2017-03-19 19:38 | カテゴリ:ウインレーシングクラブ
 今日の中山11R皐月賞トライアルレースであるスプリングS(GⅡ)で私がお世話になっているウインの所属馬であるウインウインブライトが見事1着で皐月賞出走の切符を手にしました最近の近況から今日のマイナス12kgという馬体重で私は正直体調に問題があるのでは!?と不安を感じながらレース見てましたが、そんな不安はなんのその、キッチリ勝ち切りました。ウインブライトの出資会員の皆さんおめでとうございます

私はこの14年産ではウインべザントに出資しているので、カタログを隅から隅までしっかり見ていました。しかし、このウインブライトは募集価格3200万円ということで世代3番目の高馬。BRFグループではリスクが高くて手が出ないという事で出資候補から外しました。今後高馬が高馬なりの結果を残せるようになるのなら、私は高馬出資しますよ。今年1月の会報で岡田義広社長は『世代の期待馬は募集価格も高めなので、しっかり結果を出してくれると安心と言いますかホッとします。期待馬は満口になっていることが多いので、会員様からの喜びの声も多いですし、価格は血統と馬本体の期待度によって決まりますので、高馬と言われる馬は勝ち上がり率も含めて、活躍する確率は当然あるべきだと思っています。』とコメントしています。このコメントから今後も期待度が高い馬はそれなりの値付けなにるでしょう。当然ですけどね(笑)今後ラフィアン、ウインともに高馬が高馬なりの結果を出せる様なクラブになるのかどうかは、今後数年かけて傾向を注視していきたいと思います。是非ともそういうクラブになってもらいたいですよ、それの方が馬選びが分かりやすくなるんだからね。
関連記事
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)

管理者のみに表示する