FC2ブログ
2017-10-29 23:10 | カテゴリ:ウインタイムリープ
10/21(土) 京都1R 2歳未勝利(牝)ダート1400m

WIN.gif ウインタイムリープ 3着

松山弘平騎手 人気こそありませんでしたが、力があることは分かっていましたし、今日のメンバーなら十分に通用すると思い、一発を狙ってレースに臨みました。前が止まらない馬場状態ということもありハナを狙っていましたが、以前と同じくスタートの一歩目が今日も遅く、あの位置取りになりました。追ってからが渋いところがあり、手応えほどは伸び切れませんでしたが、勝負所からずっと外を回るロスのある競馬でもよく頑張ってくれたと思います。ダートの走りはいいですし、距離もこれぐらいが合っています。あとはもう少し馬に落ち着きが出てくれるとなおいいですね。

2017年10月26日(木)
先週の京都では、好位から競馬を進め、4コーナーで外から前に並び掛けたものの、最後は交わしきれなかったウインタイムリープ。それでも、3着と力は示し、やっと調教の良さと結果が結びつきました。早藤調教助手「4コーナーの手応えでは勝てると思ったんですけどね。手応えほど伸び切れないのは、まだ目一杯走っていないところがあるのかもしれません。レース後もそこまで息が乱れていませんでしたから」とレースを振り返っていましたが、「それでもダートのこれくらいの距離が合っているのだと思いますし、チークの効果もあったと思います。ただ、硬さなどは出てきていないものの、今回はかなりうるさかったように、さすがにずっと使ってきて目に見えない疲れもあるのかもしれません。なんとかひとつ勝たせて休養させてあげたいですね」と語っていました。レース後は、右前の球節上の外側に外傷がありましたが、歩様には問題はなく、軽い打撲との診断で、本日26日(木)は軽めの乗り運動も消化していました。


仕事が忙しかったり、今日行われた天皇賞(秋)の予想してたり、今期募集馬ラフィアンウイン東サラの募集カタログや動画とにらめっこしたりとバタバタしていてこのタイミングでの先週の結果。やっと5戦目にしてこの馬の適性に合ったレース条件が見つかったかな。走破タイム的にはやや平凡ですが、まずはキッカケを掴めた事が大収穫だったと思います。今後はパサパサのダートではどうか?坂のあるコースはどうか?などまだ未知な部分もありますので、今後のレースが更に楽しみになってきましたよ。

さぁ、今週末はビッグレッドファームグループのオータムパーティーが開催。例年通り出席します。一応今期どこのクラブになるか分かりませんが、出資予定で検討中。パーティーまでに岡田繁幸さんに聞きたい事をまとめておかないと
関連記事
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)

管理者のみに表示する