2017-04-16 17:13 | カテゴリ:ウインブルーローズ
5歳3月ウインブルーローズ(1)
2017年4月6日(木)
先週の中山「安房特別」では、道中は好位のインコースをロスなく立ち回り、直線で抜け出し、特別戦連勝を飾ったウインブルーローズ。前走後は引き運動のみで様子が見られていますが、大きな問題もなく、本日6日(木)にはビッグレッドファーム鉾田へリフレッシュ放牧に出ています。高橋祥調教師「後続には脚を余す馬も多かったレースでしたし、スタート後すぐにいい位置に付けられたのは大きなアドバンテージでした。それでも昇級戦をいきなり勝てたように、馬も力を付けています。以前は背腰が弱く、なかなか使い込めなかった馬ですが、ようやく軌道に乗ってきた印象ですね」と笑顔で前走を振り返っていました。また、「前走は馬もそれなりに頑張って走ったようで、背腰を中心に標準程度の疲れは確認できますが、大きな問題はありません。今後の疲労回復次第ですが、5月13日、東京土曜10R『緑風S』芝2400mあたりを次走の候補として考えています」と予定を明かしていました。

2017年4月12日(水)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「先週6日(木)に到着後、少し楽をさせた後、8日(土)から乗り込みを再開しています。乗り出し当初は、背腰がクタクタとして、トモも十分に入ってこないところがあり、それなりの疲れがあるなといった印象でしたが、その後は改善傾向にあり、順調です。太りやすいタイプなので、すでに通常通りのメニューを消化していますし、問題なく次走に向かうことができると思います。馬体重は496キロです」と話していました。


連勝後のウインウインブルーローズですが、今のところ大きなダメージなくBRF鉾田TCに移動し、既に坂路に入っているようで、随分と回復も早くなり馬が充実期に入って来たようです。充実期に入る前から見てくれの馬体はいいものありましたし、高橋(祥)調教師も会った時に『いい馬体だろう?』ってブルーローズを評価してました。ただ、まだその馬体を持て余していて活かしきれない弱さがあったんですが、レースを使いながらパンとしてきましたよ。次走は近況にもありますが5月の東京のようです。15年11月以来の東京でどんな走りを見せてくれるのか今から楽しみです。

今日は皐月賞がありましたね。お世話になっているウインからウインブライトが出走。残念ながら8着。前走が大幅なマイナス体重での勝利は正直前走で仕上がり過ぎちゃったんじゃないかなぁと感じてました。BRFグループの馬は余裕残しでステップレース勝てないもんだから、本番にお釣りがなくなってしまう傾向が強い。まぁ、ビッグレッドファームグループの目標はクラシックではありませんからね。ご存じだと思いますが、グループの最大目標は丈夫な馬づくりですから(^^ゞ
関連記事
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)

管理者のみに表示する