2017-04-08 19:00 | カテゴリ:レッドルドラ
P1190799(1).jpg
2017.03.08(大久保厩舎)
ダートコースを1周後、ゲート練習。
助手「先週土曜日に入厩しました。今日はダートコースを軽く1周乗ってから、ゲート練習をしています。ダートコースでは落ち着いていて、周りを気にする事もなかったですね。ゲートは前扉を開けて数回通した後、前扉を閉めて入れました。ここでも入りからスムーズで落ち着きもあったので、一度後ろ扉を閉めてから後ろ出しをやりましたが、特に問題なかったですよ。次に消音ゲートで、入りからスタートまで通しでやってみたところ、ゲートが開いてからの反応はそこまで速くなかったものの、促せば出てくれました。ゲートの音を覚えさせたかったので、最後に通常ゲートでキャンター出しに挑戦したところ、意外にも音があった方が反応が良く、こちらが促さなくてもスッと出てくれましたね。総じてゲート練習初日にしては上出来でしたし、これなら早いうちに試験を受けてみてもいいのかもしれません。今日の午後の状態を確認してからですが、先生と相談して明日受ける事も考えています。入厩してから環境の変化に慣れるのも早いですし、飼葉も残さずに完食しています」

2017.03.09(大久保厩舎)
ダートコースを1周後、ゲート試験を受け合格。
助手「昨日追い切った後の午後からのチェックでも歩様に問題はなく、牧場時にあった右前の骨瘤も落ち着ついていました。先生と相談して練習のつもりでゲート試験を受けてみたところ無事に合格。厩舎にゲート試験を受ける馬がおらず、後半の時間帯という事もあって、他厩舎の馬でも一緒に試験を受けられる馬はいなかったのですが、ルドラ自身は一頭でもおとなしかったですし、入りと中での駐立は昨日より良かったのではないかと思うくらい。スタートももの凄い速く出るというわけではありませんが、こちらが促さなくてもスッと出てくれましたし、出てからの二の脚もそれなりでした。2本目も同様にスムーズにこなしてくれてあっさりと合格することができました。まだ練習を始めて2日しか経っていませんが、学習能力の高い馬なので、特に手が掛かるところはありませんでしたね。走りに関しても、坂路では少しモタれながら走っていましたが、今日のゲート試験では出てからグイグイと行きっぷりも良く、パワーも兼ね備えていると感じました。それでも力任せという感じはなく、上手く気持ちのコントロールもできていました。この後は一度放牧に出るか、レースに向けて進めていくかは未定ですが、気持ちの入りひとつで良くも悪くもなりそうなタイプだと考えていますので、馬がリズム良く生活できるように心がけていきたいと思います」

2017.03.15(大久保厩舎)
坂路1本登坂後、ゲート練習
坂路 67.2-50.2-34.3-17.4 馬なり
大久保調教師「先週は無事にゲート試験を合格してくれて安心しました。練習では初日から安定感がありましたし、まずまず良いスタートを決めてくれていたので、翌日に試験を受けたのですが、前日やったことがしっかり出来ましたね。試験後も脚元は大丈夫ですし、飼い食いも落ちていない事から、このままデビューに向けて進めていく事に決めました。追い切りは明日を予定しているので、今日は坂路を1本登ってから、最後にゲートの確認。坂路では力まずに走れていて、悪さも見せることなく淡々とメニューをこなしています。レースまでにしっかり乗り込みながら体を絞っていきます」

2017.03.16(大久保厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ルドラ     53.1-38.5-24.9-12.5 馬なり
ペンタトニック 52.4-38.0-24.5-12.3 馬なり

助手「今日は坂路にて併せ馬で追い切りました。ルドラが先行して進めましたが、走りたい気持ちが強い分、下ろしがけは力任せに多少掛かり気味。それでも道中はこちらの指示を従順に聞いてくれました。しっかり力を抜くところも作れるので、引っ張り切りになるようなところもありませんね。ラスト2Fからは追走していた古馬に後ろから突いてもらうような感じでしたが、苦にする事もなくスイスイと動けていましたし、持ったままの手応えで上がってきて、最後も余裕がありました。やればまだ動けそうな手応えでしたよ。上がってからの息の入りも悪くなかったですし、1本目の追い切りにしては良い方だと思います」
大久保調教師「ゲート試験後も飼葉の食いは安定していて元気があります。動きもシャープで軽快さがあってしっかりしていましたね。最初の追い切りとしては走りも良かったと思います。デビュー戦については今検討していますが、元々脚元が丈夫な方ではなく、ここまで時間を掛けながら慎重に進めて来た馬です。本来なら芝のレースから使っていきたいところですが、今日の動きを見てもやはり良いものがある馬ですし、大事に使っていきたいので、少しでも脚元の負担を軽減するためにダートからという思いもあります。最終的には、この後の稽古を重ねて、状態面や脚元の具合を見ながら判断したいと考えています」

2017.03.22(大久保厩舎)
ダートコース半周後、ゲート練習その後坂路1本
坂路 61.6-45.5-30.8-16.0 馬なり

大久保調教師「今日は全休日明けですし、追い切りは明日の予定です。今日はダートコースで体をほぐしてからゲート練習の確認。最後に坂路で軽めに乗っています。ゲート練習ではだいぶ慣れも出てきてどっしり構えていますし、中でも大人しいですね。坂路ではテンからグイグイ走りそうな感じがするので、我慢させながら走らせています。パワーもあって走りたい気持ちも強い馬なので、あまりカリカリし過ぎないように進めたいと思います」

2017.03.23(大久保厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ルドラ     53.9-38.8-25.2-12.6 強め
ダノンフェイス 53.2-38.0-24.6-12.2 仕掛け

大久保調教師「今日は坂路で先行して追い切りました。終い2Fを伸ばす形と指示を出しましたが、前半の下ろしがけもテンションは高くなかったですし、全身を使ったバランスのよい走りが出来ていました。最後の2Fは、併せた馬を少し気にする面を見せて、少し走りづらそうにしていましたが、手応えはまだ余裕があったので心配ないと思います。息はまだ完全ではないですが、徐々に良化していますし、順調に良くなっていると思います。稽古を重ねて来ても脚元も落ち着いていますが、やはり大事に進めたいと考えているので、芝より負担の少ないダートでデビューさせる予定でいます。4月の阪神を考えています」

2017.03.29(大久保厩舎)
角馬場運動後、ゲート練習。
大久保調教師「先週金曜日にゲート練習をした際、中での駐立が煩かったので、レースの時に同じような悪さをしてゲート再審査になるのは避けたいので、今日は角馬場で体をほぐしてからゲートの駐立をメインにやりました。まだ先週に比べて落ち着いてはいたものの、いつ立ち上がってもおかしくないような素振りも見せていますね。明日は追い切る予定なのでゲート練習はしませんが、出来る時はなるべく練習を重ねて慣れさせていきたいと思います」

2017.03.30(大久保厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
ルドラ     51.3-37.8-24.8-12.9 一杯
ディライトフル 51.9-37.9-24.7-12.7 仕掛け

助手「今日は坂路にて併せ馬で追い切りました。ルドラが追いかける形から道中は手応えが良すぎる感じもありましたが、引っ掛かる面は見せなかったですよ。ラスト2Fから勢いを付けていきましたが、反応もスッとあってグンと伸びてくれましたね。追走の分、最後は脚が上がってしまいましたが、併せた馬は稽古駆けする格上馬ですし、良い内容だったと思います。今のところ脚元も落ち着いていますし、飼葉を残す日もないので、良い流れで調整できています」
大久保調教師「最後の1Fで脚は鈍ってしまいましたが、全体の動きや時計は良かったと思いますし、状態も仕上がって来ています。あとは課題のゲートでの駐立ですね。明日は若手騎手に乗ってもらいゲート練習を行いますが、納得できる内容であれば来週デビューさせる事にします。初戦はダートからというのは決めてはいますが、問題は距離。本来なら1800mくらいからと考えていますが、これまでの追い切りでの行きっぷりや、終いの脚の感じを見る限り1400mでも良さそうに思えます。来週の阪神ではどちらの距離もあって共にルメール騎手を抑えています。来週の追い切りに乗ってもらい、ルメール騎手の意見も聞いてから、どちらを使うか決めたいと思います」

2017.04.05(大久保厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り。
ルドラ       52.2-38.5-25.6-13.1 強め
タイキブリジャール 52.5-38.8-25.8-13.3 一杯

ルメール騎手「追い切りではテンからハミを噛んで勢い良く走っていきますね。掛かり気味に惰性で走っているところはありますが、まだレースを使っていない馬ですし、理解してくれれば緩急も付いてくると思います。動きは活気があって良かったですし、最後も相手の動きに合わせただけなので、そこまでは無理はしていませんよ。息なども問題ありません。距離は1400mの方がいいと思います。あとは掛かるところがあるので、先生と相談してレースではリングビットに変えてもらう事にしました」
大久保調教師「併せた馬が一杯になってしまったので、それに合わせる形になったので、終いは時計が掛かってしまいましたが、追えばもっと動けていましたよ。先週金曜日のゲート練習でも中の駐立は落ち着いて我慢が利いていましたし、体調面も整ったので予定通り今週の競馬に使います。ルメール騎手の進言もあり、日曜の阪神2レース(D1400m)に向かう事にします

2017.04.06(大久保厩舎)
ダートコースを半周後、ゲート練習。
大久保調教師「ゲートの確認をしたかったので、ダートコースで体をほぐしてからゲート練習をしました。入りはスムーズ。中の駐立もジッと出来ている訳ではないですが、我慢はしてくれていたので悪くないです。スタートはもの凄く速いタイプではありませんが、反応はしっかりあって馬も出ようとしていました。あとはレースに行ってスタートをしっかり決められるかどうかだと思います。今日からハミをリングビットに変えてみたところ、ダートコースでも掛かる感じはなく、良いフォームで走れていました。飼葉もいつも通り安定して食べていて馬体重は496キロあります。レース経験馬と走る事になりますが、まずは自分の走りができればと思います」


いよいよ東サラレッドルドラが明日デビューします。超期待していた馬です。その気持ちは今も当たり前ですが変わりありません。私の出資した馬では初めて骨瘤に悩まされた馬で、ここまでデビューが遅れてしまいました。でも、育成スタッフの方々の慌てずに育成してくれたお陰で、無事にデビューを迎えられることになりました。既走馬相手のデビュー戦は私は初めての経験ですが、初めて走る馬にとっては新馬戦以上に厳しいレースになると感じてます。ゲートで一癖ありそうなルドラにとって、決まった枠が1枠1番…。正直厳しい枠番が当たってしまいました。こうなったらスタートはルメール騎手頼みだな。

今日4月8日はレッドルドラの誕生日 明日は自らのレースで一日遅れのお祝いをしてもらいたい。その瞬間を私も現地で見届けるから(笑)
関連記事
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(8)

管理者のみに表示する