FC2ブログ
2018-04-16 23:51 | カテゴリ:レッドパルテール
1歳11月シェーンフレール16(1)
2018.02.28 : 木村牧場
馬体重450キロ
メニュー構成は変わらず、この中間も周回3000mキャンターを中心に週1本の坂路という形。坂路では18-17というところですが、あと1ヶ月もすれば外の坂路が使えるようになると思うので、そこで15-15に移行できるように下地を作っています。昨日も坂路で乗っていますが、17秒を切るくらいのところを消化。稽古後も疲れを見せたりすることもなく飼葉の食いも良好ですので、この調子でジワリとペースを上げていけそうですね。体つきも少し変わってきて、胴がちょっと伸びたように感じます。こちらではあと20キロくらい増やしたいところですけど、調教を継続してきて少なからずしんどい部分もあるであろう今を突破すれば、また体もグンと変わってくると思いますので、引き続きそのあたりも見ながら進めていきたいと思っています。稽古では少し気持ちが先行しがちなところもあるのですが、乗り手が困るようなこともないですし、しっかりとコントロールすることができています。首の高さもいい位置で走れているので、とてもバランスがよくて走りもスムーズ。ペースアップにあわせてテンションが上がってしまわないように注意しながら、15-15を視野に乗り込んでいきます。

2018.03.15 : 木村牧場
馬体重456キロ
この中間も不安なくメニューを消化することができており、周回コース中心のメニュー構成は変わりませんが、距離を3200mに延ばすなど運動量を増やしていっています。週1回の坂路調教も17-17を基本に、日によってはハロン16秒くらいのところも。十分な運動量で負荷を高めながら進めていくことができており、治療等の必要もなく元気いっぱいにトレーニングに励んでくれています。どうかなと見ていたテンションも変に上がることなくきていますし、乗ってきていますが体に硬さが出るようなこともなく、この馬の長所でもある柔らか味のある動きが目に付きます。筋肉の質もいいんでしょうけど、体の使い方が上手。与えた課題を理解してくれる賢さがあるので、乗り手とのコミュニケーションもとれていますし、走る姿勢もいいですよ。来月から15-15へ移行していくための準備は着々と進んでいますので、引き続きテンションなど気持ちの面に注意しながら今の雰囲気で鍛え込んでいきますよ。食欲が落ちないので馬体重も安定していますしね。牝馬ですが、そのあたりに気を使いすぎる必要がないので助かっています。

2018.03.30 : 木村牧場
馬体重462キロ
屋内の周回コースではハロン25秒ほどのペースで3000~3500m、週1回の坂路調教ではハロン16秒から16秒を少し切るくらいのペースで乗り進めています。不安なくイメージ通りに調教のピッチを上げることができていますし、調教は進みながらも体は減ることなく、いい形で中身も詰まってきてコンディションも安定しています。馬体重の増え方はジワリという感じですけど、数字以上に逞しさは増してきました。自分からハミを取っていく前向きさもあり、体力も付いてきて15秒台で行ってもフォームがバラつくようなシーンも見られません。4月からのペースアップに向けて、しっかりと順調に下地を作ることができているかと思います。ピリッとしたところも見せますけど、気性が悪い訳ではなく、むしろ賢くて扱いやすい馬。牝馬らしくテンションが高めの時もありますが、稽古にいけばグッと集中してくれますしね。自分自身でコントロールできているので大丈夫だとは思いますが、これから稽古が強くなっていきますので、変化を見落とさないように心身ともにケアしながら進めていきたいと考えています。

2018.04.13 : 木村牧場
馬体重460キロ
メニュー構成は変わりませんが、坂路では16-15くらいのところをベースに、日によっては意識的に少し時計を詰めた稽古も消化しています。順調にピッチを上げることができて、ここまではトラブルひとつなくイメージ通り。疲れが出たり、食欲が落ちたりということで、どこかでリフレッシュを挟む必要はあるだろうと見ていたんですけどね。その必要もないまま今日まできてくれたので、そういった意味ではイメージ以上と言えるかもしれません。そのおかげで、いい形でじっくりと段階を踏んで基礎強化に励むことができましたしね。まだ成長の余地を残している馬なのでシルエットに変化もあると思いますが、調教が進んでも馬体重が安定しているのは牝馬ながら頼もしい限り。どこかでグンと体重も増えてきそうな感じもありますし、さらなる成長を促していくことも意識しながら、距離を延ばしていくことも含めてもう一段階のペースアップを進めて負荷を高めていきます。

1歳12月シェーンフレール16(1)
皐月賞はユニオンエポカドーロが1着。日高生産のクラブ馬で、ヒダカBUが牡馬クラシック初制覇。いやぁ、夢があるなぁ。さぞかし募集価格が安いだろうと調べたら4500万円と以外にいい値がついてたのには少々ビックリ。この馬プレゼント対象馬だったらしく、タダで皐月賞馬の一口を得た会員もいるのだから恐れ入るね。そんな強運私にもわけて欲しいです

よしっ、私も浦河産のこの東サラレッドパルテールで大舞台に挑戦だ その超期待しているレッドパルテールに今週会ってきます。木村牧場に訪問するのは初めてですが、ファンタストCはYさんの印象が強いので、何となくいい見学が出来るのではないかと勝手に想像しています。
現時点ではレッドレイヴンより調整が進んでいるので、このまま頓挫なく調整が進めば夏、遅くても秋にはデビューじゃないかと思っています。そのあたりも現地で確認してきたいと思います
関連記事
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)

管理者のみに表示する