FC2ブログ
2017-09-02 20:06 | カテゴリ:ウインタイムリープ
9/2(土)札幌1R 2歳未勝利(ダート1700m)
WIN.gif ウインタイムリープ 8着


菱田裕二騎手「スタートは出たのですが、その後は追走に一杯でした。稽古に乗って、いい感触があったので、もっとやれると思っていたのですが、レースでは案外でした。稽古の感じから、こんなにやれないことはないと思うのですが・・・。少し距離が長いのでしょうか。それと芝の方がいいのでしょうか。結果を出せずに申し訳ありませんでした。」

今日は松岡騎手が札幌1Rで落馬負傷し、その後の乗鞍が乗り替わりに。ここでクラブの努力がハッキリ現れましたね。特に明日ですよ。ラフィアンは毎度の丹内騎手、ウインはクラブと縁の無い福永騎手ですよ。縁がなくても勝つための努力をしていることが良く分かります。数年前の話ですが福永騎手はウインがビッグレッドファームグループに吸収された事を知らずにパーティーに参加して当時フテって帰った騎手です(笑)それでも(クラブはこの事知らないと思うけど)、勝てる可能性の高い騎手に打診するんですから、会員からすれば拍手ものです。だって、万が一負けたとしても、丹内騎手やらで負けるのと、福永騎手で負けるのとでは気持ちが違いますよ。よっぽどヘグらない限り福永騎手ならしょうがないって。最近は岩田騎手まで確保しますからねウインは。いつまでラフィアンは会員の声に耳を傾けないのだろうか。

走る馬に片寄った出資を避けるために、近況報告はどの馬も同じように目立たない近況をアップして売れない馬にも出資が回るようにするなんて、信じられないことだよなぁ。現地まで行けばきっと教えてくれるだろうけど全ての会員が現地行く訳ではないし、クラブの近況報告だけでは出資判断が出来ない。なんでこんなクラブになってしまったんだろうなぁ。私は岡田繁幸さんが私の一口馬主の恩師として慕っているのでお付き合いしているが、何も繋がりが無ければ社台&ノーザン系クラブにどっぷり浸かっているね。ちょっと話が逸れたが、ラフィアンはもっと会員の声に応える努力をすべきだ!と言ってもはい、わかりましたというクラブではないので

さて、ウインウインタイムリープは8着でした。正直物足りないレース内容でした。スタートさえ出ればもっと楽に好位を取れ、ジリジリ脚を伸ばしてくると思ったのに追走に余裕はないは、直線では2頭に交わされてしまうはで拍子抜けしてしまいました。どうやらまだ適性レースが見つからないような感じ。距離なのか馬場なのか まだ2歳のこの時期なので試す時間はあります。何とか得意のレースが早く見つかってもらいたいものです。
関連記事
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)

管理者のみに表示する