2017-03-03 00:15 | カテゴリ:レッドルドラ
2歳11月レッドルドラ(1)
2017.02.16(山元トレセン)
担当スタッフ「トラブルなく進めることができており、今週は火曜日に坂路で15-15を消化。週末に14-13くらいのところを予定しています。ソエや骨瘤は問題ないので稽古もスムーズに進んでいますし、速い処もコンスタントに重ねていくことができています。力任せなフォームもやや上向いてきたかなという印象ですが、普通キャンターなどでは気にならないのに速い処にいくとフォームがまとまらない感じ。まだ芯がしっかりしきっていないというのもあるかと思いますが、馬自身が速いペースに慣れていない部分もあるのかもしれません。このあたりは教えていけるところは引き続きというところですけど、慣れを含めて乗り込んでいっての変化に期待という面もありますね。馬は元気にトレーニングに励んでくれており、馬体も動きも良くなっています。ぼちぼちトレセンへというイメージで進めていますので、長距離輸送を頭に入れつつメニューを考えていきます」

2017.02.23(山元トレセン)
担当スタッフ「先週末は坂路で2ハロン26.7-12.3の時計。この時計でも馬なりで余裕がありましたし、終い重視という指示での併せ馬だったのですがしっかりと動いてくれました。前半14.4からジワリと上げていってラスト12.3。ペースの変化にも柔軟に対応してくれましたね。気性は幼く、全体に子供っぽいというのが正直なところですが、稽古にも慣れてきて徐々にフォームも良くなってきています。まだ走りに力任せなところがあったりして気持ちの面での課題はありますけど、心配していた脚元に関しては不安なく進めることができていますし、この感じでペースに戸惑わずグンと動けるようにセンスというか良いモノは備えていそうです。体力が付いてきたのもあるでしょうけど、このように上手く動けない馬もたくさんいますから。あとはトレセンのチップに慣れてもらえればというところですかね。厩舎サイドにも状況は報告していますので、いつ移動の声がかかって対応できるように準備していきます。馬体重は513キロ。数字は大きく変わりませんが、当初とは違って見た目にも締まってきていますよ。週末は周回コース1周の後に坂路1本という内容を予定しています」

2017.03.02(山元トレセン→大久保厩舎)
担当スタッフ「土曜日の検疫でのトレセン入厩が決まりましたので、明日こちらを出発します。調整自体は変わらず順調で、先週末は周回コースで長めから14-13。今週の火曜日は輸送も控えているのでトレッドミルで負荷をかけてという感じです。まずは長距離輸送をクリアしてもらう必要がありますし、そのあとは初めての環境に慣れないといけません。もちろんゲート試験が最初の目標にはなりますし、輸送からはじまって克服すべき項目は多々ありますけど、コンディションとしてはすぐに時計を出せるんじゃないかと思えるくらい。ただ、周回コースでもしっかりと乗れているようにソエや骨瘤は心配ないですし、ここまで不安なく乗り込むことはできましたが、北海道でも合間に不安が出てリズムに乗り切れないようなところもありましたからね。ここからが大事ですから、この調子で乗り越えていってもらいたいと思っています。こちらではゲートもスムーズだったので、試験までトントン進むといいですね。頑張ってもらいましょう」


待ちくたびれましたが、いよいよ東サラレッドルドラが入厩目前です。東サラホームページでは募集馬一覧の3歳馬で馬名があるのはレッドルドラ1頭になってしまいましたが、残り馬には福がある!?だろうということでやっと楽しみになってきました。ここまで慌てずじっくりと調整してくれたので、ここからは頓挫なくスムーズにレースまで迎えてもらえたらと願っています。

【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-02-27 23:15 | カテゴリ:ラフィアンターフマンクラブ
ラフィアンラフィアンでは正式な制度名がないので、わかりやすくキャロットの『母馬出資者優先制度』を借りて話を進める事にしますが、ラフィアンでもビッグレッドファームグループ内で繁殖として引退すると優先出資券が会員に配布されるんだけど、どう考えても今のラフィアンで出資するのに優先券なんて必要ない必要ないと思っていたんですよ。

でも、今日マイネエレーナの第二仔の父親は?と調べたらスクリーンヒーローだったんですよ。今となってはスクリーンヒーロー産駒というだけでラフィアン、ウインともに募集馬全頭満口だったか!?ほぼ満口だったか!?記憶があやふやですが、人気は凄い訳ですよ。モーリス、ゴールドアクターが大活躍して、ビッグレッドファームグループでも岡田繁幸さん名義のトラストも2歳重賞制覇。現2歳のウインで募集されたスクリーンヒーロー産駒も評価高く、動きもいいようだから、この世代の活躍によってはマイネエレーナ17(父スクリーンヒーロー)は出資希望者が多くなるのでは?と1年先の事を心配し始めてどこに保管したかわからない優先出資券を探すことに。あった、あった、ありましたよ月々の明細書の間にマイネエレーナ、マイネローレライの優先出資権が(笑) 

マイネエレーナの出産予定日が先週の2/12(日)だったんだけど、これだけバタバタしてスクリーンヒーローとの仔が産まれてなかったなんてことはないよね!?  
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)
2017-02-25 23:01 | カテゴリ:競馬
ミホノブルボン(1)
金曜日の仕事中にミホノブルボンが亡くなった事を知りました。どんな馬でも亡くなった知らせを知ると寂しい思いをしますが、このミホノブルボンは特にその気持ちが強くボーっとしてしまいました。私はあまり特定の馬を好きになる事はないんですが、このミホノブルボンは大好きでした。当時栗東に坂路が出来、栗東の調教師達が半信半疑で坂路を見ていた中、戸山調教師は積極的に取り入れ1日3本も乗ってミホノブルボンを鍛えに鍛えまくった。そのケツはハンパなくて、今でいう香港馬のケツですよ。スポーツ紙の写真を見るといつも歯を食いしばって坂路を掛け上がる姿に『スゲー!』『カッコイイ!』と感じ胸躍りました。

私を一人で初めて北海道へ行かせたキッカケを作ったのがこのミホノブルボンとヤマニンゼファーの2頭。写真は当時私が訪問した日高軽種牡馬農協門別種馬場での1枚。

前年ダービー馬トウカイテイオーとの対決を楽しみにしてたんだけどね。見たかったなぁ。

一部報道では生産牧場である原口牧場近くにお墓が建てられる予定とのことで。機会あれば訪れたいと思います。
思い出をありがとう。ご冥福をお祈りいたします。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:競馬
コメント(0)
2017-02-23 21:20 | カテゴリ:一口馬主
今朝ウインウインから馬名発表のお知らせが入り、今年ウイン1頭のみの出資だったので『さぁ、どうだ!』と力強くガン見したところ、残念ながら採用されず 昨年は東サラ、ウインどちらとは言わないけど一口馬主キャリア約21年、通算愛馬15頭目でやっとのことで念願の名付け親になったくらいですから、2年連続名付け親はないよなぁ…。満口の馬はそれは採用されるのには狭き門だと思うけど、残口沢山残ってる馬でも採用されるには狭き門だよ。そんな狭き門を昨年くぐり抜けたんだけど、実際に名付け親になってみて感じた事は、想像していたよりもずっと気持ちが入りますね。ということで、今後も懲りずに、一生懸命考えて2頭、3頭目の名付け親を夢見ます!

そんな名付け親になるヒントというか、頭の片隅にでも入れておこうと思った思ったのが、東サラ東サラスタッフブログの『2歳馬たちの名前が決定しました』です。2回にわたって更新されてましたが、なかなかおもしろい内容だったと思います。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(2)
2017-02-22 00:25 | カテゴリ:ウインべザント
2歳11月①ウインべザント(1)

2017年2月10日(金)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「先週一杯はウォーキングマシンで楽をさせて、今週半ばから軽めに乗り込みを開始しています。聞いていた右前脚のソエに関しては、触診でぎゅっと握っても痛がることはありませんが、右前を中心に歩様はぎこちなさが残ります。乗り出し後も全体的に硬さを感じますが、軽めに乗るぶんには影響はありませんので、様子を見ながら進めていきます」と話していました。

2017年2月17日(金)
茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整中。坂路を3本というメニューを消化しています。担当者「乗り出し後はむしろ歩様の硬さもそれほど気になりませんし、聞いていた右前のソエは、触ってそれほど嫌がらないことから、これが硬さの直接的な原因ではなさそうです。来週あたりには軽く時計を出す予定で、帰厩を目指してどんどん進めていきます。馬体重は433キロです」と話していました。

2歳12月ウインべザント①(1)
日曜日はウインウインべザントと同期の14年産2次募集組のウインシャトレーヌが東京の芝1800m混合の3歳新馬戦を快勝。走りはまだ幼さを見せていたけど、上がりは33.8秒とメンバー最速だし、最後は流す余裕で次走も楽しみなレースっぷりでした。募集時の写真はダイワメジャー産駒らしくガッチリとした立ち姿で栗東の大久保(龍)厩舎でしたから、1000万台であれば出資候補だったけど、募集価格が牝馬で2100万ではどうしても価格で見送り対象。ビッグレッドファームグループでは募集価格2000万越えは牡馬でもためらってしまうのに、牝馬では・・・だね。この時期に中央場所で新馬勝ちは珍しいので楽しみな一頭が出たね。

先日ゴールドアリュールがこの世を去りました。まだ種牡馬としても頑張れたし、種牡馬引退したらのんびり余生を送れたのに、残念な知らせでした。ウインべザントもゴールドアリュール産駒。父に捧げる走りを是非とも見せてもらいたいです。
【ジャンル】:ギャンブル 【テーマ】:一口馬主
コメント(0)