FC2ブログ
2017-09-23 00:58 | カテゴリ:ウインタイムリープ
ウインタイムリープ2歳7月(1)
2017年9月7日(木)
先週の札幌では、距離延長だったものの、道中追走で一杯になり、最後も流れ込んだだけとなってしまったウインタムリープ。飯田雄調教師は「距離延長はいいと思っていたのですが、この距離の流れであそこまでついていくのがやっとになるとは思いませんでした。前走から少し間隔を空け過ぎたことが影響したのでしょうか。この後は栗東へ戻して、続けて使っていく予定です」とレースを振り返っていました。レース後は、脚元などは問題なく、本日7日(木)に札幌競馬場を出発し、明日8日(金)に栗東・飯田雄厩舎へ到着の予定となっています。

2017年9月14日(木)
札幌から帰厩後も順調なウインタイムリープは、昨日13日(水)、本日14日(木)共に角馬場からコースでキャンターというメニューを消化していました。早藤調教助手「札幌から戻ってきても体は減らなかったですし、肉体的なダメージもありませんね。火曜日からはコースで普通にキャンターを乗れていますし、動きも悪くないですよ。来週の出走でも問題ないと思います」と話していました。

2017年9月21日(木)
今週の出走を予定しているウインタイムリープは、週末16日(土)に坂路でしまいを強めに追われ、4F54秒7、ラスト1F13秒1という時計をマークしています。今週は、昨日20日(水)は角馬場からコースでキャンター調整を行い、本日21日(木)にCWコースにて最終追い切りがかけられました。単走でスタートし、前半からいいペースで進むと、4コーナーでは前を走る他厩舎の2頭の内から併せるような形になります。直線は一杯に追われ、2頭を一気に突き放すと、最後までしっかりとした脚取りでゴールしています。時計は6F82秒1、ラスト1F12秒5でした。早藤調教助手「前回の札幌は結果論、当週の調整が軽かったのかもしれません。そういう意味でも今回は直前でもビッシリとやりましたが、いい動きでしたし、タイムも上々でした。もちろん疲れが残るようなら、これだけ攻められませんし、馬体も細くはなっていませんので、しっかりやれたんです。むしろ馬体重は前回は太めもあったと思うので、意識的に絞ることを考えています」と状態面を伝えていました。続けて、「今回は芝に戻すことになりますが、新馬戦で6着だったように決してダメなわけではありません。ただ、ダートの走りもいい馬ですし、現状では適性は掴みかねているところがあるのも事実です。今回の走りで今後どういう路線に行くのかが分かってくるかもしれませんね」と話していました。午後からの出馬投票では、今週の阪神土曜2R芝1600m牝馬限定戦に松山騎手で出走が確定しています。

ウインタイムリープ2歳8月②(1)
色々書きたい事あったんだけど、眠い…。とりあえず本日9/23(土)阪神2R2歳未勝利戦(牝馬限定・芝1600m)にウインウインタイムリープが出走します。デビューからの着順だけ見ると『大丈夫?』と思われると思いますが、大丈夫です。この馬は使いながら力付けていくはずです。ただ、まだ最適なレースが何なのかと模索中。ということでデビュー戦が芝、2・3戦目をダートを使い今回また芝に戻してのレース。デビュー戦の芝の走りも悪くなかったので、今日は馬場も雨が若干残りそうだし、調教もビシッと芯を入れて来たので、アッと驚かせる走りを見せても不思議ないと思うんだけどねぇ。では、おやすみなさい


関連記事
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)

管理者のみに表示する