堅実には走ってくれると思います」と感触を語っていました。


予定通り本日3/4(土)小倉10R呼子特別にウインウインブルーローズが出走します。登録自体は26頭でしたが、蓋を開けてみれば10頭立てと捲って行くブルーローズにとっては少頭数は歓迎だと思います。今回は初コンビの吉田隼人騎手。前走後、個人的に関西の松山騎手にラブコールを送っていましたが、関東の騎手でも吉田(隼)騎手ならこの小倉開催で先週までに5勝を挙げていますから、現在の調子なら関西の騎手に見劣りはしません。今日で第一回小倉開催が終わるので、ここは決めたいなぁ。
関連記事
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(4)

管理者のみに表示する