2017-04-05 22:13 | カテゴリ:ウインブルーローズ
4/2(日) 中山9R 安房特別 芝2500m(1000万下)

WIN.gif ウインブルーローズ 1着

吉田隼人騎手 前残り傾向の今の中山の馬場を考えても、なるべく前目の位置に付けたいと思っていました。スタート後は馬が自然と前に進んでくれましたし、理想的な位置でレースを進めることができました。勝負所の手応えも十分で、「これなら」という感触でしたし、直線では手応え通りの伸び脚を見せてくれました。ただ、小倉の前走もそうでしたが、抜け出して1頭になると、ふわふわしていましたし、返し馬でも1頭だと物見がひどく、生ずるい面は相変わらず残っていますね。今日はこういう馬場でもまったく脚を取られるところはありませんでしたし、むしろ他の馬の脚色が鈍った分、馬場も味方してくれた印象です。馬の状態も前走と変わらず良さそうでしたよ。


やりましたよ、500万下で長い間足踏みしていたのが嘘のように勝った勢いそのまま、連勝で準オープン入りしました 今まで4コーナー手前から騎手が押して押して流れに乗り、直線伸びずバテずのレースしか出来なかった馬がペース上がったところでも楽な手応え、直線も坂上がったところからビュン!と伸びて勝利。別馬かと思えるような走りの変化に現地でご一緒した口取り会員さん達もビックリして大盛り上がりでした

今回の中山2500mはステイゴールド産駒の庭みたいな条件です。実際12頭中5頭がステイゴールド産駒、この馬達によくキンシャサノキセキ産駒が競り勝ってくれたよ。これも競馬のおもしろさ、奥深さだよなぁ。

当ブログやSNSへお祝いコメント頂きありがとうございます。異色のキンシャサノキセキの長距離砲ウインブルーローズはこれからもキンシャサノキセキ産駒らしくない走りっぷりでターフ盛り上げると思いますので、また応援よろしくお願い致します
関連記事
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)

管理者のみに表示する